皆様こんにちは

ビードレッセのブログをご覧いただきありがとうございます

本日はイギリスで誕生した「時代を超えて愛されるロマンティックなドレス」を創り上げるブランドTemperley London(テンパリーロンドン)をご紹介させていただきます



デザイナーのアリステンパリーは自身もファッションアイコンとして有名であり、彼女のデザインするドレスは「自分らしくいられることが大切」という想いからお二人らしいオリジナリティ溢れるお式にぴったりの1着となっています

 

【dress No.】 4763

【dress name】Celeste



美しいビジューと星がモチーフとなっているこちらのドレスは女性らしいシルエットを引き立たせ、上質で柔らかな素材が着心地良く、結婚式をリラックスしながら自分らしく楽しめるドレスとなっております



結婚式ではゲストの皆様と写真を撮る機会が多く上半身はアクセサリーがいらないほどデザイン性が高い為、皆様の思い出にも残る華やかさがあります



シルクのバックリボンは花嫁様の後ろ姿をより美しく魅せ、360度どこから見ても完璧なシルエットを映し出します

不思議の国のアリスからインスピレーションを得た世界観溢れるデザインは、手刺繍で施され、デザイナーのアリステンパリーにしか表現できないレトロボヘミアンなスタイルを生み出し続けています



星空が美しいナイトウエディングで月の光の下輝くビジューのドレスをお召しいただき、お二人だけのロマンティクな一日に過ごしてみませんか

世界中の花嫁様を虜にするTemperley London(テンパリーロンドン)のドレスをビードレッセにて是非お召しください

 

ビードレッセ丸の内 小林

皆さんこんにちは。

いつもビードレッセのブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日はDavid Fielden(デイビッドフィールデン)のカラードレスをご紹介させていただきます。



David Fieldenはロンドンのブランドで、もともと舞台衣装を手掛けていたデザイナーは会場映えをする衣裳を得意としています。繊細なレースやバレリーナのような柔らかいチュールが魅力的。ビジネスよりもクリエイティブさを優先し、David Fieldenならではの幻想的な政界感を作り上げています。

 

 



【Brand】David Fielden

【Dress N0.】4609

【Name】9026

 

ミントグリーンは、太陽の光がたっぷり降り注ぐ春夏の結婚式にオススメのカラーです。甘くなりすぎない爽やかなお色味と優しいチュールのバランスが良い大人可愛い一着。



旅行好きのデザイナーが世界の至る所を巡っては、その土地にしかない花や草木を観察しロンドンのアトリエに戻ってドレスのデザインに落とし込んでいるので、木のぬくもり溢れるナチュラルな雰囲気に映えます。

 



動くたびにふわふわと揺れるチュールは、思わず踊りだしてしまいたくなるような軽やかさ。ほどよく腰回りまで施されたビーディングは360度どこからでも見応えのあるデザインで、ゲストの印象に残る一着になります。

 



オリジナリティあふれるDavid Fieldenの世界観を是非一度お試しください!

皆様にお会いできることをビードレッセスタッフ一同、心よりお待ちしております!

 

B.DRESSER丸の内 黒木

 

 

 

 

今回ご紹介するドレスは、HALFPENNY LONDON(ハーフペニーロンドン)のウェディングドレスです。

 

HALFPENNY LONDON(ハーフペニーロンドン)

ケイト・ハーフペニーが作り出すドレスは、イギリスのヴィンテージドレスにインスピレーションを受けており、女性の美しさを最大限に引き出すため、緻密に計算されて作られています。

著名なデザイナーを輩出するロンドン芸術大学のカレッジ「セントラル・セント・マーチンズ」で得た専門知識と彼女が持つ抜群のセンスが見事融合し、彼女にしか作ることのできないドレスばかりです。

エフォートレスなスタイルが人気のヨーロッパでは、HALFPENNY LONDONのシンプルなドレスが注目を浴びています。

 

 

 



【dress name】BREEZE

【dress number】4402

刺繍が一切施されていないシンプルなデザインで、カジュアルな雰囲気を持ちつつラグジュアリーな一面も見せることができるこちらの一着。

自然光やスポットライトを浴びたとき、サテン生地が美しい光沢感を生み出します。

バックスタイルを綺麗に見せてくれるサイドファスナーを使用。

トレーンにフリルが施されたデザインは、
他のドレスとは一味違った雰囲気でお召しいただくことができます。

 



【dress name】BREEZE

【dress number】4402

アイボリーがかったヴィンテージライクなドレスカラーは、日本人のお肌によく馴染み、自然と肌色を綺麗に見せてくれます。

控えめなAラインの広がりは、ナチュラルなゲストハウスにもぴったり。

総レースの華やかさも併せ持つ、BRASS花嫁様にお勧めの一着です。

 

 

 

「コーディネートを楽しんでもらいたい」というデザイナーの想いから、あわせる小物によっても雰囲気を変えることができます。

そのため、HALFPENNY LONDONのボレロやオーバースカート等のアイテムが充実しております。



【dress name】PAKORASLEEVE

【dress number】4407

 



【dress name】PUFFSLEEVE

【dress number】4409

 



【dress name】PLEATS

【dress number】4408

 

これほどまでにお洒落心をくすぐるデザインのボレロには、なかなか出会うことができません。

HALFPENNY LONDONのドレスはもちろんのこと、他ブランドのウェディングドレスと合わせることもできます。

 

 

 

手作業にこだわり、ロンドンのアトリエで時間をかけて丁寧に作られたケイト・ハーフペニーの作品は、見れば見るほど心奪われるデザインばかり。

ぜひB.DRESSERでご試着してみてはいかがでしょうか?

 

B.DRESSER丸の内 前川

ニューヨークに自身のアトリエをもつAnne Barge(アンバルジ)



Anne Barge(アンバルジ)は 大学を卒業後、”Jim Hjelm”のアシスタントデザイナーを務め、”Anne Barge For Brides”をオープン。

“控えめな贅沢”をコンセプトに花嫁の魅力を最大限に導きだし、古代中国や日本の美しい刺繍デザインからインスピレーションをえたコレクションが数多くあります。


洗練されたシルエットにシルキーな光沢のあるドレスとビジューが綺麗に輝くドレスは、世界に二つとしてない存在として、花嫁にタイムレスな美しさを与えてくれます。

そんなAnne Barge(アンバルジ)のドレスはビードレッセ丸の内店にも多数お取り扱いがございます。

今日はその中でも人気のラインナップをご紹介させて頂きます。



DRESS name  :  LUCA

DRESS No : 4506

DRESSビスチェにはヌードカラーのライナーが使用されトレンド感のあるブライダルスタイルを演出してくれます。ランジェリーのような、レースのコルセットボディ。数年前から小さなトレンドだったこのデザインが、今シーズンついにブライダルのシーンにも登場しました。

総レースのデザインが女性心もくすぐるウエディングドレスです。

 

DRESS name : ROMEO

DRESS No : 4507

ビックシルエットのウエディングドレスです。ビスチェ部分のハートカップは女性のデコルテ部分を綺麗に魅せてくれます。またスカート部分にタッグが入ることにより、ボリュームのドレスでもシルエットが美しく、360度どこから見ても美しい花嫁スタイルを創り出してくれます。



【控えめな贅沢】がコンセプトのAnne Barge(アンバルジ)のドレスは、これから結婚式を控える花嫁様の想いを形してくれます。

皆さんの思い描く花嫁像を、私たちコーディネータに教えてください。

世界に1つだけのブライズスタイルをご提案させて頂きます。

 

B.DRESSER丸の内  清水

 

 

 

 

 

世界中の花嫁様に愛されつづけているイタリアの人気ブランド、Le Spose di GIO(レ・スポーゼ・ディ・ジオ)の昨日丸の内店に到着いたしましたドレスをご紹介いたします。

 



 

Le Spose di GIO(レ・スポーゼ・ディ・ジオ)のデザイナーDe Captiani姉妹は、程よく抜け感が漂う大人のエフォートレスドレスなデザインを多く創り出しております。コーディネータからも人気の高いブランドです。

 



【Brand】Le Spose di GIO(レ・スポーゼ・ディ・ジオ)

【Dress Number】4749

【Dress name】S53BISX

 

前と後ろのVラインはデコルテや肩甲骨のラインを美しく、後ろ姿を綺麗にみせてくれるディティールのドレス。トレンドのデザインです。大胆なカッティングはGIOの世界観そのままに上品さも兼ね備えています。

GIOのドレスはすべてがイタリアで仕入れた最高級の素材を使用しています。シルクで柔らかなオーガンジーがドレス全体的に使われているため、歩くたびに奇麗な揺れを演出してくれます。またナチュラルなテイストと同時に大人な女性を表現してくれることでしょう。

 



 

デザイナーのDe Captiani姉妹は、気品漂う豪華な挙式から足元にスニーカーを履くカジュアルな結婚式、様々なシーンで活用できるベーシックな装いの結婚式まで、それぞれの花嫁様が一度しかない特別な冒険をするという思いを大切にしております。その為、すべてのドレスが花嫁の個性や挙式の雰囲気に合わせてカスタマイズされ創られております。

 



 

B.DRESSERのドレスはバイヤーが1着1着デザイナーとミーティングをし、BRASSの結婚式にふさわしい形を話し合い最良の形で仕入れを行っています。外国人のサイズで作られているドレスをBRASSの花嫁様のお身体に寄り添うように1つ1つパターンから作ってもらっています。B.DRESSERのためだけの一着が届くためバイイングからお店に到着するまでになんと約半年間の時間を要します。それほどにデザイナーとバイヤーの想いの詰まった世界に一着だけの特別なドレスが店頭に並んでいるのです。

 



 

Le Spose di GIO(レ・スポーゼ・ディ・ジオ)。イタリアの上質で繊細な素材作られたドレスはずっと触れていたくなるような手触り。熟練の裁断と縫製技術で生まれる繊細なデザイン。どこを探しても見つからないドレスばかりです。

私たちがいつも胸に抱いている想い、“それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式を創るために” ブラスグループではお2人だけのための結婚式を提案しております。そんな結婚式にぴったりの世界に一つだけのドレス。

是非その運命の1着をB.DRESSERで見つけていきましょう。

 

B.DRESSER名古屋 服部美賀子

 

ブルックリンにアトリエを持つ、日本人デザイナーのTOMOMI OKUBO(トモミオオクボ)。

ドレスを愛してやまない彼女がつくるドレスは、女性の心をつかむドレスばかりです。

TOMOMI OKUBOのドレスは全てシルク生地でつくられ着心地が柔らかく、とろみ感も素敵です。

世界中のブライズたちに最高の着心地を与えてくれます。

 

【Brand】TOMOMI OKUBO(トモミオオクボ)

【Dress number】04104

【Dress name】LILAC



 

肌に優しく寄り添う繊細なレース。歩くたびに足元で美しく揺れるチュール。

柔らかなアイボリーのチュールと胸元の刺繍がお嫁様の心をくすぐります。さりげなく広がりを見せるシルエットがカジュアルでありつつ、女性らしさを惹きたてることでしょう。

 





 

背中にはほんのり色づけるかのようにあしらわれた刺繍とクルミボタン。こちらの刺繍は職人が手作業で仕立てたものです。

誰もがうっとりするようなバックスタイルを演出してくれます。

 

 

【Brand】TOMOMI OKUBO(トモミオオクボ)

【Dress number】04098(tops)  04316(skirt)

【Dress name】CLOVER YERROW



 

ウェディングドレスでは珍しい、セパレイトドレス。

鮮やかなグリーンのガーデンが特徴的のORANGE VERT(オランジュベール)MIEL COCON(ミエルココン)、ARBRE ORANGE(アーブルオランジュ)のお嫁様に是非おすすめさせて頂きたい一着です。

 



 

ウエストが覗くデザインはセクシーすぎず、ヘルシーで美しい印象に。

シンプルなドレスだからこそシーンによってスタイリングを変えて着こなしを楽しんでいただきたいです。ボリュームのある華やかなクラッチブーケを合わせるのも素敵です。

 

B DRESSERでは日本で唯一、TOMOMI OKUBOのドレスを取り扱う店舗となります。”特別な日に着る 特別な一着を”B DRESSERで一緒に探していきませんか。他にはない、自分らしいコーディネートを一緒に作っていきましょう。

是非、みなさまのご試着をお待ちしております。

 

 

B.DRESSER 藤村

 

ビードレッセブログをご覧の皆さんこんにちは!

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回はビードレッセのドレス撮影の様子をご紹介させていただきます。

会場はビードレッセと同じビルの最上階にあるヴェルミヨンバーグです。

最上階のビルから眺める景色はとても素敵で、ビードレッセのお衣装もぴったりです。

モデルはヴェルミヨンバーグのプランナーとビードレッセのコーディネーターです。



ヘアアレンジ、メイクもビードレッセのコーディネーターでさせていただきました。



【Brand】Alexandra Grecco アレクサンドラ・グレッコ

【Dress number】4738

【Dress name】Etienne Gown

ブルックリン出身のデザイナー・アレクサンドラ・グレッコによる注目の新星ブランド。現代の女性に向けシルエットをアレンジしています。

独自のフェミニニティを追求したコレクションを多くそろえています。

今回撮影で使用したドレスは、オフショルダーの1着。

滑らかにおちるシルエットがきれいなスカート

シンプルなデザインなのでブーケ、アクセサリーがより映えます。

 



【Brand】AnneBarge アンバルジ

【Dress number】4506

【Dress name】ROMERO

“控えめな贅沢”をコンセプトとしているニューヨークのブランドです

古代中国かや日本の美しい刺繍デザインからインスピレーションを得た       ウェディングドレス。

洗練されたシルエットにシルクのような光沢があり、世界に二つとないウエディングドレスは、花嫁様の魅力を優雅に導き出します。

ハリウッドセレブの間でもウエディングやレッドカーペットで着る特別な一着として愛されています。

 





シンプルなドレスには刺繍たっぷりのヴェールを、

ビードレッセのドレスにぜひお洒落なシューズ、アクセサリーをつけて

自分らしいコーディネートを見つけましょう。



 

ビードレッセのコーディネーターがそれぞれの新郎新婦に合ったお衣装をご提案させていただきます。

ブラスの素敵な会場にぴったりのコーディネートをビードレッセで

楽しみましょう。

 

こんにちは。いつもビードレッセのブログをお読みいただきありがとうございます!
本日は、とてもこだわり抜かれたブランドで世界トップクラスのピーターラングナーのドレスをご紹介いたします。

 

【Brand】Peter Langner(ピーターラングナー)

【Dress number】4180

【Dress name】SALOME

 





 

 

プリーツ加工が施されたチュールが何層にも重なりしっかりと存在感のあるドレスは、新婦様をより目立たせ主役にしてくれます。また、インポートならではのゴールドカラーは大人の美しさと可憐な雰囲気を持ち合わせます。




 

プリーツ加工やチュールの縫い付けはピーターラングナーのアトリエで職人さんが一つ一つ大事に手作業で行われています。ドレスにちりばめられたゴールドホイールも職人さんの手で施されおりとても緻密作業により創り上げられる特別な一日にはぴったりな贅沢な一着となっております。

 

ドレスがゴージャスなため、ヘアスタイルやアクセサリーをシンプルにまとめた大人の女性を醸し出す雰囲気は、おしゃれ花嫁様にとてもよく似合います。

 



 

お色直しだからこそ、華やかに。

 

一生に一度の特別な日。

 

そんな大切な一日だからこそ、普段は着ることのない華やかのドレスを着て最高の一日を演出しませんか?

 

Peter Langner(ピーターラングナー)は、数百年もの長い歴史に培われたファッションと芸術の街ミラノで自身のアトリエを開いたヨーロッパを知り尽くした男性ドレスデザイナーです。

パリでオートクチュールを勉強し、クリスチャン・ラクロワやディオール3代目デザイナーのマルク・ボアンなどから技術を学びました。

ピーターラングナーのドレスは、計算しつくされたラインが特徴で360度どこを切り取っても美しいシルエットのドレスばかりです。

 



 

「ウエディングドレスが着る人の魅力を引き出す」という理念のもとに創られたドレスは、纏った瞬間にイタリアの職人たちの想いを感じることが出来ます。

 

ドレスは元を辿ると海外の文化です。特別な一日にこだわり、愛を大切にする海外の方だからこそこだわりぬいた一着を創り上げることが出来ます。

 

一生に一度の晴れ舞台。

 

是非ビードレッセで本場のドレスを体感してみませんか?

 

B.DRESSER丸の内 長谷川歩美

ビードレッセスタッフブログをご覧頂きありがとうございます。

本日はビードレッセが取り扱うインポートブランドを一つご紹介致します。

~控えめな贅沢~

これをコンセプトに女性デザイナーならではの

美しいラインを引き出すドレスを手掛けるインポートブランドです。

Anne Barge Blue Willow Bride アンバルジ ブルーウィローブライド





【Brand】Anne Barge Blue Willow Bride(アンバルジ ブルーウィローブライド)

【Dress number】04585

【Dress name】COSTA

上記ドレスはビスチェタイプの王道なAライン。

全体に立体的なレースが入っていて華やかなドレスです。

 

アンバルジは1999年に設立以降、ヴィンテージオートクチュールから

インスピレーションを受け、時代を選ばないクラシックな面と

最新トレンドを兼ね備えたタイムレスなドレスを数々創り上げてきました。





【Brand】Anne Barge Blue Willow Bride(アンバルジ ブルーウィローブライド)

【Dress number】04514

【Dress name】PELLI

上記は滑らかなジョーゼット素材のスレンダーでエレガントな

一着となっております。

 

全てのドレスが世界各地選りすぐりの生地・装飾・刺繍を使い、

一流の職人が洗練されたドレスに仕上げます。

 





【Brand】Anne Barge Blue Willow Bride(アンバルジ ブルーウィローブライド)

【Dress number】04511

【Dress name】PEI

こちらのドレスはシンプルなデザインのドレスでありながらオフショルダーで

アクセントを加えております。

 

アンバルジはニューヨークドレスブランドでありながら

日本、中国などの刺繍デザインからインスピレーションを受けているため

私達日本人にも馴染みやすいドレスと仕上がっております。

ハリウッドセレブの間でも、ウェディングや

レッドカーペットで着る特別な一着として愛され、

数々のファッション誌からも取り上げられているブランドです。

是非ご試着にお越しください。

 

ビードレッセ 丸の内 日比野 周平

 

 

 

”セオリーにとらわれない自由なスタイル

流行を意識したファッショナブルで

主張しすぎないミニマムなデザイン”が

最大の魅力のFRAGMENTS(フラグメンツ)

 

インポートドレスショップで実績を積み、

日本のブライダルコスチュームのセオリーに囚われず

「日々の延長として過ごせる」そんな新しい

ブライダルウェアを提案したい

そんな想いで立ち上げられたブランドです。

 

 



【Brand】FRAGMENTS(フラグメンツ)

【Dress number】04572

【Dress name】No.15

 

ゲストハウスのまるで我が家にゲストを招いてパーティーするような

アットホームな結婚式には、お嫁様自身にもリラックスして

お過ごしいただきたいです。

 

ウエストから裾に向かって

落ちるように流れるシルエット。

なんとも女性らしい洗練された印象。

ほのかな光沢感と滑らかな素材がより抜け感を演出します。

 



 



 

上品でエレガントなボートネックのフロントとは

対照的にバックスタイルは大胆にボックスカットに。

 

シンプルなフロントスタイルと

ウエストから延びたバックトレーンが

FRAGMENTS(フラグメンツ)らしい

主張しすぎないミニマムなデザインとなります。

 

 



【Earring】orgablanca(オルガブランカ)

【Earring number】04734

 

ナチュラルなヘアスタイリングに

存在感あるアクセサリーをお召しいただくことで、

より洗練された花嫁姿を演出します。



大ぶりなイヤリングをポイントに

ドレスのデザインを生かすのも素敵です。

あえて、ビジュー感なく素材を生かしたイヤリングが

スタイリッシュなFRAGMENTS(フラグメンツ)の

ドレスを惹きたてます。

 

 



FRAGMENTS(フラグメンツ)のファッショナブルに進化した

シンプルなウェディングドレスは、

お嫁様のスタイリングで、どこにでもあるスタイルではなく

自分らしいスタイルに導いてくれます。

選ばれた会場に合わせてご自身らしいブーケやアクセサリーを

セレクトしていただきたいです。

 

特別な1日だからこそ、自分らしさを。

お嫁様だけの特別なコーディネートに仕上がるように

お手伝いをさせて頂きます。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

B DREDSSER 藤村