ビードレッセ静岡のブログをご覧の皆様こんにちは。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。


先日から気温が30度越えという真夏日が

続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


今年は梅雨明けが早いらしく、

これからもっと暑くなっていくかと思いますので、

お身体を大切にお過ごしくださいね。


さて、本日はB.DRESSERオリジナルブランド

meyouがスペインブランド

Marco&Maria(マルコアンドマリア)と

コラボレーションしたドレスをご紹介いたします。


まずは、Marco&Mariaについて



スペインのテネリフェ島を拠点とし、

デザイナーのマルコマレロと

マリアディアズによって手掛けられている

ロマンティックな世界観が魅力のブランド。





Marco&Mariaの独自のルートでしか

手に入れることができない、ユニークな生地や独特な

蝶々やフラワー、リボンモチーフの

ヴィンテージ刺繍が特徴で

世界中の花嫁様に愛され続けられています。





meyouとMarco&Mariaが

コラボレーションしたウエディングドレスとカラードレスは

世界中でB.DRESSERにしかない1点もの。









ピンク、カーキ、ブルーグレー、の

未だかつて無いほど、幻想的なニュアンスカラーのドレスは

ロマンチックでファンタジーなドレスばかり。


ため息が出るほど女性の美しいシルエットを引き立たせる

meyouのドレスと

幻想的なMarco&Mariaのコラボレーションドレスは

ロマンティックでファンタジーな世界観に引き込まれます。



B.DRESSERにしかない、

インポートドレスとのコラボレーションドレスは

他にも多数ご用意がございますので

ぜひ店頭でお試しください。

佐藤

ビードレッセ静岡のブログをご覧の皆様こんにちは。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

最近は、梅雨ではありますが
30度を超えるとても暑い日が続き、外に出るとふわっと夏の香りを感じるようになりました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

私の最近のマイブームは、休日の晴れの日に
景色のいい場所に出かけることです。
雨上がりの晴れの日は、特に空気が澄んでいて
土や水の香りが心を落ち着かせてくれます。
静岡県には、少し車を走らせると自然あふれる場所がたくさんございます。
これからも静岡県の素敵な場所を見つけていきたいと思いますので
皆様のおすすめの場所も教えていただけたら嬉しいです。



さて、本日は私の大好きなブランド
Elizabeth Fillmore(エリザベスフィルモア)のご紹介をさせていただきます。


Elizabeth Fillmoreは、
ウェディングドレスの持つ魔法のような高揚感を
大切にしているデザイナーが作るブランドでございます。
モダンロマンティックをコンセプトにしており
フラワーの装飾や、繊細なレースが花嫁様を華やかに彩ります。


Elizabeth Fillmoreのドレスは、
裏地まですべてオールシルクを使用しております。
さらに、ビードレッセでご用意しているドレスには
ジョーゼットというとろみのある素材を使用しており、
上質さが際立つデザインでございます。

その為、ゲストの皆様はもちろん、
身にまとっている花嫁様もその美しさを肌で実感していただけます。






シルエットはマーメイドで、
ウエストから裾に向かってタイトなシルエットが引き立ち、美しいラインを演出します。

ヘアスタイルは、あえてアップにはせず
ダウンスタイルで巻いていただくとより大人な表情を引き出してくれます。



Elizabeth Fillmoreのナチュラルでありながら
透明感のある美しいドレスを、是非店頭でお試しください。

B.DRESSER静岡 松島

ビードレッセ静岡のブログをご覧の皆様こんにちは。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。


本日は、日本人女性がデザイナーをしているNYブランド、

TOMOMI OKUBOをご紹介いたします。



デザイナー自身の結婚式で、ドレスを制作したことが

きっかけとなりTOMOMI OKUBOとして

ブランドを立ち上げました。



オールシルクのため裏地まで贅沢に使用したシルクは

着心地が良く、リラックスしてお召しいただけます。



“女性の身体が綺麗に見えるように”

“花嫁様自身の美しさがもっと引き立つように”

という想いでデザインをしています。






【Dress】

Name:Solstice

No:0339



繊細な生地に手作業で施された刺繍は、透明感溢れる

ナチュラルな印象を与え、ゲストハウスの緑が美しい

ガーデンに溶け込むようにマッチします。








バックスタイルにあしらわれた愛らしいリボンと

女性心をくすぐるデザインはゲストの視線を虜にします。






【Dress】

Name:Soleil

No:0478



深緑の森に咲き誇ろんでいる花々や、そこに差し込む光から

インスピレーションを受けてデザインされました。

眩しいほどに美しい光とそこに咲く可愛らしい花々に

心打たれる想いがドレスに表現されています。



デザイナー自身が生地選びや縫製、刺繍も全て

ハンドメイドで手掛けており、大切な一日にふさわしい

上質で想いが込められたドレスばかりです。



動きやすさも兼ね備えたドレスはゲストの皆様と近い距離で

会話を楽しめるゲストハウスウェディングにぴったりです。



日本では唯一ビードレッセでのみのお取り扱いでございます。

一生に一度の思い出にタイムレスなハンドメイドのドレスを

ぜひ店頭でお試しください。



B.DRESSER静岡 西田



ビードレッセ静岡のブログをご覧の皆様こんにちは。

いつもブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。


本日は私も大好きなブランドのひとつである

Temperley London(テンパリーロンドン)をご紹介いたします。


デザイナーであるアリス・テンパリーは、

ロンドン発祥の”不思議の国のアリス”に惚れ込み

その世界観を手刺繍でデザインに落とし込んでおります。

Temperley London(テンパリーロンドン)にしか表現できない

ボヘミアンなスタイルが魅力的です。


【BiBi】


テンパリーの代表作でもあるBiBi。

国内ドレスでは描くことのできないフラワーモチーフの手刺繍が特徴的です。

全面に手作業であしらわれたインド刺繍は、360度どこから撮っても華やかな1着。

柔らかな素材を使ったボヘミアンでレトロな雰囲気は

ブラスのナチュラルな会場にはぴったりです。



【Luna】




柔らかなシルクシフォン素材の1着。

風がなびいた際にふわっと揺れる姿は、可憐で爽やかな印象を与えます。

カジュアルダウンしたお色直しシーンに合わせてお召し替えいただき

ガーデンやテラスから入場していただくのもおすすめです。



Temperley London(テンパリーロンドン)でしか

表現できない幻想的な世界観をぜひ店頭でお試しくださいませ。





B.DRESSER静岡 中村

ビードレッセ静岡のブログをご覧の皆様こんにちは。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

最近は、雨と蒸し暑い日が続いておりますが、

皆様いかがお過ごしでしょうか。

夏が少しずつ近づいてきているのを実感しますね。

今の時期から熱中症などもございますので、

お身体を大切にお過ごしください。



さて、今回はニューヨークブランド

MARCHESA NOTTE(マルケーザノット)

をご紹介いたします。




ウエディングドレスのトレンドを作る

4大ブランドのなかの一つMARCHESA。

デザインと素材でそれぞれ特化した

ふたりのデザイナーの感性が融合した

幻想的なドレスを手掛けています。





「女性を美しく」をコンセプトに

ビーズや金糸のレース、羽根飾り、

コサージュ等をたっぷりあしらっていて、

エレガントでありながらキュート、

モードでありながらフェミニン、

そんなあどけない女性らしさが見え隠れする

他にはない、唯一無二な世界観は

他の花嫁様ともグッと差をつけられる

ドレスばかりです。
 






ハンドメイドで手掛けられた3D刺繍は

自然光たっぷり差し込むブラスの会場で

刺繍の陰影をつくり、幻想的な花嫁様を演出します。

【DRESS】

name:penny

no:0006

 

チュールに直接施された花の刺繍は、

グリーンの映えるガーデンに、

まるで花が咲いているかのようなナチュラルな印象に。

 
 

挙式とパーティスタイルで

自分らしいスタイルを楽しんでいただけます。

 

 





エンパイアラインのオフショルダーに

施された刺繍はパールを用いた装飾で

上品で可憐な印象に。

【DRESS】

name:Nia

no:0008

 

 


美しいシルエットを手掛けるデザイナーと

刺繍などのテキスタイルを手掛けるデザイナーが

それぞれいるからこそ、

妥協のない美しいシルエットと

デザインが叶えられる贅沢なドレスです。

 

 
 

 

海外では知らない人がいないブランドMarchesa

着るだけで華やかさがグッと増し、

特別な1日をより華やかな印象に彩ります。

是非店頭でご体感ください。

佐藤

ビードレッセ静岡のブログをご覧の皆様こんにちは。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

本日は、世界で認められたイタリアのブランドPeterLangner(ピーターラングナー)を
ご紹介いたします。

ドイツ出身のPeterLangner(ピーターラングナー)は、
男性のドレスデザイナーでありながら
360度どこを切り取っても、完璧な美しさのあるドレスを手掛けております。


“ウェディングドレスが着る人の魅力を引き出す”


PeterLangnerのドレスを身にまとった花嫁様が輝くように、
シルエットはもちろん、素材や着心地にも最大限にこだわっております。


【DAISY】


ビスチェ部分にシルクファイユという素材をしようしておりまして、
光沢感がなくマットな質感の為、重厚感がなくナチュラルにお召しいただける一着です。
ふわっと広がるチュールのスカートには、
まるでフラワーシャワーを浴びたかのような華やかな刺繍が施されております。


【MARION】




こちらもサテンとチュールのふたつの素材を兼ね備えた
【MARION】と名前がついているドレスです。
サテンの中に広がるチュールは、
日本の和紙からインスピレーションを受けたもので
上品かつどこかかわいらしい印象をもたらしてくれる一着です。

B.DRESSERでは、刺繡やビージングが施された
インポートのヴェールもご用意しております。
MARIONのシンプルなデザインのドレスに、
ヴェールの華やかな装飾をプラスし、
チャペルでお過ごしいただく時間をより一層特別な空間にいたします。

一生に一度の結婚式で、ウェディングドレスは
お写真にも、ゲストの皆様の記憶にも残る特別な存在です。

PeterLangnerの想いがこもった、最高峰のウェディングドレスを
是非店頭でお試しください。

B.DRESSER静岡 松島

ビードレッセ静岡のブログをご覧の皆様こんにちは。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。


さて、本日はウェディングドレスのトレンドを作るNYブランド、

Reem Acraをご紹介いたします。



刺繍アーティストの経験を活かしたデザイナーが

施す可憐なビーディングが美しいドレスブランド。


手作業であしらわれる刺繍が特別な輝きを放ち、

ラグジュアリーで華やかなデザインのドレスは

お召しいただくと自然と自信が湧いてきます。







こちらはウエストからうっとりするロマンチックな広がりが

美しいシルエットの一着



ビスチェに施されたコードレースと無数のパールがお顔周りに

上品な華やかさをプラスしてくれます。





トレーンがスッキリとしているので、

刺繍やビジューなどのデザインがあるロングヴェールを

合わせていただくと誰もが胸をときめかせる

コーディネートに仕上がります。











こちらは、ジャガード地を贅沢に使用した一着。


自然光が降り注ぐ会場では柄に陰影ができ、

モダンなエッセンス溢れるデザインのため、

ファッショナブルな花嫁様におすすめです。


ハートカットのデコルテラインが、

スタイリッシュでモードな印象の中に

女性らしい雰囲気を演出します。



パールのイヤリングと組み合わせていただくと

つやめきのある印象に。

抜け感があるクリア素材のアクセサリーと合わせていただくと、

カジュアルな印象にも仕上げていただけます。



最高峰のインド刺繍が独特の世界観を築き上げる

Reem Acraのドレスをぜひ店頭にてお試しください。



B.DRESSER静岡 西田

ビードレッセ静岡のブログをご覧の皆様こんにちは。
いつもブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。


先日ご来店いただいたお客様に「ブログ見ました」とお声をかけていただき
嬉しい気持ちと同時にぐっと身が引き締まる思いになりました!
B.DRESSERとB.DRESSERにあるドレスの魅力を
ブログや、ご来店していただいたご新郎ご新婦様に
お伝えできるよう精一杯ご案内させていただきます!

さて、本日ご紹介するドレスブランドはANTONIO RIVA(アントニオリーヴァ)


イタリアを代表するトップブランドであり、
世界中の花嫁様の心を虜にし続けるANTONIO RIVA(アントニオリーヴァ)の
ウェディングドレスをご紹介をさせていただきます。


【LUCREZIA】






【KRISTEL】






元建築家の経験を活かしたANTONIO RIVAのドレスは構築的なデザインで
一目見た瞬間に、心を掴まれるような美しいシルエットが特徴的です。
ウエディングドレスにおいて初めて3Dと呼ばれる立体型のドレスを作り出したデザイナーあり、
動きのあるバックスタイルはうっとりするような華やかさで花嫁様の魅力を引き立たせます。



シンプルでありながらも上質で洗練された女性の美しさと圧倒的な存在感を誇る
ANTONIO RIVA (アントニオリーヴァ)をぜひ1度店頭でお試しくださいませ。

おふたりの結婚式のイメージにあわせてコーディネートをご提案させていただきます。




B.DRESSER静岡 中村

ビードレッセ静岡のブログをご覧の皆様こんにちは。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。


最近は、梅雨入りして、

外出も比較的少なくなってくる季節になりつつありますね。

私は、最近静岡に引っ越してきて、初めて伊豆に行ってきました。

海鮮と景色を楽しむのんびり旅で、リフレッシュしました。

皆様は、この季節をいかがお過ごしでしょうか。


6月はJune brideでもあり、

海外では6月に結婚式を挙げると

「一生幸せな結婚生活を送れる」という説がございます。

多くの女性が憧れる月ですので、何か記念月にされてもいいですね。


さて、今回は、私の好きなブランドの1つをご紹介致します。

NYの中心地にお店を構えるトップブランド

AMSALE(アムサーラ)





“FOREVER modern”をコンセプトに

永遠に愛されるシンプルでモダンなドレスを

手がけているブランドです。



【Rainey】





【Emily】






シンプルさの中にも、デザイン性が

込められたドレスは、何年先、お写真を見返しても

変わらぬ美しさがございます。

どの世代からも愛されるトラディショナルなドレスは、

タイムレスに特別感を感じていただけます。


現在は、世界中の花嫁様が憧れる

VERA WANGの元デザイナーが手掛けており、

繊細なレースやシルエットなどで、360度

どこからみても完璧な美しさがございます。


ゲストハウスならではの、

ゲストとの距離を近いブラスの会場では、

結婚式当日、花嫁様のドレス姿をお近くで

ゲストがご覧いただいても、

その繊細な素材の美しさに圧倒されます。

息を呑むほどの美しいAMSALE(アムサーラ)のドレスを

是非店頭でお試しください。


たくさんの新郎新婦様のご来店をお待ちしております。

佐藤

ビードレッセ静岡のブログをご覧の皆様こんにちは。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は、ビードレッセ静岡店に配属になりました。
私、松島明音の自己紹介をさせていただきます。


静岡県浜松市出身です。
静岡県は横に長い為、静岡市にあまり来たことはありませんでしたが、
家から富士山が大きく見えるこの場所が大好きです。

ニックネームは明音の「あ」をとって「あーちゃん」です。
ぜひ、お気軽に呼んでくださると嬉しいです。

好きなことは、旅行に行くことです。

小さい頃から家族で毎年、京都や長野県に旅行に行き
その土地の自然に触れたり、美味しいごはんを食べることが大好きでした。

特に京都と長野県は、お寺の香りや滝の音など安らげる空間がたくさんあります。

最近は、コロナ禍で旅行に行ける数がぐっと減ってしまいましたが
また落ち着いた際には、第二の故郷といえる場所に旅行に行きたいです。

旅行が好きな方は、素敵な場所をたくさん教えていただけると嬉しいです。


私は学生時代、結婚式のサービスのアルバイトをしており、
エンドロールの中で、ファーストミートでおふたりが笑いあっている
姿に何度も涙したことがあります。

新婦様が緊張と嬉しさいっぱいに肩をたたく時の表情、
新郎様が振り返った時の照れたような、愛おしい気持ちが溢れている表情

そんな表情を引き出せるのは、おふたりを彩る衣装があるからだと思います。

幸せ溢れる一日を彩る衣装を、当日はもちろん
選んでいただくお時間もおふたりの思い出になりますよう、
心を込めてご案内をさせていただきます。

そして結婚式当日は、おふたりが自信をもって
ゲストの皆様とお過ごしいただけるよう
ビードレッセ静岡店の衣装が背中を押す存在になれたら幸いです。

ビードレッセ静岡店の心躍る空間で、皆様とお会いできる日を楽しみにしております。