こんにちは!

いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

最近、少しずつ暖かくなり春を感じられるようになってきましたね。
桜の開花が待ち遠しいです!

 

本日はスレンダードレスの魅力をお伝えしていきます。

最近はナチュラル・カジュアルな結婚式を好まれる方が増え、スレンダードレスを選ばれる花嫁様が増えてきています。

ドレスがすっきりとしている分、ゲストとの距離も自然と近くなるためお写真が撮りやすかったり、テーブルフォトで動きやすかったりといいことばかりです!

ゲストとの距離を大切にしたい方には特におすすめです。

【Dress】FR-DR-#14
【Brand】FRAGMENTS



フロントはシンプルなデザインでバックスタイルがおしゃれな一着です。



シンプルかつスレンダーのドレスはどんなデザインのブーケやアクセサリーとも相性がよく、よりおふたりらしさを表現していくことができます。

こちらの新婦さんは、可愛らしい小花を束ねた大きなブーケでコーディネートされました。ブーケ次第で印象は大きく変わってくるので、ブーケのデザイン選びも大切ですね!

 

スレンダーラインのドレスや、シンプルなドレスは主役感がない、目立たない、とおっしゃられる方もいらっしゃいますが、結婚式は普段お世話になっている方たちに感謝を伝える大切な機会です。
衣装ばかりが目立っては、おふたりのありのままを感じていただくことができません。

おふたりらしさを引き出してくれる、そんな一着で大切な日を迎えていただくことが、私たちコーディネーターの想いです。

一緒に運命の一着を見つけていきましょう!

皆様のご来店お待ちしております。

 

 

ビードレッセ浜松店 加藤

 

 

ビードレッセ浜松のブログをご覧の皆様こんにちは。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

本日は服部が担当いたします!

 

今日はもう3月なのに雪が降る地域もあるそうですね。

皆様体調には十分お気を付けください^^

 

さて本日は私のおすすめのドレスをご紹介いたします!

【Dress】 EAMES(no.1344) AnneBarge(アンバルジ)

NYの女性デザイナーが手掛けるブランドで、コンセプトは「控えめな贅沢」



こちらのドレスはロングスリーブが上品のチュールのドレス。

手元まで施された装飾は小さくカッティングされたチュールが花びらを表現し

ドレス全体に花を纏ったような華やかさのある1着です。



アクセサリーをつけずとも華やかで、ドレスそのものを楽しめます。

動くたびに揺れるたびに煌めくドレスです。

是非実際に店頭でご覧になってくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

B.DRESSER浜松 服部

こんにちは!
いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日のブログは服部が担当いたします!

最近は寒さも少しずつ和らぎ、だんだんと春が近づいてきている気がします…!
そこで、本日は春の季節にぴったりなカラードレスをご紹介します。


【Dress】 LV205(no.1390) Le Voile ルボアール



さわやかなサーモンピンクとレースが贅沢にあしらわれたmade in ITALYのロマンティックなドレスです。
春のやわらかい陽ざしで、より柔らかな印象になります。

自然光がたっぷりと差し込むブラスの会場にぴったりです!


続いてのドレスは

【Dress】 9026 Lilac(no.1384) David Fielden ディヴィットフィールデン



ビードレッセスタッフにもファンが多いディヴィットフィールデンのカラードレスです!
胸元は繊細なビーディングが煌めき、バレリーナのような軽やかさです。
ピンクとパープルの中間色のようなライラックカラーは、「大人かわいい」を表現してくれるお色味です。


最後の一着は

【Dress】 Rosalia (no.156) Tomomi Okubo トモミ オオクボ



珍しいセパレートタイプのドレスで、繊細なレースがお顔周りを華やかに魅せてくれます。
NY在住の日本人デザイナーが手掛けているため、日本人のスタイルによく合うデザインになっています。
華奢なシルエットでブーケとの相性も抜群です!
アットホームなパーティーにーおすすめの一着です!


以上、本日は3着のドレスをご紹介させていただきました!
前撮りにもおすすめです☆
春の季節にぴったりなドレス、ぜひご試着してみてくださいね!


最後までお読みいただきありがとうございました^^

こんにちは!

いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

少しずつ春の暖かさを感じるようになり、花粉もたくさん飛び始めましたね。
マスクやティッシュが手放せません…。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

本日は、Alon Livne White(アローンリヴネホワイト)のドレスをご紹介いたします。

ビヨンセやレディーガガ、ジェニファー・ロペスなど多くの海外セレブが愛用するブランド。
シンプルかつドラマティックなデザインが多く、その絶妙なバランスは多くの花嫁様を魅了してきました。

 

Style No.1



Dress name. SHANE
Dress no. 1108

オフホワイトでもアイボリーでもない、珍しいグレージュカラーのチュールのドレスです。

胸元の刺繍が神秘的な1着。ナチュラルすぎないどこかおしゃれでエッジの聞いたデザインです。ドライフラワーのブーケなど相性よく合わせていただくことができます。

 

Style No.2



Dress name. SPRING
Dress no. 1301

胸元がざっくりと空いたラグジュアリーなドレスです。

2枚目のチュールに施された刺繍が美しく、その上に散りばめられたスパンコールがさりげなく繊細な輝きを放ちます。

自然光がたっぷり降り注ぐ会場や、ナイトウェディングにも映える一着となっております。お色直しもウェディングドレスを着る方にもおすすめです。

 

いかがでしたか?

Alon Livne White(アローンリヴネホワイト)のドレスは今回ご紹介したものの他に2着ご用意がございます。
ウェディングドレス2着を検討されている花嫁様にもおすすめのブランドとなっておりますので、世界観など気に入っていただけましたらぜひお袖を通してみてください。

皆様のご予約お待ちしております。

 

 

ビードレッセ浜松店 加藤

 

 

こんばんは!

いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は2月2日にアーブルオランジュで挙式された素敵なおふたりのドレスをご紹介させていただきます。

 

新郎:たかふみさん  新婦:みなさん



 

【Dress】LILY(No.142)
【Brand】B.DRESSER ORIGINALDRESS ビードレッセオリジナルドレス



みなさんが選ばれたウェディングドレスです。

初めて衣装選びにいらっしゃった日にご試着いただいたドレスで、何度か見直しを重ねましたがこちらのドレスに決められました。

フロントのデザインはシンプルなお花の刺繍が施されており、バックスタイルは縦フリルが印象的なギャップのある一着です。

360度どこから見ても美しいシルエットが特徴です。

 

続いては、お色直しに選ばれたカラードレスです。

【Dress】8915(No.36)
【Brand】David Fielden ディヴィットフィールデン



 

先ほどの可憐なウェディングドレスからがらりと雰囲気を変えたワインレッドのドレスです。デザインはとてもシンプルですがドレスのシルエットが美しいのと、花嫁様の良さをぐっと引き立たせてくれる一着です。
グリーンのガーデンにもよく映えますね!

 



 

いかがでしたか?

衣装選びはデザインで選んでいくことももちろん大切ですが、当日どんな式にしていきたいのか、会場の気に入ったところに映える衣装など少し衣装選びをしていく視点を変えてみると、ドレスもまた違って見えるかもしれません。

ぜひコーディネーターに衣装のイメージだけでなく、結婚式のイメージも伝えてください。おふたりにとってぴったりの衣装をご案内させていただきます。

ご来店お待ちしております。

 

 

ビードレッセ浜松店 加藤

こんにちは!
いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます!

先日から届いたばかりの新作アクセサリーの紹介が並んでおりますが
本日は、新作ドレスのご紹介をいたします!

新作のアクセサリーやドレスにビードレッセスタッフも、ウキウキなこの頃です^^

さて本日ご紹介するのは
NYのブランドREEM ACRA(リームアクラ)
もともとは刺繍アーティストとしてのキャリアを持つデザイナーが生みだすウェディングドレスは
やはり刺繍がとても美しいです。



また透け感があるドレスですので
ブラスの会場のように自然光がたっぷり差し込むところでは
より美しく幻想的な雰囲気を纏うことのできるドレスです。

重なるレースの繊細さや、ロマンティックな刺繍を
ぜひお近くでご覧いただければ嬉しいです。



REEM ACRA(リームアクラ)のウェディングドレス、
今週末からご案内スタートです。
ご予約お待ちしております!

最後までご覧いただきありがとうございました!

B.DRESSER HAMAMATSU 服部

皆様こんにちは。

ビードレッセ浜松店の安井です。

1月もあっという間に中旬。いかがお過ごしでしょうか。

私はのんびり、まったりと休日は過ごしています^^

 

今回のブログでは冬の結婚式にはぴったりな一着をご紹介させていただきます。



BRAND:Alyne by Rita Vinieris(アライン・リタ・ウィニエリス)

NO,1321 NAME:BAKER

RIVINI(リヴィニ)のセカンドブランドとして誕生したAlyne by Rita Vinieris(アライン・リタ・ウィニエリス)。

シンプルなデザインが多いのが特徴です。

ですが、女性のデザイナーが手掛けているので女性らしさもあるドレスです。

メーガン妃が結婚式で着ていたドレスととても形が似ていて

大きく開いたボートネックがデコルテをすっきりと見せてくれます。

スカートには刺繍などは一切入っていないため、

ブーケやアクセサリーがよく映えます。

生地感にもとてもこだわっていて、サテン生地ほどツヤはなく

マットな生地感も上品な女性に見せてくれるポイントです。

レース感がほしいというお客様には、

ヴェールでレースをプラスするのもとっても素敵です。

ビードレッセ浜松店ではヴェールも沢山の種類をご用意していますので

是非コーディネーターになりたい花嫁像を伝えてみてくださいね。

 

最近では2020年の冬の結婚式のお客様のお衣装選びがスタートしています。

トレンド感満載の1着を是非ご試着してみては?

 

沢山の花嫁様にお会いできることを楽しみにしています^^

安井愛美

 

 

ビードレッセ浜松のブログをご覧のみなさまこんにちは。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日はレンタルスタートしたドレスをご紹介いたします。

Alexandra Grecco(アレクサンドラグレッコ)



Dress name:Iris Gown – Floral

No:1482

Shop:B.DRESSER hamamatsu



 

深いVネックのデザインのピンクアイボリーのお色味のドレスです。

 

複雑な手刺繍の花のアップリケは

自然光の中で透き通り、

花嫁をより美しく輝かせます。





装飾にはIris(アイリス)という

アヤメ科の花をもモチーフにしており

花言葉には「あなたを大切にします」

という意味が込められています。

 

 



型にはまらないナチュラルテイストでありながら

女性らしいラインやデコルテが美しく優雅に引き立ちます。

 

他の花嫁と被らない自分らしさのある一着を

一度試してみてはいかがですか。

 

沢山のお客様のご来店をお待ちしております。

佐藤

こんにちは!

いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

寒さも厳しくなり、風邪等も流行っておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、本日は他の花嫁様と1歩の差をつけたおしゃれな花嫁様たちをご紹介いたします!

1組目はアーブルオランジュで挙式されたおふたり





【Dress】Dress3088(No.725)TOT-HOM 

おふたりはお色直しもウェディングドレスを選ばれました。
ヘアスタイルはとってもカジュアルに、ヘアピンを使ったアレンジです。
お色直しはゆるふわなポニーテールやダウンスタイルが最近多いですが、新婦さんの自分らしさとセンスが光るコーディネートですよね!
素敵です…♡

 

2組目も同じくアーブルオランジュで挙式されたおふたりです





【Dress】D02-16 Lilac (No.947) Tomomi Okubo 

登山好きのおふたりです。
新婦さんのヘアスタイルは低めのポニーテールに紐を巻き付けたロープアレンジ
飾りすぎ、おふたりらしさも引き立つナチュラルなコーディネートとなっています。
ドレスもスレンダーなので、大ぶりのブーケがバランスよく引き立っています!

 

いかがでしたか?

ドレスにはこういったヘアスタイルという固定概念がありがちですが、今回ご紹介させていただいたおふたりのように、自分らしさ・個性を大切にしたコーディネートもとっても素敵です!

アットホームなゲストハウスだからこそ叶うコーディネートでもあるかもしれませんね♪

皆様もぜひ、人とは少し違ったおふたりだけのコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

ビードレッセ浜松店 加藤

 

みなさまこんにちは!
いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

さて、本日のブログでは《garden wedding》にぴったりのドレスを4着
紹介させていただきます。



【Brand Name: Temperley London テンパリーロンドン
【Dress No.1538 Laura】

ボタニカルでナチュラルウェディングを検討中の方に是非おすすめしたい一着。
パンパスグラスなどのドライフラーを持っていただくと更に素敵に仕上がるドレスです。

 



【Brand Name: Livne White リブネホワイト
【Dress No.1301 SPRING】

ここ最近トレンドの”Vネック”のドレス。
ナチュラルだけど大人っぽく魅せたい新婦さまにおすすめです。
刺繍やレースがとても繊細で美しいので是非店頭で直接ご覧いただきたい一着です。

 



【Brand Name:FRAGMENTS フラグメンツ】
【Dress No.1319 FR-DR-#20(プリーツドレス)】

《ナチュラル×シンプル》
スカート部分は全てプリーツになっていますので、歩くたび揺れるのが
とても愛くるしいドレスです。
個性派なドレスなので、他の新婦さまと被りたくない方必見です。



【Brand Name: PeterLangner ピーターラングナー
【Dress No.1548 LAUSANINE】

《ナチュラル×フェミニン》
上半身に施してある技法”スモッキング”がとても可愛らしい一着。
(スモッキングとはギャザーを寄せながら模様にする伝統的な技法です。)
スカートの生地にはサテンを使用しておりますので、甘すぎない雰囲気を作り出すことが出来ます。

 

今回のブログではgarden weddingに合うドレスを4紹介させていただきましたがいかがでいたでしょうか。

ビードレッセ浜松店にはまだまだ似合うドレスが沢山ございます。
是非一度お越しいただき、ビードレッセの世界観をご覧ください。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

堀江