皆さまこんにちは
いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。

ビードレッセでは新郎タキシードの一部、パンツの股下をアトリエスタッフがお客様へ合わせた丈にその都度変更しております。パンツ丈上げは、コーディネーターの腕の見せ所でもあります。

個人的な見解ですが、ゲストハウスウェディングが始まって以来、テーブルコーディネートもとても変化しました。披露宴会場でのおふたりのメインスペースですが、テーブルがあってお料理が並ぶのが当たり前だった時代から、ソファーや椅子のみの場合も増えて様変わりしております。(ブラスグループでは、おふたりが門出後にお料理を召し上がっていただけれます)

この様変わりによって、足元もゲストからよく見えるようになりました。新郎はシューズやソックス、新婦はシューズといった足元にも注目してみてはいかがでしょうか。

ちなみに・・・
ビードレッセ浜松では、メンズシューズだけでなく「ソックス」もご提案しております。
ALTO MILANO(アルトミラノ)



 

昔ながらのハンドリンキングの縫製技術に長けています。ハンドリンキングとは、ソックスのつま先を職人の手指しによって一目一目を合わせて縫製する加工技術のことで、つま先部分の余分なたわみがなくなるとともに、気になるゴロつきがなくなるのが特徴。現在ではロッソと呼ばれる機械式が主流ですが、職人の手指しによって手間と時間をかけながら縫製されています。



ぜひおふたりの結婚式のスタイルに合わせて、足元の細部にもお楽しみください。

 

ビードレッセ浜松店

山田