皆さま、こんにちは。

いつもビードレッセ丸の内店のブログをご覧いただきありがとうございます。

先日、ウエディングドレスのトレンドをつくっているブランドのひとつであるReem Acra(リーム・アクラ)と、

 

ビードレッセのオリジナルブランドme you(ミーユー)のコラボレーションドレスが新入荷致しました。

 

Reem Acra(リーム・アクラ)のデザイナーは、元刺繡アーティストとして活躍されていたため、華やかなビージングが非常に魅力的なブランドです。

 

また、デザイナーは石油王の娘であるため、今までドレスに使用されなかった刺繍や素材を贅沢に使用していることが特徴的です。



コラボレーションならではのグラデーションのお色味と、柔らかなチュールが魅力的です。珊瑚のようなピンクのスパンコールがゲストの目を引くような一着となっております。

控えめなボリューム感ではありますがスカート部分にまで施されたビーディングが

花嫁様をキラキラと輝かせてくれます。

いかがでしたか。

ビードレッセでしか着ることのできない、Reem Acra(リーム・アクラ)とme you₍ミーユー)のコラボレーションカラードレスを是非店頭にてお試しください。

 

ビードレッセ丸の内 細川

皆さんこんにちは!

いつもビードレッセ丸の内のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は新婦様に欠かせないアイテム、ブーケについてご紹介させていただきます。

 

皆様はブーケを持つ意味をご存じでしょうか?

 

ブーケの由来には様々なものがあるといわれております。

 

一説には、ハーブのような香りには虫よけの効果があり、そのようなハーブの特性を魔除けに見立ててハーブ、さらにはフラワーを持ち始めたのがきっかけといわれております。

 

また、昔には新郎様が新婦様にプロポーズするために花束を作ってプレゼントする習慣があり、その習慣に由来して、結婚式のブーケには新郎様からプロポーズされたという証という意味も込められております。

現在は、新郎様が親しいご友人からお花を一輪ずつもらい花嫁様にプレゼントする演出も人気でございます。

 

そんな意味が込められているブーケですが、使用されるお花も様々な種類がございます。

 

まず特別な1日にふさわしい生花。鮮やかで色とりどりの生花がお二人をパッと明るく見せてくれます。



 

さらに最近ではドライフラワーを用いたブーケも大変人気でございます。くすみカラーの花々がモードな雰囲気を演出してくれます。



 

このような様々なブーケにぴったりのドレスをビードレッセではご用意しております。

ぜひブーケやドレスなど、結婚式のコーディネートを楽しんでいただけると嬉しいです。

 

B.DRESSER 丸の内 韓

皆さんこんにちは。

 

いつもビードレッセ丸の内のブログをご覧頂きありがとうございます。

 

今回は、私たちのお仕事についてお話をさせて頂きます。

 

私たちB.DRESSERのドレスコーディネーターのお仕事は、

 

世界中のブランドからセレクトしたドレスの中から、

お客さまにとっての“運命の一着”を導くことです。

 

ドレスショップで働く人と聞くと、

お客さまに好みのドレスを選んでもらい、

着せ付けを行なう人とイメージするかもしれません。

 

ブラスのドレスコーディネーターは、

花嫁様一人ひとりの個性や想いに寄り添い、

当日納得のいくコーディネートを提案するプロフェッショナルです。

そのため、1番最初のお打ち合わせは

「どんな結婚式にしたいですか?」と、

当日のイメージをお伺いすることから始まります。

それは、単に花嫁様の憧れや好みの衣裳をご提案するだけではなく、

結婚式を挙げる理由の中に秘められたおふたりの想いを、衣裳を通して叶えて差し上げたいと思うからです。

新婦様が最初にイメージしていたドレスを案内する〝イメージ通り〟のご案内ももちろん大事ですが、

私は最初はイメージをしていなかったけれど、

会場の雰囲気や自分の個性、結婚式のイメージを通すとぴったりだと気づく

〝想像を超える〟ご提案をすることこそが、ビードレッセのドレスコーディネーターだと考えています。

だからこそ「おふたりのことを理解する」ことをどの業務にも軸にしています。

はじめての結婚式、はじめての衣裳選びで不安なことももちろんあるかもしれません。

おふたりからのお話は、不安を安心に繋ぐ鍵になります。

ぜひ私たちにおふたりの想いをお聞かせください。

B.DRESSER丸の内 竹田

アレキサンダー・マックイーンなどのトップブランドで経験を積み、2010年に独立した実力派デザイナー、アロン・リブネによるブランド

 Livne White(リブネホワイト)のウェディングドレスをご紹介致します。

 

ブランド設立以来、ビヨンセ、レディー・ガガなど多くの海外アーティストが Livne White(リブネホワイト)の豪華で革新的なデザインのドレスを愛用しています。

シフォンの神秘的なドレスから、デコラティブな装飾、ラッフルを巧みに使った立体的なデザインのドレスまで彼が作るドレスはシンプルでありながらドラマティックなものが多く、Livne White(リブネホワイト)のドレスはその絶妙なバランスで多くの女性を魅了しました。

軽やかなチュールが繊細に広がるウェディングドレス。歩みをすすめるたびにひらりと舞うスカートがドレスをさらにロマンティックに魅せてくれます。

軽やかに揺れる様子は花嫁様をパーティーへ導くかのような、可憐なドレスです。

アクセサリーやブーケによって完成されるスタイルは様々で、あなたらしさを引き出してくれる、そんなウェディングドレスが沢山です。

花びらが舞うようなレース使いと、ほどよい透け感が甘すぎない上品な印象に仕上げています。

バックスタイルまで美しいドレスはゲストの皆様にもきっとたのしんでいただけます。

細やかな手仕事が込められた美しいレースやビジューなどの繊細なディティールは、洗練されたブライズスタイルを叶えてくれます。 

フェミニン見えるのに、どこかエッジが効いていてかっこよく着こなせる。クールに見えるのに、心くすぐる女性らしさがエレガントに見せてくれる。

ドレスには、自分では想像していなかった姿に魅せてくれる不思議なパワーがあるように感じます。

10年後、20年後…  結婚式の写真を見返す度にこのドレスにして良かったそう永遠に思い続けることができる

そんなタイムレスで特別な1着を一緒に見つけましょう。

B.DRESSER 矢田

こんにちは!

いつもビードレッセ丸の内店のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は、Alexandra Grecco(アレクサンドラ・グレッコ)をご紹介致します。



 

 

デザイナーであるアレクサンドラ・グレッコが自身の結婚式を機に、立ち上げた注目のウェディングドレスブランド。

ブルックリン出身の彼女が作り出すデザインは、どれも都会的でファッショナブルです。



さらりとしたリュクス感の溢れる素材、手作業であしらわれた刺繍。

そして、モダンなカッティングが施されたセパレートタイプを代表に、透け感のあるオーガンジーやレースを合わせて、程よい甘さのあるフェミニンで洗練されたデザインが揃っています。



‟自分らしくいたい“現代のお洒落な花嫁様に向けた、自由なスタイルを表現し続けるブランドです。
wedding dress

〈Iris Gown Floral〉

ふんわりとしたピンクアイボリーのボリューム感のあるスカートにふんだんにあしらわれたIrisのお花が輝く1着。

 



幾多にも重なる手刺繍のお花は自然光の光の中で透き通り、花嫁様を美しく輝かせます。

 


 

‟あなたを大切にします“そんな花言葉が込められたIrisiのお花の刺繍。運命の相手と迎えるお衣装にふさわしい1着です。

スカートにはスリットが入っているため、歩みを進めるたびに足元がちらりと見えるところも魅力的。

ぜひお気に入りのシューズを合わせて頂きたいです。

 

いかがでしたか?

‟自分らしく“というパーソナリティを大切にしているAlexandra Greccoは、BRASSと想いが重なった特別なブランドです。

ぜひ、店頭にてご試着ください。

 

B.DRESSER 丸の内 細川

皆さんこんにちは!

いつもビードレッセ丸の内のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は当店と同じ建物内にあるブラスグループの会場、Vermillon Bague(ヴェルミヨンバーグ)についてご紹介させていただきます!

 

名古屋という大都会の絶景を一望できるこちらの会場は地上100mの高さに位置しており、ブラスグループの会場で一番高さがある会場となっております。

昼は名古屋市にそびえたつビル群や名古屋城を望んでいただけるほか、夜はきらめくロマンティックな夜景もお楽しみいただけます。

都会の喧騒を忘れるほどの落ち着きがある会場で、ブラスグループの特徴でもある100組100通りの結婚式を行うことができる会場です。

 

ヴェルミヨンバーグのチャペルは白を基調とした清潔感あふれ、透明のバージンロードが特徴的です。晴れの日にはまるで大空と一体になったような開放感あふれる挙式を迎えていただけます。



チャペルからは景色を楽しんでいただけるだけではなく、白の壁にプロジェクションマッピングを映し出すこともでき様々な演出が可能です。



 

さらに披露宴会場ではオープンキッチンをご用意しておりますので、キッチンスペースで実際にお料理している料理人の姿もご覧いただくことができるのがブラスグループの会場の魅力でもあります。

ぜひ味覚のみならず視覚からもお料理を楽しんでいただきたいです。



 

このような素敵な会場の直営店であるビードレッセでは、ヴェルミヨンバーグの雰囲気を知り尽くしたコーディネーターがお二人にぴったりのお衣裳をご提案させていただきます!

B.DRESSER丸の内 韓侑奈

 

花嫁様にとって欠かせないアイテムの1つでもあるヴェール。実はヴェールには、大切な意味が込められていることをご存知ですか。

今回は【ヴェール】についてご紹介させていただきます。

古代ギリシア・ローマ時代から、ヴェールは「汚れなく清らかなもの」の象徴であると言われております。そのため、花嫁様は邪悪なものから身を守るためにヴェールを身に着けるようになりました。



そのヴェールを、結婚式が始まる前にお母様がおろして、式へ送り出す儀式がヴェールダウンです。お母様に感謝の気持ちを伝えたい、新郎様のもとへ神聖な気持ちで向かうことができる大切な儀式の1つです。



また、ヴェールは2人を隔てる壁でもあります。そのヴェールを上げるのが、これから新婦様を守って行くと決意した新郎様です。これがヴェールアップの儀式です。

ビードレッセでは沢山の種類の中から、ヴェールを選んでいただいております。その中でもおすすめのブランドをご紹介させていただきます。

【HOMA BRIDAL】ホーマブライダル

ニューヨークのブライダルアクセサリーを取り扱うブランドの1つです。シルクなど最高級素材を使用し、全てハンドメイドで作り上げております。絶大な人気を誇るHOMAのヴェールは、どの世代からも愛されるものばかりです。





【twigs&honey】ツイグスアンドハニー

デザインMyraが自身の結婚式を機に、アクセサリーのフルラインを立ち上げました。ハンドメイドでプレスされた繊細なシルクの花びらやレース、柔らかなフェザー、手縫い刺繍など、繊細なディテールが特徴的です。柔らかな世界観は現代の花嫁様にぴったりなものばかりです。





こだわって決めたドレスだからこそ、ヴェールにもこだわりコーディネートを楽しんでみてはいかがですか。小物選びまでお手伝いさせていただきます。

B.DRESSER丸の内 橋本

皆さんこんにちは。いつもB.DRESSERブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

本日は、ご新郎様に運命の1着としておすすめさせていただきたい販売タキシードをご紹介いたします。
インポートスーツで人気の高いLARDINI(ラルディーニ)を販売タキシードとしてご準備しております。LARDINIは著名人やスポーツ選手なども多く愛用しており、一度は耳にした方も多いブランドではないでしょうか。



 

LARDINI
1978年、イタリアのアドリア海に面する港町アンコナにて創業しました。
世界の名だたるメゾンブランドの製品を30年以上作り続けたスーツファクトリーとして、その高い縫製技術を生かして設立されたブランドです。
今日ではルイジ・ラルディーニが手掛けるイタリア発のウェアブランドとして日本でも名を馳せています。当店で取り扱うタキシードは、ラルディーニの中で最もラグジュアリー性が高いロロピアーナ社の生地を使用しており、結婚式において上質な印象を与えてくれます。



 

ご新婦様のドレスや会場の雰囲気に合わせてカラーや襟のデザインを選んでみてはいかがでしょうか。



 

B.DRESSERは、インポートタキシードを幅広くセレクトしております。
お二人のパーティーのイメージに合わせてコーディネーターがご提案させていただきます。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

ビードレッセ丸の内 中谷

みなさんこんにちは!

いつもビードレッセ丸の内店のブログをご覧いただきありがとうございます。

今回のブログではウエディンググローブについてご紹介させていただきます。



ウエディングドレスの手袋には、穢れのない花嫁の「無垢」を示す象徴的な役割があるとされます。

また、格式の高いキリスト教式の結婚式では、肌の露出は好まれません。

式はフォーマルな印象が強いため、手袋を装着して肌を隠すのが一般的です。



ビードレッセでは海外でドレスのみの買い付けではなく、グローブも海外で買い付けをしてきています。

インポートドレスに合わせた、インポートのグローブは相性抜群です。

チュールの生地感も柔らかく、肌なじみ抜群です。

また、繊細な刺繍やレースは他の花嫁様との差をつけられます。

ブーケを持った時や新郎様と腕を組んだ際にちらっと見えるのがお洒落でかわいいです!



グローブの種類がたくさん選べるのはドレスショップの中ではかなり珍しいです。
ビードレッセでドレス、アクセサリー同様、ぜひグローブにもこだわり、おふたりらしさ溢れるトータルコーディネートをみつけてください!

B.DRESSER 丸の内 倉橋

皆様こんにちは!

いつもビードレッセ丸の内ブログをご覧いただきありがとうございます。抜群のセンスの良さから生まれる刺繍デザインで注目をあびていたカレン・クレイグとコスチュームデザイナーとしてのキャリアを積むジョージナ・チャップマンの二人のデザイナーによって生み出されるNYを拠点とするブランドMarchesa(マルケッサ)をご紹介致します。

インドに影響を受けた繊細な刺繍、厳選されたテキスタイル、ビーズワークなどをデザインに落とし込み、彼女達にしか表せない、ヴィンテージ感覚とアジアンテイストが絶妙に融合したクチュール感あふれるドレスは、ブランド発表以来またたくまに話題となり、レッドカーペット常連のセレブから世界中の花嫁まで多くの人々に愛されるブランドです。

柔らかで透け感のあるテキスタイルに総レースを使用し、存在感がありつつ程よい抜け感でヘルシーな大人な女性を演出させてくれます。

煌びやかなビジューとテキスタイルの透明感が素敵なドレスだからこそ、自然光がたっぷり差し込むブラス式場でお召しいただくとより美しさを増します。

また、ドレスがとっても軽やかなため、ゲストの皆様と楽しくリラックスしてお過ごしいただけると思います。

まさに永遠に愛される花嫁姿を作りあげてくれます。

ぜひ店頭でお試し下さい。

皆様にお会いできることを楽しみにお待ちしております。

B.DRESSER 矢田

1 2 3 4 5 6 224