【Date】2021.8.21

【Place】Rouge Ardent(ルージュアルダン)

愛知県豊橋市にございます Rouge Ardent(ルージュアルダン)で

結婚式を挙げられたおふたりをご紹介いたします。

 

新郎 そうたさん

新婦 ゆいさん

 



 

ゆいさんのお選びいただいたドレスは

ニューヨークで買い付けたMARCHESA (マルケーザ) というブランドです。

 

ウエディングドレスのトレンドを作る4大ブランドのなかの一つで

「女性を美しく」をコンセプトに

デザインと素材でそれぞれ特化したふたりのデザイナーが手掛けています。

エレガントでありながらキュート、

モードでありながらフェミニン、

そんなあどけない女性らしさが引き立つドレスばかりです。

 



 

ふたりのデザイナーの感性が融合したドレスはとても幻想的で、

ビーズや金糸のレース、羽根飾り・コサージュ等をたっぷりあしらわれ、

着るだけで花嫁の美しさを引き立たせグッと結婚式が華やかにします。

 

 



 

MARCHESA (マルケーザ) の美しいシルエットのドレスは

Rouge Ardent(ルージュアルダン)の披露宴会場で

まるで映画のワンシーンのような素敵な瞬間をお写真に残すことができます。

360度どこを切り取っても美しいドレス姿は

ゲストの方も見惚れてしまう美しさがございます。

 

お色直しでは、Temperley London(テンパリー ロンドン)の

ロングスリーブをお召しいただきました。

 



 

ロンドンで買い付けたTemperley London(テンパリー ロンドン)は

「時代を超えて愛されるロマンティックなドレス」を手掛けるブランドです。

 



 

デザイナーのアリス・テンパリーは自身の名前から

ロンドン発祥の「不思議の国のアリス」の世界観を

手刺繍でデザインに落とし込んでいます。

手刺繍で施される装飾や軽やかな素材使いは、

テンパリーにしか表現できないデザインばかり。

 

デザイナーは「自分らしくいられること」を大切にしており、

おふたりらしいオリジナリティあふれるお式におすすめした1着です。

 



 

そうたさん、ゆいさんご結婚おめでとうございます。

ゆいさんの運命のドレスは初回のご来店で出会った

海外でも知らない人がいない特別なドレスで、

ゆいさんの高身長を活かしたピッタリな1着でした。

おふたりがイメージしていたゲストとの距離が近いアットホームなお式で、

ゲストと一緒に結婚式を楽しんでいただける軽やかなドレスです。

 

おふたりは、まるで友達のような私たちに接してくださり、

毎回のお打合せでは笑いが絶えず、とても楽しかったです。

これからもおふたりらしく、楽しく明るい家庭を築いていってくださいね。

おふたりの担当ができたことが凄く嬉しいです。

おふたりの末永い幸せを心からお祈り申し上げます。

 

皆さまこんにちは
いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。

私事ですが、9月1日に姉妹店「ラピスアジュール(東静岡)」へ列席させていただきました。新郎とは入社同期でアコールハーブ(千葉県船橋)の支配人です。彼とは7度海外旅行を共にしたくらい親友で尊敬する仲間です。
普段は照れ隠しで不器用なところもありますが、周りのメンバーへの気遣いをわすれないアツい新郎です。
彼の結婚式に携わることは私の夢でしたし、思い出が多いからこそ思い入れがあります。
そんな新郎コーディネートは、私が手掛けさせていただきました。

本日は当日のコーディネート写真を交え タキシードとドレスをご紹介致します。

 

 

TXブランド「LARDINI(ラルディーニ)」



約40年続く1978年創業の自社工場にてオリジナル商品を製作し続ける、一から十まで全ての製造工程において完全な「イタリアンメイド」です。縫製技術の高さが有名で、「PRADA(プラダ)、GUCCI(グッチ)、ETRO(エトロ)、BURBERRY(バーバリー)、DOLCE&GABBANA(ドルチェ&ガッバーナ)」など誰もが知る高級ブランドのOEMを携わっています。

また、最高品質生地へのこだわりがあって、イタリア屈指の生地ブランドであるロロ・ピアーナ、エルメネジルド・ゼニア、チェルッティなどの生地を採用し、素材そのものにも存在感を持たせています。

本物のブラックタキシードを選んで頂きました。



 

新婦ドレスもビードレッセドレスコーディネーターがご提案させていただきました。

ブランド「ANTONIO RIVA(アントニオ リーヴァ)」ドレス「SIBILLA」
イタリアを代表する最高級ドレスブランドで、上質なミカドシルクやシルクオーガンを贅沢に使用しており、立体的で独創的なデザインのものばかりです。以前デザイナーは建築家ということもあり、一目でアントニオ・リーヴァのドレスだとわかるものが多く、日本でもとても有名なブランドです。身長も高く御顔立ちもはっきりしているのでとてもお似合いでした。



おふたりとも上品かつ洗練された風貌で、とても大人っぽく着こなしていただきました。
たかみー、しほちゃん末永くお幸せに!

 



 

ビードレッセ浜松

山田 朋彦

皆さまこんにちは!

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます!

9月になり、まだまだ汗ばむ日が続く中、気温や香りから少しずつ秋らしさを感じます。

本日は、そんな秋にお召しいただきたいおすすめのカラードレスをご紹介いたします。

まずは、ビードレッセオリジナルのこちらのカラードレスからご紹介いたします。

絶妙なテラコッタカラーのたっぷりボリュームのカラードレスで、

濃淡のあるオレンジをメインに、イエローやブラウンなど複数の色のチュールをふんだんに使用した贅沢な一着です。

複数の色のチュールが使われたドレスは、動くたびに表情を変え、絶妙なニュアンスカラーを楽しんでいただけるのが魅力です!

背中から伸びるトレーンも取り外しが可能となっておりますので、お好みに合わせてコーディネートしていただけます。


続いても、ビードレッセオリジナルのカラードレスです。

華やかなマスタードイエローのビスチェと、淡いブラウンのチュールが絶妙なコントラストを生み出します。

あえてお顔の周りにはっきりとしたお色を持ってくることで、お顔まわりがより華やかになり、サテン地のビスチェが大人ぽいイメージに仕上げます。

腰に巻かれたベロア生地のリボンをお好みのカラーのリボンや華やかなビジューが施されたサッシュリボンにカスタムしていただくのも素敵です。

続いては、こっくりシックなボルドーのカラードレスはいかがでしょうか?


ロンドンのDavid Fielden(デヴィッド・フィールデン)のカラードレスで、

シンプルなデザインの中にも胸元や腰元に施されたデザインがエレガントさを演出します。


バックデザインもシンプルではありながら、見惚れるほどの美しいシルエットを引き出してくれます。

秋にぴったりのテラコッタカラーもおすすめですが、このようなシックなお色味を合わせていただくのもおすすめです。

秋に挙式予定の方は是非チェックしてみてください!

もちろん、秋以外の季節でも人気のお衣装となりますので、皆さまのお問い合わせをお待ちしております。

B.DRESSER 浜松 原田

皆さまこんにちは。

いつも、ビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日はビードレッセでお取り扱いのあるウェディングドレスについてご紹介をさせて頂きます。

ビードレッセでは

ニューヨーク、パリ、ミラノ、バルセロナ世界中から選び抜かれた上質で洗練されたドレスをご用意しております。

身につけるだけで心が踊るような、今までで一番の自分になれる自分らしさを叶える一着をご提案させていただきます。

Temperley  London(テンパリーロンドン)



英国発のラグジュアリー・ファッションブランド。

英国では抜群の知名度を誇り、多くのモデルやセレブリティに愛されています。

英国ケンブリッジ公爵夫人(キャサリン妃)や、彼女の妹ピッパさんもテンパリーを愛する顧客の一人です。ボヘミアンでレトロな雰囲気を残したスタイルが特徴で、ノバレーゼが日本へ初めて紹介させていただいたブランドです。



デザイナーのAlice Temperley(アリス・テンパリー)は、デザイナーとしてだけでなく、その抜群のファッションセンスでも、ファッショニスタの間で大人気です。
ノバレーゼでは世界中で唯一、ここだけで手に入る特別なコラボレーションドレスを展開しています。デザイナーのアリス自身も大のお気に入りのデザインばかりです。そして、ウエディングドレスは「自分らしくいられることが大切」と語るアリス。



内側に秘められたサムシング・ブルーも楽しいテンパリーのドレスでデザイナーのアリス・テンパリーはロンドン発祥の「不思議の国のアリス」の世界観に惚れ込み、手刺繍でデザインに落とし込んでいます。



是非、ビードレッセで、

自分らしさを叶える装いで、最高に輝く1日にしましょう。

ビードレッセ 大谷内

 



こんにちは!

いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は、マンダリンアリュールで挙式されたおふたりのパーティーレポートをお届けいたします。

 

【Date】2021.7.18

【Place】MANDARIN ALLURE(マンダリン アリュール)

【Groom】しゅうへいさん   【Bride】あかねさん



おふたりの1日はファーストミートからスタートしました。

かけがえのない1日のはじまり。

今日までの感謝や想いを伝え合うおふたりだけの暖かな時間です。



あかねさんが運命の1着に選ばれたドレスは、NYのブランドANNE BARGE(アンバルジ)のマーメイドラインのドレスです。

純白のバラモチーフの総レースに、繊細に煌めくスパンコールがたっぷりと施された1着。

バラが好きなあかねさんに一目惚れをしていただいたドレスです!



お色直しはおふたりは和装を選ばれました。

初めてビードレッセにご来店いただいた際に、紋付でバイク入場をしたいんです!とわくわくしながらお話してくださったしゅうへいさん。

おふたりらしい和モダンでクールな1枚が届きました!



あかねさんの華やかな色打掛がさらにおふたりを引き立てます。



しゅうへいさん   あかねさん

ご結婚おめでとうございます!

いつもとっても仲良しなおふたりに、お打ち合わせのたびにほっこりしておりました!

そして、おふたりが楽しみにされていたバイクとの和装ショットが叶って私もとっても嬉しかったです。

これからもしゅうへいさんのユーモアで、あかねさんをたくさん笑顔にしてあげてくださいね!

おふたりの幸せを心より願っております。

 

 

ビードレッセ浜松 加藤

こんにちは、ビードレッセ浜松店の伊藤です。

今回のブログはPJ(アルバイトスタッフ)について書かせていただきます!

株式会社ブラスでは一緒に働いているアルバイトのスタッフのことをPJさんと呼んでいます!ビードレッセ浜松店には現在3名のPJさんがいてくれています!直接的に皆様にお会いすることは少ないと思いますが、私たちにとってとても大切な存在なのでブログを書きたいと思います!

ビードレッセ浜松店のPJさんのお仕事としては

・店頭のフォロー

・お客様が使用するアクセサリーや靴のメンテナンス

・和装の帯や紐のメンテナンス



など・・・実際に接客には入らないですが、裏方でたくさんのお仕事をしてもらっています!

そのため、もともとドレスや和装の衣裳に興味がある子や、その道に将来進もうと考えている子が多いので、モチベーションも高く、社員と同じ目線で仕事をしてくれています。

技術的なことはないですが、知識としては知っていると今後の人生において役立つことが多いアルバイトだと思うので、このブログをみて興味がある方はぜひ直接お店にお問合せください。

店頭でのフォローをしてもらう際は、少し接客にはいっていくこともあると思いますので、お客様と話したり、衣裳が好きな方はぜひ一緒に働きたいと思っております。



またアトリエという、衣裳を縫ったり直したりするお仕事もビードレッセでは重要なお仕事の1つです。

新婦様が決めた運命の1着を丁寧に縫い、ドレスのサイズをその方使用に直していきます。

ぜひこちらのお仕事も興味がありましたら一度お問合せください。

 

お客様の人生において、すごく記憶に残る結婚式の衣裳

一緒にたくさんのお客様を幸せにする仕事をしてみませんか?

ぜひ、応募お待ちしております!

皆さまこんにちは

いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。

私の大切な後輩社員が先日結婚式を挙げまして、ビードレッセの衣装を着てくださいました。折角なので、大変恐縮ですがこの場をお借りして列席者から見たお姿を紹介させていただきます。

新婦は私がマンダリンポルト(常滑にある姉妹店)でプランナーに従事していたころ、先輩後輩として出逢いました。その縁もありこの度招待していただくこととなりました。

新郎と新婦は新卒の同期同士で、ともに働くミエルシトロンの支配人、副支配人という間柄。一緒に働きながら愛を育むって、とても温かい気持ちにさせられました。実を言えば、おふたりが付き合うきっかけのデートで新婦が着ていったコートは、私がアドバイスさせていただいたコーディネートでした。私自称キューピットです。

おふたりがお召しいただきましたドレスとタキシードをご紹介します(コーディネーターからの想いもつづります。)

【新婦】



ブランド:レンボ―スタイリング

女性らしいシルエットを引き立ててくれるスレンダーライン、上品なとろみのあるジョーゼット素材。フロントの印象とは異なる大胆なバックスタイルが魅力のウェディングドレス。新婦ご本人の優しく大らかな雰囲気に合わせてコーディネート。ゴールドのアクセサリーで合わせました。

 



 


 

ブランド:トモミ オオクボ

日本ではお取り扱いショップがビードレッセのみのブランドです。披露宴でヘアスタイルをアップスタイルにしたい、新婦のお気持ちを汲み取りこちらも大人すぎず上品な可愛さをブレンドしたドレスを選ばれました。御団子ヘアは私もオススメです。

実は両方のブランドは弊社社長が自ら買付を行ったドレスとなります!

 

【新郎】



ブランド:ラルディーニ

40年続く自社工場にてオリジナル商品を製作し続ける、一から十まで全ての製造工程において完全な「イタリアンメイド」です。そして伊達男のアイコンとも呼ばれ、芸能界では堺正章さん、高田純次さん、サッカーの長友選手をはじめ数多くの著名人が愛用する、イタリアの人気ブランドです。高身長の新郎にピッタリの王道ブラックタキシードとなります。カッコよく着こなしていただきました。

どちらのシーンでも人柄溢れる場面が多かった結婚式でした。誰からも愛されるそして誰とでも愛情を持って接する性格が素敵でした!

 

ビードレッセ浜松

山田 朋彦

皆さまこんにちは!

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただき、ありがとうございます!

皆さまは前撮りのご予定はございますか?

ビードレッセでは前撮りのお衣装のお手伝いもさせていただいています。本日はそんな前撮りの魅力をご紹介いたします。



お式当日はゲストの方をおもてなしする立場のおふたり。緊張してしまう方も多いはずです。

そんな中、ゆっくりと時間をとっていただき、自然な表情を思い出として残すことができるのが前撮りの魅力です。

例えば、おふたりの共通の好きなものと一緒にお写真を撮ったり、共通の趣味がある場合は趣味にちなんだグッズやお衣装でお写真を撮ったりすることもできます。

ぬいぐるみや、ユニフォームなどを身につけて楽しく撮影するのも素敵です!



「大切なペットとのお写真を撮りたいな」と考えられている方もいらっしゃるはずです。

そんなペットとのお写真も時間を気にせず、ゆっくり撮影していただけます!家族の写真が増えて、より素敵な思い出を残せますね。

さらに、お式当日はお役目も多い親御様ともゆっくりお写真を撮っていただくこともできます。

当日までに親御様も会場見学をできるので、安心して当日を迎えていただけると思います。



お衣装にこだわりたい方、着たいお衣装が複数あって迷っている方にも前撮りはおすすめです!

当日とは違うお衣装で撮影していただき、いろいろなお衣装を楽しんでいただけるとともに、お式当日には前撮りのお写真をウェルカムスペースに飾っていただくとおふたりらしさがグンと増します。

当日と同じ、お気に入りのお衣装で、当日とは違う髪型やアクセサリーでコーディネートしていただくのも素敵ですね!



自由におふたりらしく撮影していただける前撮り。

ご検討中の方は是非プランナーやコーディネーターにご相談ください!素敵な撮影になるようにお手伝いさせていただきます!

B.DRESSER 浜松 原田

 

皆さまこんにちは。

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日はビードレッセでお取り扱いのある、ウエディングシューズブランドをご紹介いたします。

Emmy London

英国王室のキャサリン妃もご結婚式で
お召し頂き、お子様のファーストシューズを
デザイナーからプレゼントされたほど
愛用されているイギリスのブランドが
Emmy Londonなのです。

実はラグジュエリーな
ウェディングシューズの他にも
ヘアアクセサリーを展開するなど
幅広くファッションに携わっています。



 

Emmy Londonの起源はロンドン在住の
双子の女の子のママでもあるエミーさんが
大学卒業後に、ジョルジオ・アルマーニなど
高級ブランド店で働き、イタリアにて
技術とキャリアを築き上げてきました。

そこから、イギリスに帰国後、友人たちの
結婚式を通してブライダル事業に興味を持ち
そこから彼女の今のブランドが
2004年からスタートしたそうなのです。



スタート後はすぐに彼女の才能が世界で
認められるようになり、ついに約1ヶ月前に
ロンドンにお店をオープンさせました。

素材は全てイタリアから取り寄せ
というこだわり!また仕上げの装飾には、
スワロフスキーのクリスタル、ガラス
パールを中心に全て手で縫い付けていきます。



生活の周りにある美しいもの、例えば、
フェザー、アイロン製ドアやフェンス、
建築物などヨーロッパの歴史ある
素晴らしいデザインからアイディアが
湧き出てくるようです。

ルブタン、ジミーチュウと並んで
世界中の花嫁さまが憧れる
シューズとなっています。



 

是非、ビードレッセでお試しください。

ビードレッセ大谷内


こんにちは!

いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧頂きありがとうございます。

本日は、豊橋にございますルージュアルダンで挙式されたおふたりのパーティーレポートをお届けいたします。

 

【Date】2021.6.27

【Place】Rouge Ardent(ルージュアルダン)

【Groom】ゆうさくさん   【Bride】ひろみさん



おふたりの結婚式は、思い出の沖縄や海がテーマ。ルージュアルダンの厨房スタッフでもあるひろみさんのこだわりの詰まったケーキなど、見どころたくさんの結婚式です。



ひろみさんが選ばれたウェディングドレスは、NYのブランドAmsale(アムサーラ)のドレスです。

シンプルさの中にも洗練されたディティールが施されており、見れば見るほどドレスの美しさを感じることができる1着です。


シンプルなデザインだからこそ、おふたりのテーマが詰まった夏らしいブーケも映えるドレスです。

披露宴はボレロを組み合わせてアレンジ。

ヘアスタイルもアップにまとめ、挙式スタイルからカジュアルダウンした夏らしいアットホームなスタイリングに。

そして、お色直しはドレスはB.DRESSER originalのボリューミーなドレスにお着替えされました。



まるでコンサートのような、色とりどりのサイリウムがパーティーをさらに盛り上げます!

さきほどの、ナチュラルなウェディングドレスからボリューミーなピンクベージュのドレスにお色直し。

ウエストのブラックのリボンで、甘くなりすぎ大人可愛い印象に仕上げ、コーディネートを引き締めます。



ガーデンでの撮影の際はウエストのリボンをアレンジして、ナチュラルフェミニンなスタイリングに。

ウェディングドレスもカラードレスも、シンプルなデザインを活かしてドレスのアレンジをたっぷりとお楽しみいただきました。



インポートのデザイン性のあるドレスはもちろん、人と違ったスタイリングを楽しみたい方こそ、シンプルなドレスでおふたりのこだわりを引き立てるスタイリングもおすすめです。

おふたりの結婚式のイメージに合わせた、1着をご提案させていただきます。

 

 

ビードレッセ浜松 加藤