皆さまこんにちは

ビードレッセ浜松ブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。

今日は4月1日ということで新しい気持ちを胸に、スタッフ一同ミーティングからスタート致しました!29日には弊社入社式もあって新メンバーが3名入社。浜松店には1名「原田コーディネーター」が配属となりました(またご紹介させてください)。

木曜ブログは山田が担当します「メンズコーディネート紹介」


[ tuxedo ] boglioli ボリオリ
仕立屋として「クラシック&モダン」をコンセプトに 100 年以上の歴史を持つ、イタリアを代表する老舗ブランドです。
ボリオリの代名詞は「アンコンジャケット」と呼ばれています。ジャケットで使用する裏地や芯地、肩パッドを極力使用しないことで、かっちりではなく身体にフィットするソフトなジャケットを作り出されています。

その中でも2021年のトレンド色でもある、アルティメット グレイ(Ultimate Gray)参考にタキシードを選びました。



 

シャツは無地ですが、小物合わせでこれから秋以降のお客様にもお求め頂きやすいように「ボルドーカラー」。蝶タイは最近入荷しましたjupe by jackieの新作をご提案します。ハンドメイドの差し柄が映えるコーディネートです。



 

【Tuxedo】Brand.  boglioli Price.  176,000+tax

【Shirts】Brand.  errico formicola Price.  22,000+tax

【Bowtie】Brand.  jupe by jackie Price.  20,000+tax

【Pocket chief】Brand.  drakes Price.  11,000+tax

是非、店頭でお試しくださいませ

 

ビードレッセ浜松
山田 朋彦
@tomozo_b.dresser

 

皆さまこんにちは
いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。
浜松でも桜が咲き始め、もう春ですね!私はスプリングコートを探し求めているところです。新郎新婦さんのコートをよく見る山田が本日ブログをまとめます。

この度は「メンズお色直しスタイル」についてご紹介致します。
タキシード選びで運命のタキシードと出逢えた方は次のステップの小物合わせです。特にお色直しスタイルがポイント。
ちなみに、お色直しの入場では3パターン。お客様のニーズや会場の雰囲気、季節に合わせてご提案しております。

①ジャケットを着用されている姿
②ジャケットを外し、ベスト姿
③サスペンダー姿

100名を超える結婚式が普通だった頃と比べて、家族だけなど少人数結婚式もありますが、二次会などをされない方もいらっしゃる昨今です。なので主賓もいらっしゃらない場合だと、カジュアルな結婚式のスタイルを希望される方が増えています。

そこで、もし②と③のパターンをされる方へご提案したいのは「シャツアレンジ」です。



袖もしっかり見えるなら、シャツのシルエットや柄にもこだわっていただけると色気も出て格好いいですよ。特に無地なシャツだとシンプルゆえに、パターンやシルエットや装飾品(ボタン)が際立って良しあしあります。ぜひ細部にもこだわってみてください。

ビードレッセでは、「エリコフォルミコラ」「バグッタ」の二つのブランドを厳選しております。以前、バグッタ紹介をしましたので、この度は「エリコフォルミコラ」をご紹介致します。

2008 年にイタリアナポリで誕生したシャツブランド。

“Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)” “Kiton(キートン)”など老舗高級ブランドで経験 を積んだエリコフォルミコラが手掛けたコレクションは、伝統的なイタリアのもの づくりを受け継いでいる。 ナポリ仕立てのハンドメイドを駆使した伝統的な縫製は、細身のフィッティングで ありながら、張りを感じないストレスのない着心地を生み出している。さらにこの ハンドメイド技術を多用し創り出された精密な縫い目が、高級感を演出する。 クラ シックながらも新鮮なコレクションによりファッショニスタをも魅了している。 バイヤーがイタリア現地に買い付けに行った際、生地のサンプルをもとに、ビード レッセのお客様に合わせてオリジナルでオーダーしたシャツは他にはない唯一無二 のデザインばかり。

 

ビードレッセ浜松

山田 朋彦

皆さまこんにちは

いつもビードレッセ浜松のブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。

桃の節句も終わり、3月もあっという間に過ぎて桜が咲き始めそうですね!今年も和装で浜松城へロケーション撮影される方もいらっしゃるみたいです。

今週末もたくさんの新郎新婦さまが結婚式に臨まれます。皆さまの門出が華々しい一日になりますように心から願っています。

 

この度のブログは、メンズコーディネート紹介を私ともぞーが務めさせていただきます。

ご紹介するメインブランドは「BAGUTTA(バグッタ)」


 

1975年にスタートしたイタリアのシャツブランドです。長い歴史とサルトリアテイストを背景に、クラシカルでありながら端正でモダンな佇まいが魅力のブランド。代名詞となっているのが白のドレスシャツ。



1978年には、ジョルジオ アルマーニのシャツづくりを手がけられています。結構凄いんです!!

その後多くの有名ブランドの製品を、そして時代を捉えるフレキシブルな感性とそれを具現化する高い技術力により、常に時代の先を見据えた新しい提案が魅力です。現在では、年間130万着ものシャツを製造し、世界中のセレクトショップへ送り出されています。



ビードレッセでもバイイングの際にミラノショールームにて白色シャツを始め、たくさんの生地サンプルから選び抜きました。袖を通すとわかる肌馴染みや素材の高級感、また個性あるデザインが特徴的です。こちらのようにピックアップして、サンプルコーディネートのシャツが出来上がります。とても出来上がったアイテムを見ると感慨深いです。


 

*****  サンプルコーディネート  *****



ぜひお試しくださいませ★

 

ビードレッセ浜松店

山田

皆さまこんにちは
いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。
本日はメンズコーディネートをご紹介致します。

『KINLOCH〈キンロック〉』

名メゾンからそのデザインを注目されるなど、今大注目のブランド! 2013年、ミラノでスコットランドとイタリアのハーフであるマルコ・キンロックによって作られたイタリアンブランドです。わりと最近誕生しています。斬新でどことなく遊び心もあり、一目でキンロックっとわかるほど芸術性に富んだモチーフとデザインが特徴です。



・世界各地のさまざまな風景や文化(ヨーロッパ、アジアやアラブなど実在する街の様々な風景や文化、その街にまつわるイメージや伝説)などからインスピレーションを受けたスカーフは、スカーフ一枚を広げるだけで、あたかもその場の雰囲気や、旅をしているような感覚になります。動物、鳥、魚などのモチーフを中心として描かれる斬新なデザインが魅力で芸術性に富んだモチーフと美しい色柄で構成されています。

・品質に対してもこだわりがあり、シルク製品で有名な北イタリア・コモでイタリア伝統の高い技術を持つ職人たちによって、生産される発色の良いシルクプリントアイテム。

有名メゾンのプリントをする工場と同じ所で行われる、美しさに定評のあるプリント、手縫いで繊細に仕上げられたスカーフのパイピングなどにその一端を見ることができます。※私たちも買付の際、ポケットチーフのベースカラーとパイピングの色味をオリジナルで考え作成しました。

〈アレンジご紹介〉


【Tuxedo】
Brand.  Bogliol
Price.  176,000+tax

【Shirts】
Brand.  Bagutta
Price.  32,000+tax

【Bowtie】
Brand.  Fiorio
Price.  13,000+tax

【Pocket chief】
Brand.  Kinloch
Price.  10,000+tax



【Tuxedo】
Brand.  Lardini
Price.  192,000+tax

【Shirts】
Brand.  Bagutta
Price.  38,000+tax

【Bowtie】
Brand.  Fiorio
Price.  13,000+tax

【Pocket chief】
Brand.  Kinloch
Price.  10,000+tax

ぜひ店頭でお試しください。

 

ビードレッセ浜松店

山田朋彦

 

皆さまこんにちは

いつもビードレッセ浜松ブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。

本日は、ビードレッセがお勧めするメンズブランドについてご紹介いたします。2020年1月にイタリアで開催された「ピッティウォモ」よりバイヤーによって、買い付けた商品を随時取り扱っております。その中でも、この度は2ブランドをご紹介いたします。

 

■fiorio〈フィオリオ〉


 


※日本ではユナイテッドアローズが代理店。ピッティでは生地サンプルをもとに蝶タイを作成

1946年にミラノでスカーフブランドとして創業した。エレガントな色調と柄のスカーフがファーストレディや王女の首元やカバンに巻かれ、それをきっかけにオリジナリティのあるネクタイが作り始めたイタリアを代表するブランドです。

現在はイタリアのシルク産地として知られるコモ湖畔に本拠を構える最大のシルク生産企業の一つCANEPA(カネパ)社の傘下となり、ネクタイ、スカーフ、ポケットチーフを中心に世界中で展開しています。

 

■Drake’sドレイクス)







ピッティでは生地サンプルをもとに蝶タイ、ポケットチーフを作成。1点1点上品さが売りのアイテムです。

1977年、アクアスキュータム(※トレンチコートの原点を作ったブランド)のアクセサリー・コレクションのデザイナーとして活躍していた、マイケル・ドレイクによって設立。

「くつろぎ感のあるエレガンスを備えた、時代に左右されない商品を生み出すこと」を理念に、

職人技へのこだわりと厳格な品質管理、独自のデザイン性に誇りを持ち、真の価値を持つ永続的なウェアやアクセサリーを生み出しています。

メンズのハイクオリティーなウール、シルク、カシミヤ素材のマフラーやスカーフ、小物のコレクションからスタートし、現在ではネクタイとシャツの英国に残る希少なファクトリーブランドとして、その地位を築き。メンズのハイクオリティーなウール、シルク、カシミヤ素材のスカーフや小物のコレクションをリリースされています。

時代の流れを敏感に取り入れながらも、常にトラッドマインドあふれる英国らしいデザインと天然繊維のみを使用した 確かな品質が、ドレイクスの世界的な人気を支えています。

現在ではネクタイとシャツまで手がける、英国に残る希少なファクトリーブランドで、生産されるドレイクス用の織物はセブンスレッドシルクと呼ばれる、高級な撚り合わせをした糸を使い、ボリューム感のあるシルクの光沢が特徴です。

 

小物選びの際も、コーディネーターに是非お伺いくださいませ。

 

ビードレッセ浜松

山田

皆さまこんにちは

いつもビードレッセ浜松ブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。浜松も少しずつ気温が上がって夜になっても心地いい風や春の香りがします。

 

本日のブログでは、メンズコーディネートをご紹介致します。タキシードコーディネートの際、ご参考にしていただけますと幸いです。



Tuxedo: Lardini/ラルディーニ
ベストにはブートニエルのモチーフが施された1着。
ラルディーニは、ジャケットの仕立てが魅力的です。
「アンコン」と呼ばれる仕立ては、イタリア語で「スフォデラート」とか「マッピーナ」と呼ばれ、肩パッドを使わず薄い芯地だけで作られる柔らかなフォルムを言います。軽やかに羽織れます。



Shirt: Bagutta/バグッタ
バグッタシャツは1975年に始まった、イタリアを代表するシャツブランドです。
こちらは上質なデニム生地で、伝統的な技術により仕立てあげられています。
とても上質感のある一点もののシャツをどうぞお楽しみください。



【Tuxedo】
Brand.  Lardini
Price.  192,000+tax

【Shirts】
Brand.  Bagutta
Price.  33,000+tax

【Bowtie】
Brand.  Lardini
Price.  11,000+tax

【Pocket chief】
Brand.  Drakes
Price.  13,000+tax

 

~ドレスシャツ・蝶タイアレンジ~



【Shirts】
Brand.  Bagutta
Price.  30,000+tax

【Bowtie】
Brand.  Fiorio
Price.  13,000+tax



Shoes: Cheaney/チーニー
靴の聖地として名高い英国「ノーザンプトン」で1886年に設立されました。特徴として、熟練された職人によりレザーのカッティングから、ファイナルポリッシュまで、すべての工程をノーザンプトン自社工場で行っています。

【Shoes】
Brand.  Cheaney
Price.  71,000+tax

シャツや蝶タイのチェンジによって新郎の印象はとても変わります。各種ご試着もしていただけれます。是非コーディネーターとご一緒にアレンジしてみてください。

 

ビードレッセ浜松

山田 朋彦(トモゾー)

 

皆さまこんにちは

いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。

 

本日は新しく入荷したメンズシューズのご紹介をさせていただきます。

【JOSEPH CHEANEY & SONS(ジョセフチーニー アンド サンズ)】

というイギリス発で有名ブランドシューズです。



この度はエナメルシューズ 2種類

フォーマルからカジュアルまで幅広く扱われているブランドで、ビードレッセでは選りすぐりの3種類をご提案しております。

CHEANEY/チーニーは、「靴の聖地」として名高い英国「ノーザンプトン」で1886年に設立されました。特徴として、熟練された職人によりレザーのカッティングから、ファイナルポリッシュ(磨き上げ)まで、すべての工程を設立当時から続く工場で行っています。



ちなみに「ノーザンプトン」は、グットイヤー・ウェルト・シューズ※の生産地でもあります。どこかで聞かれたことがある名称ですが、※グットイヤー・ウェルトとは、重量感のあるがっちりした靴です。目立った「縫い糸」が特徴で、丈夫で実用性が高く、ソール交換などのメンテナンスもしやすいことも特徴です。アメリカ、イギリスなどの紳士靴に多く見られます。とても履き心地よく馴染みも良いのでお勧めの一足です。



 

皆さまは、シューズの世界で呼ばれる「ラスト」って聞かれたことはございますか??

靴づくりで重要なアイテムです。シューキーパーのような「靴型」のことですが人間でいう骨格なようなもの、靴を作る為の原型、靴のデザイン機能などを決めるとても重要なものです。そしてこのラストを元に靴のデザインを考えていきます。

ビードレッセでご紹介するのは、創業125周年を迎えて新たに生み出されたラスト「125」シリーズ。こちらのタイプは、甲が広くて踵が小ぶりという日本人の足型に合いやすいラストです。



ALFRED / BLACK

 

自らに馴染む革製品、きっとお客様の足に寄り添って幸せへと導いてくれることでしょう。結婚式の後でもTPOに合わせてずっと使える1点といえばシューズだと思います。サイズもしっかり取り揃えていますので是非ご試着してみてください。


 

 

ビードレッセ浜松店

山田 朋彦

皆さまこんにちは

いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。日頃こちらのブログにて、メンズコーディネートをご紹介している山田(ともぞー)です。

本日は「タキシードって??」を簡単にまとめてみましたのでご参考ください。

 

タキシードとは、男性が結婚式や宴席で着用する夜の準礼装と呼ばれています。最近では正礼装にも該当しているようです。

結婚式では白色のウェディングドレス姿の花嫁を引き立てるため、黒色タキシードがスタンダードです。また、カラードレスに合わせてカラーバリエーションも多種あります。

最近の結婚式では、あまり見かけなくなりましたが白やシルバーといったお色味は、欧米諸国では着用されていない衣装です。レディーファースト文化なので女性を引き立てる色が反対色の黒だとも言えます。

戦後物資が不足していた際にウェディングドレスの生地を使って、タキシードを作ったところから始まると言われています。白タキシードはその名残とも言えます。

ところで、日本では当たり前のお色直し(カラードレスチェンジ)は欧米では珍しいみたいです。洋装と和装が混在している日本だからこその文化なのでしょう。

所説はありますが結論として、ウェディングドレスとカラードレスそれぞれ新婦が着られるなら、新郎もそれぞれのTPOに合ったカラーコーディネートをすることをお勧めします。

 

タキシードの定義でもある箇所として、特に襟が特徴的です。

「ショールカラー」「ピークドラペル」の2種類があります。

どちらも生地にはシルクが施された仕上がりです。

 

「ショールカラー」

外国映画でも見かけるガウンのような形でヘチマ襟とも言われます。丸味のある襟のことを言います。インフォーマルで優しい印象を与えることができます。日頃スーツでは使わないので特別感はありますよね。



 

「ピークドラペル」

ラペルは下襟を指します。お父様のモーニングなどでも類似している尖った形が特徴です。特に胸元にVゾーンができてスタイリッシュにフォーマルさが際立ちます。


 

正しい知識を増やして、タキシードコーディネートを楽しみましょう!

 

ビードレッセ浜松

山田 朋彦

皆さまこんにちは

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。

浜松は天気な日もあれば、浜風が吹く日もあって少しずつ春に近づいている感じがします。結婚式を挙げられる方が少しでも前向きになれるように私たちも衣装を通して、何か届けれたらと思っています。

早速ですが、本日は私のおすすめタキシードコーディネートを紹介いたします。ぜひ新郎小物合わせでご参考いただけると嬉しいです。

花嫁をエスコートする新郎様にも上質で洗練されたタキシードを身に纏い、厳選したインポートアイテムでコーディネートを愉しんで頂いております。


tuxedo: BOGLIOLI (ボリオリ)

“モダン&クラシック”をコンセプトに掲げて100年以上も続くイタリアの老舗ブランドです。アンコンジャケットと呼ばれる、身体にフィットするソフトなジャケットは、柔らかくしなやかな曲線で男性の美しさを引き立たせてくれます。日本人にもピッタリな着心地です。


【Tuxedo】Brand.  @boglioliofficial Price.  166,000+tax

【Shirts】Brand.  @bagutta_shirts Price.  27,000+tax

【Bowtie】Brand.  @fioriomilano Price.  13,000+tax

【Pocket chief】Brand.  @drakesdiary Price.  13,000+tax



Shirts: bagutta(バグッタ)

イタリアで有名なシャツブランド・バグッタ。日本でもトップセレクトショップでも取り扱われています。ビードレッセも「特別な一日を最高の装いで」をモットーにバイヤーが生地からセレクトいたしました。白いシャツがブランドの代名詞ですが、袖を通した際の質感や洗練された独特な柄が注目されています。

ぜひ店頭でお試しください。

 

ビードレッセ浜松店

山田朋彦

ビードレッセ浜松店のブログをご覧のみなさま

あけましておめでとうございます。

 

2021年もビードレッセ浜松店をよろしくお願い致します。

今年の年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?

例年通りにはいかない年越しとなりましたが、

ビードレッセは例年通り本日より営業をスタートいたしました^^

 

【それぞれの新郎新婦にとって 最高の結婚式を創る】

お衣装を通して新郎新婦・親御様を幸せにしていきますので、

本年もよろしくお願い致します。



すでにビードレッセにご来店いただいたことのあるお客様も

そろそろ衣装選びに行こうかな~って思われているお客様も

沢山のお客様にお会いできる日を楽しみしています!!

 

そして、

昨年末に新作のタキシードが入荷いたしました!



ブラウン、ネイビーのタキシードが新たに増えました。

ベストがリバーシブルになっていて、遊び心満点です。

また、今までお取り扱いしているタキシードの形とは少し変えて作成をおこなっているため、

今までにないジャケットのデザインのため、2着目のタキシードとして選ばれるのも

とても素敵です^^

 

5月6月結婚式の新郎さんはいよいよタキシード選びの時期です^^

新作のタキシードで世界に一つしかないコーディネートを見つけていきませんか?

ビードレッセ浜松店には男性コーディネーターも所属しています。

是非、男性目線のお洒落コーディネートを楽しんでいただけたらな~と思います^^

 

沢山のお客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

本日のブログは安井がお送りいたしました。