みなさん、B.DRESSER HOMMEはご存知ですか??

B.DRESEERでは、花嫁様の衣裳はもちろんですが、メンズの衣裳と小物にも強い拘りを持っています。

タキシードを選ぶ際にこんな声を聞く事があります。。
「何でもいい」
「特にこだわりはない」

そのように感じてしまうのも、タキシードは普段着る事がない衣裳だからこそ・・・

何を選べばいいのか?
どんなスタイルが似合うのか?

分からないことが多いのだと思います。

でも大切な1日に袖を通す衣裳が、「なんでもいい・・・」「こだわりがない・・・」という想いで選ぶのはすごく寂しいと思います。

花嫁の隣に並ぶ花婿は、花嫁を素敵に美しくエスコートをしなくてはいけません。
だからこそ、タキシードも拘りを持って、「これだっ!」と思うものに出逢ってほしい・・・。

そのように思います。
そのために、私たちコーディネーターが存在します。
「なんでもいい」と思っていた新郎様に「これだっ!」を思える1着をご提案する・・・
「こだわりがない」と言っていた新郎様に「拘りぬいたスタイル」をご提案する・・・

私たちには、その役割があり・・・
そこに大きな自信があります。

大切な1日を最高の装いで・・・

B.DRESEERでは、B.DRESSER HOMMEのインスタグラムアカウントがございます。

私たちが自信を持っておススメをするタキシードやお小物をご紹介しています。
ぜひチェックしていただき、気になるお小物などございましたら、
コーディネータまでお問い合わせください。

一緒に素敵なコーディネートを考えていきましょう。

B.DRESSER
清水

 

ドレスコーディネーターはとお客様との出会いは、早くからお衣装選びをスタートされる方だと、結婚式の1年前になります。

生涯の中で忘れることのできないドレス選びのお時間に一緒に携われること、それがドレスコーディネーターなのです。時には、会場の担当プランナーよりもたくさんお会いする新郎新婦様もいらっしゃいます。

おふたりの結婚式のイメージ、おふたりが選ばれた季節、挙式スタイル全てに意味があると思います。そういった、おふたりの想いを汲み取りながら、お衣装のご提案をさせていただいております。

 

ドレスコーディネーターとお客様が最後にお会いできるのが、ドレスショップで行うラストフィッティングです。コーディネーターは、なかなか当日のお姿を見ることができません。

私たちビードレッセ名古屋駅店は、ブルーレマン名古屋とクルヴェット名古屋のすぐ近くに位置しています。だからこそ、本来なかなか見ることができないおふたりの当日のお姿を見る機会がたくさんあります。

最近も、担当したお客様に会いに行って参りました。

 

訪れた際に、一緒に選んだドレスに身を包みおふたりの楽しそうな笑顔を見るといつもほっとした気持ちになります。

”このドレスにして本当に良かったです”、 ”藤村さんが担当で良かったです”、”ありがとうございました”のお客様からのお言葉がなによりも私の原動力になっています。先日の結婚式でもお客様からたくさんのパワーを頂きました。

これからもいただいたパワーをたくさんの花嫁様にお届けしていきたいと思います。よして、より多くの花嫁様が自分らしい装いがビードレッセで叶えられますように、、精いっぱいのお手伝いをさせていただきますね。

みなさまこんにちは!

いつもB.DRESSER名古屋駅店のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日のブログでは、B.DRESSER名古屋駅店から徒歩1分のところにある結婚式場『ブルーレマン名古屋』にぴったりのカラードレスを3着紹介いたします。

BRAND:Le spose di GIO

Number:112

Name :706

60年以上つづく老舗のイタリアブランドです。

イタリアメイドに拘った繊細な素材と匠の技術で、タイムレスに愛され続けるシンプルで可憐なドレスを作り出しています。

なんと言ってもこちらのドレスは生地が柔らかく軽いです。結婚式を一日過ごしていただく上で意外と大切なのが動きやすさです。

とことんこだわって買い付けをした一着を是非触れて体感してみてください!

BRAND: B.DRESSER ORIGINAL(ビードレッセオリジナル) 

Number:479

Name :GLD

B.DRESSER ORIGINAL DRESSは、わたしたちコーディネーターが作る当店オリジナルのドレスです。

お客様のご意見を聞いているコーディネーターだからこそデザイナーとは違った目線でドレスを作り出すことができます。

どの角度から見ても華やかさとインパクトがある一着。花嫁さまの動きに合わせてドラマティックに表現してくれます。

B.DRESSERでも一番人気を誇るドレスですので、ご試着のご予約はお早めにお願いいたします!

BRAND: B.DRESSER ORIGINAL(ビードレッセオリジナル) 

Number:443

Name :BL

チュールが沢山施されたブルーとグレーのチュールが重なり合う一着。

360°楽しめる美しいグラデーションは花嫁さまの動きに合わせてゲストの視線をくぎ付けに出来ること間違いありません!

また、シルバーのイヤリングでモードな雰囲気を表現。合わせる色味やデザインによってあなたらしさをプラスしてくれる一着です。

シンプルだからこそ、あなたらしさを叶えてくれます!

ブルーレマン名古屋のことを知り尽くしたコーディネーターが皆さまのお衣装選びをサポートさせていただきます。

是非、わたしたちB.DRESSERのスタッフにおまかせください!

堀江 千尋

こんにちは!

いつもビードレッセ名古屋駅店のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

本日は前川がお届けいたします。

 

本日のブログでは、ビードレッセが誇るアトリエのご紹介をいたします。

ビードレッセがこだわり取り揃えている

触れることさえためらうほどの繊細で美しいインポートドレス。

 

少しこすれてしまっただけで傷が入ったり

少し触れるだけでビジューが取れてしまったり

初めて見るパターンや技術

繊細だからこそ取り扱いには試行錯誤しなければなりません。

そのため、アトリエではドレス補正だけでなく

ドレスやヴェールの傷、デザインの修正

日本の花嫁様がお召いただきやすいよう仕様変更

美しいドレスを保つためのクリーニング

お客様にお届けするためのドレスカバーにさえメンテナンスに力を注いております。

目の前の美しいドレスを心からたいせつにしたい

日本の花嫁様にお届けしたい

そんな想いでアトリエスタッフはドレスを取り扱っております。

 

小さな傷や汚れも見過ごさない

ミリ単位で妥協のない採寸や補正、メンテナンスを行うのが

ビードレッセのアトリエなのです。

 

たいせつな一日のために時間をかけてメンテナンスされた

ビードレッセのインポートドレスを安心してお召しください。

 

前川

本日ご紹介させていただくドレスは、NYブランドMARCHESA NOTTE(マルケッサノット)の一着です。

MARCHESA NOTTE(マルケッサノット)は、ニューヨークのトレンドを作る4大ブランドの一つであるMARCHESA(マルケッサ)のセカンドラインで、作られています。

繊細な素材と豪華な刺繍使いが特徴的なブランドであり、ニューヨークで行われるショーやレッドカーペットでよく目にする程知名度も高く、ブライダルシーンに限らず世界中から愛されるブランドです。

コスチュームデザインナーとしてのキャリアを積むジョージーナと抜群のセンスの良さから生まれる刺繍デザインで注目を浴びてたカレン。インドからインスパイアされた刺繍などを取り入れたデザインと立体的なドレーピングが定評されています。

 

【Dress Brand】MARCHESA NOTTE(マルケッサノット)

【Dress Name】AUDRINA

【Dress Number 】No.0124

流れるようなスレンダーラインと繊細な総レースがが花嫁様の魅力を惹きたてる一着です。甘くなりすぎたくない、スタイリッシュでファッショナブルなドレスをお探しの花嫁様におすすめです。

 

シャンテリーレースとコードレース、2種類のレースを贅沢に使用しています。バージンロードでは2層のレースが透けて浮かび上がり、見るものすべてを魅了するバックスタイルに。

透け感ある素材は、自然光がたっぷりと入る会場では、透明感ある花嫁様を作り上げます。

総レースのドレスは、クラシカルなイメージをお持ちの方が多いかもしれません。ナチュラルな会場にも重厚感ある会場にも、マッチするのが総レースのドレスです。

わたしも大好きなこちらの一着、ぜひ一度お試しくださいね。

 

みなさまこんにちは!

いつもB.DRESSER名古屋駅店のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日のブログでは、B.DRESSER名古屋駅店から徒歩1分のところにあ

る結婚式場『クルヴェット名古屋』にぴったりのカラードレスを3着紹介いたします。

BRAND: Peter langner

Number:862

Name :JOANNE

世界で認められたイタリアのドレスブランド。

落ち着いたクラシカルなデザインですが、クルヴェット名古屋のイメージカラーでもある甘いピンクで

色付けされていることでバランスが美しい一着です。

デザイナ-のピーターは「主役はドレスではなく花嫁自身」と考えており、「身にまとった花嫁が輝くように」と思いを込めて作っています。360度どこをきりとっても美しい洗練されたドレスは既存の生地ではなく独自の素材を使用しています。

BRAND: Temperley  London

Number:467

Name :Bibi

「自分らしくいられること」を大切に「時代を超えて愛される」幻想的なドレスを手掛けています。

デザイナーのアリス・テンパリーはロンドン発祥の「不思議の国のアリス」の世界観に惚れ込み、手刺繍でデザインに落とし込んでいるのです。

どこにもないような、目新しいカラードレスと出会いたい花嫁さまから絶大なる支持がある一着です。

BRAND: DAVID FIELDEN

Number:10

Name :9046

可憐で幻想的な花嫁様を演出してくれるロンドンのブランド。

もともと舞台衣装を手掛けていたデザイナーで、繊細なレースやバレリーナのようなやわらかいチュールが魅力的です。

伝統とトレンドを融合して常に新しいデザインを発信しており、ビックリボンはプリンセスのような佇まいになり 思わずクルクルと回りたくなる一着です。

クルヴェット名古屋のことを知り尽くしたコーディネーターが皆さまのお衣装選びをサポートさせていただきます。

是非、わたしたちB.DRESSERのスタッフにおまかせください!

堀江 千尋

みなさん、前撮りはご決定されていますか?

結婚式当日は、ウェディングドレスとカラードレスの洋装でご検討されているお客様、今しか着ることお出来ない和装で前撮りをするのはいかがでしょうか。

ブラスの会場直営の翔風館では、和装のみでの撮影プランをご案内しています。

撮るカット数や、着数によって金額が異なってくるのですが詳細は翔風館にお問い合わせください。

白無垢も色打掛も花嫁様だからこそ、お召しいただける特別感ある装いです。翔風館では、どちらも専属のコーディネーターが自分に一番合うものを提案してもらうことができます。

私自身、先日翔風館に訪れたのですが入った瞬間から木のぬくもりを感じることができる和装にはぴったりのお店です。

まだ訪れたことがない方にはぜひ一度、足を運んで頂きたいです。もちろん当日のお色直しを和装でご検討中の方は、小物まで幅広く選ぶことができるので一度ご来店くださいね。

 

皆さまこんにちは!

いつもB.DRESSER名古屋駅店のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日のブログは、私がB.DRESSER浜松店で担当をしていたお客様が結婚式を挙げられたので、お衣装をご紹介させていただきます。

【2020.12.20  @アーブルオランジュ

ご新郎様:ゆうきさん

ご新婦様:ゆみさん

おふたりの温かなお人柄にぴったりな緑あふれるアーブルオランジュを選んでくださいました。

ゆみさんが選ばれたウェディングドレスはスペインのブランド「TOT-HOM トゥートゥム

アパレルブランドからスタートしているブランドなので、
今までのドレスの概念を砕いたファッショナブルなデザインが人気のブランドです。

おふたりと初めてお会いした際、ご家族やご親族の皆さまを大切にされている想いが
伝わってきたので、ドレス選びで1番大切にしたポイントは”ゆみさんらしさ”です。

イメージがしっかり作られていたわけではないので
おふたりはいつも私のご提案に目を輝かせて聞いてくださいました。

「堀江さんのおすすめを着てみたい」

そんな想いでいつもお打ち合わせに来てくださいました。

 

タキシードのブラウンカラーも優しいお人柄のゆうきさんにお似合いの一着です。

フォーマルだけではなく、温かいアーブルオランジュの雰囲気にもマッチしてくれました!

おふたりはドレスのご試着を重ねていく上で”タフタ素材”にとても魅力を感じてくださいました。

特に、ゆうきさんは「俺、タフタ好き!このドレスがいい!」とはっきりおっしゃってくださったのです^^

そのお言葉は今でもしっかり覚えております。

 

ゆうきさん ゆみさん

ご結婚おめでとうございます!

おふたりと初めてお会いした約1年前のことを今でも鮮明に覚えています。

とんでもなく優しいおふたり。ドレスやお小物をご紹介させていただく度に目を輝かせていらっしゃり、一瞬でゆみさんのファンになりました。(笑)

また、「堀江さんが担当で嬉しいです」とおっしゃてくださり本当に嬉しかったです。

結婚式までおふたりのサポートをすることが出来幸せでした^^

おふたりの幸せをずっと祈っております・・・!

 

担当コーディネーター 堀江 千尋

 

秋晴れの空の中、愛知県常滑市にあるマンダリンポルトで結婚式を迎えられたのが、新郎ひろきさん 新婦あいかさんです。

元々春に予定されていた結婚式を、コロナウイルスで夏に移行されたため、待ちに待った一日の始まりです。

スタイル抜群で柔らかく微笑むのが印象的なあいかさんが選ばれた、運命の一着はイギリス発のブランドDavid Fielden(デイヴィッドフィールデン)。

ロンドンを代表するDavid Fielden(デイヴィッド・フィールデン)は、元々舞台衣装を手掛けており、繊細なレースややわらかいチュール使いが魅力的ブランドです。伝統とトレンドを融合し、コレクションでは常に新しいデザインを発信しています。

優しく腕全体を包み込む、ロングスリーブと肌の上に浮かび上がるようにあしらわれた刺繍が魅力的な一着です。

緩やかな女性らしいウェーブラインを作り上げる、シルエットはぐっと女性らしさを惹きたてます。対照的に手首に連なるクルミボタンが女性心をくすぐり、柔らかく包みこむパフスリーブは、エフォートレスは花嫁様を演出します。

フェミニンでありながらもエレガントに。ドレス選びの際に、”人と被りたくないんです”といつもおっしゃられていたあいかさんにぴったりの一着でした。

 

あいかさんのドレスに合わせて、ご提案させて頂いたのがブラウンのタキシード。いつもお洒落なひろきさんに、本当にお似合いのカラーでした。

会場の装花の色味ともマッチしていて、わたしもほっと安心しました。

おふたりはお衣装を当日までお互いに内緒で進められていたため、お互いの衣装に合うように、おふたりが結婚式の中で大切にされていることに合うようにコーディネートさせて頂きました。

お互いの姿を見られたときの感想はいかがでしたか? とても素敵なお姿だったんだろうなと感じます。

 

これからもおふたりで素敵な家庭を作っていってください。おふたりの幸せをずっとずっとお祈りしています。

 

皆さまこんにちは。

新年、明けましておめでとうございます!!

そして、いつもB.DRESSER名古屋駅店のブログをご覧くださっている皆さまありがとうございます。

 

 

この一年間、誰も予想しなかった状況が続き
沢山悩まれ、決断されたおふたりを担当させていただきました。

結婚式を終えられたお客様から『結婚式をしてよかった』
その言葉にわたしは何度も励まされました。
改めて、大切な一日を任せてくださりありがとうございます。

2021年も結婚式を楽しみにされているご新郎ご新婦様の
お手伝いが出来ることを嬉しく思います。

 

B.DRESSERでお会いできるのを楽しみにしております。

1 2 3 4 5 6 24