こんにちは、ビードレッセ浜松店の伊藤です。

育児休暇を頂いておりましたが、4月中旬からお仕事を復帰させていただいております。

皆さんお元気でしょうか?

約2年前からお休みしていたので、このブログを見てくださっている方は、はじめましての方が多いので、少し自己紹介させてください。

私は株式会社ブラスに2012年入社をし、約6年プランナーを経験させていただきました。

プランナー時代は、岐阜羽島のヴェールノアール→三重県津市にあるミエルココンでたくさんの新郎新婦と一緒に結婚式を創り、結婚を経て、浜松のビードレッセでドレスコーディネーターを1年させていただき、育児休暇をいただいておりました。

ウエディングプランナーとドレスコーディネーターの2つを経験させていただき、とても充実した8年を過ごし、この度復帰となりました。

2つを経験させてもらっているからこそ、皆様にお話しできる幅は、少し広いと思うので、ぜひご来店いただく際は、お声がけくださいね。

結婚式の話もたくさん聞かせてほしいです!!また、演出や進行の内容と衣裳が合っているか、どう見えるのかなど不安なことがあれば、ぜひ伊藤までお声がけください!

たくさんのお客様とお話できる日を楽しみにお待ちしております。

 

久々に復帰してまた素敵な衣裳に囲まれてお仕事ができること、とても嬉しく思いますが、私は衣裳部門に来てから好きなドレスブランドがあるので、ぜひご紹介させてください!

TOMOMI OKUBO(トモミ オオクボ)



デザイナー自身が、生地選びから縫製まで全てハンドメイドで手掛けているブランドです。また日本で唯一このブランドを取り扱っているのが、ビードレッセなので、衣裳も被りにくく、より特別感が増します。



またオールシルクで作られているため、着ていても着心地がよく、式当日たくさん動く新婦にとって負担が少なく、肌にあたっても優しい素材なので、敏感肌の方にも個人的におすすめです。

私が実際結婚式を経て、新婦の立場になったときに感じたことは

「想像以上に動く」ということです。

とくにブラスで結婚式をあげていただくお客様は、列席されるお客様との距離が近く、たくさん動く進行を好まれる方が多い印象なので、動きやすいドレスはぴったりだと思います!



ぜひドレス選びで迷っているかたは、コーディネーターにブランド名を伝えて試着してみてください。



カラードレスも何着かご用意がありますので、ぜひスタッフまでお声がけください。



本日のブログはアシスタントの伊藤が担当させていただきました。

アシスタント:伊藤

皆さまこんにちは。

いつもビードレッセ浜松店のブログご覧いただきありがとうございます。

 

本日はビードレッセでお取り扱いのあるドレスブランドRIVINI「リヴィニ」をご紹介いたします。


デザインを手がけるのは、トロント出身のリタ・ヴィニエリス。

大学で経済学を専攻後、ファッションの道を志し、デザインを学びます。

イブニングドレスブランドなどで経験を積んだ後、1995年に「リヴィニ」を作ります。

リアルな花嫁様にフォーカスし、女性の美しさを最大限引き出すウエディング・ドレスを目指します。

クラフツマンたちとオートクチュールレベルのアイディアをシェアしながら作り上げるドレスは、流麗なシルエットと贅沢な素材使いが魅力的です。

インパクトあるドレスで視線を集めるのではなく、緻密に作り込まれたディテールで魅了し、控えめながらオーラあふれる花嫁姿を実現します。

そして「シンプルな贅沢」をコンセプトに躍進し続けます。ドレスは、滑らかなシルエットと細部へのこだわり、そして何よりも控えめさが際立つ。



シルクサテン、クレープ、シフォン、オーガンザなどイタリアの最高級シルクをこよなく愛し、流れるようなシルエットとクリーンなラインを綿密に作り上げる。過度のビーディングやタックを控える代わりに、フランスでも貴重となっている「宮廷人の愛したレース」と呼ばれるシャンティレースや、「レースの女王」の異名を持つアランソンレースを駆使することでも知られている。

花嫁の美しさを際立たせる妥協のない品質とフィット感によって、花嫁が1日快適に過ごせるように計算され尽くされた現代的なブライダルコレクション。そのシンプルながら贅沢なウエディングドレスを飾るために、毎シーズン発表される大胆なネックレスも注目を集めています。



 

是非ビードレッセでお試しください。

 

ビードレッセ 大谷内


こんにちは!

いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧頂きありがとうございます。

今回も『meyou』の新作ドレスラインナップをご紹介致します。

 

1st collection

Brand:meyou



ウォームカラーで笑顔はじける愛され花嫁様、クールカラーで清楚な印象の花嫁様に。

色の持つ美しさと上品なサテンの艶やかな光沢感が凛とした印象を与え、立体感のあるシルエットが主役の存在感を引き立てます。



胸元でキュッと結ばれたリボンはクラシカルを大切にしながらも決して色あせることないモダンなブライズスタイルに。

タフタのハリのある素材で、ボリュームはございますが軽やかな印象の1着。

カラーはレッドとブルーの2カラー展開で、ブルーは既存の生地で理想の色がなかったため、オリジナルで染色しております。

 

 



先ほどご紹介したドレスとは対象的で、淡く絶妙なくすみブルーのドレス。

最近はドライフラワーのブーケをお持ちになる花嫁様も増えており、生花にもドライフラワーにも合うカラーとなっております。



ハリのある生地と、バックは柔らかなチュールを使用しており、異素材を組み合わせておりエフォートレスな印象を与えます。

パステルカラーとは違い、甘くなりすぎないためスタイリッシュなコーディネートもお楽しみいただけます。

 

 

いかがでしたか?

まだ未入荷のドレスがほとんどですが、ブラス花嫁様にいち早くご紹介したく、私たちコーディネーターも心待ちにしている新作ドレスとなっております。

ぜひお楽しみに!

 

 

ビードレッセ浜松店 加藤

皆さまこんにちは。
いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日はビードレッセでお取り扱いのあるゲストハウスにピッタリなウエディングドレスドレスブランドをご紹介いたします。

TOMOMI OKUBO(トモミ オオクボ)



日本人女性がデザイナーされてるニューヨークのブランド。
ご自身の結婚式の際に自身でドレスを作ったことをきっかけに、TOMOMI OKUBO(トモミ オオクボ)としてブランドを立上げ、
ドレスの制作をスタート。
ドレスはオールシルクで作られており、
刺繍もすべてハンドメイド。



人生で最高の1日を過ごすのに、ピッタリなウエディングドレスなのです。
ナチュラルなデザインが特徴で、緑が多いゲストハウスの結婚式にお勧めです。
そして、日本では唯一ビードレッセでしかお取り扱いをしていない特別感のあるブランドなのです。



TOMOMI OKUBO(トモミ オオクボ)のドレスは、
デザイナー自身が生地選びから縫製まで
全てハンドメイドで手掛けているのです。
上質で思いのこもった特別なドレスはお召しいただくと感じていただけるTOMOMI OKUBO(トモミ オオクボ)の世界観を。



是非特別な1日だからこそ、特別感のウエディングドレスをお召しください。

TOMOMI  OKUBO(トモミ オオクボ)はウエディングだけでなくウエディングヴェールをございます。

トータルコーディネートをあなたらしく仕上げていきましょう。

ビードレッセであなたの特別な1着で、特別な1日を。



ビードレッセ 大谷内

 

こんにちは!

いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧頂きありがとうございます。

前回、前々回に引き続き、新作ドレス『meyou』のドレスラインナップをご紹介いたします。



1st collection

Brand:meyou



ナチュラルでありながらフェミニンなシルエット、繊細なチュールのオフショルダー、流れるようなバックトレーンはパーティーの後半をよりハッピーな空気感に。

花嫁様らしさを表現できるお気に入りのカラーを見つけ、ウエディングスタイルのお洒落をより一層楽しめるような一着。



オフショルダーのエンパイアラインは、そのショルダーラインとカラーにこだわっています。
カラーは、グリーン・ピンク・パープルの3色展開。

全て、同じカラーのチュールを重ねるのではなくレイヤードで絶妙なカラーを作っています。

レースも各カラーに合わせてオリジナルで染めていただき、2種類のレースを使用しています。

 

 



こちらの2着は、すでにご案内がスタートしているカラードレスです。

まるでジュエリーを身に纏ったかのようなきらめきを放つ一着。グリッターの輝きは360度どこから見てもエレガントな花嫁様に。

ゴージャスなだけでなく華やかさの中に気品溢れる雰囲気を持つこちらのカラードレスはナイトウエディングにもぴったりです。


花嫁様だけでなく、会場をも華やかに美しく彩ってくれます。

カラーはブルーとピーチの2色展開。
ビスチェのデザインをランジェリー風にすることで、甘くなりすぎない印象に。

付属に大きく膨らませたパフスリーブは取り外しが可能なので、ぜひアレンジまで楽しんでくださいね。

 

いかがでしたか?

ブラス花嫁様のためにスタッフが想いを込めてデザインした一着を、多くのブラス花嫁様にお召しいただけたらと思います。

 

 

ビードレッセ浜松店 加藤

皆さまこんにちは。

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日はビードレッセで取扱のある、インポートドレスブランドPeter Langer(ピーター・ラングナー)についてご紹介いたします。





ドイツ出身のPeter Langer(ピーター・ラングナー)は、パリでオートクチュールを勉強し、クリスチャン・ラクロワやディオール3代目デザイナーのマルク・ボアンなどから技術を学んでいました。

女性を美しくみせる計算しつくされたラインはとてもエレガントで、360度どこを切り取っても美しいシルエットが見てとれます。



ドレスは全て自社ブランドの職人がパターンから生産まで手掛けており、イタリア・ミラノのオートクチュールブランドとして知られています。

「ウェディングドレスが着る人の魅力を引き出す」という理念のもとに創られたドレスは、纏った瞬間にイタリアの職人たちの想いを感じる事ができます。




Peter Langer(ピーター・ラングナー)のドレスは上質な素材感とハイクオリティなデザインが特徴です。

張りのある生地を最大限に活かした見事な縫製や、

パニエなしとは思えない完璧なシルエットの

スカートには定評があり、

洗練された大人の花嫁にこそふさわしい気品を感じさせます。



普遍的なエレガンス薫るドレスは

世界中の花嫁たちを魅了し続けています。

是非ビードレッセでPeter Langer(ピーター・ラングナー)で自分らしさを表現してしてください。



 

ビードレッセ 大谷内


こんにちは!

いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧頂きありがとうございます。

前回に引き続き、新作ドレス『meyou』のラインナップをご紹介致します!



1st collection

Brand:meyou



ウエストから一気に広がるボリュームたっぷりのスカートは、まるで幼い頃に夢見たおとぎ話のドレス。

暖かみのあるオーガン素材がドラマティックなシルエットを描きます。



デザイン自体はプレーンですが、ふんわりとあしらったバックリボンはチャペル映えも抜群の一着。清楚な後ろ姿で、プリンセスのような佇まいに。

 

 



パウダリーな淡いトーンと何層にも重なるチュールはまるでバレリーナのような華やかさ。
胸元の丸みのあるハートシェイプが女性らしい柔らかな印象を与えます。

胸元からグラデーションになったレースが歩みと共にひらりと舞う姿は、まるで物語の中に存在するような神秘的なオーラを纏います。



王道プリンセスラインのカラードレスはブルーとピンクの2色展開。

柔らかなシャンテリーレースにトレンドの大柄のレースを施しました。
お召しいただくだけで主役の華やかさを演出できる1着になっています。

ビードレッセの世界観に合わせ少しくすんだカラーにもこだわったので、甘くなりすぎず大人っぽくお召しいただけます。

かたちはシンプルなため、王道に可愛らしくも、大人にモードにも着こなしを楽しめるデザインになっているので、それぞれのご新婦様にあったスタイリングのご提案が可能です。

 

いかがでしたか?

もう間もなく浜松店でもご案内がスタート致しますのでお楽しみに!

 

 

ビードレッセ浜松店 加藤

 

 

こんにちは!

いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧頂きありがとうございます。

本日は、もうまもなく浜松店に入荷予定の新作ドレスの一部をご案内致します!



1st collection

Brand:meyou



ビードレッセのコンセプトである『少女から大人になる瞬間』

ドレスの甘さを程よく和らげるボリューム感、レースの透け感と短めのトレーンは、トレンド感が溢れつつも永遠の憧れのプリンセススタイルに。

スカート部分のラッフルは歩みを進める度に表情を変え、ゲストの視線を釘付けにします。



可愛すぎず、大人すぎず、変わらない美しさと新しい美しさが詰まった一着。

ブラスの会場から差し込む自然光を浴びて、幸福感溢れるキュートな印象に。

何よりこだわったのは使用するレース。
柔らかなシャンテリーレースに栄レースという日本が世界に誇るリバーレース屋さん(シャネルやバレンティノなどのトップメゾン、ブライダルでもMonique LhuillierやElier Saabなどのトップブランドが使用しているレースです!)のレースを重ね、繊細さと上品さをプラスしました。

 

 



ビードレッセのキーワードでもある”幻想的”

ピュアホワイトの魔法で、上品かつ洗練された印象になる一着。

上半身から流れるグラデショーンのようにエンブロイダリーのレースを使用。
こちらのレースは今のトレンドで、インポートではmira zwillingerやlela roseがよく使用しています。



立体感のある浮出るようなエンブロイダリーレースがお顔周りを華やかに、明るい印象に見せてくれるデザインになっています。

柔らかなソフトチュールを何枚も重ね、ブラスの花嫁様の透明感をより一層引き立てます。
可憐でありながらロマンティックなこちらのドレスは、ブラスのガーデンのある会場にもおすすめです。

 

いかがでしたか?

ビードレッセのお客様がもっともっと当日が楽しみになるような、自信を持って迎えられるようなドレスを沢山ご用意してお待ちしております。

 

 

B.DRESSER浜松店 加藤

皆さまいつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は私のおすすめのドレスブランドをご紹介いたします。

Temperley London(テンパリーロンドン)



デザイナーのアリス・テンパリー自身もファッションアイコンとして有名な、英国発のブランド。

ジェニファー・ロペスほか多くのセレブリティがパーティなどで着用しており、キャサリン妃のお気に入りブランドとしても知られています。



柔らかな素材を使ったドレスはボヘミアン&レトロな雰囲気が特徴。ナチュラルな着こなしが楽しめます。

Temperley(テンパリー)は、英国発のラグジュアリー・ファッションブランド。

英国では抜群の知名度を誇り、多くのモデルやセレブリティに愛されています。英国ケンブリッジ公爵夫人(キャサリン妃)や、彼女の妹ピッパさんもテンパリーを愛する顧客の一人です。



ボヘミアンでレトロな雰囲気を残したスタイルが特徴で、ノバレーゼが日本へ初めて紹介させていただいたブランドです。デザイナーのAlice Temperley(アリス・テンパリー)は、デザイナーとしてだけでなく、その抜群のファッションセンスでも、ファッショニスタの間で大人気です。



ウエディングドレスは「自分らしくいられることが大切」と語るアリス。

内側に秘められている楽しいTemperleyLondon(テンパリーロンドン)のドレスを是非ビードレッセでお試しください。



 

ビードレッセ 大谷内


こんにちは!

いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しずつ春の陽気を感じられるようになり、桜の開花がいよいよ待ち遠しくなってきました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

本日は、ロマンティック花嫁を作るドレスキーワードをご紹介していきます。

 

《ふわふわチュール》

“THEドレス” なイメージといえば、ボリュームたっぷりのふんわりスカート。

プリンセスになれる一日だからこそ、大きなシルエットで愛され花嫁に。

【Brand】me you



 

《花&リボンモチーフ》

「可愛い」を象徴する装飾といえば、花とリボン。時代を超えて愛される不動の人気モチーフです。

ドレスの装飾として、3Dフラワーは欠かせません。今季は小さめの花をたっぷり咲かせた「密集型」がトレンドです!

【Brand】Anne Barge(アンバルジ)

【Name】ALBERTI(No.1246)



 

人気の高いリボンは、構築的に見せるのが今シーズン流です。

フロントのシンプルなデザインとは対照的に、アクセントとなるバックリボンが女性心をくすぐります。

【Brand】ANTONIO RIVA(アントニオリーヴァ)

【Name】SISSI(No.1709)



 

《袖コンシャス》

おとぎ話の主人公のドレスは、袖重視のデザインがほとんど。

花嫁様自身も、ドレスのシルエットも映える膨らみ系スリーブに注目です。

【Brand】Temperley London(テンパリー・ロンドン)

【Name】Celeste(No.2034)



 

いかがでしたか?

ドレスこそ、ロマンティックなウェディングを体現する最大のアイテムです。

愛され花嫁になるべく、これだけは外せないキーワードにぜひ注目してみてくださいね。

 

 

ビードレッセ浜松 加藤

1 2 3 4 5 6 11