クラシカル・エレガント薫るタイムレスなドレスが揃うAnne Barge(アンバルジ)から新作のドレスが届きましたのでご紹介させていただきます。

1999年に設立以来、“控えめな贅沢”をコンセプトに花嫁様の魅力を優雅に導きだすニューヨークのブランドAnne Barge
最小限の装飾でエレガンスと清潔感を漂わせ、おふたりとゲストの皆様の記憶に残るモダンクラシックなシルエットを表現しています。

 

【Dress Number】5044

【Dress Name】COLLINS



ハートカットビスチェのクロス部分が立体的で、シルクシャンタンの艶やかさが美しい1着。





裾へ広がる美しいAラインのシルエットが女性の気品と美しさを引き立てます。裾まで施されたくるみボタンはクラシカルで、バックスタイルも見ごたえのある1着になっております。

 

【Dress Number】5045

【Dress Name】CONFETTI



トレンドのリーフモチーフが施された1着。



ふんわりとしたAラインのスカート全体にモチーフが贅沢に施され、オーガニックな優しさが感じられます。

近くで見ていただいても繊細なデザインの際立つ1着はチャペルでも、ゲストの皆様と距離が近くなる披露宴でもその細やかなディティールを楽しんでいただけます。



光沢が美しいシルクサテンの上にチュールが1枚重ねられ、透け感と艶感のバランスが美しいドレス。オールグリーンのナチュラルでオーガニックなブーケと合わせていただくのもおすすめです。

 

「すべてのウェディングドレスは、女性に自信と美しさを感じさせるために作られる」という信条をもとにAnne Bargeのドレスはつくられています。

古代中国や日本の刺繍からデザインのインスピレーションを得たデザインからはフェミニンさが漂います。繊細なレースや刺繍、構築的な縫製、複雑なディティールといった伝統的なクラフトマンシップを駆使した1着は、世界中の花嫁様を虜にしています。

洗練されたシルエットと幻想的な刺繍を用いた時代の先端をいくAnne Bargeのドレスは、世界にふたつとしてない存在として輝き続けています。

 

シンプルで透明感のある美しさを好む花嫁様にお召いただきたいです。

ビードレッセ丸の内 待井

本日はイギリスロンドンのブランドTemperley London のドレスをご紹介させていただきます。



 

「自分らしくいられること」を大切に「時代を超えて愛される」幻想的なドレスを手掛けています。

 


 

デザイナーのアリス・テンパリーはロンドン発祥の「不思議の国のアリス」の世界観に惚れ込み、手刺繍でデザインに落とし込んでいます。手の込んだ手刺繍によりできる凹凸により、光の加減で変わる陰影が素敵です。また、シンメトリーに施された刺繍は高度な技術があるからこそ織りなすことができます。

 



 



【number】5048

【name】SABINA


【number】3962

【name】bibi

 

他にもブラスの会場に合うTemperley Londonのドレスをたくさん取り揃えております。ガーデンがある会場に特におすすめです。ぜひ、ご来店の際に一度ご試着してみてください♪

 

B.dresser丸の内 浅田

 

 

本日は、お客様からお問い合わせの多いおしゃれな小物をご紹介させていただきます。

アメリカのアクセサリーブランド、「a.b.ellie(エイビーエリー)」をご存知でしょうか。



「a.b.ellie」は、2009年に妹の結婚式準備を手伝っていた姉であるデザイナーのAshley Brookeが、「高品質なサッシュベルトを作りたい」と考えたことがきっかけで誕生したブランドです。翌年の2010年には姉妹と母親のAdamson親子三人でブランドを立ち上げ、10年近く経った今では、トレンドに敏感な世界のおしゃれ花嫁様が注目するブランドとなりました。

「a.b.ellie」のアクセサリーの特徴は、高品質の素材とハンドメイド。パールやシルク、レース素材を使い、ひとつひとつハンドメイドで作り上げられたアクセサリーは、目を奪われるほどの美しさです。そして、「a.b.ellie」のアクセサリーを目にした時の感情は、「屋根裏部屋で見つけた思い出の宝石箱を開けた時のよう」と表現されています。



 

【Number】4870

【Name】Harley

細かなパールで作られたお花が連なったイヤリング。上品で清楚、そして爽やかな雰囲気を持つイヤリングは、夏挙式にもぴったりです。

他では見ることのない、「a.b.ellie」ならではのデザインが花嫁様自身の個性を引き出してくれます。



 

【Number】4867

【Name】Magnolia

私も初めて見たときに心を奪われた上品で洗練されたデザインです。フェイスラインに沿うような縦長のシルエットがおしゃれです。

女性らしい華奢なイヤリングのため、総レースのような華やかなドレスであっても邪魔をせず、綺麗になじむアクセサリーです。



 

【Number】4869

【Name】Poppy

ハンドメイドで作られた大ぶりの洗練されたお花のデザインが魅力的のイヤリング。「a.b.ellie」らしい個性が光る幻想的な雰囲気を引き出しています。

是非シンプルなドレスに合わせて、おしゃれなコーディネートがおすすめです。



 

お小物もドレスと同じぐらい大切なアイテムです。デザインや大きさが変わるだけで雰囲気も大きく変えてくれます。

大人な雰囲気が憧れ、おしゃれな花嫁姿を作りたい、人とは違うコーディネートがしたい、、

「a.b.ellie」はそんな花嫁様におすすめのブランドです。是非おしゃれな花嫁姿を作っていきましょう。



 

B.DRESSER丸の内 服部

 

いつもビードレッセのブログをご覧いただきありがとうございます。

本日はおすすめのコーディネートをご紹介をさせていただきます。



【Dress】alexandragrecc0(アレクサンドラグレッコ)

【Accessories】elizabethbower(エリザベスバウアー)

 

alexandragrecc0(アレクサンドラグレッコ)は、ブルックリン出身のデザイナー、アレクサンドラ・グレッコが2010年にニューヨークにて立ち上げた注目の新星ブランド。ウエディングドレスは、2013年の彼女自身の結婚式を機にスタート。

自分らしくいたい現代の女性に向けたブランドです。上質なシルクとそこに施された手刺繍が可憐な花嫁姿を演出してくれます。



上質なジョーゼットが美しいシルエットを出すスレンダーラインのドレス。大人な印象の中にも、きゅっと結んだオフショルダ―のリボンでキュートさをプラス。

シンプルでありながらも、ほかにない可憐な印象のドレスには、女性らしいパールのイヤリングを。



このドレスに合わせたイヤリングはelizabethbower(エリザベスバウアー)のもの。

elizabethbower(エリザベスバウアー)は、ニューヨークを拠点とするオーストラリア出身のアクセサリーブランド。2012年、ニューヨークブライダルウィークでのコレクション発表以来、シンプルでありながら繊細な輝きをもつアイテムたちが花嫁様やウエディングブティックオーナーの間で高い支持を誇り、世界中の女性たちに愛され続けているブランドです。



パールが耳元から流れるように流線形にセッティングされた華やかなイヤリング。

トレンドのパールを使用した大胆なデザインは、シンプルなドレスにも華やかさをプラスしてくれます。リボンのキュートさに合わせたパールで女性らしく可憐なコーディネートに。

ピンクベージュや白のブーケを合わせてフェミニンに仕上げてみてはいかがでしょうか。



 

【Dress】Le Sposa di GIO(レ・スポーゼ・ディ・ジオ)

【Accessories】orgablanca(オルガブランカ)

 

Le Sposa di GIO(レ・スポーゼ・ディ・ジオ)は程よく抜け感が漂う大人のエフォートレスなデザインのドレスを多く創り出しています。1点1点、ハンドメイドで作られ、シルク生地を使った上品で上質なドレス。

絶え間ないスタイルの探求、独自素材の使用、熟練の裁断と縫製の技術によって仕立て上げられたドレスは、世界でも高く評価されています。



柔らかいジョーゼットが透明感を漂わせるAラインのドレス。ロングスリーブがクラシカルで清楚な印象でありながらも、大胆な胸元のVカットがほどよく抜け感を出してくれます。ブラスの会場のように自然光があたると透け感がとても美しいドレスです。

こちらのドレスに合わせたのは、orgablanca(オルガブランカ)のイヤリング。



可愛らしさ、柔らかく繊細な女性らしさを残しつつも、モードなアプローチで表現されるアクセサリーを手掛けるブランドです。

シンプル、ゴージャス、ナチュラル、モード、フェミニン多面的な表情を持つアクセサリーだからこそ、どんなスタイリングにも華を添え、花嫁様の魅力を引き出します。



耳からしずくが零れ落ちるような凛とした印象の大ぶりのイヤリング。

デコルテラインが美しく見えるドレスにモードな印象をプラスしてくれます。

ジョーゼットとイヤリングに使用されている乳白色のストーンがリンクして柔らかいフェミニンなスタイルに。

シンプルなグリーンのブーケを添えて、透明感あふれる上質で洗練された雰囲気に仕上げるのはいかがでしょうか。

 

お気に入りのドレスが見つかりましたら、つぎはお気に入りのコーディネートを見つけ妥協のないスタイルに。

ビードレッセのコーディネーターがご提案させていただきます。

 

B.DRESSER 丸の内 髙尾

 

 

本日は私のお勧めのアクセサリーブランドtwigs&hony(トゥウィッグス・アンド・ハニー)についてご紹介させていただきます。



息をのむほど繊細で、やわらかなシェードに包まれた夢見るような世界観。

小枝やお花、羽など自然のモチーフが多く用いられていますが、その細やかなディテールと、デリケートな輝き方は、他とは一線を画す存在感がありtwigs&hony(トゥウィッグス・アンド・ハニー)ならではの価値を感じていただけます。

上質なシルク、フレンチレース、羽毛、刺繍、スワロフスキークリスタル、淡水パールなどの上質な素材を用いて高い技術の職人が手掛けています。

ヴェールのお取り扱いもあり、他とは違うオシャレなヴェールをたくさん取り揃えております。ヴェールには珍しいゴールド刺繍で華やかに、シンプルなドレスと合わせてお洒落なコーディネートを。

ヴェール姿の花嫁様はすごく神秘的な瞬間です。デザイナーは特別な日だからこそ一瞬一瞬を大切にしていただきたいという願いがありデザインしております。

 

 



複雑で繊細なディテールにこだわったtwigs&hony(トゥウィッグス・アンド・ハニー)のピースは、全てデザイナーMyraによってデザインされ、生み出されます。繊細な中にもパールの輝きが放たれているヘッドピースは、ナチュラルなテイストから可愛いプリティなスタイルまで幅広くアレンジをすることが可能です。

また、ドライフラワーと一緒にアレンジするのもおすすめです。ビードレッセではtwigs&hony(トゥウィッグス・アンド・ハニー)の心がワクワクするようなアクセサリーを多数ご用意しております。
ドレス選びの後はお小物合わせを。ウエディングドレスに合う小物。カラードレスに合う小物。ビードレッセで一緒に素敵なブライズスタイルを見つけましょう。



アメリカのドメスティックブランドとして2008年から始まりました。独創性に溢れた世界観で著名人や雑誌に評価されております。

妖精の羽のように儚く、そして真珠のようにまろやかな光をまとってその世界観にそっと触れてみて下さい。twigs&hony(トゥウィッグス・アンド・ハニー)のお小物をビードレッセのドレスに合わせてお洒落に自分らしいコーディネートを楽しみましょう。

皆さんこんにちは!本日は新作ドレスをご紹介させていただきます。

 

isabellearmstrong(イザベルアームストロング)
ケネス・プールとレミー・キノンズが2013年に設立したNYブランド。繊細なレースとカスタムされたオリジナル刺繍をふんだんに使用して、究極の女性らしさや上品さをドラマティックに表現するブランドです。海外でもハイエンドな有名百貨店でしか取り扱われていない上質なブランドです。

 



MACIA

繊細なオリジナルコードレースをふんだんに使用した総レースの贅沢な1着。クラシカルかつフェミニンなデザインは多くの花嫁様から人気を集めます。

ウエストの切り替えをローウエストにすることで、甘すぎず大人っぽい印象を与えます。また、ブランドの特徴でもある究極の女性らしさを演出してくれます。

 



SIENA

職人の手によって一つ一つあしらわれたフラワーモチーフの刺繍が贅沢に全体に施された1着。



どの角度から見ても立体的に刺繍が浮かび上がるため、お写真映えもする素敵なドレスです。通常のAラインに比べ、スカート部分にフレアな動きがあるためドラマティックな印象を与えます。

 



足元はシンプルなシューズを合わせることでドレスの華やかさを引きたたせます。

間も無く、花嫁様にもお召しいただけます。私たちも早くご紹介がしたくうずうずしております。ご試着の時を楽しみにお待ちください♪

 

B.dresser丸の内 浅田

 

本日はANNEBARGE(アンバルジ)のドレスをご紹介致します。

「控えめな贅沢」をコンセプトに生み出したコレクションの数々。最小限の装飾でエレガンスと清潔感を漂わせ、人々の記憶に残るモダンクラシックなシルエットを表現しております。



古代中国や日本の美しい刺繍デザインからインスピレーションを得たデザインは、花嫁様の魅力を優美に導き出しています。



「良いデザインは時代を越える」を大切に、繊細なレースや刺繍、構築的な縫製など伝統的なクラフトマンシップを駆使したものばかりです。



女性のデザイナーが手掛けたNYブランドのため女性らしい美しいシルエットになります。





【Number】5046

【Name】WALTZ

本日ご紹介したドレスはWALTZというドレスです。

シルキーな光沢で洗練されたシルエットラインのドレス。

ビードレッセ丸の内店の新作ドレス是非ご試着にお越しください。

ビードレッセ丸の内店 日比野

 

 

本日はイギリスのブライダルシューズブランド、emmylondon(エミーロンドン)をご紹介致します。

 



 

emmylondon(エミーロンドン)の魅力といえばそのデザインの繊細さ。スワロフスキーのクリスタルや、ガラスなどを手作業で縫い付けた、美しい装飾が目を引きます。歩くたびにクリスタルがキラキラと輝くので、思わず自分で足元を眺めてしまうほど。

 
 こちらは、クリスタルがたっぷり飾られたCinderella(シンデレラ)。その名に負けないくらい、エレガントでロマンチックなシューズです。緩やかにウェーブしたストラップが、足の甲を華奢に見せてくれます。
エミーがインスピレーションを受けているのは、鉄製のドアやフェンス、建物など、身の回りのヨーロッパの歴史あるデザインエミーロンドンのクラシカルな雰囲気は、ヨーロッパの美の世界観が凝縮されています!また、シューズ作りに使う素材は、全てわざわざイタリアから取り寄せており。ファッションセンス抜群のキャサリン妃が愛用しているというのも納得です。

 

 



 

 

【Date】2019.12.7

【Place】Miel Citron(ミエルシトロン)

【Dress】LARSEN(No.4510 )

【Tuxedo】ECRU Y102 グレー(No.2669)

 

爽やかな冬空のもと、大切な人達と過ごすあたたかな時間。

三重県四日市市にあるMiel Citron(ミエルシトロン)にて式を挙げられたのが、明るい笑顔が素敵で頼もしい新郎しゅんのすけさんと、優しい笑顔で気さくなお人柄が魅力的な新婦あつこさん。とっても仲良しなおふたりです。



新婦様が選ばれた運命の一着は、Anne Barge(アンバルジ)のウェディングドレス。

”控えめな贅沢”をコンセプトに花嫁の魅力を優雅に導き出すNYのブランド。「良いデザインは時代を超越する」をモットーに、繊細なレースや古代中国や日本の刺繍、構築的な縫製、複雑なディティールといった伝統的なクラフトマンシップを駆使しています。

洗練されたシルエットに、シルキーな光沢と煌くビジューを纏った珠玉のドレスは世界中の花嫁を虜にし、世界に二つとしてない存在として、輝き続けています。装飾は最小限でエレガンスと清潔感を漂わせ、人々の記憶に残るモダンクラシックなシルエットを表現しています。

‟素晴らしいデザインは永遠に”Anne Bargeが大切にしている想いの一つです。



素肌に沿うような可憐なレースがお顔まわりを彩り、優しい抜け感と温かな雰囲気を持たせてくれます。Aラインに広がるスカートは可愛すぎず、大人すぎず、誰もが憧れる花嫁姿に心をくすぐります。

 



しゅんのすけさんは、豊かな緑に囲まれ自然光があふれるMiel Citron(ミエルシトロン)になじむグレーのタキシードを選ばれました。挙式はシンプルに、披露宴からは蝶ネクタイをグリーンに変えてすこしカジュアルに。

心温まるアットホームなおふたりの式にぴったりなコーディネートになりました。

 

お色直しは装いをがらりと変えて登場です。



おしゃれなおふたりらしい、白紋付と白無垢でのお色直し。

「うつくしい日本の着物を、愉しく、より豊かに」

婚礼和装専門のレンタルセレクトショップ「翔風館」の和装です。
伝統的な婚礼衣裳の多彩な品揃えはもちろん、現代の花嫁の趣向に合うようなモダンなデザインのものまで豊富に用意しており、着物と組み合わす小物や飾りも一点一点こだわった今までにない新しいおうたりらしいスタイルを生み出せるショップです。

翔風館では、ビードレッセと同じく普段客様のお話を聞きコーディネートを考えているコーディネーター自身が衣裳や小物を買い付けに行っております。

コーディネートも様々で、打掛や白無垢に合わせて掛下や筥迫・懐剣などのお小物類はもちろん、足袋や草履、ヘアアクセサリー、重ね襟など様々なお小物をご自身のお好きなテイストに合わせて決めていくことが出来るため、おふたりらしい式にされたいお客様にぴったりです。

 

おふたりのお人柄がつたわる、あたたかく華やかでいてそして優しいコーディネートになりました。



ドレス選びや小物合わせの際にはあつこさんのお父様・お母様も一緒にきてくださり、あつこさんを一番に知るおふたりのアドバイスはとても頼もしく、しゅんのすけさん、あつこさん、お父様、お母様、あたたかい皆様との時間がとても楽しかったです。

いつも優しいおふたりの笑顔と話し方にほっと安心しておりました。

結婚式当日も、優しい笑顔あふれる時間が流れたことと思います。

おふたりの運命の一着をB.DRESSERで決めていただき、大切な一日のお手伝いができたこと、とても幸せに思います。ありがとうございました。

おふたりの末永い幸せを心よりお祈りしています。また、ぜひいつでもB.DRESSERに遊びに来てくださいね。

B.DRESSER丸の内 待井

セオリーに囚われない自由なスタイル、流行を意識したファッショナブルで主張しすぎないミニマムなデザインが最大の魅力のFRAGMENTS(フラグメンツ)。



インポートドレスサロンで実績を積み、ニューヨーク、ロンドン、イタリアでのバイイングを経験し、10年以上にわたり、ブライダルコスチュームに触れてきたデザイナー。日本のブライダルコスチュームのセオリーに囚われず、

ブライズ自身が特別な日を「日々の延長として過ごせる」

そんな新しいブライダルウェアを提案したい

その想いでFRAGMENTSを立ち上げました。

 





【Dress Number】4780

【Dress Name】FR-DR-#24

とろみのあるシンプルな生地に、シアー感たっぷりのスレンダーラインの1着。この春トレンドの立体的なリーフモチーフが施されており、お肌に浮かびあがるリーフが魅力的です。

ドライフラワーを添えて、より大人ナチュラルなスタイルが広がります。

 





【Dress Number】4572

【Dress Name】FR-DR-#15

光沢が美しい柔らかいシルクサテンを使用したシンプルなデザインです。大きく背中が開いたバックスタイルは、シンプルなデザインながらも高貴な雰囲気を醸し出します。

立体的なレースが施されたロングヴェールを合わせて、バックトレーンに浮き上がるレースを表現することもゲストの方を魅了します。

 





【Dress Number】4190

【Dress Name】FR-DR-#12

シンプルな胸元に沢山のフェザーが重なり合うスカート。歩くたび、風に揺れるたび、フェザーが軽やかに動きを出してくれるため、ガーデンウェディングをしたくなるほどです。

大ぶりのイヤリングに、あえてヘッドパーツを付けず、ふわっとしたダウンヘアで、花嫁様もリラックスして過ごしてみてはいかがでしょうか。

 



ファッショナブルで進化したシンプルなウェディングドレスは、あなたのスタイリングでどこにでもあるスタイリングではなく、あなたらしいスタイルを叶えてくれます。

ゲストを我が家に招くようなゲストハウスのウェディングだからこそ、あなたらしくありのままのスタイルで過ごしていただきたいです。

トレンドを取り入れるだけでなく、あなただからこそのトータルコーディネートを是非お手伝いさせてください。

B.DRESSER丸の内 服部

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 181