皆さまこんにちは!

いつもB.DRESSER名古屋駅店のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

本日は、おすすめのカラードレスを1着ご紹介いたします。

 

【meyou(ミーユー)】

dress name: SENA

映画のような1日を、という想いで制作された今回のコレクションは、
デザイナーがインスパイアを受けた映画のタイトル名になっています。

10代の頃、ソフィアコッポラのつつ来る映画を見て世界観、作品に出てくる女の子、
ファッションに心を鷲掴みにされました。

この世界観を体現したい、全ての女性に対して発信がしたい、映画の主人公になれるようなそんな1日をブラスの花嫁様お届けしたいという想いからででデザイン画が書かれました。

何度もトワルチェックを繰り返し、制作に約1年の年月をかけております。

 

ピンクゴールドのサテン素材に包まれたブルーグレーのチュールデザインは唯一無二のデザインです。

反対色を組み合わせた一着なので、ピンクやブルーを基調にした会場だけではなく、
シックで落ち着いた披露宴会場にもお似合いになるカラードレスです。

アクセサリーもシンプルなドレスだからこそオリジナリティを楽しんでいただけます。

B.DRESSERのコーディネーターとともに、素敵なコーディネートをつくりませんか?

 

皆さまからのお問い合わせを心よりお待ちしております。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

堀江

皆さまこんにちは。

いつもB.DRESSER名古屋駅店のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

本日のブログでは、おすすめのウェディングドレスを1着ご紹介いたします。

 

【Peter Langner(ピーターラングナー)】

洗練されたオートクチュールの仕立てで知られるピーター・ラングナーは、
30年近くブライダルファッションシーンの主役を務めてきました。

パリでファッションデザインを学び、クリスチャンディオールやギラロッシュなどの有名なデザインハウスで働いた後、1991年にローマに最初のアトリエをオープンし、2015年にミラノに移りました。

彼のブランドは職人技と時代を超えたファッションが特徴で、文化と建築は、20以上の国際的な国で表示されます。
彼と彼の熟練した職人のチームは、高品質で流行に敏感なブライダルルックを作成するために、独自の素材とユニークな刺繍を使用しています。

刺繍とビーズのボディスとオープンバックを備えたミカドサテンの「タラ」

重厚感のある見た目とは反対に軽やかな素材で軽快感のある1着。

【dress name 】TARA

Peter Langner(ピーターラングナー)は、「主役はドレスではなく、花嫁自身」と考えているため、「身にまとった花嫁が輝くように」と思いを込めてドレスを作っています。

一度着るだけでも着心地の良さだけでなく、ドレスのシルエット、360度こだわりぬいたデザインに心奪われてしまうほどです。

今回ご紹介させていただいたドレス以外にもPeter Langner(ピーターラングナー)のドレスのお取り扱いは多数ございますので、ぜひ店頭でご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ビードレッセにて皆さまとお会いできることを楽しみにお待ちいたしております。

いつもビードレッセ名駅店のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は海外でも有名なブランド、Peter Langner(ピーターラングナー)についてご紹介させていただきます。

数百年もの長い歴史に培われたファッションと芸術の街ミラノで自身のアトリエを開いたヨーロッパを知り尽くした男性ドレスデザイナーブランド。

ドイツ出身のPeter Langer(ピーター・ラングナー)は、パリでオートクチュールを勉強し、クリスチャン・ラクロワやディオール3代目デザイナーのマルク・ボアンなどから技術を学んび、女性を美しくみせる計算しつくされたラインはとてもエレガントで、360度どこを切り取っても美しいシルエットが見てとれます。

ドレスは全て自社ブランドの職人がパターンから生産まで手掛けており、イタリア・ミラノのオートクチュールブランドとして知られています。「ウェディングドレスが着る人の魅力を引き出す」という理念のもとに創られたドレスは、纏った瞬間にイタリアの職人たちの想いを感じる事ができます。

Name FRANCIS

No,0003

まるで花びらのような幻想的なデザイン。

歩みを進めるたびに波打つウェーブが美しく、クラシックでありながら人とは被らない唯一無二のシルエットが魅力の一着です。

シルエットが美しいPeter Langer(ピーター・ラングナー)のドレスをぜひ店頭にてお試しください。

皆さまこんにちは。

いつもB.DRESSER名古屋駅店のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

本日のブログではおすすめのウェディングドレスを1着ご紹介いたします。

 

MARCHESA NOTTE(マルケーザ・ノット)は、ニューヨークのトレンドを作る4大ブランドの一つであるMARCHESA(マルケーザ)のセカンドラインで、作られています。

繊細な素材と豪華な刺繍使いが特徴的なブランドであり、ニューヨークで行われるショーやレッドカーペットでよく目にする程知名度も高く、ブライダルシーンに限らず世界中から愛されるブランドです。

エレガントでありながらキュート、モードでありながらフェミニン、そんなあどけない女性らしさが見え隠れする1着です。

裾に360度ちりばめられた3Dフラワーが愛らしい雰囲気を表現します。

可憐でありながらも幻想的なドレスはゲストの記憶にも残ることでしょう。

他にも、MARCHESA NOTTE(マルケーザ・ノット)のドレスは取り扱いがございます。

MARCHESA NOTTE(マルケーザ・ノット)の流行やしきたりにとらわれない、
自由な世界観をぜひ店頭でご覧ください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

堀江

皆さまこんにちは。

いつもB.DRESSER名古屋駅店のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

本日のブログは堀江が担当いたします。

 

本日はNYのトップブランド、Reem acra(リームアクラ)のドレスをご紹介させていただきます。

世界の流行を作る4大ブランドの一つと呼ばれる、Reem Acra(リームアクラ)は
ニューヨークを代表するトップブランドです。

世界中の花嫁様が憧れる、ウェディングドレスです。

キャリアを生かし、全て手作業で施される世界最高峰と言われる手刺繍で、
施されるインド刺繍を使用しているのがブラントの大きな魅力。

可憐なビーディングが美しく、繊細な素材に手作業であしらわれる刺繍はゴージャスな輝きを放ちます。

胸元にあしらわれたマイクロパールと刺繍は、少女のようなあどけなさが残る可憐な花嫁様を作り上げます。
ウエストから広がるスカートは、ボリュームたっぷりで思わずくるくると回りたくなるような一着です。

余分な装飾は一切ないので、アクセサリーでオリジナリティ出せるところもこちらのドレスの魅力。
ご自身だけの、特別感あるコーディネートをぜひご提案させてください。

360度どこから見ても、繊細で透け感あるチュールが魅力的なこちらのドレスをぜひ一度お試しいただきたいです。
身に纏った瞬間からときめきがとまらない!そんな一着だと思います。

Reem acraの可憐で幻想的な世界観をぜひ店頭でご覧ください。

 

堀江

皆さまこんにちは!

いつもB.DRESSER名古屋駅店のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

本日のブログでは現在B.DRESSERにて取り扱っているドレスの写真が掲載されているInstagramのアカウントをご紹介いたします。

@bdresser_coodinator

定期的に名駅店、丸の内店、浜松店のスタッフが日替わりでコーディネートを発信しております。

ドレスの品番も記入がございますので、いつでもお気軽にお問い合わせください。

皆様のフォローを心よりお待ちしております。

堀江

皆様こんにちは!

いつもB.DRESSER名古屋駅店のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は、世界のトップブランドでもあるANTONIO RIVA(アントニオ・リーヴァ)をご紹介させていただきます。

建築学を学んだ経験から、立体的な形やカッティングの技術など計算しつくされており、伝統的縫製技術とイノベーションされたテクニックでシンプルの中にデザイン性を感じさせるドレスをつくりあげます。
上質なミカドシルクやシルクオーガンを贅沢に使用しており、エレガントで気品のあるイタリアを代表する最高級ドレスブランドです。

芸術的でバックスタイルもスタイリッシュ。360度どこから見ても美しく世界中の花嫁を魅了するドレスは、一度お召しいただくと虜になってしまいます。

【sissi】

シルクガザルのもつ独特のハリ感とリボンモチーフのトレーンが、構築的で心が奪われる一着。
本物のプリンセスを思わせるたっぷりなボリュームのシルエットは、360度どこをきりとっても美しく、
バックスタイルのリボンを結んだようなデザインが、大人な可愛らしさを演出します。
シンプル過ぎず可愛すぎないデザインは、何年先お写真を見返しても色褪せることのない普遍的な美しさがございます。

時代の流れとともに変化しつつも、時を経ても変わらぬ美しさと人気を誇る存在感は圧倒的です。

上質なファブリックと他にはないデザインで、圧倒的な存在感を放つ唯一無二のブランドANTONIO RIVA(アントニオ・リーヴァ)のドレスをぜひ店頭でご覧ください。

 

堀江

いつもビードレッセ名駅店のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は、イタリアのドレスブランド“Peter Langner(ピーター・ラングナー)”のドレスをご紹介させていただきます。

Peter Langner(ピーター・ラングナー)は、過去に「ELLEインターナショナルブライダルアワード2019」Best bridal gown賞(最優秀ブライダルガウン賞)を受賞した経歴を持ち、その実力は世界中で認められています。

デザイナーのピーター・ラングナーは、パリでオートクチュールを学び、その後はクリスチャン・ディオールのデザイナーなどからその確かな技術を習得しました。

自社ブランドの職人がパターンから生産まで全て手掛けており、職人の息使いが感じられます。

360度どこを切り取ってみても美しいドレスのシルエット。

「何年経っても美しく、花嫁とその個性に寄り添うドレスを生み出すこと」をコンセプトに、花嫁を虜にするドレスを作り続けています。

【Dress name】 GISELE

【Number】 861

シンプルでシルエットの美しさが際立つ、Peter Langnerらしいデザイン。

ウェストに施された固結びのリボンが、上品な大人の女性らしさを演出してくれます。

キュートすぎず、モードすぎない、そんなわがままを叶えてくれる一着です。

 

付属のオフショルダーをつけると、王道なAラインのドレスからがらりと衣装が変わり、個性をプラスしてくれます。

耳元にはさらりと揺れるイヤリングで全体的にスッキリとまとめることで、より洗練された印象になり、ドレスの魅力を引き立たせてくれます。

身にまとった花嫁が輝くように、と思いの込められたドレスは、既存の生地ではなく独自の素材を使用しています。他のドレスでは味わうことのできない特別感を、Peter Langner(ピーター・ラングナー)のドレスで是非体感してみてください。

前川

皆さまこんにちは。

いつもB.DRESSER名古屋駅店のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

本日のブログは堀江が担当いたします。

 

DAIVID FIELDEN (デヴィッドフィールデン)

舞台衣装のデザイナーとしてロンドンでキャリアをスタートしたDavid Fielden(デヴィッド・フィールデン)のブランドは、35年経った今も変わらぬ人気を博し続けています。

現在では、イギリスをはじめヨーロッパ、アメリカ、アジアで高い支持を得ており、
ハリウッド女優をはじめとする世界のセレブリティが顧客に名を連ねるハイクラスなブランドとしても知られているのです。

現代的な特徴ある素材と伝統的なレースやモチーフを組み合わせて使用するなど、
伝統とトレンドの融合から常に新しいデザインを発信し続けます。

本日は、David Fieldenのおすすめしたいウェディングドレスをご紹介いたします。

【Brand. DAIVID FIELDEN(デヴィッドフィールデン)】

【No.11】

柔らかなオフホワイトカラーのレースで腕回りを優しく包み込んでくれるオフショルダータイプの一着。

エンパイアラインのウェディングドレスはお胸元下で切り返しがございますので
スタイルをよく魅せたいという花嫁様から人気のシルエットです。

スカートの生地にはジョーゼット素材を使用しているので、
ナチュラルかつラフに着こなしたい新婦様におすすめしたい1着です。

シンプルなドレスでも合わせるアクセサリーでオリジナリティを楽しめるのがポイントです。

こちらの1着だからこそ表現できる”あなたらしさ”を叶えてみませんか?

ぴったりのコーディネートをB.DRESSERのコーディネーターがご提案させていただきます!

是非、B.DRESSERの店頭でご覧くださいませ。

 

B.DRESSER  堀江

本日もビードレッセ名古屋駅店のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今までのブログでも度々掲載しておりますB.DRESSERのオリジナルブランド『meyou』のカラードレスを、本日はコーディネートと共にご紹介させていただきます。

 

ブラスでお式を挙げられるお客様がもっともっと当日を楽しみしていただけるような、自信を持って結婚式を迎えてもらえるようなドレスをお届けしたい…

という想いから約一年かけ、一着、一針丹念に想いを込めてドレスを作成いたしました。

今回のコレクションのタイトルは

『Like a movie』

その名の通り、映画のような一日を…

結婚式は女性にとって誰もが憧れる世界であり、夢の場所。

そんな夢のような時間をより体現できるよう、今回のコレクション全てがインスパイアを受けた映画のをイメージしています。

【Number】993

【Name】meyou 004 purple

ナチュラルでありながらフェミニンなシルエット、繊細なチュールのオフショルダー、流れるようなバックトレーンが魅力的な一着。

オフショルダーのエンパイアラインは、そのショルダーラインとカラーにこだわったデザイン。

全て同じカラーのチュールを重ねるのではなく、レイヤードで絶妙なカラーを創り上げています。

また、カラーに合わせてオリジナルで染めたレースを使用しているため、ドレスに馴染みながらも際立つようなデザインで仕上がりました。

上品なパープルカラーは花嫁様の透明感と美しさを最大限に引き出してくれます。

パーティーの後半でお召しいただくカラードレス。流れるようなバックトレーンや優しく包み込んでくれるオフショルダーがよりハッピーな空気感に。

アットホームなお式で過ごされるお客様にぴったりの一着です。

 

それぞれのブライズスタイルを叶えてくれるこちらのカラードレスを、ぜひ名古屋駅店にてご試着ください。

 

前川