こんばんは、ビードレッセ浜松店の山下です。

朝晩がだいぶ冷えるようになってきましたね。

寒いのが苦手な私ですが…先日のお休みにいい香りのする入浴剤を手に入れたので、癒されながらしっかりと温まり、風邪をひかないように気を付けたいと思います!

 

さて、本日は【和装のヘッドパーツ】についてブログを書きたいと思います。

【和装のヘッドパーツ】と言われるとどんなものを思い浮かべますか?

 

きっと多くの方は「お花」とお答えになるのではないでしょうか。

和装自体が豪華な装いのため、ヘアスタイルやヘッドパーツもその華やかさに負けないようボリュームを出したものを用意されることが多いです。

でももし、”少し個性を出していきたいな” ”和装だけどちょっと肩の力を抜いたカジュアルな着こなしをしていきたいな” そう思う方にはぜひヘッドパーツのご使用をおススメします。

例えばこちら No.826 鶴



刺繍で彩られた2羽の鶴。

これこそ和装にしか似合わせることが難しいヘッドパーツですね。

No.827 牡丹

縮緬の布を使ったちりめん細工のヘッドパーツだとこういったものもご用意があります。



 

もしくはドレスで使用するヘッドピースを使うのもかわいいです!



 

ビードレッセ浜松店では和装だけでなく、和装に合わせたヘッドアクセサリーのご提案も行っております。

和装もトータルコーディネートをぜひ楽しんでください!

 

ビードレッセ浜松 山下

 



 

こんばんば、ビードレッセ浜松店の伊藤です。

本日は和装について少しお話しさせてください!

 

ビードレッセ浜松店では、名古屋店と違い和装の取り扱いがあります。

結婚式当日に和装を着るか

前撮り撮影で和装を着るか

迷う方が多いですよね!

それぞれでメリットがあると私は思います!

 

結婚式当日に着る場合だと、親族の方々がとても良い反応を示してくださります。

披露宴の後半で和装を着る方が多いですが、

和装が後半に入っていると親族が積極的に、写真を撮りに来てくださる印象が私はプランナー時代ありました。

そのため、周りの反応がよく、新郎新婦がともにガラッと変わるため、お互いの入場がより一層華やかになるなというメリットもありますよ!

 

また、前撮り時に和装を着る場合だと

当日のウェルカムボードとして飾りができる

ロケーションに行ってゆっくりと記念写真が撮れる

高価な衣装を少しお値打ちでレンタルできる

などのメリットがあげられます。

 

それぞれにとってメリットがあり

迷うところではありますが、結婚する際に和装を着ないよりは、やっぱり着てここまで成長しましたという姿を親御さんに見せることも一つの親孝行かなと私は思います!

 

是非、プランナー目線の話もできるので、和装で迷ってる方がいたら伊藤に話しかけてくださいね!

一緒に相談しましょう!

本日のブログは伊藤がお届けいたしました。



 

いつもビードレッセ浜松ブログをご覧くださいまして ありがとうございます

8月は夏休みも多いことで新郎新婦様とご両親も一緒にご来店されております。
ということで、本日はご列席者様用衣装についてご案内致します。

ビードレッセ浜松店では、お父様のモーニングやお母様の留袖も取扱いしております。

【モーニング】
レンタル価格¥30,000~
◆セット内容(計9点)
ジャケット・ベスト・ズボン・ネクタイ・サスペンダー・チーフ・手袋・カフスボタン・アームバンド
◆小物オプション
ウィングカラーシャツ・・・Sサイズ(実寸35cm)から展開
こちらは販売商品としてご用意しております。



【留袖】
レンタル価格¥30,000~
◆セット内容(計6点)
黒留袖・長襦袢・半襟・帯・帯揚・帯締め
◆小物オプション
〈レンタル品〉草履バックセット・扇子(末広)・着付けセット(腰ひも・伊達巻・前板・帯枕)
〈販売品〉肌襦袢・足袋
各種ご用意しております。



どうぞビードレッセ浜松店へ直接もしくは、新郎新婦様を通してのご連絡をお待ちしております。
ご来店頂けましたら、もちろんご試着いただけます。ご遠方のお客様は見計らいでもご注文いただけますので、ご相談くださいませ。
お父様お母様も 大切な一日をこだわりの衣装でお過ごしください。

 

ビードレッセ浜松
山田 朋彦

皆さんこんにちは!

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧頂きありがとうございます。

本日のブログは堀江が担当させて頂きます。

 

さて、最近のブログにもある通りビードレッセ浜松店には新作のドレスの記事が

沢山発信されていますよね。

ビードレッセ浜松店では、ドレスだけではなく和装のお取り扱いもございます。

本日のブログは”新作の色打掛”を一つご紹介させて頂きます!

 



先日、京都で和装の展示会が行われており、ビードレッセ浜松店のコーディネーターが素敵な一着と巡り合いました!

上記の写真の通り、上品な深緑色の色打掛です。



 

色打掛の柄はお花が主に施されており、可愛らしい一着なのですが、

金の刺繍も全体に施されているので、豪華さも兼ね備えている、贅沢な色打掛です。

小物一つでガラッと印象が変わるので、おひとりおひとりに合わせてコーディネーターと

一緒に素敵なコーディネートにしていきましょう!

 

一針一針、職人さんが手掛けた色打掛を是非、ビードレッセ浜松店で

ご覧ください。

ご試着のご予約を心よりお待ちしております!

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

ビードレッセ浜松のブログをご覧くださりありがとうございます。

本日のブログは山下がお届けいたします。

 

春にイタリアで買い付けをしたウェディングドレス入荷があり、店頭のラインナップも一新しました。入荷待ちのブランドもありまだまだ楽しみが続きます!

ドレスの買い付けはイタリア・バルセロナ・ニューヨークと年に3度行っており、半年に1度のタイミングで新作の入荷をしております。

一方、和装に関しては年に2度、夏と冬に京都にて大きな展示会がありそのタイミングで買い付けを行っており、先日その夏の展示会へ行ってきました。

あまり和装の買い付けについて触れてくることがなかったため、今日はその様子を少しでもお伝えできれば…と思います!

 

4~5社ほどアポイントがあり1日かけて京都市内をぐるぐる・・・

伝統を大切にした豪華な装いのお着物もあれば、「洋」の要素がふんだんに使われている新しい印象のお着物もあり、何度訪れても圧倒されてしまいます。

色や柄が素晴らしいものもたくさんありますが、和装は何よりも手が込んだものがたくさんあります。

例えばこちらの色打掛↓



写真ではわかりづらいのですが、柄がすべて「手刺繍」と言い、機械ではなく手作業で刺繍が施されたものを使い仕立てられており、同じものを作ろうと思ってももう難しい、1点ものだと教えていただきました。

 

また刺繍や織に加え、絞りも入っているこちらの色打掛↓



なかなか目にすることがなかったのでとても可愛らしく、絞りのお着物が好きな私はずっと心くすぐられていました!

 

今回、ビードレッセ浜松店に入荷予定のお着物はまた別のものですが、それもまたとてもかわいくてみなさまにご紹介できる日が待ち遠しいです。

 

ビードレッセ浜松ではブラスのゲストハウスによく似合う和装の用意もあり、ドレス同様、和装も一人ひとりに合わせた自分だけのオリジナルコーディネートを楽しんでいただくことができるようになっています!

和装でも”私らしく”着こなしてみませんか?

ぜひご来店の際は和装も一緒に見学をしていってください!

 

ビードレッセ浜松 山下