ドイツ出身のPeter Langer(ピーター・ラングナー)は、24歳という若さでドレスを学び、修行を積む為に生まれ故郷のドイツ、ハノーバーを後にしたPETER LANGNERはパリで世界的に名の高いEcole de la Chambre syndicale(エコ-ル・ドゥラ・シャンブル・サンディカル)へ入学。現在はミラノをベースに活躍し、構築的なシルエットと立体的なフォルムが360度どこを切り取っても美しいシルエットが見とれる。ドレスを着る花嫁様とその個性に寄り添う、完璧な仕事ぶりで世界的に有名に。

 

そんなピーターが最もこだわっているのが、ファブリックの質感。

オリジナリティあふれる独自のファブリック開発に努め、軽くて現代的なファブリックによって与えられる流動的なラインとシルエットが、新たなスタイルに命を吹き込む。

 

【Dress Brand】Peter Langner(ピーターラングナー)

【Dress name】MARION

【Dress number】No.0114

ビスチェには、ハリ感のあるミカドシルクを。スカートには独自で開発されたチュールを。セオリーにとらわれない、デザイン性のあるファブリックはシンプルでありながら華やかな印象に。

 

バックは、ピーターらしい立体的で構築的なバックシルエットに。ミラノのアート建築からインスピレーションを感じ、デザインされるドレスはフロントとバックではまるで違った表情を作り上げます。

計算されて作られたシルエットは、360度どこから見ても美しく見るものすべてを魅了します。彼の作るドレスは、ブラスのお嫁様からも大人気です。”シンプルが好きだけど、デザイン性ある人と違ったドレスがいい”そんなお嫁様に着て頂きたい一着です。

シンプルだからこそ、これからのアクセサリーやブーケのコーディネートも楽しみです。一緒に、素敵なブライズスタイルを組んでいきませんか?

ご試着ぜひお待ちしています。

 

藤村

B.DRESSER名古屋駅店でしか出会っていただけない

特別なウェディングドレスが入荷いたしました。

 

ニューヨークブランド RIVINI(リビーニ)

女性がニューヨークに拠点を置き

デザインをしているオートクチュールブランド。

女性らしいデザインや女性本来の美しさをより引き立てる

上品かつドラマティックなドレスです。

 

 

【Dress Brand】RIVINI

【Dress name】VREELAND

【Dress number】No.0022

 

 

ハリのある生地だからこそ出せる

美しいスカートのフレアライン。

全面に手縫いされたビーディングは当日歩みを進めるたびに

キラキラと繊細かつ上品に輝きます。

 

 

 

きらびやかで主役のような目が離せないドレスだからこそ

ブーケやアクセサリーはシンプルで華奢なデザインが映えます。

 

ブラスの結婚式のテーマは

『フルオーダーメイドのウェディング』

 

”人と違ったことがしたい”

”人とかぶりたくない”

という新郎新婦様のご意見をよく耳にいたします。

 

RIVINIのドレスで私達と一緒に

『フルオーダーメイドのブライズスタイル』

を作りましょう。

 

是非一度ビードレッセ名古屋駅前店でご試着ください。

 

B.DRESSER 名古屋駅前 河合 美憂

 

自身の名前をブランドの冠としている、エチオピア出身の女性デザイナー、アムサーラ。

テレビシーンや映画の衣装としてもドレスを提供しているため、彼女の作るドレスはブライダルシーンに限らず、世界中から愛されています。

「FOREVER MODERN」をコンセプトに掲げ、何年たっても愛されるシンプルでモダンなデザインが特徴的。シルクタフタなどの素材を使用したドレスは、経過な印象でスタイルよくオシャレさを引き立てます。

 

【Brand】nouvelle AMSALE(ヌーブルアムサーラ)

【number】0049

【Name】R302 MAC

AMSALEの特徴である、シンプルなシルクサテンの素材に3Dフラワーをあしらった一着。細部までこだわられたディティールと胸元のカッティングは、女性らしさを惹きたてます。

ウエストとスカートに一周施された、フラワーモチーフの刺繍は360度どこから見ても美しい花嫁姿に。クラシカルすぎず、モードやモダンさもプラスしたい花嫁様におすすめのドレスです。

AMSALE(アムサーラ)の表現するシンプルなデザインはコーディネートによって大きく印象を変えることが出来ます。大ぶりなブーケを合わせたり、華やかなアクセサリーを合わせたり、ご自分にしかできないブライズスタイルを実現して、最良の一日を過ごしませんか。

ご試着もたくさんお待ちしております。

 

藤村

本日はコーディネーター自らが筆をとりデザインさせていただいている

ビードレッセオリジナルドレスをご紹介させていただきます。

 

【Dress Brand】B.DRESSER original dress

【Dress name】Suri

【Dress number】No.0157

 

 

女性らしい上品な繊細なレースのオフショルダーは

花嫁様のお持ちの美しさをより一層輝かせます。

ふんわりと軽やかなチュールドレスは透明感を更に引き立て、

バージンロードやバンケットを一歩あゆみすすめるたびに

上品かつ可憐な印象となります。

 

ナチュラルでありながらフェミニン。

いくつになっても愛せるようなブライズスタイルを

ご提案させていただきます。

 

是非一度ビードレッセ名古屋駅前店でご試着ください。

 

B.DRESSER 名古屋駅前 河合 美憂

世界中で愛される、クラシカルさとトレンドの良さを合わせ持つオリジナリティ溢れるロンドンのブランドDavid Fielden(ディヴィットフィールデン)

自身の名をブランド名にする彼はウェディングドレスのみならず舞台衣装も手掛けるデザイナーです。

今回はDavid Fielden(デヴィッドフィールデン)のウェディングドレスを1着ご紹介いたします。

 

【Dress Brand】David Fielden(ディヴィットフィールデン)

【Dress name】9034/8708

【Dress number】No.0007

細かいレースがあしらわれたロングスリーブのウェディングドレスです。

とろみのあるサテンのスカート部分と繊細なレース感が合わさり、エレガントな雰囲気の1着です。

スレンダーのシルエットなので、お写真のような大ぶりのブーケを合わせるのもおすすめです。

袖口のボタンを全て締めると、パフスリーブにもなり、フェミニンな印象にも。

お二人の当日のイメージや、会場の雰囲気、さらには挙式と披露宴とで変えてみるのもおすすめです。

首元までレースがあしらわれていて、バックスタイルもエレガントに。

ガーデンにも映えるウェディングドレスです。

スレンダーラインのウェディングドレスであれば、カラードレスでふんわりとしたチュールのカラードレスをお選びいただくと、シルエットに差がでて変わり映えがするのでおすすめです。

是非一度ビードレッセ名古屋駅前店でご試着ください。

B.DRESSER 名古屋駅前 中野 世南

こんにちは!

 

一年間の留学を経てビードレッセ名古屋駅店にて

お仕事に復帰させていただいております。河合です。

 

本日はビードレッセオリジナルドレスの

ご紹介をさせていただきます。

 

 

【Dress number】0161

【Brand】B.Dresser Orignal Dress

 

フロントスタイルは女性らしく上品な

大柄のレースとなっておりますが、

バックスタイルは女性心をくすぐる

チュールリボンのデザインになっているので、

教会式にも人前式にも適されたデザイン。

 

日本人の身長に合わせて丈もデザインされているので、

よく動くブラスの披露宴でも歩きやすいです。

 

フロントは女性らしく、バックはキュートな印象なので

ゲストの方々も見ていてギャップに心躍るデザインとなっております。

 

こちらのドレスはニューヨーク在住中にデザインさせていただいた

とても思い出に残る大切な一着です。

 

留学するまで、欧米の方はスレンダーラインのドレスを

選ばれる方がほとんどだと認識しておりましたが、

実際にはこのようなAラインやボリューム系の方も

同じくらい多い印象でした。

 

ぜひファッション感度の高いブラスの花嫁様に

一度ご試着していただきたい一着です。

 

ビードレッセ名古屋駅店にご予約お待ちしております。

 

 

 

B DRESSER  河合

 

 

 

本日は、トロント出身の女性デザイナーRita Vinieris(リタ・ヴィニエリス)が手がける、NYブランドRIVINI(リヴィニ)のドレスをご紹介させて頂きます。

トロント出身のデザイナーRita Vinierisは、大学で経済学を学んだ後にフアッションデザインを学びました。 彼女の創り上げるドレスは、華やかに輝くシルクサテン、シフォン、 オーガンジーを賛沢に使用した、女性デザイナーらしい女性らしさを 際立たせる美しいシルエットが特徴。女性目線で創られたからこそ女性心をくすぐるドレスばかりです。

 

【Dress Brand】RIVINI(リヴィニ)

【Dress name】VREELAND

【Dress number】No.0022

 

 

このドレスの魅力は、全体に施された刺繍。立体的に浮き上がるこの刺繍は、インパクトあるゴージャスな印象に。フレアに広がるスカートは女性らしさを惹きたてます。

繊細にあしらわれたビーディングは一歩ずつ歩みを進める度に、煌めきゲストの視線を集めます。

 

アクセサリーは華やかな大ぶりなものを合わせることでさらにエレガントに。華やかなドレスを生かす、あえて華奢でシンプルなアクセサリーでコーディネートするのもおすすめです。

開放感ある大きなチャペルを持つ、BLUE LEMAN NAGOYA(ブルーレマン名古屋)MIEL CITRON(ミエルシトロン)MANDARIN ALLURE(マンダリンアリュール)  の会場で挙式予定の花嫁様に是非着て頂きたい一着です。

たくさんのご試着をお待ちしています。

 

B DRESSER  藤村

 

 

 

本日は昨日に引き続きMarchesa Notte(マルケーザ・ノット)のウェディングドレスのご紹介です。

Marchesa Notte(マルケーザ・ノット)は、2004年にジョージーナとカレンによってニューヨークから人気の広まったMarchesa(マルケーザ)のセカンドライン。

コスチュームデザインナーとしてのキャリアを積むジョージーナと抜群のセンスの良さから生まれる刺繍デザインで注目を浴びてたカレン。インドからインスパイアされた刺繍などを取り入れたデザインと立体的なドレーピングが定評。ニューヨークではレッドカーペットでも着用され、多くのセレブティからも愛されるブランドです。

 

【Dress Brand】Marchesa Notte(マルケーザ・ノット)

【Dress name】BEA

【Dress number】No.0121

 

すっきりとしたUネックが特徴のAラインのウェディングドレスです。

全面に施された繊細な刺繍は自然光がはいると透け感がでてとても美しい生地感を見せてくれます。明るい自然光が入るブラスの会場にはとても相性がいいです。

大きく空いたバックスタイルもナチュラルなテイストや華やかな装花をあしらった会場に映えます。バックトレーンも少し長めでスタイリッシュでありながらもどこか繊細な可愛らしさを感じる1着となっております。

是非ご試着をお待ちしております。

B.DRESSER 名古屋駅前 中野 世南

 

 

 

本日は、この度B DRESSERで新しく取り扱うことになりました、Marchesa Notte(マルケーザ・ノット)のドレスを紹介させて頂きます。

Marchesa Notte(マルケーザ・ノット)は、2004年にジョージーナとカレンによってニューヨークから人気の広まったMarchesa(マルケーザ)のセカンドライン。

コスチュームデザインナーとしてのキャリアを積むジョージーナと抜群のセンスの良さから生まれる刺繍デザインで注目を浴びてたカレン。インドからインスパイアされた刺繍などを取り入れたデザインと立体的なドレーピングが定評。ニューヨークではレッドカーペットでも着用され、多くのセレブティからも愛されるブランドです。

 

【Dress Brand】Marchesa Notte(マルケーザ・ノット)

【Dress name】KAYLA

【Dress number】No.0120

 

スカートの裾には、3Dフラワーがあしらわれ、360度どこから見ても華やかな印象を与えます。どこから撮ってもお写真で映えるこのドレスは、ガーデンがある会場や木目調のナチュラルな会場でぜひコーディネートして頂きたい一着です。

 

フェミニンなスカートとは対照的にビスチェはVネックに大胆な印象に。華やかなドレスだからこそ、アクセサリーは華奢なものでシンプルにスタイリングすることをお勧めします。

スタイリッシュかつエフォートレスなこの一着を、大切な1シーンのドレスとしていかがでしょうか。周りとは一味違った、自分らしいコーディネートを一緒に作っていきましょう。ご試着のご予約もぜひ、お待ちしています。

 

B DRESSER 藤村

本日はReem Acra(リームアクラ)のドレスのご紹介です。

B.DRESSER 名古屋駅前店にて新しくお取扱いしているウェディングブランドです。

レバノン出身のリーム・アクラによる、可憐なビーディングと刺繍が話題のニューヨークのウェディングブランドです。大学時代にたまたま知り合ったファッション編集者が、アクラが着ていた見事な刺繍が施されたオーガンドレスに注目。それが自宅にあったテーブルクロスからハンドメイドされたと知り、感嘆。その10日後、アクラのためにファッションショーを開き、それがきっかけでニューヨークとパリで本格的にファッションとデザインを学ぶチャンスを掴みます。

1997年にニューヨークで自身ブランドを設立しForbes誌上において影響力のあるアラブ女性の世界7位に選ばれたほか現在新鋭デザイナーの指導など、中東での新しい才能の発掘に大きく貢献しています。

【Dress Brand】Reem Acra(リームアクラ)

【Dress name】R6118

【Dress number】No.0116

立体的なインド刺繍が特徴的なドレスで、アイボリーのお色みとなっております。

柔らかく包み込んでくれるような繊細なチュールで、ボリューム感もありますが、とても軽く、沢山動きのあるブラスの結婚式にはとてもおすすめのウェディングドレスです。

チュールもよく見ると少しキラキラと輝きがあり、自然光やスポットライトが当たると、程よく透け感がでて幻想的にみえます。

【Dress Brand】Reem Acra(リームアクラ)

【Dress name】R6136

【Dress number】No.0117

こちらのウェディングドレスは先ほどもご説明した立体的なインド刺繍が全面的に使用された高級感のある一着です。繊細かつ大胆な雰囲気があり、当日主役の花嫁様をより一層引き立ててくれます。

 

お二人のお席をメインソファにしていただいても、刺繍感が際立ち、ゲストの皆様のお写真にもしっかり映えます。

運命の一着にReem Acra(リームアクラ)をお選びいただいてはいかがでしょうか?

 

 

B.DRESSER 名古屋駅前店 中野 世南