みなさんこんにちは!

いつもビードレッセ丸の内店のブログをご覧いただきましてありがとうございます。

本日は、私自身入社前から惹かれ続けている、

Peter Langner(ピーターラングナー)のドレスをご紹介いたします。

ドイツ出身のデザイナーのPeter Langnerは24歳という若さでドレスを学び、修行を積む為に生まれ故郷のドイツを後にし、パリの世界的に名の高くオートクチュールを学ぶことのできるEcole de la Chambre syndicale(エコ-ル・ドゥラ・シャンブル・サンディカル)へ入学。

彼の情熱は偉大なクチュリエールへの憧れから生まれてきました。

全過程を終了後、すぐにパリでChristian Dior(クリスチャンディオール)、

Emanuel Ungaro(エマヌエル・ウンガロ)、

Guy Laroche(ギ・ラロッシュ)、

Christian Lacroix(クリスチャン・ラクロア)など、

そうそうたるメゾンで経験を積みながら才能を開花させていきました。



【dress name】NADINE

【dress no.】4783

自然光がたっぷり差し込むナチュラルな会場や、緑豊かなガーデンにも相性がいいフラワーモチーフのレース。そして、こだわりの独自の素材を使用した一着です。



Peter Langner(ピーターラングナー)は、「主役はドレスではなく、花嫁自身」と考えているため、「身にまとった花嫁が輝くように」と思いを込めてドレスを作っています。

一度着るだけでも着心地の良さだけでなく、ドレスのシルエット、360度こだわりぬいたデザインに心奪われてしまうほどです。

【dress name】AMANDIN

【dress no.】6008

 



イタリアの職人たちの手により生み出される完璧なシルエットは、

いつ写真を見返しても色あせることのないブライズスタイルを叶えてくれます。

 

私自身も入社する前からPeter Langnerにしか表現できない、

この計算し尽くされたドレスに虜です。

皆様にもぜひビードレッセでため息が出てしまうほどの美しい

Peter Langnerのドレスに袖を通してみてください。

 

B.DRESSER丸の内店 倉橋

皆さまこんにちは。

いつもビードレッセ丸の内店のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は、ウェディングドレスのトレンドを作る4大ブランドの1つと言われるReem Acra(リームアクラ)のドレスをご紹介いたします。


Reem Acra(リームアクラ)

繊細かつ華やかな、ハンドメイドによるビーズ刺繍や、贅沢なシルク地使い、センスが光る洗練されたデザインで、世界各国の女性から支持を得ているブランドです。


元々刺繍アーティストの経験もあるほど多彩なデザイナー。

こちらのドレスは、レースがハンドメイドで贅沢にあしらわれています。


自然光がたっぷり降り注ぐ、ブラスの会場でお召いただくと刺繍に立体感が生まれ、よりゴージャスな輝きを放ちます。

きゅっと引き締まったビスチェとボリュームたっぷりのスカートがお身体にメリハリを与え、女性の美しいボディラインを引き立てるロマンティックな花嫁様姿を演出致します。


Reem Acra(リーム アクラ)はドレスがつくられるアトリエのことを、愛を込めて"魔法が始まる場所""トレンドが生まれ伝統を受け継ぐ場所"と表現しています。

お召いただくと、まるで魔法にかかったように心が躍るドレスばかりです。

そんなReem Acra(リームアクラ)のドレスをぜひ店頭にてお試しください。

 

B.DRESSER大谷内

皆さんこんにちは!

いつもビードレッセ丸の内店のブログをご覧頂きましてありがとうございます。

 

本日は挙式の新婦様入場の際に行われる、

“ヴェールダウン”の儀式について説明致します。

 

古代ローマ時代からあったとされているヴェールには、

バージンロードを歩いて新郎様のもとへ向かう新婦様を悪いものから守る、

「魔除け」の意味があります。

また、新婦様を柔らかく包み込む母親の愛情の象徴とも言われ、

新郎様に身を預けるその日まで、娘を守り通したという「親の愛の証」でもあります。


新婦入場のシーンでは、今まで大切に育ててくれたお母様や、

大切なご家族様にヴェールダウンをしてもらいます。

ヴェールダウンにはお母様から新婦様への

「花嫁支度の最後のお手伝い」という意味も込められ、

その瞬間は新婦様とお母様の絆を感じる、心温まる時間です。

「おめでとう」「幸せになってね」「いってらっしゃい」

幸せになってほしいというお母様から気持ちは溢れ、

その言葉は新婦様の心に響くものです。

お2人が今までお互いを大切に思いながら、過ごしきた時間を、ゲストの方も感じられる本当に素敵な時間になります。

ヴェールダウンに込められた意味や想いを知ると、

より一層一つ一つのお小物にも愛を感じて頂けるかと思います。

結婚式当日のお小物までもおふたりの思いがゲストの方々へ届く様、

トータルコーディネートをご提案させていただきます。

B.DRESSER丸の内 倉橋




皆さんこんにちは!

いつもビードレッセ丸の内のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日はビードレッセのオリジナルブランド meyou の 3rdcollection  “Little iland”  から新作のカラードレスをご紹介させていただきます。



【DressDress name:RIVA】

こちらの新作のカラードレスは、ニュアンスカラーが美しい一着です。

パープルやピンクのチュールが重なりあい、見る角度でいろいろな色味が楽しめる、深みのある絶妙な色合いとなっております。

カラーはパープルとベージュの2色ご用意がございます。




 

スカート部分はボリューム感と踊るようなシルエットがポイントです。

スカートの内側には幾重にもホースヘアが使用されており、

ボリューム感と軽さの両立を実現しています。

ぜひ店頭にて絶妙なお色味や軽さをご体感いただきたいです
ビードレッセ丸の内にて皆様のご来店を心よりお待ちしております

 

 

ビードレッセ丸の内

皆さまこんにちは

いつもビードレッセ丸の内店のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日はビードレッセでお取り扱いをしている、アクセサリーブランドをご紹介いたします。


【JENNIFER BEHR (ジェニファー・ベア)】




ジェニファーが作り出すアイテムはダイナミック且つ繊細なデザインで、女性らしさをより引き立てます。

海外のセレブたちが愛用しており女性に自信をつけさせてくれる戦闘服と言っても過言ではないアクセサリーは、花嫁様を内からも輝かせてくれる、そんなブランドとなっています。




蝶をモチーフとするアクセサリーは、ブラスで結婚式を挙げられる花嫁様にぴったりな洗練されたナチュラルな雰囲気を感じさせてくれます。




【Elizabeth Bower(エリザベスバウアー)】




自然や庭園からインスパイアをされていることもあり、お花やリーフモチーフをふんだんに使用しています。
ガーデンウエディングやナチュラルテイストな会場に最良のアクセサリーブランドとなってます。

存在感あふれる中にナチュラルでフェアリーな雰囲気があるため、馴染みやすくドレスやヘアアレンジによって、大人っぽくも可愛らしくもなるアクセサリーたちです。




上品に輝くパールがアクセントになったイヤリングは、シンプルながらも大切な一日にふさわしい存在感となり、花嫁様の美しさを一層引き立たせます。



いかがでしたでしょうか。

アクセサリーは同じドレスでも、身につけるものによって大きく雰囲気を変える程、大切な存在となります。

ビードレッセでは、本日紹介した以外にも数多くの洗練されたアクセサリーをご用意しておりまので、
大切な一日にふさわしいアクセサリーをぜひビードレッセで一緒にコーディネートを作りましょう。

 

 

B.DRESSER大谷内

皆様こんにちは。

いつもビードレッセ丸の内店のブログをご覧いただきまして

誠にありがとうございます。

 

今年1回目のブログとなりました!

昨年は皆様にとって今年はどんな1年だったでしょうか。



 

結婚式を終えられて夫婦としてのスタートされた方

結婚式の準備最中の方

長い様であっという間の1年、皆様の思い出の中に

ビードレッセでのお衣裳選びがあればこれ以上の幸せはございません。



 

そしてこれから結婚式を挙げられる多くの新郎新婦様に

運命のお衣裳を見つけていただく日を待ち遠しく思います。



本年もビードレッセをどうぞよろしくお願いいたします。

 

またビードレッセ丸の内店では、12月30日(金)から1月2日(月)まで

年末年始の休暇とさせていただきます。

 

2023年もビードレッセスタッフ一同、

皆様にお会いできますことを心より楽しみにお待ちしております。



B.DRESSER丸の内 倉橋

ビードレッセ丸の内ブログをご覧の皆さんこんにちは!

アクセサリーブランドa.b.ellie(エイビー・エリー)のアクセサリーを

ドレスのコーディネートと共にご紹介させて頂きます



a.b.ellie(エイビーエリー)はどこかノスタルジックで、それでいて洗練されたデザインのブライダルアクセサリーを扱うブランド

高品質の素材と、ハンドメイドが特徴です。パールやシルク、レース素材を使用し、ひとつひとつハンドメイドで作り上げられたアクセサリーはため息の出るほど魅力的です。

 

a.b.ellie(エイビーエリー)のアクセサリーを目にしたときの感情を、『屋根裏部屋で見つけた思い出の宝箱を開けた時のよう』と表現されているのも納得です。

 
トレンド感の中にイノセントなブランドの世界観が詰まっており、美しく歪曲するフォルムは女性らしく繊細な輝きを放ってくれます。



おおぶりなアクセサリーは華やかさとオリジナリティ溢れる花嫁様を演出してくれます。

ドレスやヘアスタイルはシンプルにコーディネートしていただくとより、アクセサリーの美しさが光ります。



柔らかな布素材で作られたつまみ細工のアクセサリーは伝統と現代のデザインが組み合わされヴィンテージニュアンスを感じさせます。



刺繍や装飾のあしらわれたドレスに合わせていただくと優しく女性らしい印象を与えてくれます。

サテンやタフタ素材のドレスに合わせてモードな印象に、チュールのドレスに合わせて可愛らしい上品な印象に。

 

人とは被らず個性を出していただけるブランド

花嫁様をもっと特別に、タイムレスな美しさに導いてくれます。

B.DRESSER 矢田

 

皆さんこんにちは。

いつもビードレッセ丸の内店のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は、ビードレッセでお取り扱いのあるインポートドレスブランドをご紹介致します。

【Mira Zwillinger(ミラ・ズウィリンガー)】



Mira Zwillinger (ミラ・ズウィリンガー)と、その娘のLihi Zwillinger (リヒ・ズウィリンガー)が母娘で手掛けるブランドです。
そこから生まれるドレスは、常にタイムレスなおとぎ話に出てくるようなフェミニンなものばかり揃います。

ハンドメイドで仕上げたエンブロイダリーレースやビージングレースは、世界中から調達した最高級の素材で仕上げており、特別な一日にふさわしい一着です。



ここ数年で世界中から大きな注目を集め、今ではウェディング業界のトップブランドとして多くの花嫁から愛されるトレンドを生み出し続けるブランドです。
彼女たちが手掛けるウェディングドレスを纏った花嫁は、ロマンチックで幸福感に溢れた輝きを放ちます。



胸元から裾にかけて広がるリーフモチーフの刺繍デザインは、ナチュラル感満載の一着で、ブラスで結婚式を挙げる花嫁様にぴったりの一着です。



Mira Zwillinger(ミラ・ズウィリンガー)だからこそ生み出せる煌びやかなウェディングドレスのディティールをぜひ店頭にてお試しください。

 

 

B.DRESSER大谷内

清く澄んだ空気と柔らかな日の光が心を豊かにする冬の季節。2022年最後を飾るのにふさわしいmeyouのNew collection “Little island”から新作のドレスをご紹介いたします。

B.DRESSERプロデューサーが会場、ブラスの花嫁様を想い、世界中のトップメゾンのアトリエに足を運びインスピレーションを受けて生まれたオリジナルブランド”meyou”。そんなmeyouの4th collectionのLittle islandからスペシャルな1着が届きました。

何年たっても色褪せないブライズスタイルを作り出しているmeyou。主役はドレスではなくドレスをお召いただいている花嫁様。花嫁様たちが美しく輝けるようにという想いがつまったブランドです。

 

 

そして今回は“美しい公園をイメージして作られたコレクション。薄さ、軽さ、透け感に徹底的にこだわった今回のコレクションは、息を呑む透明感に心奪われるフェアリーな印象をもたらしてくれます。

 

 

オートクチュールや高級ランジェリー、ウェディングドレスなどに使用される最高級レースの栄レースを贅沢に使用し、幻想的な花嫁姿を演出します。息を呑むほど美しい繊細な柄は、リバーレースにしかできない優美さを叶えてくれます。


4wayでお召しいただけるこちらのドレスは、あなたらしさを表現してほしいというmeyouのブランドの想いが詰まった1着。ビッグシルエットのスリーブは、命を吹き込まれたかのようにエアリーな表情をのぞかせます。

 

 

今トレンドのオフショルダーのビッグボウは、モダンなエッセンス溢れるデザインが魅力的で、世界にたった一つだけのブライズスタイルを作りだしてくれます。



今年も沢山のウェディングドレスとご新婦様の出会いがありました。
プロデューサーはこんな言葉を残しています。
「meyouはいつもよりも自信を持てる姿になってほしい。いつ見返しても可愛かったと思えるようなドレスを作りたい。」
プロデューサーと同様、私たちコーディネーターも同じ想いです。
来年もmeyouに出逢い、花嫁様の背中をそっとおしてあげれますように…。
丸の内店にて、素敵なドレスとともに皆様にお会いできることを心よりお待ちしております。

B.DRESSER 丸の内 服部

 

秋の日差しが柔らかな一日。

知的で穏やかな新郎まさふみさんと

笑顔が素敵で明るいれいなさんがオランジュベールで結婚式を迎えられました。

初めてのお打ち合わせの日、「明日ふたりで花火をみにいくんです」と楽しそうお話ししてくださったおふたりのお姿がとても印象に残っています。

多趣味でアクティブなおふたりから、私のほうがパワーを頂いておりました。

はじめはお衣裳のイメージがあまりなかったおふたりですが、

お打ち合わせを進めていく中でイメージも膨らみ、

れいなさんらしいナチュラルかつ上品な、リーフモチーフのドレスにご決定頂きました。


れいなさんの運命の一着は、「控えめな贅沢」をコンセプトに生み出したAnne Bargeのドレス。

最小限の装飾でエレガンスと清潔感を漂わせ、人々の記憶に残るモダンクラシックなシルエットを表現しております。

優美な輝きを放つシルクサテン。

贅沢に使用されたリーフモチーフはひとつひとつハンドメイドで施されており、甘すぎずナチュラルに存在感を持たせてくれます。


珍しいリーフモチーフのドレスは、

おふたりのご希望の、
「変わっていて面白かったと思ってもらえるような結婚式」

にもぴったりでした。

 

アクセサリーは、れいなさんのナチュラルな雰囲気や秋の時期に合わせたマットなゴールドでまとめました。

いよいよ迎えたラストフィッティング。

おふたりと創り上げてきたブライズスタイルが完成を迎える喜びと、

お会いできるのもこれで最後か・・・という切ない気持ちで複雑でした。

ぴったりに仕上がったドレスをお召しのれいなさんのお姿はとてもお綺麗であの時の感動は今も忘れられません。

とうとうお別れの時、名残惜しさを感じる私に、れいなさんは手書きの席次表とメニューをみせてくださいました。

「細川さんにも見てほしくて」とおっしゃってくださったことがとても嬉しかったです。

さすが絵がとってもお上手なれいなさん、トランプの顔の部分をゲスト一人ひとりの似顔絵に変えた席次表は、センスが光っており、なによりゲストの方々への愛を感じました。

 

そんなおふたりのお式は、たくさんの笑顔にあふれていました。

ゲストの皆さんの心に残ったこと間違いなしですね!





まさふみさん れいなさん

気さくにお話ししてくださるおふたりとのお打ち合わせを毎回楽しみにしておりました。

おふたりの大切なお衣裳の担当を任せて頂けたこと、感謝でいっぱいです!

ゲスト思いで、おもてなし心たっぷりなおふたりが大好きです。

末永くお幸せに・・!


担当コーディネーター

細川

1 2 3 4 5 6 241