こんにちは!いつもビードレッセ名古屋のブログをお読みいただきありがとうございます。

本日はイギリス、ロンドンのドレスブランドを紹介いたします。

HALFPENNY LONDON(ハーフパニーロンドン)

日本とは違い「シンプル・イズ・ベスト」という考えを大切にしているヨーロッパの花嫁さま。

ヴィンテージ感があるとともに、やりすぎない素敵なスタイルを叶えるHALFPENNY LONDON(ハーフペニーロンドン)のドレスはヨーロッパの花嫁に愛されています。



【brand】HALFPENNY LONDON(ハーフパニーロンドン)

【Dress number】4404

【Dress name】SYLVESTER

モダンでシンプルなデザインがスーパーモデルKate Moss(ケイトモス)から、有名な女優Emilia Fox(エミリアフォックス)まで、海外のセレブに愛されています。

デザイナーのKate Halfpenny-ケイトハーフパニー―



イギリスのヴィンテージドレスにインスピレーションを得たKate Halfpenny (ケイト・ハーフペニー)のドレスは女性の美しさを最大限に引き出すため、全て緻密に計算されて作られています。

ファッションアイコンでもあるケイト・モスなどに信頼されるスタイリストとしてのセンスが融合し、彼女にしか作れないドレスとして知られており手作業にこだわるドレスは全てロンドンのアトリエで作られています。



【brand】HALFPENNY LONDON(ハーフペニーロンドン)

【Dress number】4402

【Dress name】BREEZE

上質なシルクサテンを用いたドレスは上品なブライズスタイルを演出します。スカートに施された大き目のフリルは歩くたびに可憐に揺れ動き、シンプルな中にも個性を引きたててくれます。浅めにカーブしたハートカップのデザインにより美しいデコルテに。



【brand】HALFPENNY LONDON

【number】4408

【name】pleats

袖口に施されたプリーツのデザイン。大きな花柄のレース。バランスよく配置された3Dフラワーの刺繍はウェディングスタイルに大きく変化を与えます。袖を通した瞬間に女性の心をくすぐるそんなデザインです。

デザイン性がありながらもシンプルなサテンのドレスはレースボレロを組み合わせることで、自分らしいコーディネートをお楽しみいただけます。最高級ミカドシルクの着心地は他のどのドレスよりも劣ることはありません。

素材や着心地、花嫁さまの想いを汲み取ったHALFPENNY LONDON(ハーフペニーロンドン)のドレスを是非ビードレッセで着てみませんか?いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

B.DRESSER   三輪

 

いつもビードレッセのブログをご覧頂きありがとうございます。

本日はカナダ初のドレスブランドでビードレッセでお取り扱いのあるRIVINI(リヴィニ)のドレスをご紹介させていただきます。



デザインを手掛けるのはトロント出身の女性デザイナー、Rita Vinieris(リタ・ヴィ二エリス)。

 

滑らかなシルエットや贅沢な素材使い、細部までこだわられたデザインが魅力的です。

セレブリティのレッドカーペットでの着用でも有名です。

リタ・ヴィ二エリスは大学で経済学を専攻後、ファッションの道を志し、デザインを学びます。



イブニングドレスブランドなどで経験を積んだ後、1995年に「リヴィニ」を作ります。

リアルな花嫁様にフォーカスし、女性の美しさを最大限引き出すウエディング・ドレスを目指します。

最高レベルの技量、妥協のない品質とフィット感は現代のブライダルコレクションの基盤です。

また、クラフツマンたちとオートクチュールレベルのアイディアをシェアしながら作り上げるドレスは、流麗なシルエットと贅沢な素材使いが魅力的となっております。

インパクトあるドレスで視線を集めるのではなく、緻密に作り込まれたディテールで魅了し、控えめながらオーラあふれる花嫁姿を実現します。

そして「シンプルな贅沢」をコンセプトに躍進し続けており、大切な一日を忘れられない一日にする為のデザインを心がけています。

 

 

そして、本日ご紹介させていただく一着は



【Brand】 RIVINI(リヴィニ)

【Dress Number】 3625

【Dress Name】 Morgan

シンプル&ラグジュアリーをコンセプトに、花嫁さまの女性らしさを引き立てる美しいシルエットと、贅沢な素材使いにこだわっている一着です。

こちらは花びらのような柔和な雰囲気、洗練された透明感のある白が生み出す陰影、そしてシンプルかつクリーンなシルエットが特徴のドレスです。

スカートは上質なチュールをふんだんに使い、光に当たると浮き出て見えるような花びらはぐっと華やかさを演出してくれます。

ヘアスタイルはドレスのフェミニンな要素にあわせて少しルーズで柔らかい雰囲気に。

もしくは、すっきりとまとめたヘアスタイルに艶のあるメイクを合わせると、より洗練された印象に。

ブーケはベージュなどくすみカラーをセレクトしていただくと、よりドレスとの統一感を出すことができます。

是非、なりたい花嫁像をコーディネーターにお伝えください!



RIVINIのドレスはシンプルなデザインも多くなっておりますので、アクセサリーやお持ちいただくブーケで遊べるようになっています。

おふたりにはもちろん、ゲストの記憶にも残るような忘れられない一日にしたい…
そんな想いをRIVINIのドレスは叶えてくれます。

そんなシンプルなデザインだからこそ女性の魅力をより一層高めてくれるドレスをビードレッセでは沢山ご用意してお待ちしております。
是非、店頭でご体感ください。

 

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

 

ビードレッセ丸の内 橋本

みなさんこんにちは。

いつもブログご覧いただきありがとうございます。

 

本日はBRASSの結婚式場【MIEL COCON(ミエルココン)】についてご紹介致します!

三重県津市にある木の温もり溢れる別荘の様な会場。







チャペルをバックに水辺や緑に囲まれ、爽やかなロケーションに恵まれたガーデン。

季節によって、ミエルココンのガーデンは違った表情を見せてくれます。

ケーキイベントやフラワーシャワー、デザートビュッフェなど、何をしていても映える空間になっています。

また三重県内では珍しい、プール付きのガーデンになっており、リゾート感も存分に楽しむことが出来ます。



また、ミエルココンの夜のガーデンも素敵です。

ライトアップされたガーデンにキャンドルを散りばめた演出は幻想的で、

心がうっとりする時間を大切な方と過ごすことが出来ます。

 

ミエルココンの周りには高い建物がないため、

お昼のバルーンリリースや、日が落ちた後のランタンなど、

お空へ向かう演出は写真を撮ってもとっても映えます!



ミエルココンのチャペルは木造のため、茶色の中にも優しいアイボリーが特徴的です。

温かさとどこか落ち着く空間は、新郎新婦とゲストを優しく包み込んでくれます。

また、正面がガラス張りになっているため、

沢山の日差しが入り、新婦のウェディングドレスを優しく照らしてくれます。

 



そして、2階まで吹き抜けになっているミエルココンのパーティー会場は開放感抜群。



ミエルココンの階段は長く高い位置にあるため、入場の瞬間も長くお楽しみ頂けます。

 

 

爽やかな風と木のあたたかさに包まれたナチュラルな空間で、心と心が通い合う温もりに満ちた結婚式を叶えてみませんか?

 

 

ぜひ、MIEL COCONに足を運んでみて下さい!

 

B.DRESSER丸の内 竹田

 

ビードレッセブログをご覧の皆さまこんにちわ!

本日はゲストハウスウェディングにぴったりのドレスブランド、Tomomi Okubo(トモミオオクボ)をご紹介させていただきます。



日本人女性がデザイナーされてるニューヨークのブランド。ご自身の結婚式の際に自身でドレスを作ったことをきっかけに、TOMOMIOKUBO(トモミオオクボ)としてブランドを立上げ、ドレスの制作をスタート。ドレスはオールシルクで作られており、刺繍もすべてハンドメイド。

 

そんなTOMOMI OKUBO(トモミオオクボ)のドレスはナチュラルでスレンダータイプのドレスが多く、ブラスの会場にぴったりで、トレンドのエフォートレスな雰囲気でブライズスタイルを作り上げたい花嫁様にはお勧めのブランドです。

カジュアルな前撮りにもおすすめです。



人生で最良の1日を過ごすのに、ピッタリなウエディングドレスです。ナチュラルなデザインが特徴で、緑が多いゲストハウスの結婚式にお勧めです。日本ではビードレッセでしかお取り扱いをしていない特別感のあるブランドです。



【Brand】Tomomi Okubo(トモミオオクボ)

【Dress name】LILAC

【Dress number】4104

スラっとした印象の一着。カジュアルなデザインだからこそゲストハウスウェディングにはぴったりです。

デコルテには透け感とある素材と刺繍感ですっきりと。ドレスを愛してやまない彼女が創るドレスは女性心をくすぐるデザインばかりです。

こだわりぬいた繊細なレースやシルクを使用したドレスです。ドレスには希少ヨーロッパチュールが使用されております。



バックスタイルにはくるみボタンでお洒落に、360度どの角度から見ても綺麗なシルエットが表現されます。

お背中の刺繍は全て職人の手によってハンドメイドで作られています。

シンプルなドレスだからこそあえて主張のある真っ赤なアマリリスやスモークツリーのブーケを合わせたスタイリングも洗練された都会的な印象でお召しいただけます。



ナチュラルウェディングにぴったりなスレンダーラインのドレスが多く、繊細な刺繍が花嫁さまの優しさを引き立てます。以前まではその繊細さでレンタルを行なっていなかったのですが、たくさんのおしゃれな花嫁さまのご要望もあり、ビードレッセではレンタルも開始されました。ぜひ、Tomomi Okubo(トモミオオクボ)の繊細さや、しなやかさをビードレッセで体感してみてください。



先日もビードレッセのコーディネーターがニューヨークへ買い付けに行ってきました。Tomomi Okubo(トモミオオクボ)の新作の素敵なドレスも入荷しますのでお楽しみに。お二人にとって大切な1日に特別感のある、最高の一着をビードレッセのコーディネーターがご提案させていただきます。

ビードレッセ 三輪

ゲストハウスウェディングにぴったりのドレスブランド、
Tomomi Okubo(トモミオオクボ)



日本人女性がデザイナーされてるニューヨークのブランド。

デザイナー自身の結婚式の際に自身でドレスを作ったことをきっかけに、Tomomi Okubo(トモミオオクボ)としてブランドを立上げ、ドレスの制作をスタートしました。ドレスはオールシルクで作られており、刺繍もすべてハンドメイド。

人生で最良の1日を過ごすのに、ピッタリなウエディングドレスです。ナチュラルなデザインが特徴で、緑が多いゲストハウスの結婚式にお勧めです。日本ではビードレッセでしかお取り扱いをしていない特別感のあるブランドです。



【Brand】Tomomi Okubo(トモミオオクボ)

【Dress name】LILAC

【Dress number】4104

スラっとした印象の一着。カジュアルなデザインだからこそゲストハウスウェディングにはぴったりです。

デコルテには透け感とある素材と刺繍感ですっきりと。ドレスを愛してやまない彼女が創るドレスは女性心をくすぐるデザインばかりです。

こだわりぬいた繊細なレースやシルクを使用したドレスです。ドレスには希少ヨーロッパチュールが使用されております。



バックスタイルにはくるみボタンでお洒落に、360度どの角度から見ても綺麗なシルエットが表現されます。

お背中の刺繍は全て職人の手によってハンドメイドで作られています。

シンプルなドレスだからこそあえて主張のある真っ赤なアマリリスやスモークツリーのブーケを合わせたスタイリングも洗練された都会的な印象でお召しいただけます。



ナチュラルウェディングにぴったりなスレンダーラインのドレスが多く、繊細な刺繍が花嫁さまの優しさを引き立てます。

ぜひ、Tomomi Okubo(トモミオオクボ)の繊細さや、しなやかさをビードレッセで体感してみてください。



新作のドレスも届いているので是非手に取ってみてくださいね。お二人にとって大切な1日に特別感のある、最高の一着をビードレッセのコーディネーターがご提案させていただきます。

 

B.DRESSER 丸の内 待井

【place】マンダリンポルト

【Date】2021.4.22

【Dress】Antonio Riva

【Tuxedo】LARDINI

 

真夏のように晴れた素敵な春の日に、夏がぴったりの素敵な夫婦が誕生いたしました。



 

新郎だいちさんと新婦さゆりさんです。しっかりされていながらも、さゆりさんが後悔しないようにと一番に考えていらっしゃる優しいだいちさん。とにかく美しくインポートドレスを素敵に着こなしてくださる、笑顔が可愛らしいさゆりさん。おふたりのセンスがたっぷり詰まった結婚式はとても暖かくおふたりいらしいお洒落な1日となりました。

 

さゆりさんが選ばれた運命のウェディングドレスは2着。1着目に選ばれたドレスはAntonio RivaのSophiaでした。初めはお色直しを2回しようと考えられていたおふたりですが、このドレスを長く着ていたい!と思われ、演出を変更されたほどのお気に入りの1着です。私も、このドレスをお召しになられた瞬間のさゆりさんの笑顔が忘れられません。



 

挙式では、お気に入りのSophiaを引き立たせるために小物はシンプルにまとめました。

 

タキシードは、スタイル抜群のだいちさんだからこそ着こなしていただけるLARDINIをお召しいただきました。

 



サイズ感を一番に大事にされていただいちさんご自身も、お召しになられた瞬間お体にフィットしたタキシードに感動をされて、悩むことなくご決定してくださいました。

足元には、新たな一歩を歩み出す1日にふさわしく、JOSEPH CHEANEYのエナメルシューズを新調されました。

 

 

披露宴では挙式のクラシカルな印象から雰囲気を変え、ナチュラルな印象になるようゴールドとリーフのモチーフを組み合わせたコーディネートにチェンジしました。グリーンたっぷりのブーケにも変えてさゆりさんらしいトータルコーディネートを楽しまれます。



ケーキもシンプルながらにおふたりのセンスあふれる水晶のモチーフでトータルコーディネートに華を添えます。

 

 

お色直しでは、さゆりさんが初回の試着で一番初めにお召しになられた運命の1着で入場されます。「これは絶対に着たい!」とお召しになられた瞬間におっしゃられたことを覚えています。そんな素敵なドレスをお召しにならた当日のさゆりさんは今までで一番美しいです。



楽しみにしていた、前髪をカットするサプライズ。マーメイドラインのドレスでありながらも、ANNEBARGEならではの総刺繍とビーディングの優しさにヘアスタイルがぴったりです。

 

だいちさんもウェディングドレスの雰囲気に合わせてグレーのタキシードにチェンジされました。ブラックのフォーマルな印象からカジュアルな印象に変わり、ゲストの皆様もリラックスしてくるパーティーの終盤にぴったりな装いです。

 

 

だいちさん さゆりさん

ご結婚おめでとうございます。お仕事もお忙しい中、何度もご来店いただきありがとうございます。センスフルなおふたりの担当ができてとても幸せです。お互いのことを理解し合い、支え合い、笑顔が絶えないおふたりと過ごす時間が大好きでした!素敵なご家庭を築き上げてください。おふたりの末永い幸せを願っています。

 

ビードレッセ丸の内 浅田

こんにちは。

いつもビードレッセ丸の内店のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回のブログは安井が担当させていただきます^^

 

実は私たちコーディネーターは花嫁さんにドレスのご提案だけをおこなってるわけではないんです!

ブラスグループ専属のドレスショップだからこそ、

おふたりが結婚式を挙げられる時期、時間・・・

どんな風におふたりがゲストの方にみえるのかをお話させていただきながら

ドレスをご提案しております^^

 

その中でもブーケのお話は必ずさせてもらいます!

今回は素敵なブーケをご紹介させていただきます。

【Green】



グリーン多めのブーケはウエディングドレスをより引き立ててくれます。

スレンダーのドレスであれはブーケの大きさを大きめに作られると

バランスが良くなります!

【Orange】



ドレスのお色味が真っ白ではなく、アイボリー系のドレスにピッタリで

柔らかく、優しい印象を与えてくれます。

 

【Yellow】



爽やかなスカイブルーのドレスにパット明るい色味のイエローを足すと

華やかさがプラスされます。

 

【Lavender】



ラベンダーの色味には「優しさ」や「癒し」の意味があり

身に付けていただくとゲストの方にも癒しをお届けすることもできます!

 

 

オススメブーケはいかがでしたでしょうか?

掲載したブーケは全てブラスグループで挙式をされた花嫁さんの当日のブーケです。

式場の専属のフローリストさんが

世界にひとつしかないブーケを手掛けてくれます^^

私たちコーディネーターも少しでもブーケのアドバイスが出来てら嬉しいです^^

お気軽に担当コーディネーターにご相談ください。



安井愛美

こんにちは!

いつもビードレッセのブログをお読みいただきありがとうございます!

 

 

今回は、おススメアクセサリーブランドをご紹介させていただきます。

 

Jennifer Behr (ジェニファーベア)

 

それは、世界のアクセサリーシーンをリードするといっても過言ではないアクセサリーブランドの一つ。

“シンデレラにとってのそれはガラスの靴だったのかもしれませんがいつの時代もキングやクィーンは、頭に王冠を戴いてきました。”

とデザイナーであるJenniferは語っています。

 

 

高潔さや儀式を象徴するヘッドピース。そのアクセサリーが持つ魔法のようなパワーや豊かな歴史に魅了され、インスパイアされ続けています。

 



【Name】50RB15

【Number】4470

 



【Name】115RC9

【Number】3535

 



【Name】50MD5

【Number】2959

 



【Name】50ED7

【Number】2683

 



【Name】111RB4

【Number】4465

 

作品の全てが丁寧なハンドメイドによるもので、マンハッタンとブルックリンの工場にて製作されています。

複雑なピースは製作に膨大な時間がかかることもありますが、それこそが品質へのこだわりの証です。

ジェニファーベアのデザインと高い品質は、数多くのセレブリティやスタイリストを虜にしています。

 

 

そんな上質でおしゃれなアクセサリーを結婚式当日に身につけませんか?

 

気になるデザインなどがございましたらいつでもご連絡・ご相談お待ちしております!

 

 

 

可愛らしさ、柔らかく繊細な女性らしさを残しつつも、モードなアプローチで表現されるアクセサリーを手掛けるorgablanca(オルガブランカ)。

シンプル、ゴージャス、ナチュラル、モード、フェミニン
多面的な表情を持つアクセサリーだからこそ、どんなスタイリングにも華をそえ、花嫁様の魅力を引き出します。
トレンドに敏感なおしゃれ花嫁様、人とかぶりたくない花嫁様におすすめしたいブランドです。

 

【Brand】orgablanca(オルガブランカ)
【Name】SOWA ea
【Number】4735



耳から零れ落ちるような、モチーフが美しい大ぶりなイヤリング。
シルクオーガンジーとサテンのフラワーモチーフをミックスしてエアリー感と上品さのあるアイテムです。
1枚1枚に職人の想いが込められたフラワーモチーフをランダムに配置することで動くたびに表情が変わります。

 

【Brand】orgablanca(オルガブランカ)
【Name】LAICA ea
【Number】4736



華やかな輝きを放つ一方で可憐なナチュラルテイストを漂わせる、様々な表情を持ったイヤリング。
素材の色味にもこだわったすずらんのコサージュは、花数もバランスを見ながら仕上げたこだわりのアイテムです。



とても繊細で、女性らしく品のあるデザイン。
大人の女性に似合う、ナチュラルすぎないデザインに心惹かれます。

 

【Brand】orgablanca(オルガブランカ)
【Name】CORTA ea
【Number】4734



フラワーコサージュに立体感を出すことで表情をつくり、スタイリッシュながらもフェミニンな雰囲気に。
シルクならではの光沢感と繊細さはブライズスタイルを上品に彩り、エアリーなコサージュも組み合わせることで大ぶりでありながらも軽やかさを感じられます。



インパクトのあるデザインのアクセサリーは、シンプルなドレスに合わせると目を惹き、祝福の1日を素敵に演出してくれます。

 

 

トータルコーディネートに欠かせないもの・・・
それは、女性ごころくすぐるアクセサリー。

たくさんの想いがつまった運命のドレスに
ご自身らしさをぜひトータルコーディネートで表現していただきたいです。
ゲストの視線を集め、あなたが心ときめくブライズスタイルを一緒に創っていきましょう。

ウェディングドレスのトレンドを作る4大ブランドのひとつと言われるReem Acra(リームアクラ)



繊細な生地使いと豪華な刺繍が特徴的で、エレガントでありばがらキュート、モードでありながらフェミニン、そんなあどけない女性らしさが見え隠れします。

1997年にブライダルガウンの制作をスタートさせたReem Acraは、世界中の花嫁様を虜にしてきました。彼女にしか表現できないマテリアルの美しさ、ゴージャスなインド刺繍輝き、エンブロイダリーレースの技術、全てにおいて最高峰のウェディングドレスを作りだします。海外では知らない人がいないトップブランドで、身に纏うだけで華やかさがグッと出ます。

 



【Dress Name】R1620

総レースのシックな1着。

張り感のあるAラインのシルエットが 、甘すぎないエレガントな花嫁姿を演出します。360度どこから見ても美しいレース、ずっと自然体でいられるボリューム感は、おふたりらしい結婚式を提案するブラスの結婚式にぴったりです。



Reem Acraが得意とする繊細な刺繍が全体にあしらわれ、特別な一日にふさわしい贅沢な一着です。

コーディネート次第でエレガントにも、モードにも、可憐にも表情を変えます。あなたらしいコーディネートを楽しんでください。

 

【Dress Name】R6106



シンプルでミカドシルクの上質さを最大限に活かした1着。ウエストに向かい流れるように寄せられたタックはウエストラインをすっきり見せます。



サテンの重厚感はモダンでクラシカルな花嫁姿を演出します。足元のスリットからお気に入りのシューズを覗かせていただくことができ、あなたらしい洗練されたコーディネートがおすすめです。

 

伝統的なブライダル要素とシルエットを、現代的なデザインに落とし込んでいるReem Acraの可憐で幻想的な世界観をビードレッセでも大切にしています。

ニューヨーク、パリ、ミラノ、バルセロナ
世界中から選び抜いた上質で洗練されたドレスを、ブラスの花嫁様のためだけに細かくカスタムして買い付けています。

皆さまのご来店をお待ちしております。

B.DRESSER 丸の内 待井