皆さまこんにちは。

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日のブログは堀江が担当いたします。

 

先日、やっと梅雨が明け待ちに待った晴れ日和が続いており大変嬉しく思っています!

晴れの中、素敵な結婚式を迎えられる喜びは大きいですよね^^

マスク生活が続きますので、脱水症状や体調不良にはお気をつけください…。

私たちも万全の対策で皆さまをお待ちしております!!

 

さて、本題になりますが、先日ルージュアルダンのプランナーの皆さまがB.DRESSER浜松店に来てくださいました!

ルージュアルダンはガーデンがとても広く、他の建物も見えないので自分たちの空間で結婚式を楽しんでいただける、人気の会場です。

プランナーの皆さまには、B.DRESSERで取り扱っているお衣装の良さを改めてお伝えし、インポートドレスの良さを知っていただけるとても充実した機会になりました!

B.DRESSERの良さを知っていただいた後には、ドレスやタキシード、和装のフィッティングをさせていただきました。



プランナーの皆さまがお召しいただいているお衣装をご紹介させていただきます。

【Dress Brand:Nouvelle Amsale】
【Name: R302A-Mac】
【No: 1506】


NYの中心部にお店を構えるトップブランドです。
「Forever Modern」をコンセプトに永遠に愛されるシンプルでモダンなドレスをつくっています。
シンプルさの中にも上質で洗練されたデザインが結婚式にふさわしい特別感を感じさせてくれます。

質感はマットなので着心地が良く、ルージュアルダンで人気のガーデン入場をしていただくとグリーンに映え、おすすめの一着です。



【Kimono No: 67】
【Kimono Name: 向鶴束熨斗文】

お背中に施されている鶴は、長寿の端鳥として尊ばれた縁起の良いお柄です。
格調高くスタイリッシュな印象の一枚は柔らかい花嫁さまの雰囲気にぴったりの一着です。グリーン映えするルージュアルダンで是非お召しください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

皆さまのご来店お待ちしております。

堀江

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

今回のブログは安井が担当致します。

 

今回のブログでは和装の魅力をお伝えしていきます。

みなさん、結婚式当日は洋装のみでお考えですか?

実はブラスグループの披露宴時間は他の式場さんと比べると長くなっているので

披露宴中にお色直しを2回することも可能です!

挙式で着るウエディングドレスとは違う形のウエディングドレスを着る花嫁さんもいらっしゃれば

洋装と和装両方着たい!って花嫁さんもいらっしゃいます。

和装についてお話させていただきます。

 

【白無垢】

和装の婚礼衣装の中で最も格式の高い正礼装で

白無垢の「白」には「純潔」「嫁いだ家の家風に染まる」という意味があり

これから新しい家にお嫁に入る婚礼の衣装にふさわしいという

日本らしい由来があります。

 

真っ白のコーディネートも素敵ですが、

最近ではお色直しとして着られる方も多く

コーディネートで色味を足している花嫁さんも多いです。

真っ白なのでどんなお色味でも映えるのが白無垢のいいところです。

おふたりのテーマのカラーや花嫁さんの好きな色を入れていくのもオススメです!



【kimono】向鶴束熨斗文(NO,70)

ネイビーの掛下を合わせることで大人な印象に。

 

 

【色打掛】

白無垢と同格の正礼装。

織りや刺繍、染めで華やかな模様が描かれ、色や柄で選ぶ楽しさを味わうことができます。

白無垢と比べると様々な色味が入っているのでとても華やかです。

色や柄も一つ一つ意味があり、意味をしっかりと理解しながら

選ばれるのもとても素敵です。

王道の柄として有名なのは「鶴」です。

≪鶴は千年、亀は万年≫という言葉の通り長寿を願う意味がある柄です。



【kimono】枝垂桜鶴青海 (NO,63)

お着物の裾に広がる青海波には

「未来永劫へと続く幸せへの願い」と「人々の平和な暮らしへの願い」

が込められた縁起の良い柄です。

 

いかがでしたでしょうか。

ビードレッセ浜松店には様々なお着物をご用意しております。

是非一度ご試着してみてくださいね。

 

沢山の花嫁さんにご試着いただける日を楽しみにお待ちしております。

 

安井愛美

皆さんこんにちは!

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日のブログは『ビードレッセ浜松店で人気な色打掛』を紹介させていただきます。


【No.0067】
【Name:向鶴束熨斗文】
長寿として尊ばれた鶴は平安時代より用いられており、その鶴を向かい合わせに配した向鶴の意匠はつがいの鶴を表し、夫婦円満の吉祥文様です。

織物ならではの立体感が格調高い魅力を存分に感じさせる一枚です。


【No.0064】
【Name:引箔四季絢華文】
四季折々の花々が一面に咲きほこる様は理想郷とされ、豊かさの象徴、人々のあこがれを表します。一本一本箔を引き込みつつ織り上げる引箔錦織に、総絵羽で途切れることのなく表された意匠は大胆かつ独特な線の抑揚と繊細なぼかしが美しく映え、絵画のごとく可憐な一枚に仕上がっております。


【No.0066】
【Name:梅に鶴】
大小さまざまな丸が可愛らしく配され連なり、梅の花をかたちどっています。
色合いがなんともみずみずしく、まるで絵画のような柄行きに、翼を広げ今にも羽ばたきだしそうな鶴が生き生きと描かれています。

花嫁様のまぶしいほどに光り輝く新たな物語の始まりを思わせる、芸術的で和の愛らしさにあふれた色打掛です。



【No.0065】
【Name:慶福花舟文】
大草原を表す青海波は海がもたらす幸福を呼び起こす文様とされ、また舟はその海より幸福を運ぶとされる吉祥文様として、古くより様々な衣裳に用いられてきました。
大振で華やかな桜や菊、松に紅葉の鮮やかな色彩を引き立てて、和の愛らしさとおめでたい印象にみちています。

 

いかがでしたでしょうか。

色打掛は前撮りにお召しいただく方がとても多くいらっしゃいます。

ビードレッセ浜松店はドレスだけでなく、和装の取り扱いもございますので、
いつでもお問い合わせくださいね。

皆さまのご試着ご予約おまちしております。

堀江

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日のブログは安井が担当させていただきます。

 

今回のブログではオススメの色打掛についてご紹介させていただきます。

【枝垂桜鶴青海】(シダレサクラ ツルセイカイ)NO,63



伝統的な日本文化である青海を使用し、

青海には穏やかで平安であることを祝賀する意味があり

この上ない幸せを祈って作られたお着物です。

春爛漫に咲きみだれた桜は当日の花嫁さんの喜びを表しています。

可愛らしい枝垂桜と青海の文様が上下の変化をつけてくれ

可憐に舞う鶴がより躍動感を感じさせる特別なお着物です。

 

鶴には特別な意味が込められており、

「鶴は千年亀は万年」ということわざがあることからもわかるように

鶴は長寿の象徴のひとつです。

鶴が刺繍されているお着物はとてもおめでたいお着物として

ビードレッセではご案内をしております。



 

こちらのお着物に沢山の色味が入っているので合わせていただく

筥迫・懐剣・掛下も様々な色味が合わせれます。

写真のように掛下を白色にして、半襟に椿の柄で色味を足していただくと

お顔周りがパッと華やかな印象になります。



最近ではお着物にブーケを合わせていただくコーディネートもとても人気です。

洋風なグリーンのブーケを持っていただくのであれば

披露宴会場にも沢山のグリーンを飾っていただき

会場内のコーディネートとお着物のコーディネートをリンクしていきましょう!!

 

私たちビードレッセではお着物のコーディネートだけでなく

披露宴会場とのバランスもしっかりとご案内させていただきますので

安心してくださいね。

ブラスグループの披露宴会場を熟知したコーディネーターだからこそ

ご提案できるコーディネートがビードレッセには沢山ございます。

 

沢山の花嫁様のコーディネートをご提案できる日を楽しみにしております。

 

今回のブログは安井がお送りしました。


いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は和装のコーディネートについて書きたいと思います!
和装は着物が大きな面積を占めていますが
衿元には様々な小物がたくさん。
魅力もたくさん詰まっています!

半衿・重ね衿・筥迫・懐剣…

それぞれ選ぶものによって
同じ着物でも印象が大きく変わります。

今日は小物のご紹介です♪

半衿はお顔に一番近いアイテム。
シンプルなものも刺繍で華やかなものもご用意がございます。
小物の中でも一番、目に留まりやすいものになるので色々合わせてみてください!




重ね衿は衿に、ラインのように色が入ります。
下の写真では赤色のものを使用しています。

濃い目の色を使用するとコーディネート全体が引き締まります。





そして筥迫と懐剣。
筥迫は現在で言うところのお化粧ポーチのようなもので
懐剣は昔は短刀が入っており、護身用に持っていたとされています。


たくさんのお色味があり、その中から一つだけ…というのはなかなか
むずかしくもありますがとても楽しい時間になりますよ♪









いかがでしたか?
本日はほんの一部をご紹介させていただきました。

ぜひ店頭でご覧いただきながら和装の楽しさを感じていただけたら嬉しいです^^





まだまだ寒い日が続きますが
みなさま体調にお気をつけてお過ごしくださいね。


                         B.DRESSER 服部

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回のブログでは和装についてご紹介させていただきます。

 

皆さん、和装と言って思い浮かぶのはどんな和装でしょうか?

白無垢なら、真っ白で・・・。綿帽子をかぶっていて・・・。

色打掛なら、真っ赤で、豪華で・・・。

 

なかなか、和装に触れる機会も少ないとは思いますので

イメージが湧かないお客様がほとんどです。

 

今回は和装でも様々なコーディネートができるので

白無垢でのアレンジのご紹介させていただきますね。

 



白無垢NO,71(桃山菊花文)

金の刺繍に合わせてコーディネートも金色に。

顔周りに金色が入ることで、顔色をパッと明るく見せてくれます。



白無垢NO,70(向鶴束熨斗文)

白無垢の中に着る、掛下を青色にし、トレンド感満載のコーディネートに。



こちらは、半襟を椿の柄にチェンジをし、白色と赤色で結婚式らしい

おめでたい配色にコーディネートをしています。

 

ドレスと同じで、この和装にはこの組み合わせ。というのは決まりがありません。

おふたりらしく、世界に一つだけのコーディネートができるのが

ビードレッセの最大の魅力です。

 

和装は是非ご対案いただくと、和装の素敵な魅力を感じていただけると思うので

是非沢山のご試着のお問い合わせをお待ちしております。

 

今月は2月24日にカラードレスと和装のフェアを行います。

まだ若干のお部屋の空きがございますので、お問い合わせください。

来月は3月20日に予定をしています。

こちらはまだまだご案内できるお時間帯が沢山ございます!

 

 

今回のブログは安井がお送りました^^

こんばんは。

ビードレッセ浜松のブログをご覧くださりありがとうございます。

 

本日は昨10月、NYにて佐藤コーディネーターが買い付けをしてきてくれたアクセサリーがお店に届きました!

きっとその内容についてはまたみんながブログを書いてくれるかと思うので・・・

楽しみにしていてください!

 

それにあたり店内のディスプレイを少し変更し、初めて和装の展示を行いました。

【Kimono】

色打掛:No.66 鶴に梅



今回のコーディネートは堀江コーディネーターが考え、着せ付けまで行ってくれています。

白地に赤や紫の水彩画のような模様が印象的なこの色打掛。

掛下をネイビーにし、重ね衿を黒と金地にすることでスタイリッシュさもある個性的なかっこいい着こなしになります。

 

伝統的な着こなしはもちろん、ご自身の好みやパーティーのイメージに合わせて色合わせを変えるだけで和装の着こなしの幅はどんどん広がります。

様々なコーディネート用の小物も準備してお待ちしておりますので、ぜひ和装に興味をお持ちの方はコーディネーターへお声掛けください!

 

ビードレッセ浜松 山下

 

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます!
本日のブログは服部が担当いたします。

私としては、本年初ブログとなります!
今年もどうぞよろしくお願いいたします^^

さてビードレッセでは毎月、カラードレスフェアを開催しております!
店頭のドレスがカラフルに替わり、楽しい一日♪

今月の20日に行われる、カラードレスフェアでは併せて和装フェアも開催いたします!
ビードレッセ浜松店では和装の取り扱いもあるんですよ♪

白無垢・色打掛・引振袖
和装も、ドレスと同様コーディネートを楽しめます。



半衿、掛下、重ね衿、筥迫・懐剣…
組み合わせ次第で雰囲気が大きく変わります。

伝統的なスタイルで美しく着るのも良し、
アレンジを加えて大胆に着こなすのも良し。

和装はブーケとの相性もバッチリです♪



和装は日本の伝統衣装でありながら私たちは着る機会というのはとても少ないです。
ですが振り返ってみると、生まれた時のお宮参りや七五三、成人式や卒業式など
人生の節目で着物を着ることが多いです。

結婚式も大きな節目。
ご家族の方に成長した姿を見ていただくのも素敵ですよね。

結婚式当日はもちろん、前撮りでお写真をたくさん残すのもおすすめです!
時間がたくさんあるので様々な目線で楽しめます♪



お色直しや春の季節に前撮りをお考えのお客様、ぜひこの機会にお試ししてみてください!
和装フェア、まだもう少しご予約に余裕があります。

1月20日(月) 10:00~、 13:00~、 16:00~

和装に興味があるけどあまりわからない…という方も
コーディネーターと一緒に考えていきましょう^^
ご予約お待ちしております。

こんばんは、ビードレッセ浜松店の山下です。

朝晩がだいぶ冷えるようになってきましたね。

寒いのが苦手な私ですが…先日のお休みにいい香りのする入浴剤を手に入れたので、癒されながらしっかりと温まり、風邪をひかないように気を付けたいと思います!

 

さて、本日は【和装のヘッドパーツ】についてブログを書きたいと思います。

【和装のヘッドパーツ】と言われるとどんなものを思い浮かべますか?

 

きっと多くの方は「お花」とお答えになるのではないでしょうか。

和装自体が豪華な装いのため、ヘアスタイルやヘッドパーツもその華やかさに負けないようボリュームを出したものを用意されることが多いです。

でももし、”少し個性を出していきたいな” ”和装だけどちょっと肩の力を抜いたカジュアルな着こなしをしていきたいな” そう思う方にはぜひヘッドパーツのご使用をおススメします。

例えばこちら No.826 鶴



刺繍で彩られた2羽の鶴。

これこそ和装にしか似合わせることが難しいヘッドパーツですね。

No.827 牡丹

縮緬の布を使ったちりめん細工のヘッドパーツだとこういったものもご用意があります。



 

もしくはドレスで使用するヘッドピースを使うのもかわいいです!



 

ビードレッセ浜松店では和装だけでなく、和装に合わせたヘッドアクセサリーのご提案も行っております。

和装もトータルコーディネートをぜひ楽しんでください!

 

ビードレッセ浜松 山下

 



 

こんばんば、ビードレッセ浜松店の伊藤です。

本日は和装について少しお話しさせてください!

 

ビードレッセ浜松店では、名古屋店と違い和装の取り扱いがあります。

結婚式当日に和装を着るか

前撮り撮影で和装を着るか

迷う方が多いですよね!

それぞれでメリットがあると私は思います!

 

結婚式当日に着る場合だと、親族の方々がとても良い反応を示してくださります。

披露宴の後半で和装を着る方が多いですが、

和装が後半に入っていると親族が積極的に、写真を撮りに来てくださる印象が私はプランナー時代ありました。

そのため、周りの反応がよく、新郎新婦がともにガラッと変わるため、お互いの入場がより一層華やかになるなというメリットもありますよ!

 

また、前撮り時に和装を着る場合だと

当日のウェルカムボードとして飾りができる

ロケーションに行ってゆっくりと記念写真が撮れる

高価な衣装を少しお値打ちでレンタルできる

などのメリットがあげられます。

 

それぞれにとってメリットがあり

迷うところではありますが、結婚する際に和装を着ないよりは、やっぱり着てここまで成長しましたという姿を親御さんに見せることも一つの親孝行かなと私は思います!

 

是非、プランナー目線の話もできるので、和装で迷ってる方がいたら伊藤に話しかけてくださいね!

一緒に相談しましょう!

本日のブログは伊藤がお届けいたしました。