ビードレッセブログをご覧の皆様こんにちは!

本日はナチュラルなブラスウェディングにぴったりなtwigs&hony(トゥウィッグス・アンド・ハニー)についてご紹介させていただきます。



息をのむほど繊細で、やわらかなシェードに包まれた夢見るような世界観。

小枝やお花、羽など自然のモチーフが多く用いられていますが、その細やかなディテールと、デリケートな輝き方は、他とは一線を画す存在感がありtwigs&hony(トゥウィッグス・アンド・ハニー)ならではの価値を感じていただけます。



【Brand】twigs&honey(トゥウィッグス・アンド・ハニー)

【number】4387

【name】865 flower&leaf

上質なシルク、フレンチレース、羽毛、刺繍、スワロフスキークリスタル、淡水パールなどの上質な素材を用いて高い技術の職人が手掛けています。

ヴェールのお取り扱いもあり、他とは違うオシャレなヴェールをたくさん取り揃えております。ヴェールには珍しいゴールド刺繍で華やかに、シンプルなドレスと合わせてお洒落なコーディネートを。

ヴェール姿の花嫁様はすごく神秘的な瞬間です。デザイナーは特別な日だからこそ一瞬一瞬を大切にしていただきたいという願いがありデザインしております。



複雑で繊細なディテールにこだわったtwigs&hony(トゥウィッグス・アンド・ハニー)のピースは、全てデザイナーMyraによってデザインされ、生み出されます。繊細な中にもパールの輝きが放たれているヘッドピースは、ナチュラルなテイストから可愛いプリティなスタイルまで幅広くアレンジをすることが可能です。



ドレス選びの後はお小物合わせを。ウエディングドレスに合う小物。カラードレスに合う小物。ビードレッセで一緒に素敵なブライズスタイルを見つけましょう。



アメリカのドメスティックブランドとして2008年から始まりました。独創性に溢れた世界観で著名人や雑誌に評価されております。

妖精の羽のように儚く、そして真珠のようにまろやかな光をまとってその世界観にそっと触れてみて下さい。twigs&hony(トゥウィッグス・アンド・ハニー)のお小物をビードレッセのドレスに合わせてお洒落に自分らしいコーディネートを楽しみましょう。

ビードレッセ三輪

 

みなさんこんにちは。

いつもビードレッセ丸の内店のブログをご覧くださり誠にありがとうございます!!

今回はタキシードのコーディネートの必須アイテム、ポケットチーフについてご紹介致します。

〜KINLOCH キンロック〜

キンロックは2013 年にスタートした新鋭のチーフブランドです。



キンロックの最大の特徴は、斬新でどことなく遊び心もあり、一目でキンロックの世界へ引きずり込まれるような芸術性に富んだモチーフとデザインです。

鳥や魚、レモン、コーヒーなど、世界各地のさまざまな風景や文化からインスピレ ーションを受けた柄のチーフは、広げるだけであたかもその場の雰囲気を垣間見る ことができ、旅をしているような感覚にまでしてくれます!



 

デザインだけでなく品質にもこだわりがあり、シルク製品で有名な北イタリア伝統 の高い技術を持つ職人たちによって生産される、発色の良いシルクプリントの美しさに定評があります。

有名メゾンのプリント工場と同じところで行われる美しいプリン ト、手縫いで繊細に仕上げられるパイピングなどにその一端を見ることができ、モ ダンデザインとイタリアの伝統的な職人技術の融合を十分に堪能できるデザインとなっております。



ベースデザインとパイピングの色味をビードレッセオリジナルで組み合わせて買い付けているのでビードレッセでしか味わえないコーディネートをお楽しみいただけます!

 

新郎新婦様お二人で主役の結婚式。

だからこそ、タキシードスタイルのコーディネートもひとつひとつこだわっていきましょう。

お小物ひとつでガラッと印象が変わってくるので、お試しになりたいお小物などがあれば是非担当コーディネーターにお伝えください!

 

皆様のご来館を心よりお待ちしております!

 

 

B.DRESSER 橋本

 

 

皆さんこんにちは!

いつもビードレッセのブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は上質で洗練されたドレスブランドFRAGMENTS(フラグメンツ)をご紹介させていただきます。



FRAGMENTS(フラグメンツ)はインポートドレスショップで実績を積んだデザイナーが手掛けており、「日々の延長として過ごせる」そんな新しいドレスを提案したいという想いから立ち上がったブランドです。日本のウェディングの固定概念に縛られたブライズスタイルに囚われることなく、自由なスタイルで主張しすぎないミニマムなデザインが魅力的です。

ブランド名の「FRAGMENTS」という言葉には破片・かけら・砕けるという意味があり、「ブライダルシーンのかけらのアイテム」「日本のブライダルウェアの固定概念を砕く」という想いが込められています。

 





【Number】4572

【Name】FR-DR-#15

バックスタイルが目を惹くスレンダードレス。なめらかな生地感に肩付きのデザインは着心地も抜群です。スクエアに開いたバックスタイルはお背中をよりきれいに見せてくれる一着です。

シンプルなデザインだからこそお小物やブーケのアレンジは自由自在。ご自身らしいコーディネートを幅広く楽しんでいただけます。

 





【Number】4190

【Name】FR-DR#12

フェザーのスカートが印象的な一着。今までにないファッショナブルなデザインです。動くたびに表情を変えるドレスは見ていて飽きることがありません。

フェザーのスカートは着脱が可能です。取り外すと洗練されたシンプルなドレスに。この一着で様々なスタイルを楽しんでいただけます。

 



B.DRESSERでは他にもFRAGMENTS(フラグメンツ)のドレスをご用意しております。ぜひ実際にお召しいただき、洗練されたデザインを肌で感じてみてください。

皆さまにお会いできることを楽しみにしております!

 

 

 

 

本日はイギリスのブライダルシューズブランド、emmylondon(エミーロンドン)をご紹介致します。



emmylondon(エミーロンドン)の魅力といえばそのデザインの繊細さ。スワロフスキーのクリスタルや、ガラスなどを手作業で縫い付けた、美しい装飾が目を引きます。歩くたびにクリスタルがキラキラと輝くので、思わず自分で足元を眺めてしまうほど。
 
 こちらは、クリスタルがたっぷり飾られたCinderella(シンデレラ)。その名に負けないくらい、エレガントでロマンチックなシューズです。緩やかにウェーブしたストラップが、足の甲を華奢に見せてくれます。
エミーがインスピレーションを受けているのは、鉄製のドアやフェンス、建物など、身の回りのヨーロッパの歴史あるデザインエミーロンドンのクラシカルな雰囲気は、ヨーロッパの美の世界観が凝縮されています!また、シューズ作りに使う素材は、全てわざわざイタリアから取り寄せており。ファッションセンス抜群のキャサリン妃が愛用しているというのも納得です。

本日はNYブランドAnneBarge (アンバルジ)の新作のウェディングドレスをご紹介させていただきます。

blue willow bride(ブルーウィローブライド)は「控えめな贅沢」をコンセプトに、最小限の装飾とクラシックなシルエットを表現します。古代中国や日本刺繍からインスピレーションを得た幻想的なデザインとなっております。

女性デザイナーが手掛けており、女性らしい美しいラインを引き出してくれます。上品で女性らしさの詰まったドレスが魅力的です。



【number】5110

【name】BELLINI

総レースにスパンコールの控えめなキラキラ感が美しい、スレンダーラインのドレス。

お写真にも映える、立体的なレースをふんだんに使用した贅沢な1着です。

きれいめなシルエットでありながらも、総レースでフェミニンな雰囲気を演出してくれるので、ナチュラルでアットホームな結婚式がイメージの方にもぴったりです。



裾のレースのカットが美しく、ぬくもりあふれる木のチャペルでお召しいただくと、裾のレースが浮かび上がります。



総レースなので、披露宴から座っていただいても、お顔周りも華やかに演出します。なだらかなハートカットが、デコルテラインも美しく見せるので、計算されたパターンはAnne barge(アンバルジ)の魅力です。

 

 



【number】5106

【name】AUBREY

こちらはVネックが女性らしいデコルテラインを演出するスレンダーラインのドレス。

洗練されたシルエットに、シルキーな光沢と煌くビジューを纏ったドレスは息を飲む美しさです。



ひとつひとつ丁寧にあしらったビーディングが上品な輝きを放ちます。肩にレースが浮かび上がるようなデザインで、アクセサリーをつけなくても華やかにお召しいただけます。



バックスタイルもシースルーになっており、後姿まで妥協のない繊細さです。

シルエットがシンプルなので、大き目のブーケを合わせていただいても素敵です。

 

女性デザイナーだからこそ生み出せる、フェミニンでエレガントなドレス。

特別な1日にふさわしいドレスばかりです。

ぜひご試着してみてくださいね。

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

 

本日は、Isabelle Armstrong(イザベルアームストロング)のウェディングドレスの中から私のおすすめの1着をご紹介いたします。

Isabelle Armstrong(イザベルアームストロング)は、ロマンティックで洗練されたシルエットと、伝統を残しつつモダンなデザインのバランスが絶妙なブランドです。

 

2013年に起業家でありクリエイティブディレクターでもあるレミー・キノンズがコレクションを発表しました。

レミー・キノンズは、花嫁様が自由に結婚式を楽しめる着心地の良さこそ大切と考え、またドレスそのものに美しさが宿るのではなく、花嫁様にふさわしいドレスを身に纏ったときに、真の美しさが引き出されるものと考えドレスをデザインしています。

 



 

【Brannd】Isabelle Armstrong(イザベルアームストロング)

【Dress number】5052

【Dress name】Maia

 

Isabelle Armstrong(イザベルアームストロング)ならではの独特なパターンによって生み出される女性らしいウエストラインと、ずっと広がるAラインのシルエットが美しい一着。

 

贅沢にシャンタンの素材をふんだんに使ったオリエンタルで、華やかなウェディングドレスです。

 



 

ビスチェからスカート部分に流れるように施された存在感のあるフラワーのデザインは、気品あふれる大人な雰囲気でお召しいただくことができます。

 

アシンメトリーに施されていることもあり、ゲストの方もどこか見ても楽しめるようなドレスとなっております。

 

 



 

 

バックスタイルは、フロントのデザインとはギャップのあるシンプルなデザインのためレースを贅沢にあしらったショートヴェールや、しっかりと長さのあるロングヴェールを合わせていただくなどおふたりのお式のイメージや、会場の雰囲気に合わせて自由にコーディネートを楽しんでいただけます!

 

他にもイヤリングや、ヘアアクセサリー、ブーケによってもウェディングドレスは印象がとても変わるので何か気になるものや、ご相談もぜひ担当コーディネーターにお伝えください。

 

B.DRESSERのコーディネーターがしっかりとおふたりにぴったりのご提案をさせて頂きます!

 

 

Isabelle Armstrong(イザベルアームストロング)のウェディングドレスは今回ご紹介させていただいたドレスの他にもお取り扱いがございますのでぜひ店頭でご覧ください。

 

皆様にお会いできる日を楽しみにお待ちしております。

 

B.DRESSER 三輪

 

こんにちは。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます!

 

本日は、私のおすすめのウェディングドレスを1着ご紹介させて頂きます。

 

「控えめな贅沢」をコンセプトに生み出したAnne Bargeのコレクションの数々。最小限の装飾でエレガンスと清潔感を漂わせ、人々の記憶に残るモダンクラシックなシルエットを表現しております。

古代中国や日本の美しい刺繍デザインからインスピレーションを得たデザインは、花嫁様の魅力を優美に導き出しています。

「良いデザインは時代を越える」を大切に、繊細なレースや刺繍、構築的な縫製など伝統的なクラフトマンシップを駆使したものばかりです。

 



 

【Dress Number】5045

【Dress Name】CONFETTI

 

今トレンドのリーフモチーフが印象的なAラインドレス。光沢のあるサテン生地の上からリーフ刺繍を施しているため、大人な女性を演出してくれます。

ドライフラワーでアレンジすると、ナチュラルな印象にも変えることが出来る1着です。

 



 

近くで見ていただいても繊細なデザインの際立つ1着はチャペルでも、ゲストの皆様と距離が近くなる披露宴でもその細やかなディティールを楽しんでいただけます。

 

立体的なモチーフはお写真にも、白飛びせずくっきりと写り込むためゲストの方が撮ってくださるお写真にもステキなお写真を残して頂けます。

 



 

ビードレッセでは、こちらのウェディングドレスの他にもAnne Bargeのウェディングドレス、カラードレスは多数お取り扱いがございますので、ぜひ店頭でお試しください。

 

また、インスタグラムにてドレスコーディネーターがおすすめのコーディネートをご紹介させていただいておりますので、ぜひそちらもご覧いただけますと幸いです。

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

 

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

本日は私のお勧めのHALF PENNY LONDON(ハーフペニーロンドン)のウェディングドレスを1着ご紹介させていただきます。

デザイナーのKete Halfpenny(ケイト・ハーフペニー)はイギリスのヴィンテージドレスにインスピレーションを得て、「女性の美しさを最大限に引き出す」という想いを大切にドレスを手掛けております。

 



 

 

【dress no】5088

【dress name】EBONY DRESS

 

ピュアホワイトのコットンレースがたっぷりと施されたグッと目を引く見応えのある1着です。

 

お写真にもくっきりと映り込む繊細なデザインは360°どこから見ても美しく、一度お召しになると誰もが虜になってしまいます。

 



 

バックもフロントもVに空いていることで、お背中周りはスッキリと、デコルテも女性らしい美しさをより引き立ててくれます。

 

ヘアは、ゆったりと低めの位置でルーズにまとめエアリーな抜け感を出したスタイルや、ニュアンスのあるゆる巻きのローポニーで程よくリラックス感のあるスタイルがトレンドとヴィンテージを絶妙なバランスで取り入れたこちらのドレスにはおすすめです!

 



 

デザイナーのKete Halfpenny(ケイト・ハーフペニー)は、ファッションアイコンでもあるケイト・モスなどに信頼されるスタイリストとしてのセンスも融合され、彼女にしか作ることのできないドレスを手掛け続けています。

 

そして、HALF PENNY LONDON(ハーフペニーロンドン)のドレスは全て、ロンドンにあるアトリエにて手作業にこだわり作られており、着心地も抜群です。

 



 

ビードレッセには、今回ご紹介させて頂いたウェディングドレスの他にもHALF PENNY LONDON(ハーフペニーロンドン)のお衣装はドレスのみならず、ボレロやオーバースカートなど多数お取り扱いがございます。

 

自由に組み合わせてご自身らしく、あなただけのブライズスタイルを叶えてみませんか?

 

 

 

 

 

 

ビードレッセブログをご覧の皆さんこんにちは!

本日はビードレッセで人気のシューズブランドについて

ご紹介させていただきます。

emmly london (エミーロンドン)



英国キャサリン妃が愛用するブランドの一つ、ラグジュアリーなウエディングシューズを展開するブランド。

素材は全てイタリアから取り寄せというこだわりがあります。

ルブタンやジミーチュウと並んで世界中の花嫁さんが憧れるシューズブランドです。



【Name】 Rebecca

【Shoes  number】3646

スワロフスキーが高級感のある1足です。

美しいピンヒールは脚の形をより美しく見せてくれます。

緻密に計算されハンドメイドで作られるエミーのシューズは女性の魅力を引き立てます。

仕上げの装飾にはスワロフスキーのクリスタル、ガラスパールを中心に全て手で縫い付けているのも美しさの秘訣です。



エミーロンドンのブライダルシューズの魅力はそのデザインの繊細さです。歩くたびにクリスタルがキラキラと華やかに輝きます。



【Name】Leila

【Shoes  number】3665

緩やかにウェーブしたストラップが、足を華奢に見せてくれます。ナチュラルなミントグリーンのカラーもブライドスタイルに彩りを与えることでしょう。

emmly london (エミーロンドン)のシューズはコーディネーターがロンドンにあるエミーのお店まで足を運び購入しています。そこでカラースワッチの数あるカラーの中からBRASSの花嫁様のために色を選びます。ストラップの色まで決めて制作に入ります。

1足1足にコーディネーターの想い、エミーの想いが込められています。



エミーロンドンのクラシカルな雰囲気はヨーロッパの美の世界観が凝縮されています。

最高のシューズを履いて最高の一日を迎えましょう。

ぜひ皆さんも足元までお洒落にビードレッセでコーディネートしてみませんか。

ビードレッセ 三輪

皆さん、こんにちは。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

 

本日は、ヨーロッパ王室を初め、セレブリティからも支持されるスペインのドレスブランドRosa Clara(ロサクララ)のウェディングドレスをご紹介させていただきます。

 



 

Rosa Claraは、1995年にスペインバルセロナにて、ブライダルファッションの世界でキャリアをスタートしました。

“トレンドは恐れずに取り入れる”という考えのもと、トレンドを取り入れながらもエレガントに仕上げられた数々のウェディングドレスを生み出しています。

 

Rosa Claraのウェディングドレスはすべて、こだわりのある花嫁のために作成されたコレクションばかりで、南フランスのレースやイタリアの刺繍など最高品質の素材をふんだんに使用し、ヨーロッパの王道なテイストを守りつつも、その時々のトレンドを巧みに取り入れ、どこかクラシカルで洗練された雰囲気を残すドレスがRosa Claraの最大の魅力です。

 



 

【Dress number】4473

【Dress name】MATISSE

 

主役にぴったりなクラシックなプリンセスラインのドレスです。贅沢なワッフル素材が特徴的で、女性らしい胸元やウエストライン、豪華なバックトレーンは現代の花嫁様が憧れるまさに理想の1着です。

 



 

細やかなワッフル素材で作られたこちらのドレスはお近くで見て頂くと、お体に添う柔らかな素材で女性らしいデコルテやウエストラインをより美しく魅せてくれます。

 



 

そして、バックスタイルは大胆な深いスクエアのカットで、インポートブランドらしい洗練された花嫁様のイメージでお召いただけます。

 

Rosa Claraのウェディングドレスは、本日ご紹介させて頂いたドレスの他にも多数お取り扱いがございます。

 

ぜひ店頭でお試しください。

 

また、おすすめのドレスはインスタグラムにてウェディングドレスのみならず、カラードレスもご紹介しておりますので是非そちらもご覧頂けますと幸いです。

 



 

ご試着予約や、各種お問い合わせもお待ちしております。

お気軽にお電話またはホームページからお問い合わせください。

 

皆様にお会いできることを楽しみにお待ちしております。