【Date】2019.8.31

【Place】Blue Leman Nagoya(ブルーレマン名古屋)

【Dress】Saffron  (No.3959)  Temperley London(テンパリーロンドン)

【Tuxedo】M25 W/B (No.3207)

 

名古屋駅の近くの、緑に囲まれたゲストハウスの会場、ブルーレマン名古屋。アットホームな会場で素敵な1日を迎えられたのは、かずきさんとわかなさんです。

 



 

わかなさんが運命の1着に選ばれたのは、Temperley London(テンパリーロンドン)のウェディングドレス。

Temperly London(テンパリーロンドン)は、英国初のラグジュアリーブランドであり、英国では抜群の知名度を誇り、多くのモデルやセレブリティに愛されています。ボヘミアンでレトロな雰囲気を残したスタイルが特徴です。デザイナーのAlice Temperley(アリス・テンパリー)は、その抜群のファッションセンスでもファッショニスタの間で大人気なデザイナーです。

 



 

トップスは繊細な刺繍やレースを使い、パールが施されたデザインが上品な雰囲気を演出します。自然光や会場の照明を受けるたびに、パールの上品な輝きを放ちます。

また柔らかいジョーゼットのスカートは、とろみ感のあるデザイン。ふんわりと風になびきナチュラルなテラスにもぴったりです。

 



 

緑に囲まれた邸宅でどこにいても自然光を差し込み、明るく開放的な空間が魅力のBlue Leman Nagoya(ブルーレマン名古屋)の会場に映えるドレスを選んでいただきました。

お2人の結婚式のテーマが‟Old Hollywood”。そのテーマに合うよう、かずきさんはホワイトのタキシードをお選びいただきました。小物はフォーマルに合わせ、ハリウッドスターのようなスタイルでかっこよく着こなしてくださいました。

 



 

【Color Dress】Bibi (No.3960)  Temperley London(テンパリーロンドン)

 

お色直しは、ウエディングドレスと同じTemperley London(テンパリーロンドン)。その中でも代表作として有名な1着をお選びいただきました。手縫いのインド刺繍を前面に施しており、機械で作られた刺繍とは違い立体的な刺繍となっております。

 



 

かずきさん、わかなさん。

いつも穏やかでおしゃれなお2人。Temperley London(テンパリーロンドン)が着たいとご来店していただいたこと、とても覚えております。他のブランドのドレスも着ていたた中でも、Temperley London(テンパリーロンドン)が忘れられず、運命の一着として選んでいただきました。運命の出会いに立ち会うことができ、心より嬉しく思っております。これからもお2人らしい素敵な家庭を築いてください。

末永い幸せを心より祈っております。

B.DRESEER 服部