皆さまこんにちは。

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日のブログは堀江が担当させていただきます。

今回のテーマは【素材】についてです。
ドレス選びをしているお客様にとって素材選びも重要なポイントになってきますよね。
なので、ドレスにはどんな素材が使用されているのかを少しご紹介します!

チュールとは、よくみると網目のあるメッシュ素材のこと。
新婦さんが挙式の時につけるヴェールもチュールを使っていることが多いんです! チュールドレスの特徴は全体的に透け感と柔らかさがありフェミニンな印象となります。



 

オーガンジーはチュールと違い網目はなく、半透明で軽い光沢があるんです。
オーガンジードレスの特徴は、チュールよりも滑らかなハリ感があるので緩やかなフリルのあるドレスに使われることが多いです。


ジョーゼットという生地は、表面に細かな凹凸があるちりめん素材の一種。
ジョーゼットを使ったドレスの特徴は、マットさと身体の形にフィットするような質感があり、ドレープの形が綺麗に出るので、動くたびに気品ある雰囲気になります。


ミカドシルクとは、シルクの中でも最高級のものを指し、
独特の光沢とハリがあるのが特徴です。
なんといってもロイヤル感と重厚感があり触り心地も格別だと言われています。


タフタとは、しわ感があり独特の硬い印象のある光沢感が特徴的な生地のことで最近よくドレスに用いるブランドも増えてきた印象です。
タフタを使ったドレスは、まず着心地がとっても軽く動きやすいんです。
シルクと違い硬い光沢が出るので、親しみのある柔らかな印象を与えてくれます。

 

デザインでも生地によって、ドレスの表情も花嫁さんのイメージも変わりますよね。
結婚式場の雰囲気や、なりたいイメージに合わせて素敵なウェディングドレスを一緒に選びましょう。

こんにちは!

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます!

 

お昼間の気温もだんだんと上がってきて、季節の移ろいを感じますね。

みなさま、熱中症などには十分ご注意くださいね!

 

さて本日はブライダルシューズについてお話ししたいと思います。

 

「おしゃれは足もとから」という有名な言葉もあるように

ファッションのコーディネートにおいてシューズはとても重要なポジションです。

 

こだわり抜いて決めた運命のドレスとお気に入りのアクセサリー

 

けれどシューズは気に入っていない…

 

それではもったいないですよね!

 

トータルコーディネートをたいせつにしているビードレッセでは

シューズの種類も豊富にご用意しております。

 



 

英国王室のキャサリン妃も愛用するシューズブランド

【Emmy London(エミーロンドン)】

手作業で刺繍されたクリスタルやビーディングの装飾がとても繊細で美しいです。

またデザインだけでなく履き心地も良く、多くの花嫁様に愛されています!

スカートのすそから見えるシューズのデザインがとてもお洒落です。



 

【Rachel Simpson(レイチェルシンプソン)】

イギリスの本社でデザインされ、スペインで手作業で製作されるというこちらのブランド。

装飾は多くなく、洗練されたパターンカッティングが魅力のシューズブランドです。

足首の部分にストラップがついているデザインが多く、とても歩きやすいシューズですよ♪



ドレスの裾は長いしそんなに見えないのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ですが実は、裾をあげて歩くとき、少しの段差を上るとき、腰かけた時…など見えるタイミングは意外と多くあります。

少し足もとが見えた時、お洒落なシューズだとさらに素敵ですよね^^



 

おしゃれは足もとから…

ドレス選びの際はぜひ思い出してくださいね!

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

本日のブログは、最近理想のスニーカーを見つけて嬉しい服部が担当いたしました。

こんにちは!

いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧頂きありがとうございます。

まだ5月ですが真夏のような強い日差しで、今年も猛暑の予感がしますね…。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

本日はウェディングドレスをご紹介いたします。

 

【Brand】Le spose di Gio(レ スポーゼ ディ ジオ)

60年以上つづく老舗のイタリアブランドです。

イタリアメイドにこだわった繊細な素材と匠の技術で、タイムレスに愛され続けるシンプルで可憐なドレスを作り出しています。

 

【Dress】S53BISX(No.1518)



バックスタイルが印象的な1着。

サテンとオーガンジーを組み合わせたバックリボンはキュートな印象にはならず、エッジの効いたこなれ感あるブライズスタイルに。



スカートはふわりと女性らしいオーガンジーを使用しているので、フェミニンとスタイリッシュをバランス良く兼ね備えたドレスです。

ふんわりとしたドレス感のあるシルエットは好きだけど、可愛くなりすぎるのはNG!
という花嫁様におすすめです。

 

 

【Dress】653(No.1517)



スカートはオーガンジーとジョーゼットの2つの生地を贅沢に使用しています。

ふわりと風にゆれる生地感が可憐で、ガーデンからの入場は特にドレスが映えるのでおすすめです!





フロントは首元がつまったヘルシーなデザインとなっていますが、バックはちらっとお背中が見えるセンシュアルなデザインです。

フロントとバックでギャップを感じさせるこちらのドレスは、他の花嫁様と1歩差をつけたい方におすすめです!

 

いかがでしたか?

王道タイプのドレスももちろん人気ですが、最近はこういったエフォートレスなドレスもとっても人気です。

大切な1日の大切な1着。

わたしたちと一緒にビードレッセで見つけていきませんか?

皆様のご予約お待ちしております。

 

 

ビードレッセ浜松店 加藤

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

今回のブログではウエディングドレスをご紹介させていただきます。

 

Brand:Alon Livne White(アロン リヴネ ホワイト)

NYから入荷してきたブランドで

アレキサンダー・マックイーンなどの有名ブランドで経験を積んだ

男性デザイナーが手掛けるドレスはどれも他にはない素敵なデザインが多いです。

ビヨンセやレディーガガなどのセレブリティーにも愛されているブランドです。

 

【dress】LAYLA(NO,1109)



スレンダーラインのドレスでたっぷりの刺繍が魅力的な1着です。

スカートの1枚目にはたっぷりの刺繍が施されています。

2枚目の生地はレースのスカートとなっていて表から透けて見えるレースが美しいです。

ウエストにはベロア生地のリボンが縫い付けらていて

きゅっとウエストを引き締めてくれる効果があります。

ドレス全体の色味がほんのりピンクベージュの色味となっているので

柔らかな印象になるドレスです。

 

ご紹介したドレスはスレンダーラインという形で

ボリューム感の少ないドレスです。

そのため、披露宴会場で沢山動いたりすることもできますし

ゲストの方との距離も近くでいられます。

ブラスグループのゲストハウスの披露宴会場にはぴったりの形です。

 

最近はチャペルではボリュームたっぷりの王道のウエディングドレスをお選びいただき

披露宴ではゲストの方と距離を近くアットホームに過ごしたいという花嫁さんは

スレンダーラインのウエディングドレスをお選びいただくことも増えてきました。

挙式と披露宴でガラッと印象を変えていけるのもいいですよね^^

 

ビードレッセでは王道のウエディングドレスから最新トレンドのウエディングドレスまで

様々なラインでご用意しております。

ビードレッセのスタッフと共に運命の1着を見つけていきましょう!

 

安井愛美

みなさまこんにちは

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。

5月も下旬となり夏らしい気温になってきましたね。私はこの時期は朝の心地いい気温が堪らないです。そんなキャンプ好きな山田がタキシードコーディネートを紹介致します。

本日コーディネートのお題は「グレータキシード」です。

以前からブログで取り上げています、イタリアで名高い【ラルディーニ】のショールカラータイプのグレータキシードを入荷しました。ひとつにグレーと言ってもライトブルーのような色味をしています。素材は通年仕様となっていますが夏の結婚式シーズンにもピッタリです。ぜひ着心地の良さを試してみてください。



そしてインナーアイテムは、バグッタのデザインシャツ、ボウタイはジュープでボーダー柄をピックアップしました。同じようなパターンでの組み合わせをしてみても素敵です。柄on柄もぜひお楽しみください!



【Tuxedo】
@lardiniofficial
no. gray shawl collar
price. 192,000 +tax

【Shirts】
@bagutta_shirts
no. 386_GV 10055 252
price. 34,000 +tax

【Bowtie】
@jupebyjackie
no. BT03BRS23928S9808S
price. 18,000 +tax

【Pocket chief】
@drakesdiary
no. 44CMK/20255/003
price. 10,000 +taxcoordinator
Tomohiko Yamada

タキシード・お小物のご購入をご検討の方はぜひお問い合わせください。

こんにちは!

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます!

本日は服部が担当いたします。

 

気付けば5月も間もなく終わり、6月になろうとしています。

6月は梅雨で雨の日も増えるかと思いますが新緑の季節でもありますね。

木々の葉や山などが瑞々しくて生命力を感じる季節です。

 

私は新緑の時期の前撮りがとてもおすすめです!

自然の色が美しいのでお写真もとても綺麗に残りますし

緑がいっぱいの場所で撮影するときは衣装や小物をカラフルなものにすると

ポップで可愛らしい写真を撮ることもできます。

写真で楽しさがとても伝わると思います!

 



色打掛には1着に何色もの色が使われているのでとっても華やかなお写真が撮れます!

フォトアイテムをカラフルにするとより華やかで素敵ですね!

 



ビードレッセでは掛下や筥迫・懐剣などの和装のお小物もたくさん種類をご用意しているので

白無垢+お小物でカラフルなコーディネートを楽しむのもおすすめです!



 

こちらは背景のグリーンに合わせたコーディネート。

白×グリーンはとても人気のコーディネートです!



 

もちろん和装だけでなくドレスでの撮影も。

ナチュラルな雰囲気だけでなく、どこか異国のような幻想的なお写真ですね。



 

 

いかがでしたか?

新緑の季節は日差しも強くなりすぎないのでお写真も柔らかく

あたたかい雰囲気になります。

幸せなおふたりの写真をたくさん残すこと、とても素敵ですよね^^

前撮りの時だからこそ着られる衣装を着て

挙式当日にはお写真を飾るのも良いですね!

 

前撮りを検討されている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

和装が気になる方もよろしければご試着してみてくださいね。

 

皆様にお会いできること楽しみにお待ちしております。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ビードレッセ浜松のブログをご覧のみなさまこんにちは。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

本日は大谷内が担当させていただきます。

最近お昼はとても暑く、夜は寒かったり、温度差がありますが、

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

体調には十分ご注意してくださいね。

本日は、私のおすすめのドレスをご紹介させていただきます。

 

 

私のおすすめのドレスブランドは、

HALFPENNYLONDON(ハーフペニーロンドン)です。

【brand】 HALFPENNYLONDON

【dress】 ELLIE

【dress】 no.1171

 



こちらのドレスはビスチェタイプでサテン生地がとても上質なドレスです。

自然光やスポットライトが当たってもサテンの上質さを

感じていただけます。

シンプルなドレスだからこそヘッドアクセサリーを豪華にしたり、

ウエストベルトを巻いてみたり、

たくさんのアレンジができ、自分らしいスタイルを

楽しんでいただけると思います。

アレンジをしなくても、女性らしさを最大限に引き出してくれます。

【brand】 HALFPENNYLONDON bolero

【bolero】 no.1169





こちらボレロもHALFPENNYLONDON(ハーフペニーロンドン)

シースルーなデザインがとても幻想的でおしゃれで

袖のプリーツがとても魅力的です。

披露宴入場の際にボレロを着るだけで

挙式スタイルとは違う印象になります。

人と差をつけたり、存在感のでる一着になります。

 

HALFPENNYLONDON(ハーフペニーロンドン)は

「女性の美しさを最大限に引き出す」という思いを大切にしており、

上質な生地を使用し、ロンドンのアトリエで

手作業にこだわりドレスを作っています。

幻想的シックでファッショナブルなデザインが魅力的です。

 

私のお勧めはいかがでしたか?

是非ご試着してみてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ビードレッセ浜松 大谷内


こんにちは!

いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧頂きありがとうございます。

汗ばむ陽気に半そでで過ごす日も増えてきて、夏の気配を感じるようになりましたね!

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

本日は結婚式のトレンドについていくつかご紹介させていただきたいと思います。

今、結婚式のテーマで人気なのが「ラスティウェディング」です。

ラスティウェディングとは、”森の中のような結婚式” ということで、ブラスの会場で行うにはぴったりのテーマなんです!



ガーランドや額縁など小物をたくさん使用した、おふたりらしさ溢れるメインテーブルです。

まるで森の奥で行われているような、ファンタジックで心躍る世界観に引き込まれますね!

そして実はこの会場、マンダリンアリュールなんです!

おふたりのメインテーブルだけで、ぐっと世界観が変わってきますよね!

 

続いてはブーケです。

やはり、森の中のイメージに合わせたワイルドブーケがトレンドになってきています。

あえて無造作な雰囲気に作ることで、ラフで飾り過ぎない自然体なスタイルを叶えられますよ。



ふわふわとした穂が特徴的なスモークツリーという花材を使用したブーケです。

ブーケにボリュームがでるので、スレンダーラインのドレスとバランスよくマッチします。

そして、もちろんドレスも会場装花やブーケに合わせて、シンプルなドレスを選ぶ方が多く、トレンド入りしています。

 

【Brand】David Fielden(デヴィッド・フィールデン)



とろみのあるジョーゼットの生地を使用したスレンダーラインのドレスです。

背中のバックデザインに工夫を凝らしたドレスも人気があり、前から見たらシンプルなドレスだからこそ、バックシャンなデザインの美しさが際立ちます。

 

いかがでしたか?

時間がある今だからこそ、おふたりらしいオリジナリティ溢れたドレスや会場コーディネートを考えてみてはいかかでしょうか?

準備期間がしっかり取れる分、最高の結婚式をわたしたちと一緒に創っていきましょう!

 

 

ビードレッセ浜松 加藤

ビードレッセ浜松のブログをご覧のみなさまこんにちは。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は来月6月の結婚式June brideについてお届けします!

 

【June bride】6月の結婚式

ウエディングドレスの発祥の地ヨーロッパでは

古くから「6月に結婚する花嫁は幸せになる」と言い伝えがあり、

結婚や出産を司る女神「Juno(ジュノ)」が

守護する月が6月(June)であることが由来です。

この月に結婚をすると生涯幸せに暮らせると言われています。

 

日本では丁度梅雨の季節で

ネガティブなイメージがあるかと思いますが

ガラス張りのチャペルや解放的な披露宴会場では

雨が神秘的な印象を与えてくれます。



〈color dress〉

dress brand:FRAGMENTS

No:865

dress name:FR-DR #16

 

〈tuxedo〉

dress brand:igrek

No:43

color:グレー

 

 

ゲストハウスの会場だからこそ

自然体でアットホームな、おふたりらしい1日を過ごせる

特別なJune brideの月です。

 



 

〈wedding dress〉

dress brand:FRAGMENTS

No:866

dress name:FR-DR #01

 

浜松にあります結婚式場

マンダリンアリュールで挙式をあげられた

たいすけさんとみづきさん

オシャレなおふたりは

「FRAGMENTS」というブランドの

ウエディングドレスとカラードレスをお召しいただきました。

「FRAGMENTS」は固定概念を打ち砕いた

セオリーに問われず、上質で洗練されたドレスブランドです。

 

スレンダーラインのシンプルなドレスですが

けしてラフというわけではなく、シルクの上質な素材感が

自然の光のなかで洗練された輝きを引き立たせます。

自由なスタイルで主張しすぎないミニマムなデザインが魅力的なドレスです。

 

作りすぎない自然体なドレスはオシャレなゲストハウスにお勧めです。

是非色んなスタイルを試してみてください。

結婚式当日が素敵な一日になりますようご準備いたします!

 

 

 

 

 

 

 

皆さまこんにちは!

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

私は最近、おうち時間を使って結婚式のトレンドを勉強しています!

もうすぐ夏!ということもあり、Instagramが華やかになってきたと感じています。

最近では、Instagramで「#夏婚」と検索すると、トレンドの情報がたくさん得られるんですよ!

今日は皆様に「夏」をテーマにお花をご紹介させていただきます!


夏の花といえばひまわりです!

ひまわりの花言葉は「あなただけを見つめて」なので、結婚式で使用するにもぴったりの花と言えますね。

また、会場の装飾をひまわりで統一すると、ゲストにも季節感がしっかり伝わります。


テーブルコーディネートはもちろん、ブーケや新婦のヘッドパーツに取り入れたり、挙式の指輪交換時に指輪を運んでくれるリングボーイやリングガールに、花冠やコサージュとして身につけてもらったりしてもかわいい演出になります。


カラフルなものを身に纏うと自然と笑顔になりますよね。

「カラフル」をテーマにしたウェディングドレスやウェディングブーケ、会場コーデや会場装花はとっても華やかで、ゲストも思わず「かわいい!」と声を挙げたくなってしまうはずです!


最近のトレンドではカラフルなブーケが入っているみたいなので、夏婚の方に限らず、ぜひ素敵なお花に囲まれてあたならしい一日をお過ごしくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

堀江


1 2 3 4 5 6 44