ビードレッセ浜松店のブログをいつもご覧いただきありがとうございます。

急に冬のような寒さの毎日が続いていますが、

いかがお過ごしでしょうか?

私はモコモコの部屋着にモコモコの靴下を履いて毎日お家では過ごしています。

 

本日は新作の蝶ネクタイが入荷しましたので、ご紹介させていただきます。

・NO,1539

赤のドットのような柄の蝶ネクタイ。

披露宴で主役感が欲しいけど、派手なのは苦手という新郎さんにはとってもおススメです。



・NO,1556

シンプルなブラウンの蝶ネクタイ。

どのタキシードにも似合いやすく、黒の蝶ネクタイだとしっかりしすぎてしまう方にはぴったり!。



・NO,1555

グリーンの蝶ネクタイ。

ビードレッセでは今までに取り扱いをしていなく、待望の最新作です。

生地感も厚みのある生地で、カジュアル感を出すことができます。

 

以上3点の写真はすべて同じタキシードで中のベストも同じで

蝶ネクタイとチーフのみの変更でガラッと変化をつけることができます。

このタキシードのはこのコーディネートと決まりは一切ありません。

おふたりだけのコーディネートを見つけていきましょう!

ビードレッセでは男性のスタッフもいます。

男性スタッフからのオススメコーディネートも男性ならではで素敵ですよ^^

 

今回のブログは安井がお送りしました。

安井愛美

 

皆さまこんにちは
いつもビードレッセ浜松ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

この度は以前書かせていただいたブログ「JOSEPH CHEANEY & SONS
購入用メンズシューズについての進展を書かせていただきます。

というのも、先日ビードレッセ名古屋店にて「チーニーについて」の勉強会をいつもお世話になっているパートナーに開いていただきました。
革製品はもともと好きな私にとって魅力的な時間でしたが、同時に革靴の奥深さやこだわりを聞くことでさらに愛着が湧きました。



改めてCHEANEY/チーニーの特徴をご紹介します。

①レザーのカッティングから、ファイナルポリッシュ(磨き上げ)仕上げまで、すべての工程を設立当時から続く工場で行っています。
弊社と同じ一貫性が共通点です。

②【made in England】がポイントで、純粋な英国ブランドです。
ユナイテッドアローズやビームス、エディフィス、バーニーズニューヨーク、コモリの各ショップ様から別注での販売もしているフレキシビリティー(柔軟さ)なところも良い点でございます。

③元々はシューズブランド「Church’s」の傘下から始まった「チーニー」は、エルメスと同等クラスのレザーを使用されています。
とても上質な上、コストパフォーマンスの良いブランドシューズとも言え、今一番おすすめしているアイテムです。



商品知識もですが、メンテナンスの仕方や正しい履き方も勉強してまいりました。
ビードレッセ浜松にはフォーマルシーンに好評の型番をご用意しております。
ぜひご試着の際は、ご提案させてください!
頭から足元までトータルでご提案するのがビードレッセスタイルです!



ビードレッセ
山田 朋彦

皆さまこんにちは

いつもビードレッセ浜松ブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。

そして、9月に入り二度目の三連休初日ということで、本日も多くの新郎新婦様がご来店くださいました。

こちらも合わせて御礼申し上げます。

本日は久しぶりに「コーディネートについて」ブログを書かせていただきます。

日頃、コーディネーターはひとりひとりが感性を磨いて、一組一組のお客様へご提案しております。

私もタキシードとメンズ小物(蝶タイ、シャツ、ポケットチーフなど)を使い、

目の前のお客様が《なりたい花婿像》へ作りこんでいます。

最近だと「シルバーや白タキシード」が世の中で流行った時代から、

今は花嫁姿を引き立てる姿「本来のタキシード(黒やブラウンなど光沢の少ないマッドな)」へ好みが変化しています。

それは、ホテルウェディングとハウスウェディングの雰囲気がそれぞれ異なるからだと思います。

その場所に似合う姿が必ずあります。

ハウスウェディングは昔から「アットホーム」という言葉が連想されます。

もちろん「アットホーム」は日常です。

非日常的な衣装を着ることに違和感を感じることが、ひとつのセンスだと思います。

古き良きものは残しながら、新しいものにチャレンジすることが新たな発見であり、感動が生まれます。

 

ぜひ、ビードレッセで新たな発見をメンズに限らず、見つけていただけれたらと思っております。

お客様だけの特別な姿を一緒に見つけましょう!



チーフコーディネーター
山田 朋彦

皆さまこんにちは
いつもビードレッセ浜松ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

先日私がブログ上で「足元を華やかにすることも大切です」とお伝えしましたが、
なんと、新しいシューズを入荷いたしました!!!
なのでこの度は、ご紹介させて頂きます。

 

【JOSEPH CHEANEY & SONS】ジョセフ チーニー アンド サンズ
というブランドシューズです。

 



「靴の聖地」として名高い英国「ノーザンプトン」で1886年に設立されました。
「ノーザンプトン」は、グットイヤー・ウェルト・シューズ※の生産地でもあります。



※グットイヤー・ウェルトとは、重量感のあるがっちりした靴です。目立った「縫い糸」が特徴で、丈夫で実用性が高く、ソール交換などのメンテナンスもしやすいことも特徴です。アメリカ、イギリスなどの紳士靴に多く見られます。

CHEANEY/チーニーの特徴として、レザーのカッティングから、ファイナルポリッシュ(磨き上げ)まで、すべての工程を設立当時から続く工場で行っています。
とても履き心地よく馴染みも良いのでお勧めの一足です。



どうぞ引き続き「クロケット&ジョーンズ」と合わせてお求めいただけたら幸いです。
私以外の女性コーディネーターもご対応いたします。
ご相談くださいませ。

 

 

ビードレッセ
山田 朋彦