ビードレッセ静岡のブログをご覧の皆様こんにちは。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。


最近、外を歩くとふわっと金木犀の香りがします。

静岡県は特に、自然も多く金木犀が咲いているので

この香りがすると少し嬉しい気持ちになります。


さて本日は、ビードレッセ静岡店に新しく入荷された

【Oscar de la Renta(オスカーデラレンタ)】についてご紹介いたします。





Oscar de la Rentaとは、偉大なデザイナー達のもとで働き

1965年に自身の名を冠して設立したブランドです。

鮮やかな色とプリントを用いたロマンティックなシルエットが話題となり、

瞬く間に人気になりました。

現在は、Laura Kim(ローラ・キム)とFernando Garcia(フェルナンド・ガルシア)の

新たな牽引の元、彼の象徴的なクラシックかつスタイリッシュな

コレクションを打ち出しています。








こちらのイヤリングは、

短縮されたシルエットに、きらめくビーズをたっぷりとあしらっています。

シンプルなウェディングドレスを中心に

デザイン性のあるカラードレスにも合う為、

お洒落にトータルコーディネートを楽しんでいただけます。







こちらのイヤリングは、

おおぶりのイエローのお花に、純白のパールがあしらわれたものでございます。

写真のように、カーキのドレスに合わせるとフェミニンな印象を持たせ、

よりゲストハウスウェディングらしく仕上がります。



「ファッションは着る人の美しさを引き出すものであって、

着る人の影を落とすようなものであってはならない」というブランド哲学に基づいた

繊細なデザインをぜひ注目してみてください。




B.DRESSER 松島

ビードレッセ静岡のブログをご覧の皆様こんにちは。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。


本日は、私が担当させていただいた

大切なお客様の結婚式をお届けいたします。



【Date】2022.9.3

【Place】LAPIS CORAIL(ラピスコライユ)

【Groom】かんたさん 【Bride】あやのさん


初めておふたりにお会いしたときのことを

今でも鮮明に覚えています。

気さくで明るいおふたりとのお打ち合わせは

笑顔が絶えず毎回楽しかったです。


あやのさんは運命の一着に

TOMOMI OKUBOのSoleilをお選びいただきました。



お衣装選びがスタートするときから、

すでに会場を彩るお花やブーケのイメージが

鮮明にあったあやのさん。

そんなファッショナブルで感度が高いあやのさんに

ぜひご紹介したいと思ったデザイナーの想いが詰まったドレス。


実は、あやのさん自身でも事前にビードレッセの

インスタグラムにてチェックしていただいていたドレスで、

運命のようなものを感じました。



お色直しでお選びいただいたのは、

スペインブランドのMarco&Mariaと

ビードレッセオリジナルブランドのmeyouが

コラボレーションしたカラードレス。



こちらはセンスフルでオリジナリティを

表現していただけるデザインのため、

モダンでハイセンスなウェディングをイメージ

されていたおふたりのお式にぴったりだと、

ぜひ、あやのさんにお召しいただきたいと

ご紹介した一着でした。



あやのさんに、こちらのドレスを大切な1日に

お選びいただき、本当に嬉しかったです。


当日、おふたりがイメージされていたお花で彩られた会場に、

お立ちいただいた、おふたりのお姿があまりにも素敵すぎて、

心打たれ、胸がいっぱいになりました。



ベージュのカラードレスにディープなブラウンのお色味が

コントラストを効かせ、

お互いの魅力を引き立て合う

コーディネートになりました。


おふたりのお式はおふたりらしいあたたかさが

詰まったアットホームで笑顔溢れる1日でした。



かんたさん あやのさん

改めまして、本当におめでとうございます。


あたたかいおふたりのお衣装選びを

お手伝いができたこと心から幸せです。

胸が熱くなるようなお言葉をたくさんかけていただき、

コーディネーター人生のはじまりにおふたりと

出会えたこと本当に嬉しく思います。

これからも大好きなおふたりがずっと幸せでありますように。



B.DRESSER静岡 西田

ビードレッセ静岡のブログをご覧の皆様こんにちは。

いつもブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。


本日は、ビードレッセで取り扱いをしているタキシードのブラントの一つ、

【LARDINI(ラルディーニ)】というブランドのタキシードをご紹介します。





LARDINIは1978年、イタリアの中西部に位置する港町アンコーナの

フィロットラーノで、当時18歳だったルイジ・ラルディーニ氏によって

Laboratorio sartoriale(仕立て工房)として創業されました。

高度なクオリティを求められる日常のなかで培われた縫製技術の向上と

時代の空気感を捉える感性が育まれ、

1998年に最初のオリジナルブランド”【LARDINI(ラルディーニ)】” の

メンズコレクションがワークショップから登場しました。





厳格さ、高品質の仕立て、そして純粋で流麗なエレガンスは

LARDINIの重要な要素です。

大きな特徴のひとつは、細部のディテールに

細やかな注意を払うことで生まれる多様性のあるスタイルです。

毎シーズン、テーマを掲げて展開されていますが、デザイナーズ服と違い、

前季の色柄でも決して古臭く見えず、

スタイリッシュでありながらも

モダンな印象で着こなすことができます。





厳選された上質な素材と、トレンド感のある洗練されたミックスファブリックなどの

革新的でオリジナリティ溢れる遊びの効いた生地使いがあります。





そしてラペルに取り付けられた花形の飾り“ブートニエール”は、

ラルディーニの名を広めるのに大きく貢献したディテールです。

遠目からでもすぐわかるうえ、目立たないのに洒落たこの花飾りは、

イタリアらしい遊び心あふれるデザインのポイントになり、

お堅いテーラードジャケットとは別物の存在感を放ちます。





ドレスだけではなくタキシードもご自身らしい

コーディネートを組み、LARDINIの世界をお楽しみください。

B.DRESSER静岡 中村

【Date】2022.7.24

【Place】MANDARIN ALLURE(マンダリンアリュール)





私が以前、勤めていたビードレッセ浜松で担当させていただいた、

幼稚園からの友人の結婚式をご紹介いたします。

会場は、浜松市にございますMANDARIN ALLURE(マンダリンアリュール)で

結婚式を挙げられました。


新郎:ゆうたさん

新婦:みきさん





私の友人みきさんは、挙式では白無垢をお召しいただきました。

人前式を選ばれたおふたりは、アットホームな雰囲気で、

オリジナリティあるスタイルを楽しんでいただきました。






大きな向出の刺繍が入った古風な白無垢に、

みきさんのお好きな紫を差し色に入れ、

洗練された透明感のあるコーディネートに。

ヘッドに生花をプラスしてモダンな印象になり、

天然木が素敵なMANDARIN ALLUREの

チャペルにもぴったりでした。








お色直しは、カラードレスにチェンジいたしました。

お選びいただいたドレスはイタリアで買い付けた、

Peter langner(ピーター・ラングナー)の

エンボス加工がされた、光沢と陰影が豪華な1着。




世界で認められたイタリアドレスブランドPeter langnerは、

「主役はドレスではなく花嫁自身」だと考えており、

「身にまとった花嫁が輝くように」と思いを込めて

ドレスを手作業で手掛けられています。





360度どこをきりとっても美しいドレスは、

ドレーピングという立体裁断で

女性の美しいボディラインを導きます。

それだけではなく、既存の生地ではなく

独自の素材を使用した贅沢なオートクチュールドレス。





花嫁自身と向き合うことを大切にしている

Peter langnerだからこそ、素材や着心地に拘り、

花嫁の個性に寄り添うデザインと、

着る人の魅力を引き出す美しさが魅力です。

みきさんの魅力を引き出すぴったりな運命の1着でした。






ゆうたさん、みきさん、ご結婚おめでとございます。

私が初めておふたりが結婚式を挙げられるご報告を受けた時、

私が知らない間に、私が働いているドレスショップで、

衣裳を借りられる会場を見つけてくれていました。

連絡を受けた時は嬉しくてたまりませんでした。

そんな嬉しいサプライズと、やさしいおふたりの

末永い幸せを心よりお祈り申し上げます。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。


佐藤

ビードレッセ静岡のブログをご覧のみなさま、こんにちは。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

私は昨日一昨日と、静岡店の同期3人で京都旅行に行ってまいりました。

西田コーディネーターの地元でもある京都は、私も大好きな場所で

京都の名物料理を食べたり、自然に触れたりして

とても充実した休日を過ごすことができました。

ぜひ皆様も旅行など行かれましたらお話を沢山聞かせてください!



さて本日は、先日ラピスコライユで結婚式を挙げられたおふたりの

パーティーレポートをお届けいたします。




【Date】2022.7.18

【Place】LAPIS CORAIL(ラピスコライユ)

【Groom】たいしさん 【Bride】かりんさん



私事ではありますが、おふたりは私の一番最初のお客様でございます。

北海道で挙式を挙げられていた為、

パーティーのみラピスコライユで挙げたいとの事でビードレッセにお越しいただきました。


かりんさんにお選びいただいたウェディングドレスはSafiyaa(サフィア)です。





サフィアとはアラビア語で「純粋さ」を意味するロンドンのブランドでございます。

ナチュラルウェディングをご想像されていた為、

グリーンたっぷりのブーケが似合うアイボリーのお色味と、

ロータススリーブといい蓮の花をイメージして制作された

構成的で立体感のあるドレスをご紹介させていただきました。


実は、一回目にお越しいただいた日にはまだ入荷されておらず、

最終決定のお日にちに届いた奇跡のドレスでした。

かりんさんにとっても私にとっても思い出のあるドレスになったかと思います。




お色直しはない為、かりんさんには麦わら帽子をご持参いただき

よりカジュアルなパーティー使用になりました。

ヘアアレンジと小物を変えるだけで同じドレスでも違った表情を見せる為、

ぜひいろいろ試してみてください。







結婚式のお写真を拝見させていただくと

お話を伺っていた宇宙戦艦ヤマトの歌を披露している場面や、

ゲストの皆様と楽しそうにお話をされている姿が見え

私までとても幸せな気持ちになれました。



それぞれの新郎新婦に合わせた100組100通りの結婚式をぜひ会場でお楽しみください。

そこにはきっとおふたりらしい結婚式があるはずです。



B.DRESSER 松島












ビードレッセ静岡のブログをご覧のみなさま、こんにちは。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。


先日、台風の影響で被害を受けた方もいらっしゃると思いますが、

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

どうか一日でも早く復旧することを祈っております。


本日は、前回に引き続き、“Mikrokosmos” 小宇宙を

コンセプトに手掛けたmeyouの3rd Collectionの中から

おすすめのウェディングドレスを2着ご紹介いたします。


まずはこちらの一着です。



milky wayと名付けられたこちらのドレスは

天の川をイメージして作られました。

ウエストラインからビスチェ、スカートに

グラデーションに広がる圧倒的な輝きを放つ

星くずのようなビジューのきらめきが見る人の心を

掴んで離さないでしょう。

やさしいベージュの色味がかかったフレアスリーブが

アクセントになり、Vネックと合わさることで

可愛らしさと大人っぽさのバランスが魅力的です。



こちらのフレアスリーブは取り外し可能なため、

ヴェールを着用する挙式の際にノンスリーブで、

披露宴でスリーブを付けてお召しいただくと

2パターン印象を変えていただけるので

おすすめです。


お次はこちらのドレスです。



Romantic Holidayと名付けられたこちらのドレスは

花嫁をこの上ない幸福感で包み込んでくれるような

チャーミングな一着です。

ビスチェやスカートに施された立体のフラワーモチーフの

レースやピュアホワイトのフラワーのビジューが

うっとりするような華やかさを織りなしています。



お袖が付いていることで、アットホームなお式に

ぴったりの特別感がありながらも肩ひじ張らない

リラックスした花嫁様らしさを叶えてくれます。

直接肌にレースが浮かび上がるようなイリュージョンレースが

魔法のように施され、おとぎの国にいるようなロマンティックな

雰囲気を演出します。





ぜひ、店頭にてMikrokosmosの世界観を楽しんで

いただければと思います。

みなさまのご来店を心よりお待ちしております。


B.DRESSER静岡 西田

ビードレッセ静岡のブログをご覧の皆様こんにちは。

いつもブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



台風の影響もあり、道路交通機関に大きな影響が

出ている地域もございましたが

皆様、ご無事でお過ごしでしょうか。

道路がとても混雑している場合もあるようなので

ご来店の際は、どうぞお気をつけてお越しくださいませ。



さて、本日はドレスのコーディネートにプラスできる

「ボレロ」というアイテムについてご紹介いたします。








まずひとつ目は、こちらのボレロです。





纏うだけで一瞬にしてクラシックな雰囲気を醸し出すことができます。

インポートのコンパクトなビスチェと

首元までの肌をレースで彩ることができるため、

コーディネート全体を

エレガントな印象にしてくれます。








続いて、シンプルながらも裾にあしらわれた

贅沢な刺繍が特徴的なボレロです。

シンプルなドレスにレースを合わせて

立体感を生み出すコーディネートもおすすめです。









他にも、ブラスのナチュラルな雰囲気の会場に合うような、

リーフの刺繍が施されたボレロもご用意がございます。

リーフの刺繍が施されたドレスと合わせていただくと、

ナチュラルでありながらも

上品な花嫁様を演出いたします。



ボレロはずっとお召しいただくことはもちろん、

挙式はなしで、披露宴の入場から羽織っていただいて、

1着のドレスで2パターン楽しむことができます。

また、これからの冬の時期は、

ボレロをプラスすることでコーディネートに

季節感を取り入れることができるようになります。

お選びいただいたドレスに合わせて

私たちコーディネーターが相性の良いボレロをお待ちいたしますので、

ぜひ、ボレロを取り入れてあなただけのコーディネートを楽しんでください。



B.DRESSER静岡 中村

ビードレッセ静岡のブログをご覧の皆様こんにちは。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。


最近は、一気に気温が冷え込み、

季節な入れ替わりを感じる日々です。

すっかり夜が更けるのも早くなり、

夏の終わりを感じますね。

皆様は、寒暖差などで体調などは崩されていないでしょうか。




さて、本日は婚礼和装の刺繍などの装飾をご紹介いたします。

和装は、刺繍や染、折、絞りなど、様々な伝統技術を使った

豪華な

《刺繍》

■相良刺繍(さがらししゅう)





画像のような立体的感がある刺繍は、

中国三大刺繍のひとつで、結び玉を作り重ねて模様を描いていく技法の事です。

相良刺繍の陰影が、独特な風合と豪華さも兼ね備えており、

ひと針ひと針、作業で作りあげられる刺繍の美しさは、

高級感が感じられます。





■金駒刺繍(きんこまししゅう)






金駒刺繍は、刺繍針に通せない金糸を、下絵に沿わせて、

綴糸で留めていく技法です。

こちらも、立体感がある刺繍ですので、離れた距離にいるゲストからも

華やかさが伝わるような豪華な刺繍です。






《染め》

■絞り(しぼり)





絞りとは染めの技法の一種で、布を糸で括(くく)ったり、器具で挟んだり、

縫い絞ったりして染料に浸し、防染する事で模様を表現します。

手作業で染め上がった布には独特の凹凸現れ、

ブラスウエディングのようなアットホームな結婚式に、

生花やドライフラワーなどのブーケと組み合わせていただくと、

和モダンなスタイルを楽しんでいただけます。







■友禅染め(ゆうぜんぞめ)








日本の着物の染色技法として代表的なのが友禅染めです。

友禅染めの名称は江戸時代に京都の扇絵師・宮崎友禅斉に由来し、

多彩な色使いや、複雑な模様が描かれていることが特徴です。

染は織よりも生地が柔らかく、

ゲストとの距離が近いゲストハウスにぴったりです。







日本人ならではの婚礼衣装、和装も是非お試しください。

沢山のお客様のご来店をお待ちしております。


佐藤

ビードレッセ静岡のブログをご覧の皆様こんにちは。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

最近、朝は冷え込んできており

お布団から出られない季節がやってきました。

季節の変わり目で、体調も崩しやすいかと思うので皆様お気を付けくださいね。


さて、本日は前々回に引き続き、結婚式の演出についてご紹介いたします。

一つ目は、ご存じの方も多い「リングドッグ」でございます。




実は、犬や猫を連れて入れる会場は限られており

ここ静岡市内ですと、片手で数えられる程だそうです。

しかし、犬や猫も家族であり

結婚式には一緒に参加したいというお話を沢山のお客様から伺います。

その為、「貸し切り」と「ゲストハウス」のブラスの会場では、

動物と結婚式を共に過ごすことが可能でございます。

その中でもリングドッグは、新郎新婦をはじめとし

誰もが癒される特別な演出でございます。






また、指輪の演出には動物以外にも

ご兄弟のお子様や、おふたりのキューピットになった方がリングを持ってくるなど

おふたりらしさを出していただける見どころポイントでもあります。

ぜひ皆様らしい人前式を作ってみてください。



二つ目は、果実酒ラウンドでございます。

果実酒ラウンドとは、

新郎新婦がテーブルラウンドをする際、

ふたりが大きな瓶を持ち、

その瓶にゲストの皆様にフルーツを入れていただき

仕上げにジンやウオッカなどのアルコールを注いで

果実酒を作る演出でございます。




テーブルラウンドと演出を同時に進行させることにより

ゲストの皆様とお話できる時間を多く取る事ができる演出です。

皆様とあまり話すことができなかったと後悔をしてしまうのは

もったいないです。

フルーツを入れる間、写真も撮れるのでとてもおすすめでございます。


また、初めての共同作業というところで

水合わせの儀を兼ねて取り入れる方もいらっしゃいます。






お酒が苦手な方であれば、

炭酸水などのジュースをいれていただいてもおいしい果実酒ができますよ。


いかがでしたでしょうか。

本日は、ゲスト参加型の演出についてご案内させていただきました。

結婚式は、時代が変わるごとに

演出も形を変えて進化していきます。

皆様の結婚式がより良いものになりますよう

これからも提案をさせていただきますので

楽しみにしていてください。

B.DRESSER 松島

ビードレッセ静岡のブログをご覧の皆様こんにちは。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。


いよいよ本格的に秋らしい気候になってきた

近頃ですがみなさまいかがお過ごしでしょうか。

私は、さつまいもやブドウ、梨など、秋の味覚を

いただき、”食欲の秋” を満喫しております。


さて、本日は、”Mikrokosmos” 小宇宙を

コンセプトに手掛けたmeyouの3rd Collectionの中から

おすすめドレスをご紹介いたします。



Shooting starと名付けられたこちらのドレス。

胸元からウエストラインにかけてビジューであしらわれた

小花の枝がまるで流れ星のような輝きを放ちます。



スポットライトが当たったときに、流れるように輝く

見惚れてしまうようなビジューのきらめきが

会場を明るく照らし出し、見る人の心を掴みます。





バックスタイルはアイキャッチなレッドと

マスタードイエローのボウバックと

ウエストマークのアクセントが女性心をくすぐります。


タキシードのコーディネートにレッドや

マスタードイエローを蝶ネクタイやシャツ、

ソックスのどこかにワンポイントでプラスして

リンクさせてみるのも素敵です。


ヘアスタイルはアップスタイルにして、ボウバックを

しっかり目立たせ、明るく愛らしさの中にも

エネルギー溢れる花嫁姿を演出していただくのもおすすめです。





自然光がたっぷり降り注ぐ会場で、内側に施された

リバーレスが、さり気なく浮き上がり、

幻想的な雰囲気を演出します。


ノンスリーブで肩付きのデザインは花嫁様を

カジュアルでアットホームな印象を見せるため、

ゲストハウスウェディングのパーティーにぴったりです。



meyouの3rd Collectionはこちら以外にも

魅力的なドレスがたくさんございます。


静岡店に続々と入荷しておりますので、

ぜひみなさま店頭にてお試しください。


みなさまのご来店を心よりお待ちしております。



B.DRESSER静岡 西田

1 2 3 4 5 6 9