本日はビードレッセに新しく入荷したMira Zwillinger(ミラズウィリンガー)のドレスをご紹介します。


唯一無二の存在感を放つ、海外セレブからの注目のイスラエルのブランド。

Mira Zwillinger(ミラ・ズウィリンガー)と娘のLihi Zwillinger(リヒ・ズウィリンガー)から作られるドレスは、常にタイムレスなおとぎ話に出てくるようなフェミニンなものばかり。

細かい手作業で仕上げるクチュール感満載のドレスコレクションは、 フォトジェニックでフェミニン。

 

【Dress name】 New Fiona

【Dress number】 1582

空気を身に纏うような透明感あふれるチュールが魅力的な一着。

モチーフの輪郭を残し、ステッチで縫い止めることで立体感が生まれ、写真に残したときにも愛らしいフラワーの輪郭が浮かび上がります。

 

ビスチェのフロントとお背中のリボンが、愛らしい花嫁様を演出します。
身に纏うだけでロマンティックで幸福感にあふれた輝きを放ちます。

ミラならではの、3Dのフラワーモチーフや職人から作られる繊細な刺繍は、ため息が出るほど美しいものばかり。

ぜひ一度お試しください。

 

藤村

皆さん、こんにちは。

いつもビードレッセ名古屋駅のブログを見ていただき、ありがとうございます。

 

本日は、花嫁が手にする結婚式で欠かせないアイテムの一つである「ウェディングブーケ」についてご紹介します。

 

結婚式で使われるブーケの代表的なデザインの中で、「ラウンドブーケ」というものがあります。

「ラウンド」とは丸いドーム型を意味しており、ウェディングブーケの定番の形で、どのようなシルエットのドレスでも比較的マッチします。

 

使う花の種類によって、可愛い印象からエレガントな雰囲気まで幅広くアレンジできます。

続いては、「キャスケードブーケ」。こちらは、逆三角形のシルエットをしたブーケです。

「キャスケード」は英語で「小さな滝」の意味を持ち、その名の通り下へ流れるように花があしらわれています。

上品さがあり、荘厳な教会式などにもよく合うブーケです。

 

最後にご紹介するのは「クラッチブーケ」です。

手で掴めるくらいの長さで茎を切りそろえて束ねたものを「クラッチブーケ」と言います。

「クラッチ(clutch)」とは日本語で「つかむ」という意味で、茎をつかむ形状であることからこの名がついたようです。

摘んできてそのまま束ねたかのようなナチュラル感がおしゃれです。

 

素敵なドレスを引き立てるのは、ドレスにぴったり合ったあなたらしいウエディングブーケです。

会場やドレス・花嫁様自身にぴったりのブーケで、世界でたった一通りのトータルコーディネートを組んでみませんか。

 

ビードレッセ名古屋駅 吉岡

皆様、こんにちは。

 

いつもビードレッセ名古屋駅のブログをご覧いただき、ありがとうございます!

 

本日はウエディングドレスのご紹介です。

David Fielden(デイビッド・フィールデン)

 

元々舞台衣装を手掛けていたデザイナーが会場映えする衣装を得意としているブランドです。

 

繊細なレースやバレリーナのような柔らかいチュール。

 

そしてビードレッセのためだけにデザイナー自らレースを選んでくれるため、世界でたった一つブラスの花嫁様のためだけの特別な一着を作り出します。

 

Dress brand: @davidfieldensposa
No.0004

透明感のあるピュアホワイトのチュールの上に、流れるように施されたブラッシュカラーの刺繍。

 

チュールのスカートはDavid Fieldenでは多くみられるデザインですが、シルク素材のトップスと組み合わせることで上品かつ大人の愛らしさが光る1着です。

 

 

他のシルエットも女性らしく繊細で美しいものばかりです。他では味わえない華やかなシルエットで当日を迎えてみてはいかがでしょうか。

ぜひ店頭にてお試しください。

 

ビードレッセ名古屋駅 林

 

 

皆さん、こんにちは!

いつもビードレッセ名古屋駅のブログを見ていただきありがとうございます。

本日は、ERRICO FORMICOLA(エリコフォルミコラ)のシャツをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

エリコフォルミコラの歴史は意外にも新しく、2008年にイタリアのナポリに誕生したシャツブランドです。

創業から6年あまりでありながら今では一流のシャツブランドとなったエリコフォルミコラは、現在では日本を代表するセレクトショップであるユナイテッドアローズやエディフィスなどと言ったブランドを中心に販売されており、日本でも人気を高めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

エリコフォルミコラの一番の特徴は細身のフィッティングでありながらストレスを感じない着心地を生み出していることです。

レギュラーカラーのシャツはイタリアでじわじわと人気が沸騰している襟の形。ネクタイを着用した際に襟とのバランスがとても素晴らしく、絶妙な表情を演出してくれます。

是非、ERRICO FORMICOLA(エリコフォルミコラ)のシャツをお試しください。

 

 

ビードレッセ名古屋駅   加藤

 

 

いつもビードレッセ名古屋駅店のブログをご覧いただきありがとうございます

梅雨を感じさせない穏やかな晴れの日に 素敵なおふたりが結婚式を挙げられました

新郎 ともやさん

新婦 あいりさん

あいりさんの運命の1着は meyou のウエディングドレス

タイトな腰回りのシルエットがよりスタイルの良さを引き立て、穏やかで気品溢れるあいりさんにぴったりです

ざっくりと施されたレースが大人らしい雰囲気を演出し、バックスタイルのチュールのリボンが女性らしさを加えます

ともやさんはネイビーのタキシードをチョイス

優しくあたたかいともやさんにぴったりで 高貴な印象を与えながらやわらかな雰囲気に仕上がるタキシードです

お色直しはこんな素敵な演出も

おふたりが初めて出会った日は雨の日

そんなおふたりらしい演出と共に、6月の季節と雨、お手元には紫陽花のブーケ

トータルコーディネートがばっちりです

初めてあいりさんにこのカラードレスをご提案させていただいた際、パッとお顔が明るくなりすぐにお気に入りをいただいたことを鮮明に覚えています

お好みのパープルのお色味を叶えたのはmeyouのカラードレスです

ビードレッセオリジナルの特別感と、会場にもマッチするようなデザイン、絶妙なカラーリングでお好みのお色味を叶えてくれました

紫陽花にもぴったりのカラーですね!

ともやさん あいりさん

改めまして おめでとうございます

初めてお会いした時からあっという間で、おふたりのイメージを叶えられるお衣装に出会っていただけたことを嬉しく思います

傘の演出もおふたりならではで、カラードレスもぴったりですね!

大好きなおふたりがこれからもずっと幸せでありますように

B.DRESSER 名古屋駅店 原田

 

 

 

皆さんこんにちは!

いつもビードレッセ名古屋駅店のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日はドレスショップビードレッセのアトリエについてご紹介させていただきます。

 

ビードレッセにはドレスをお客様によりジャストサイズでお召いただくためにアトリエが存在します。

アトリエでは大切な日にお召いただくドレスをお客様にピッタリのサイズに仕立てるためにお直しをしています。お客様の体に合わせてしっかり採寸し、技術の高いアトリエスタッフがお直しを施すことでお客様のための世界で一着のドレスが仕上がります。

体型やドレスのデザインはひとつとして同じものはありません。私達はお客様に当日を自信を持ってお迎えいただけるようにお客様ひとりひとりに合わせたお直しをひと針ひと針丁寧に施しています。お召いただくドレスの魅力、それ以上にお客様自身の魅力が一番引き立つように、そんな想いでドレスを仕立てております。

主役はドレスではなくお客様です。

お客様自身が大切な日により輝けるよう、お手伝いをさせていただきます。

特別な一日のお召し物を是非ビードレッセにお任せください

 

B.DRESSER 名古屋駅店 浅田

本日のブログでは、ANTONIO RIVA(アントニオリーヴァ)のウェディングドレスをご紹介いたします。

【ANTONIO RIVA(アントニオリーヴァ)】

ファッションを愛する方にぜひまとって頂きたい、イタリアの最高級ドレスブランド。

元建築家のデザイナーによるドレスは、モダンで立体的なシルエットが特徴です。

ミカドシルクやシルクオーガンジーといった上質な素材を贅沢に使い、
うっとりするようなカーブや優美なドレープを生み出します。

ビードレッセでも大人気のANTONIO RIVAの新作ドレスのご紹介をいたします。

 

【Dress Name】MARIA GABRIELLA

ANTONIOらしい、ミカドシルクを贅沢に使用した一着。美しい艶と、しっかりとした張り感が特徴的なミカドシルク素材はトレンド感も叶えながら、凛とした女性らしい印象を与えてくれます。

 

シンプルなデザインの為、アクセサリーで華やかに。ビジュー感たっぷりの大ぶりのイヤリングを合わせてコーディネートすることをお勧めします。光沢感ある素材と煌びやかなイヤリングがマッチして、より花嫁様の魅力を惹きたてます。

バックにあしらわれたビッグリボンはモダンなルックスに。

計算しつくされたデザインは360度どこから見ても美しく、まるで芸術作品のように輝きゲストの皆様の目を引きます。

ぜひ一度、店頭でお試しください。

皆さん、こんにちは!

いつもビードレッセ名古屋駅のブログを見ていただきありがとうございます。

本日は、結婚式では定番のお色直しのスタイリングについてご紹介させていただきます。

 

結婚披露宴の途中で、新郎新婦が衣裳をチェンジする「お色直し」。

ふたりの衣裳が変わることで会場の雰囲気がさらに華やかになり、ゲストも楽しみにしている演出の一つです。

そんなお色直しですが、本来どんな意味があるのかご存知ですか?

 

「お色直し」とは、新郎新婦が披露宴の途中で席をはずし、衣裳を変えることです。

おふたりの衣裳替えによって雰囲気もガラッと変わり、ゲストもおふたりがどんな衣裳で再入場するのか楽しみにしています。

主流はウェディングドレスからカラードレスへの衣裳チェンジですが、最近は和装へのお色直しも増えているようです。

 

ここでご紹介したいものが、ウェディングドレス2着目へのお色直しです。

 

花嫁しか着ることのできない“特別な白”を十分に楽しみ、あえて白のドレスを2着着て、他の人とは違うコーディネートを組んでみたり。

 

ドレスのデザインはもちろん、ヘアスタイルや小物使いでも印象を大きく変えることができますのでコーディネートの楽しみ方の幅も広がります。

 

今までの自分のイメージと異なる素材にトライして、1着目とは別の楽しみ方をぜひ見つけてみてはいかがでしょうか。

 

ビードレッセ名古屋駅  吉岡


皆様、こんにちは!

 

いつもビードレッセ名古屋駅店ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

本日は、大好評をいただいておりますビードレッセのオリジナルブランド meyou(ミーユー)のカラードレスをご紹介致します。

 

B.DRESSERオリジナルブランド“meyou”

 

ドレスコーディネーターを経験したディレクターが手掛けるブランドで、ゲストハウスウエディングに似合うものだけを一から手がけています。

 

dress brand: meyou
name:Earth

 

リメイク入場した際にも、ゲストの方の目を惹き印象に残るようなオリジナリティ溢れるデザインです。

 

 

お取り外しが可能なパフスリーブやエアリーなボリューム感のあるシルエットは、フェミニンな印象を与えてくれます。

 

 

自然を連想させるようなプリントはナチュラルな会場にもマッチするので、統一感を出してお召しいただけます。

 

花嫁様が当日をより楽しみに自信を持って迎えられるようなドレスをお届けしたいそんな想いが込められています。ぜひ店頭にてお試しください。

 

ビードレッセ名古屋駅 林

 

 

 

皆さん、こんにちは!

 

いつもビードレッセ名古屋駅のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

本日は、先日入荷した新作ドレスのご紹介をさせていただきます。

 

 

Elizabeth Fillmore(エリザベス フィルモア)

ウエディングドレスのもつ魔法のような高揚感を大切にしているブランドで、「モダンロマンティック」がコンセプトです。

 

 

ハイエンドなイブニングウェアからスタートしたNYのブランドです。

 

1999年にブライダル・コレクションを発表後
現代にかけてデザインし続けていて、繊細なレースやフラワーモチーフを贅沢にあしらったドレスが、どんな花嫁さまも幸せのひとときへ導いてくれます。

 

 

 

【Number】2710

 

ボディラインに沿っておちるスレンダーラインがより女性らしさを引き立たせます。

 

 

 

 

お胸元の繊細でありながらも華やかな刺繍は、可憐でロマンティックな花嫁スタイルを演出し、ゲストの視線を釘付けにします。

 

 

 

バックスタイルは丸く広がるトレーンが上品で、クラシカルな印象です。

 

 

 

ドレス選びの際には、お選びいただいた会場、当日の式のイメージに合わせて、花嫁様がお持ちの魅力を最大限に引き出すことのできる本物のドレスをご提案させていただきます。

 

ぜひ一緒に自分らしい魅力あふれるドレスを探してみませんか。

 

あなたの大切な1日を心を込めてお手伝いさせていただきます。

 

 

 

ビードレッセ名古屋駅 林