【Date】2019.10.27

【Place】ARBRE ORANGE (アーブルオランジュ)

先月、秋晴れの心地良い日に挙式された素敵なおふたりとコーディネートをご紹介いたします。

新郎:けいいちさん 新婦:ゆかりさん

わたしにとって特別な思い入れのあるおふたりです。

アーブルオランジュの緑いっぱいナチュラルな会場に合わせて選ばれたウェディングドレスは、チュールをたっぷりと使用したプリンセスラインのドレスです。
とてもシンプルなドレスですが、アレンジがしやすく、自分らしさ出していくことができる一着です。

【Wedding Dress】EMMA(No.860 ) B.DRESSER ORIGINALDRESS(ビードレッセオリジナルドレス)

【Tuxedo】No.42 igrek(イグレック)



披露宴入場のタイミングで、先ほどのウェディングドレスにボレロを合わせ、さらにゆかりさんの好きな色であるネイビーのサッシュリボンを結びました。

けいいちさんのタキシードは、リバーシブルのベストをグレーからネイビーにチェンジ!
グレーのタキシードはビードレッセオープン当初からある人気カラーです。



 

 

お色直しを2回行ったおふたりは、まずは和装にお着替え。
ゆかりさんはあのIKKOさんがデザインされた色打掛にお色直し。

当初は赤色の色打掛をご希望でしたが、掛下に赤色を入れることで個性的な着物も赤色メインのまとまりのあるコーディネートに。
けいいちさんの黒の紋付がより色打掛を引き立てますね!

【色打掛】鶴に梅(No.66)



 

2回目のお色直しは大好きなネイビーのカラードレスをゆかりさんは選ばれました。
ナイトウェディングにあわせてキラキラと輝くアクセサリーで華やかにコーディネート。
けいいちさんはシャツスタイルにお着替えをし、色味を合わせたリンクコーデに!

【Color Dress】5226NYV(No.1353)B.DRESSER ORIGINALDRESS(ビードレッセオリジナルドレス)



 

 

けいいちさんゆかりさん、ご結婚おめでとうございます!
初めて出会った日、そして結婚式当日までのフィッティングは今でも鮮明に覚えていますよ!
これからも素敵な家庭を築いていってください。
そしてずっと、わたしにとってかけがえのない大好きなおふたりです^^

 

ビードレッセ浜松 加藤

皆さまこんにちは!

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。
本日のブログは堀江が担当します!

本日のブログは【Emmy London(エミーロンドン)について書かせていただきます。

日本未上陸のためご存知ない方も多いと思いますが、

ルブタン、ジミーチュウと並んで世界中の花嫁が憧れるシューズです。

今ではイギリス王室御用達のブランドで、

何と言っても魅力はクリスタルやガラスを手作業で縫い付けた美しい装飾です。

【shoes No.969 】



グリーンのアクセントカラーが効いた大人なシューズ。

デザインもお洒落なのでインポートのドレスによく合います!

【shoes No. 969】



先程ご紹介をしたシューズをウエディングドレスに合わせたお写真です。

“ウエディングドレスには白いシューズ”という決まりは特にございません。

私たちはウエディングドレスに合うシューズをご提案させていただきます。

【shoes No.1120 】



続きまして、カラードレスに合わせたシューズのお写真です。

ウエディングドレスと同様、とっても良く合いますよね。

最近ですと、メインソファにされるお客様が増えておりまして、
ゲストの皆さまに見えるので足元をお洒落にしたいという方が多くいらっしゃいます。

 

ドレスだけではなく、足元からお洒落をつくりましょう!

是非ビードレッセのインポートドレスに合うシューズ探しを一緒にさせてください!!

最後までご覧いただきありがとうございました。

皆さまこんにちは
いつもビードレッセ浜松ブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。
本日はパーティーレポートを山田が書かせていただきます。

【Date】2019.11.2
【Place】ルージュアルダン
「新郎はやとさん・新婦めもりさん」です

高身長でさわやかなハヤトさんとボタニカルが似合うメモリさん
なんと新郎ハヤトさん無類のキャンプ好き!
私と意気投合して打合せではキャンプの話題が尽きなかったです。
そんなおふたりの結婚式はオシャレと面白さで溢れていました。

【Wedding Dress】8631-BLUS (No.34)
【Brand】David Fielden (ディヴィットフィールデン)
【Tuxedo】Brown (NO.586)
【Brand】igrek (イグレック)





ドレス界のハイブランド「ディヴィットフィールデン」からアイボリー色のとてもエアリーなチュールドレス
そちらにTwings&Honeyのヘッドパーツを施されたました。
タキシードはやはり人気の高いブラウンカラーのタキシード!披露宴ではシャツチェンジドレスとバランスを合わせカジュアルダウンしての登場をされました。

【Color Dress】D09-17Sorrel(GREEN) (No.944)
【Brand】TOMOMI OKUBO (トモミ オオクボ)
【Tuxedo】Brown (NO.586)
【Brand】igrek (イグレック)



メモリさんはロング丈のお袖が特徴的なライトグリーンドレスに身を纏ってリメイク入場!
こちらはニューヨークの日本人デザイナー「トモミ オオクボさん」が手掛けるドレスは日本の女性心をくすぐる一着が多いです。
カラードレスでスレンダーのシルエットと刺繍と言えばこちらです!
ハヤトさんはユナイテッドアローズのグリーンカラーシャツ、そしてボルドー蝶タイでブーケに合わされました。



ハヤトさんはこのタイミングでテントを組み立てる至難の業でお父様と競ってらっしゃいました。
勝敗はどうなったかまた聞かせてくださいね!

 

「はやとさん・めもりさん」
大好きなおふたり
本当におめでとうございます!
山田と一緒に素敵な一日に少しでも関わることができ、とても幸せです。
これからもおふたりらしい家庭を気付いてください^^
また遊びに来てください!
ドレスコーディネーター 伊藤

ご結婚おめでとうございます
とてもおふたりともお似合いでした。
はやとさんは男性では珍しい4パターンのコーディネートは流石です!
そしてテントは大成功されたみたいですね!めもりさんとまた遊びに来てくださいね。
メンズコーディネーター 山田

ビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

今回のブログではブーケの大切さについてお話させていただきます。

 

ブラスグループの式場では専属のフローリストさんと共に

世界に一つしかないオーダーメイドのブーケを作成していきます。

季節のお花を使うのも素敵ですし、ドレスに色味をワンポイント足すのも素敵です。

ビードレッセのドレスはシンプルなドレスが多いです。

シンプルなドレスにこだわっているのは

持っていただくブーケやつけていただくヘッドパーツなどで

新婦さんらしさが出せるようにと心掛けています。

「何年たっても愛せる花嫁姿」をテーマとして衣装の買い付けも行っています。

そのため、ドレスのご紹介時にもブーケの話をさせてもらうことが多いです。

お気に入りのドレスをより、美しく、華やかに見せてくれるためにも

ブーケの存在はとても大きいです。

 



ウエディングドレスの時は白やグリーンの色味のものはとっても人気です。

グリーンの色味が入ることによってナチュラルさも足してくれます。



花束のようにお花をバサッと集めたブーケは、

スレンダーラインのドレスボリューム感を足してくれるためよく映えます。



リースブーケはARBRE ORANGE(アーブル オランジュ)の式場では多いです。

ウエディングドレスとカラードレスでブーケを変えてる方も多く

ガラッと印象の変わるリースブーケもおススメです。

 

ビードレッセではドレスのご提案だけでなく

持っていただくブーケのご提案もさせていただいます。

お気に入りの一着がより美しく見えるために・・・。

新婦さんらしさを引き出せるように・・・。

世界に一つしかないコーディネートを見つけていきましょう!

 

今回のブログは安井がお送りしました。

安井愛美

 

 

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。

今回のブログではカラードレスフェアのご案内と

オススメカラードレスをご紹介させていただきます。

 

カラードレスフェアとは?

ビードレッセ浜松店では通常、ウエディングドレスのみの展示となっていますが

カラードレスフェアの日は、店内がすべてカラードレスに変更になります。

月に一度だけの特別な一日です^^

 



 

2020年春挙式の新郎新婦さんが多くご来店いただいています。

春挙式のお客様にとってともオススメなカラードレス

NO,148  B.DRESSERoriginal

淡いイエローの色味で、写真にもしっかりと色味が映るのが特徴です。

ウエストには小花のモチーフがたっぷりとあり

よーく見ていただくとひとつひとつ大きさが違うのも可愛いポイントです。

ゲストの方と距離の近い、ゲストハウスの式場ならではの一着です。

 

ビードレッセではブラスグループの直営のドレスショップになっているので

式場との相性はばっちりです。

 

運命の一着を一緒に見つけていきましょう!

今回のブログは安井がお送りしました。

安井愛美

こんにちは!
本日のブログは服部が担当いたします。

あっという間に11月も10日が過ぎ、毎日季節が動いていくのを感じますね。

結婚式の秋のトップシーズンも後半に差し掛かり、今週もたくさんのお客様を結婚式に送り出すことができました。

担当のお客様とラストフィッティングでお会いすると
結婚式で楽しみなことや、準備の状況を楽しそうにお話ししてくださいます。

選んでいただいたお衣装を着て笑顔でお話をしてくださる姿を見ると
私もとっても幸せな気持ちになります^^

最初のご来店からラストフィッティングまで同じスタッフが担当しているからこそ
打ち合わせの中でたくさんのお話ができ、おふたりの結婚式のことを私たちも同じように楽しみに思い
無事に結婚式を迎えていただくことをこんなにも嬉しく思えるのだと思います。

お客様からもあたたかい、そして嬉しいお言葉をいただけることもあり
私たちはそのお言葉にとても励まされ、勇気をいただきます。

ラストフィッティングを迎えて、おふたりを送り出すたびに
「このおふたりに出会えて、担当できてよかった!」と心から思います。

私たちコーディネーターは当日のおふたりの姿を見に行けることは、なかなかありません。
だからこそ、ラストフィッティングを終えた時にはお客様に笑顔でいてほしいですし
私たちも笑顔でお見送りをします。




お客様に安心して笑顔で結婚式を迎えていただくためにも
私たちコーディネーターが信頼できる存在でなければならないなと感じます。

ラストフィッティングでもサイズ感の最終確認をしていきますが
それまでのお打ち合わせの中でも気になる箇所があれば是非コーディネーターに相談してみてくださいね。
選んでいただくドレスによって対応の仕方は様々なので
当日のことをイメージしながら試着して、ドレス選びの参考にもしてみてくださいね^^

一緒に素敵な一日を迎えましょう。
ぜひ私たちにお手伝いさせてください!

たくさんの新郎新婦様にお会いできること心よりお待ちしております。

【DATE】2019.10.27
【PLACE】ARBRE ORANGE(アーブル オランジュ)

浜松市南区にあります

ARBRE ORANGE(アーブルオランジュ)にて挙式をされた

おふたりをご紹介させていただきます。

新郎:しょうたさん

新婦:まやさん

おふたりとの打ち合わせは2019年の3月からスタートしました。

スレンダーラインのキレイめかつ、かっこいいドレスを好まれ

FRAGMENTS(フラグメンツ)というブランドのドレスを気に入って

くださりました。

 



シンプルな分アクセサリーやブーケで

まやさんらしさ溢れるコーディネートです!

しょうたさんのタキシードのコーディネートも

ガーデンのあるアーブルオランジュらしいお衣裳です。

しょうたさんの優しい人柄溢れるコーディネートになったかと思います。



【DRESS】NO:01315    name:FR-DR-#14 【BRAND】FRAGMENTS(フラグメンツ)

【TUXE】NO,45   【BRAND】igrek(イグレック)

 

しょうたさん・まやさん

ご結婚おめでとうございます。

まやさんにFRAGMENTS(フラグメンツ)のドレスをご紹介したのが

今でも最近のように感じます。

気に入ってくださったお衣裳は私も大好きなドレスだったので

凄く嬉しかったです。

オシャレなしょうたさんとまやさんの

担当ができたことが嬉しく思います。

これからおふたりらしいあったかい家庭を築いていってください。

末永い幸せをお祈りしております。

皆さまこんにちは
いつもビードレッセ浜松のブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。
この度は、昨日挙式を挙げられた新郎新婦様のコーディネートをご紹介いたします。

【date】2019.10.19 【place】ブルーブラン(岡崎)
「ゆうやさん・みほさん」です。

おふたりは、はるばる岡崎からいつも打合せでお越しくださいました。
優しい笑顔とともに、いつも漫才をするように話している姿が今でも鮮明に浮かびます。
悩みに悩まれましたがこちらの運命の一着を選ばれました。



【dress】No.894 ELLIS(エリス)
【tuxedo】No.160 united arrows(ユナイテッドアローズ)

ミホさんは小花刺繍がビスチェライン、さらにチュールの端にも刺繍が施された一着を選ばれました。
ユウヤさんは一番ドレスを引き立ててお互いが輝く姿の黒タキシードを選ばれました。
当日は緊張した面持ちで普段言えない「ありがとう」の気持ちを素直に伝えられてファーストミートされたみたいです。

実はユウヤさん、私の同期であります。
共に苦楽を乗り越えたこともあり、縁あってビードレッセ浜松で衣装ご成約を頂きました。
ご提案をする中で、一回りも新郎として輝きを増したユウヤさんの姿を見れたこと。
そして、新婦様であるミホさんを担当させて貰えたこと大変幸せな気持ちでいっぱいです。
これからも仲の良い家庭を築き上げてください。
そして、このご縁がいつまでも続くこと祈っています。

ビードレッセ
山田 朋彦

こんにちは!

いつもビードレッセ浜松店ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日も引き続き新作ドレスをご紹介いたします。

海外から到着するドレスたちは突然届くことが多いので、ビードレッセのブログなどSNSでの新作情報は要チェックです!

 

数日前のブログではグリーンのカラードレスをご紹介しましたが、本日はウェディングドレスのご紹介です。

Brand:le spose di Gio(ジオ)



身頃はサテン素材を使用したVカットをデザインとなっております。
Vカットのデザインはデコルテは美しく、お顔はすっきり見える効果があります。
スカートは透明感たっぷりのオーガンジー素材を使用したAラインのシルエットです。

バックスタイルがこちら。



バックリボンも甘すぎず女性らしい上品なデザインとなっているため、カジュアル・スタイリッシュに着ていただける、わたしもお気に入りの1着です!

ご案内はスタートしておりますので、ぜひお袖を通してみてくださいね。

 

この他にも新作のドレスがいくつか届いておりますので、またご紹介いたします。

皆様のご予約お待ちしております。

 

ビードレッセ浜松店 加藤

 

 

皆さまこんにちは!

いつもビードレッセ浜松店のブログをご覧いただきありがとうございます。
本日のブログは堀江が担当いたします!

先日投稿しました「新作ドレス」ではビードレッセに届いたばかりのウエディングドレスを2着ご紹介させていただきました。

今回のブログでは前回ご紹介出来なかった1着をご紹介します。

brand:nouvelle AMSALE(ヌーベル アムサーラ)

NY発のブランドで、コンセプトは”Forever modern”.

シンプルさの中にも洗練されたディティールが施されており
じっくり見れば見るほど、ドレスの美しさを感じることができます。

【dress No.1506】



素材はマットでシンプルかつ、鮮麗されたイメージの一着。

ウエスト周りやスカートの裾部分に施された立体的な刺繍がフェミニンさを
表現してくれます。



実際にフィッティングしたお写真でよりイメージを湧かせていただけたらと思います!

実はこのドレスにはポケットが付いております。
本来、新婦さまが使う白いハンカチは新郎さまがお持ちになることが多いのですが
このドレスであれが、自分で持ち物を管理できるというドレスの概念を砕く
アイデアがつめこまれています!



バックスタイルも美しいですよね。

トレーンにもしっかりモチーフが施されておりますので、
フロントだけではなく、バックスタイルもお写真映えします。

新作のウエディングドレスはいかがでしたでしょうか。

ご案内が店頭でスタートしましたので、是非ビードレッセ浜松店で
直接、新作のウエディングドレスをご覧ください!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

1 2 3 4 5 6 30