皆様こんにちは。

ビードレッセ浜松店の安井です。

 

本日はとってもお天気が良くて、日差しが暑いくらいでしたね・・・。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

今回のブログではPeter Langner(ピーターラングナー)についてご紹介させていただきます。

 

Peter Langner(ピーターラングナー)とは?

イタリアのブランドで男性デザイナーが手掛けています。

ピーターラングナーのドレスは360度どの角度からみても美しいのが最大の魅力です。

デザイナーのピーターは【あくまでも主役はドレスではなく、花嫁自身】と考えており

装飾などが一切ないです。

そのため、持っていただくブーケや合わせていただくアクセサリーがとても映えるのが特徴です!

 

ピーターラングナーのドレスは数着ございまして

その中でも素敵な一着を本日はご紹介いたします。

 

Dress No. 0911

name LEILA



正面からの印象はとてもシンプル。

ですが、バックスタイルは大胆にお背中が空いており

スタイリッシュな印象を与えてくれます。

くるみボタンは乳白色のボタンとなっていて、さりげなく女性らしさも出してくれます。



こちらのドレスをお召しいただいた花嫁さんからは

ディスプレイされている時と試着してみると

全然雰囲気が変わって素敵!

とお声をいただくことが多いです。

ピーターラングナーのドレスの魔法にかけられたように…

花嫁さん自身の美しさを魅せてくれます。

 

ピーターラングナーのドレスの魔法にはドレスを作成沢山のスタッフの想いが込められているからです。

より、花嫁さんが美しく…。

私たちが大切にしている想いと一緒です。

 

その他にもビードレッセ浜松店ではピーターラングナーのドレスをお取り扱いしております。

是非ピーターラングナーの魔法をご体感ください!

 

今回のブログは安井がお送りしました。

ビードレッセのブログをご覧の皆さまこんにちは。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

最近はセミが元気よく鳴き始め、

夏を感じる今日この頃です。

皆さまはどのようにお過ごしでしょうか。

熱中症などには十分ご注意くださいね。

 

さて、本日は私の好きな画家をご紹介いたします。

【Alphonse Mucha】(アルフォンス・ミュシャ)



昨日、静岡県立美術館で行われている

アルフォンス・ミュシャ展へ行って参りました。

 

私が初めてミュシャに出会ったのは、

お菓子の缶でした。

綺麗な女性が描かれた缶が

どうしても捨てられないでいたことを

今でも覚えています。

 

チョコ出身のミュシャは

“線の魔術師”と呼ばれており、

現在は日本の漫画や海外の有名なマーベルにも

影響を与えております。

気がつくと目にするものに

ミュシャの欠片が散りばめられており

少し普段の生活にときめきを感じます。



私はチェコにも行ったことがあり、

本場のミュシャにも触れ

独特のタッチや世界観に惚れ込んでしまいました。

多彩な色使いや背景、

繊細なタッチでありながら大胆なデザイン

ミュシャのセンスの素晴らしさに

ミュシャが亡くなった80年以上経った今も

インスピレーションを受け続けています。



「何年経っても愛され続けるもの」

ビードレッセでもドレスやタキシードは

名高いインポートブランドを取り扱っており、

デザインナーの想いが込められております。

5年後、10年後、何年経ってもお写真を見返す度

幸せな気持ちが蘇るような、

誇りあるドレスを纏ったときめきを

感じていただきたいです。

 

私たちが愛してやまない

デザイナーの想いが込められたドレス。

是非デザイナーの想いに触れ、

1点ものの特別なドレスをご体感ください。

それぞれの新郎新婦の想いに寄り添い

おふたりにぴったりなお衣装をご提案いたします。

 

佐藤

 

こんにちは!

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

まだまだ不安定なお天気ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

いよいよ気温もぐんと暑くなりそうなので、体調にはお気をつけてお過ごしくださいね。

 

さて、皆さまは雨の日はどのようにお過ごしでしょうか^^

私は先日、河合社長のブログで紹介されていた「水を縫う」という書籍を購入して休日に一気に読みました!

刺繍が好きな男子高校生が主人公の話が姉のウェディングドレスを創るというお話…

服飾学生ではない主人公、可愛いドレスは着たくない主人公の姉…

 

私はドレス選びをされる花嫁様に読んでいただきたい本だなと思いました!

ぜひおうち時間のお供に読んでみてくださいね♪

 

ウェディングドレスはやはり特別なお召し物なので

作り手、花嫁様、ご家族、いろいろな角度の想いがあります。

「かわいいドレス」

これも人によってそれぞれ基準は異なります。

お花のモチーフがたくさんのドレス、レースの素材のドレス、シルエットがふんわりしたドレス…

 

どんなことを重視されるかは人それぞれですが、1番は花嫁様が「着たい」と思えるドレスを選ぶことだと思います。

結婚式当日は長時間ドレスを着ています。お写真や動画、もちろん記憶にも残ります。

早く脱ぎたい、ではなくリラックスできてもっと着ていたいと思えるドレス。

お写真を見返した時にあのドレスで良かったなと思えるドレス。

そんなドレスをお召いただきたいと思います。

 

今はウェディングドレスも多様性の時代ですので世界にはたくさんのドレスがあります。

ビードレッセにも世界中のブランドから買い付けた、たくさんのドレスがあるのできっと運命の一着を見つけられますよ^^

 



 

イメージがわかない、どんなドレスがいいのかわからない、

そんな思いを持っている花嫁様も多いと思います。

ビードレッセには花嫁様の気持ちに寄り添いたい、たくさんのコーディネーターが居ます。ぜひコーディネーターに不安な気持ちも教えて下さいね。



 

「このドレスで良かった」と

花嫁様が自分らしくいられるドレスをビードレッセで一緒に見つけましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

B.DRESSER 服部

 


こんにちは!

いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧いただきありがとうございます。

いよいと7月も最終週となり、あっという間に8月ですね!

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

本日は、前回のタイトル「FIND YOUR DRESS」第2弾のドレスをご紹介していきたいと思います。



〜Lace Facade〜

ロマンティックなレースのロングスリーブなど、「ヴィンテージ風」を選ぶのが、今年流。

【Brand】Temperley London(テンパリーロンドン)



お肌から浮かび上がるレースがエレガントな1着。

胸元のVネックでセンシュアルな印象に。

アットホームなゲストハウスには、ヴィンテージ感のあるロングスリーブのドレスもおすすめです。

 

〜Princess in white〜

アットホームなゲストハウスの会場に合わせた、ボリュームたっぷりのプリンセスシルエット。

花嫁のゴージャスなドレスアップ姿こそが、ゲストの気持ちを幸せにします。

【Brand】Reem Acra(リームアクラ)



サテンの艶やかさがラグジュアリーな大人の花嫁を演出。

贅沢なドレーピングが女性の美しいボディラインを引き出します。

 

〜Romantic Encounters〜

ゲストをあっと言わせる技ありのデザインで魅了してみませんか?

【Brand】David Fielden(デヴィッドフィールデン)



シンプルなドレスのバックスタイルにはドラマティックなレースが広がり、後ろ姿で思わずハッとしてしまう1着。

木目調のナチュラルな会場にはぴったりです。



 

いかがでしたか?

前回に引き続きテイストごとに様々なブランドのドレスをご紹介させていただきました。

ビードレッセで取り扱う、世界中から選び抜かれた上質で洗練されたドレスをぜひお試しください。

 

 

ビードレッセ浜松 加藤

皆さまこんにちは。

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日のブログは堀江が担当いたします。

 

さて、皆さまは日頃ご自身のお部屋の模様替えはされますでしょうか。

私は、1人暮らしをして4年目になりますが、一度も模様替えをしたことがありません…!

ですが、B.DRESSER浜松店では今回、心機一転してディスプレイを新しくしました!

 

何が変わったかと言いますと…

エレベーターを降りてすぐのところにある

エントランスに新しいマネキンがやってきました!



今までは立っているタイプのマネキンが2つのみでしたが、今回から座っているマネキンも仲間入りしたのです。

座っているからこそ、どういう風に見えるかなど、よりドレスを着た際のイメージもしていただけるかと思います。



そして、こちらはB.DRESSER丸の内店のディスプレイです。

私たちはドレスの陳列だけにこだわらず、お店全体の世界観を大切にしております。

B.DRESSERにお越しいただいた全てのお客様に、ドレスやタキシードだけでなく、
空間も楽しんでいただけたら…という思いで考えています。

皆さまが結婚式をあげられる、ブラスグループの雰囲気に合わせて空間作りをしておりますので、ホッと落ち着きながらドレスをご覧いただけます。

また、会場のことを思い出しながらドレスをお召しいただくとよりイメージがしやすいと思います!



一瞬一瞬を全ての花嫁様にときめいていただけますように…。

お店にお越しいただいた際は是非ディスプレイもご覧いただけますと幸いです。

 

今週末もたくさんのお客様にご来店いただきありがとうございました。

また、今週からも皆さまにお会い出来る事を楽しみにしております。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

皆さまこんにちは。

いつもビードレッセ浜松のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は私のおすすめのドレスをご紹介させていただきます。

TOMOMIOKUBO(トモミオオクボ)



ゲストハウスにぴったりなドレスブランド。

自身の結婚式を機にウエディングドレスを作る機会を得ました。

彼女は、ファッションスクールで自分で服を作ることを学び、

ラルフローレンやマンハッタンのファッション会社で働き

プロのパターンメーカーとして長年勤めていました。

現在、ニューヨークに移り、

天然素材やレースを駆使して、ウェディングドレスの

デザイン画からドレーピングまですべて手掛けています。

 

そんなTOMOMIOKUBOのドレスは、

日本では唯一ビードレッセでのみ取り扱っております。

 

【brand】TOMOMIOKUBO(トモミオオクボ)

【name】Lilac

【dress no.】0947



こちらのドレスは、ライラックという名前のドレスです。

手刺繍のドレスに柔らかい素材感がゲストハウスにぴったりな一着。

バックシルエットにはくるみボタンがあり、背中に浮かび上がるレースが

女性らしさを演出してくれます。

 

【brand】TOMMIOKUBO(トモミオオクボ)

【name】BLUEBELL

【dress no.】1791

【bolero no.】1792



こちらのドレスは、何も装飾のないシンプルなドレスに

バックシルエットはVに空きスッキリとした印象に。

シンプルベースのドレスだからこそ、アレンジも楽しめます。

 

ビードレッセでは多くのボレロも取り扱いがあり、

ロングスリーブのものからビジューがたっぷりなものまで

ボレロひとつであなたらしさをだすことができます。

是非ビードレッセでお試しください。

 

ビードレッセ 大谷内

 

 

 

 

 

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

今回のブログは安井が担当させていただきます。

 

姉妹店のルージュアルダンより、素敵な前撮り撮影のデータが届きましたので

ご紹介させていただきます。

 



ColorDress

Brand:FRAGMENTS(フラグメンツ)

Number:865

 

FRAGMENTS(フラグメンツ)は

元々インポートドレスショップで経験を積んだ女性デザイナーの手掛けるドレスは

日本人女性の心をぐっと掴むデザインが多く

他の花嫁さんと差をつけることができる斬新なデザインが多くなっています。

 

胸元には様々な色のスパンコールで刺繍が施されており、

自然光が当たると様々な表情を見せてくれます。

スカートは足元が見えるデザインとなっております。

そのため、可愛いシューズをお召いただくのがオススメです!

おふたりはお揃いの白のスニーカーで前撮り撮影を行っていました。



足元でお揃いもとってもお洒落ですよね。

 

Tuxedo:igrek(イグレック)

Number:711

ベストがリバーシブルになっている、イグレックのグレーをお選びいただき

白色シャツのコーディネートと爽やかにデニムシャツを着こなしていただきました。

蝶ネクタイはドレスの色味と合わせてイエローの色味で

おふたりのコーディネートを合わせていきました。



 

前撮りは式場の様々なところで撮影を行うことが出来ます!

おふたりの好きなものやテーマに合わせて撮影をしても素敵です。

これからの時期は紅葉が素敵な時期になりますので、

紅葉の中、和装で行うのも素敵です。

 

前撮り撮影のデーターを結婚式当日のウェルカムボードに使用することもできますし

年賀状のデーターとしても撮影することができるので

とってもオススメです!

 

是非、素敵な写真を残していきましょう^^



ビードレッセ浜松 安井

皆さまこんにちは

いつもビードレッセ浜松の公式ブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。

スタッフがそれぞれ日頃からオンオフともにアンテナを張って、常にお客様へリアルな内容を発信しております。どうぞ引き続きお愉しみくださいませ。

ところで皆さまは「革靴を磨かれたこと、磨きに出したことはございますか??」

職業柄スーツをお召しになるとセルフメンテナンスはしたことがある方は多いと思います。

磨くことでどんなメリットがあるのか調べてみました。



①仕事へのモチベーションが上がる

ビジネスマンだと週末に靴を磨くと仕事初めに頑張ろうという気持ちになります。

②好印象になる

おしゃれは足元からと言われるように目線は下から上に上がります。周りからの印象はそこで決まります

③自信が出る

輝きを増した足元を見ることで安心感につながる。汚いと恥ずかしい気持ちになるため、自信が出ます。

といったようにプラス思考になれます。



私もクロケット&ジョーンズの革靴を愛用しております。

革靴は履けば履くほど足に馴染みますし、磨けば磨くほど愛着が生まれます。

コストパフォーマンスを求めればとても安いモノまである革靴市場ですが、良い品物を長く愛用することが一番、モノの価値が上がっている今の世の中に大切なことだと思います。

なので、革靴ならセルフメンテナンスは必須です。また時にはシューシャイナーに磨いて頂くことをお勧めします。靴磨きのプロの方を指します。鏡のように靴の表面を仕上げる姿をyoutubeで初めて知ったときは感動しました。

コロナ禍の時代に、今年はモノを大切に使うこと、モノを丁寧に扱うことにしようと思います。

 

ビードレッセ浜松

山田 朋彦

ビードレッセ浜松のブログをご覧のみなさまこんにちは。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

最近は天気がぐずつく日がつづいており、

なかなか梅雨明けされない毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか

私はベランダで植物を育てているので、水やりが少し楽になったりします。

いつでも楽しみな毎日を送りたいですね。

 

今回は、2020年コレクションで発表された

NYブランドNOUVELLE AMSALE(ヌーベル アムサーラ)をご紹介いたします。

”Forever Modern”をコンセプトに何年たっても愛される

シンプルでモダンなドレスを手掛けています。



シンプルの中にもデザイン性がり、

それでもって上質な素材が

ブラスの自然光がたっぷりそそぐ会場で

洗練された花嫁様を演出してくれます。



現在はVERA WANG(ヴェラヴォン)の元デザイナーが手がける

NYの中心地にお店を構えるトップブランドです。



 

2020年のコレクションでは

エッジの効きすぎないディテールで

セクシーでフェミニンな印象のデザインが多く発表されました。

深みのあるVネックが女性の美しいデコルテを引き立たせ

魅力的な花嫁様を演出し、

さらに腰のラインをよりはっきりと見せることで、

メリハリのある女性の美しいラインを引き立たせます。

透明感のあるレースが施されたイリュージョンネックラインや

草花の刺繍、チュールスカートのAラインウェディングドレスを多く発表しています。



 

私たちが愛してやまない世界中の上質で洗練されたドレスを

ブラスの会場の合わせて買い付けております。

1着1着のデザイナーの想いが込められたドレスを是非店頭でご体感ください。

沢山のお客様のご来店をスタッフ一同お待ちしております。

佐藤

こんにちは!

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます!

7月も半分が過ぎ、梅雨明けももうすぐでしょうか。

蝉の鳴き声も目立つようになってきて新しい季節が待ち遠しいですね…!

 

梅雨が明けたら夏が来るので

本日は夏の結婚式について書かせていただきますね!

 

ブラスはチャペルやバンケットが

ガーデンと繋がっている会場がほとんどなので開放感ができ

夏の結婚式はお祭りのような雰囲気を楽しめるのでおすすめです♪

 

季節柄暑く、緊張されているゲストの方も多いので

ドリンクや手軽に食べられるものなどがあるとリラックスしていただけますね。

夏の食材は色鮮やかなものが多いのでカラフルに仕上がりますよ!



 



コーディネートはとびきり夏らしく!

ウェディングドレスと麦わら帽子はとても相性が良くて素敵ですよ♪



 

ブーケやカラードレスの色味を夏らしい色にするのも良いですね♪

色味を加えると、お写真映えもして後から写真を見返した時にも楽しいですよね!



 

ブラスはウェディングケーキもパティシェと相談しながらオリジナルのケーキを作れるので

ふたりのパーティーの世界観にぴったりのケーキで、ケーキセレモニーも行えます。

世界に一つのオリジナルのケーキってとても嬉しいですよね!



 

そしてフィナーレでは特別な打ち上げ花火を楽しんだり…



(こちらの写真はオリゾンブルーでの披露宴の様子です☆)

 

夏の結婚式、いかがだったでしょうか。

夏だからこそできるコーディネートや演出がたくさんあります!

そして、会場を目一杯使用しての世界観づくりは、完全貸し切りのブラスだからこそできるポイントです。

ゲストの方と楽しく、賑やかに過ごしたいという方にとってもおすすめですよ^^

皆さまの参考になれば嬉しいです!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

B.DRESSER 服部