皆さん、こんにちは!いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日はあるテーマを元に結婚式の準備を進めてこられたおふたりの前撮りについてご紹介させていただきます。

 



 

姉妹店のブルーブランで今週末にお式を挙げられる、りょうさんとななさん。宇宙が大好きなおふたりです。もちろん結婚式のテーマも宇宙や星になっています!そんなおふたりが結婚式とは別で楽しみにされていたイベントが前撮りでした。結婚式当日に着るカラードレスを2着でとても悩み、前撮りと結婚式当日でそれぞれを着る事にされたのです。

 

 



B.DRESSERオリジナルドレスのブラックと鮮やかなブルーのスカートが魅力的な夜空のようなカラードレスを前撮りに選ばれました。

 



りょうさんもシックに落ち着きのあるダークブラウンのタキシードをセレクト。もちろん前撮りのテーマも宇宙や星です!おふたり並んだお姿はダークトーンで統一され、おふたりのテーマでもある宇宙にピッタリな装いです!!

 

ななさんと一緒にたくさん悩んで決めたコーディネートももちろんテーマに合わせたお小物をセレクト★

 

 



 

Jennifer behr の月と星をモチーフにした大ぶりのイヤリングが、夜空に浮かぶようにシンプルなブラックのビスチェにとても映えます。イヤリングと同様に散りばめたピンたちがより一層おふたりらしい世界をつくり上げてくれるコーディネートもポイントです!

 



 

シックな大人なお写真も素敵ですが、ポップなお写真も前撮りだからこそ撮れるオススメのショットです。何色もの色を重ねた深みのあるブルーのスカートに散りばめられた星たちは、まるで宇宙で煌く星のようです。ななさんがどうしても撮りたかったショットのようでとても嬉しそうにお話をしてくださいました。華やかなデザインのドレスも素敵ですが、このようにシンプルなドレスだからこそのアレンジも魅力的でオススメです。

 

 

そして、前撮りもおふたりがお式を挙げられるブルーブランで行われましたが、やはりブルーブランはどこでお写真を撮っても素敵だなと私自身、改めて感じました。

 



 

まるでヨーロッパにいるような街並みの待合スペースでは肩の力を抜いてお洒落なお写真。

 



幾多のヴェールが重なった神秘的なチャペル ではプロジェクションマッピングを使用して幻想的なお写真。



 

ブルーブランのシンボルツリーの前ではまるで屋外で撮影しているような自然光たっぷりのナチュラルなお写真。

ブルーブランの館内だけで様々なショットが撮れるので、これから前撮りを控えている新郎新婦様は、ぜひおふたりらしさが詰まった素敵な撮影をしてみてください!前撮りで撮影したお写真を結婚式当日に会場に飾ることで、テーマ性を深められるのでオススメです★また、私たちにもたくさん相談してくださいね♪

 

B.DRESSER丸の内  浅田

 

 

 

ビードレッセブログをご覧の皆さんこんにちは!

本日はイギリス生まれのブランド

【Rachel Simpson ~レイチェルシンプソン~】を

ご紹介させていただきます!



2008年に設立されたブランド。デザインはイギリスの本社で行われ、製作はスペインにて手作業で行われています。
ビンテージからインスパイアされデザインされているレイチェルシンプソンのシューズ。
靴が美しくみえるだけでなく、熟練したパターンカッティングでにより完璧なフィット感がうまれ、とても履き心地がいいシューズともいわれています。



ヴィンテージでキュートな雰囲気のシューズが多く、

カッティングまでこだわっているので360度

どこから見ても美しいデザインばかりです。

お色味もパステルカラーでゲストハウスウエディングに

ぴったりのものばかりです。



英国のバーミンガムに拠点を置く、この受賞歴のあるこの英国ブランドは現在では世界中で販売され、美しく作られ、思慮深くデザインされた靴、バッグ、アクセサリーとして愛され続けています。

 



ビードレッセのおしゃれなドレスに足元まで

こだわってみませんか。

ビードレッセ 三輪

ビードレッセブログをご覧の皆さまこんにちわ!

本日はゲストハウスウェディングにぴったりのドレスブランド、Tomomi Okubo(トモミオオクボ)をご紹介させていただきます。



日本人女性がデザイナーされてるニューヨークのブランド。ご自身の結婚式の際に自身でドレスを作ったことをきっかけに、TOMOMIOKUBO(トモミオオクボ)としてブランドを立上げ、ドレスの制作をスタート。ドレスはオールシルクで作られており、刺繍もすべてハンドメイド。

人生で最良の1日を過ごすのに、ピッタリなウエディングドレスです。ナチュラルなデザインが特徴で、緑が多いゲストハウスの結婚式にお勧めです。日本ではビードレッセでしかお取り扱いをしていない特別感のあるブランドです。



【Brand】Tomomi Okubo(トモミオオクボ)

【Dress name】LILAC

【Dress number】4104

スラっとした印象の一着。カジュアルなデザインだからこそゲストハウスウェディングにはぴったりです。

デコルテには透け感とある素材と刺繍感ですっきりと。ドレスを愛してやまない彼女が創るドレスは女性心をくすぐるデザインばかりです。

こだわりぬいた繊細なレースやシルクを使用したドレスです。ドレスには希少ヨーロッパチュールが使用されております。



バックスタイルにはくるみボタンでお洒落に、360度どの角度から見ても綺麗なシルエットが表現されます。

お背中の刺繍は全て職人の手によってハンドメイドで作られています。

シンプルなドレスだからこそあえて主張のある真っ赤なアマリリスやスモークツリーのブーケを合わせたスタイリングも洗練された都会的な印象でお召しいただけます。



ナチュラルウェディングにぴったりなスレンダーラインのドレスが多く、繊細な刺繍が花嫁さまの優しさを引き立てます。以前まではその繊細さでレンタルを行なっていなかったのですが、たくさんのおしゃれな花嫁さまのご要望もあり、ビードレッセではレンタルも開始されました。ぜひ、Tomomi Okubo(トモミオオクボ)の繊細さや、しなやかさをビードレッセで体感してみてください。



先日もビードレッセのコーディネーターがニューヨークへ買い付けに行ってきました。Tomomi Okubo(トモミオオクボ)の新作の素敵なドレスも入荷しますのでお楽しみに。お二人にとって大切な1日に特別感のある、最高の一着をビードレッセのコーディネーターがご提案させていただきます。

ビードレッセ 三輪

上質で洗練されたドレスブランドFRAGMENTS(フラグメンツ)



FRAGMENTSはインポートドレスショップで実績を積んだデザイナーが手掛けており、「日々の延長として過ごせる」そんな新しいドレスを提案したいという想いから立ち上がったブランドです。

日本のウェディングの固定概念に縛られたブライズスタイルに囚われることなく、自由なスタイルで主張しすぎないミニマムなデザインが魅力的です。

ブランド名の「FRAGMENTS」という言葉には破片・かけら・砕けるという意味があり、「ブライダルシーンのかけらのアイテム」「日本のブライダルウェアの固定概念を砕く」という想いが込められています。

 

本日は、そんなFRAGMENTSのドレスのなかでも、ファッションコンシャスな花嫁様におすすめしたい1着をご紹介いたします。

相反する魅力を持つ2つの素材が美しく融合した、ドレスならではの特別な輝きを放つ1着。



【Number】4190

【Name】FR-DR#12

トレンドでもあるフェザーのスカートが印象的な一着です。クチュールライクなシルエットは動くたびに表情を変え、見ていて飽きることがありません。



フェザーのスカートは着脱が可能で、取り外すと洗練されたシンプルなドレスに。



この一着で様々なスタイルを楽しんでいただけます。

シンプルにお召いただく場合はお小物やブーケのアレンジが自由自在。ファッショナブルに進化したシンプルなウエディングドレスは、アクセサリー一つで花嫁様の魅力を最大限に表現してくれます。

ご自身らしいコーディネートを幅広く楽しんでいただきたいです。

 

大切な1歩をふみだす挙式のシーンでは、着飾らないシンプルさが潔い1着に、柔らかいお素材のベールを合わせて、生涯色褪せる事のないブライズスタイルを。



披露宴では、フェザーのオーバースカートを合わせて、挙式とはガラッと雰囲気を変えたスタイルを。



ウエディングパーティーはゲストとの時間を楽しむひと時。存在感のあるイヤリングをチョイスして、お小物は耳元だけにアクセント。洗練された華やかさを楽しんいただきたいです。

 

FRAGMENTSのセオリーにとらわれない自由なスタイル。ファッショナブルでシンプルなウェディングドレスはあなたらしいスタイルを叶えてくれます。

ぜひビードレッセでFRAGMENTSの世界観を感じてみてください。

 

B.DRESSER丸の内 待井

雲一つない 青空が広がるこの良き日に
ブランベージュで素敵な夫婦が誕生いたしました



新郎 よしちかさん
新婦 かすみさん

新郎よしちかさんには、ドレスを内緒にしたいと、ファーストミートをご希望だった新婦かすみさん。ビードレッセにはかすみさんとお母さまでご来店いただきました。初めてお会いしたのは約2年前。いつも明るくはじける笑顔で”髙尾さん!”とお話ししてくださるのが印象的でした。マーメイドのドレスがご希望で、シンプルなコーディネートがイメージだったかすみさん。かすみさんの美しさが最大限に生かされるように、シンプルなマーメイドをご紹介させていただきました。ドレス、お小物にとてもこだわりを持っていただいていたかすみさん。たくさん悩みましたね。その結果、一番初めに決めていただいたマーメイドのドレスで当日を無事迎えていただきました。



そんなかすみさんが運命の1着に選ばれたのは、Anne Barge Blue Willow Bride (アンバルジ・ブルーウィローブライド)のウエディングドレス。

Anne Bargeのドレスは“控えめな贅沢”をコンセプトに花嫁の魅力を優雅に導き出し、最小限の装飾とクラシックなシルエットを表現しています。デザイナーの女性目線から作り出されるデザインは、花嫁の女性らしい美しいシルエットを引き立たせてくれます。Anne Barge Blue Willow Bride (アンバルジ・ブルーウィローブライド)はAnne Barge(アンバルジ)の2ndラインとして誕生しました。

シルクの光沢感が、ブランベージュのガーデンにとても映えるマーメイドのドレス。女性デザイナーだからこその美しいシルエットが花嫁様に自信を与えてくれます。



ガーデン挙式ですので、トレーンも長すぎず、グリーンに映えるようにシンプルなデザインをセレクト。ヘアも小物もブーケもとことんシンプルに。イメージ通りの洗練された雰囲気に。お気に入りのガーデンも、ドレスも、どちらともが映えるトータルコーディネートになりました。シンプルだからこそ、かすみさんらしさがとても表現されておりうっとりしてしまいます。

当日までまったくドレスをご覧いただいていなかったよしちかさん。とても素敵なファーストミートだったとお写真からも伝わります。飾り過ぎないかすみさんらしいスタイルが、自然体な笑顔を引き出します。

 



披露宴からは、レースのボレロをプラス。シンプルだからこそ、披露宴から雰囲気をガラッと変えていただけるのも決め手のひとつでした。お色直しは白無垢でしたので、1着でアレンジを楽しんでいただきたいと思い、ご提案をさせていただきました。

レースに合わせて、イヤリングはタッセルに。挙式でおつけいただいたシルバーが輝くイヤリングとは雰囲気がガラッと変わり、大人ナチュラルなコーディネートとなりました。

挙式後すぐに、会いにビードレッセにおこしいただいたよしちかさんとかすみさん。”ケーキがとってもかわいくて!”と嬉しそうにお話しいただきました。かすみさんらしい、シンプルでおしゃれなケーキ。とってもおしゃれなトータルコーディネートができました。



いままでたくさんのお打ち合わせで、たくさんの時間を共有させていただきましたね。大切なドレスだからこそ、たくさん悩みました。そのたびに私に相談してくださり、信頼してくださり、本当に感謝でいっぱいです。ラストフィッティングの際、またすぐ会いましょうね!とお約束し、送り出しました。次の日にさっそくおこしいただき、当日のお写真も見せていただき、いままでたくさんの時間を共有してきたからこそ、胸がいっぱいになりました。

これからも、おふたりらしい笑顔あふれる家庭を創っていってくださいね。おふたりの幸せを心よりお祈りしております。



この度は大切な1日の大切なドレスをビードレッセでお選びいただき本当にありがとうございました。最初から最後まで、すべてのお打ち合わせに関わらせていただけて本当に光栄でした。またいつでも帰ってきてくださいね!

B.DRESSER 丸の内 髙尾

 

 

皆さんこんにちは。

 

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

本日は私のお勧めのHALF PENNY LONDON(ハーフペニーロンドン)のウェディングドレスを1着ご紹介させていただきます。

デザイナーのKete Halfpenny(ケイト・ハーフペニー)はイギリスのヴィンテージドレスにインスピレーションを得て、「女性の美しさを最大限に引き出す」という想いを大切にドレスを手掛けております。

 



 

 

【dress no】5088

【dress name】EBONY DRESS

 

ピュアホワイトのコットンレースがたっぷりと施されたグッと目を引く見応えのある1着です。

 

お写真にもくっきりと映り込む繊細なデザインは360°どこから見ても美しく、一度お召しになると誰もが虜になってしまいます。

 



 

バックもフロントもVに空いていることで、お背中周りはスッキリと、デコルテも女性らしい美しさをより引き立ててくれます。

 

ヘアは、ゆったりと低めの位置でルーズにまとめエアリーな抜け感を出したスタイルや、ニュアンスのあるゆる巻きのローポニーで程よくリラックス感のあるスタイルがトレンドとヴィンテージを絶妙なバランスで取り入れたこちらのドレスにはおすすめです!

 



 

デザイナーのKete Halfpenny(ケイト・ハーフペニー)は、ファッションアイコンでもあるケイト・モスなどに信頼されるスタイリストとしてのセンスも融合され、彼女にしか作ることのできないドレスを手掛け続けています。

 

そして、HALF PENNY LONDON(ハーフペニーロンドン)のドレスは全て、ロンドンにあるアトリエにて手作業にこだわり作られており、着心地も抜群です。

 



 

ビードレッセには、今回ご紹介させて頂いたウェディングドレスの他にもHALF PENNY LONDON(ハーフペニーロンドン)のお衣装はドレスのみならず、ボレロやオーバースカートなど多数お取り扱いがございます。

 

自由に組み合わせてご自身らしく、あなただけのブライズスタイルを叶えてみませんか?

 

B.DRESSER 丸の内店 金井

 

 

【Date】2020.9.20

【Place】Orange Vert(オランジュベール)

【Dress】DO2-19 AURORA(No.4426)

【Tuxedo】ECRU Y176 (No.4786)

9月20日の涼しげな秋空のもと、素敵なカップルが誕生しました。



新郎 ともゆきさん 新婦 ゆうかさん
いつも周りを笑顔にしてくれる明るさとユーモアをお持ちのともゆきさんといつも可愛いにこにこ笑顔が魅力的なゆうかさん。

そんなゆうかさんが選ばれた運命の1着は、Tomomi Okubo(トモミオークボ)のウェディングドレスです。

 

Tomomi Okuboは、NY在住の日本人女性デザイナーが自身の結婚式でドレスを作ったことがきっかけにアトリエが生まれたブランドです。「女性が綺麗に見えるように」「花嫁様自身の美しさがもっと引き立つように」そんな想いを常に大切にしております。オールシルク、ハンドメイドの刺繍、花嫁様のことを考え尽くした妥協のないドレスは日本で唯一ビードレッセのみの取り扱いです。

 

胸元のケミカルレースとオールシルクのチュールが軽やかに揺れるエンパイアラインの1着。お二人が会場を選んだきっかけでもあるナチュラルな空間にぴったりなカジュアルなドレスは、会場のブラウンやグリーンにとても映えるお衣装です。

沢山ドレスのお召しいただく中で、最後にゆうかさんと出会った1着。ゲストの方とお話を楽しめるようなアットホームなお式だからこそ、軽やかに動けるところがぴったりです。そしておしゃれなゆうかさんだからこそ、ナチュラルなケミカルレースを着こなしていただいておりました。

そしてお小物は、全てゴールドのヘッドパーツとイヤリングにこだわり、お二人らしいナチュラルコーディネートに。披露宴ではふんわりとしたダウンヘアにグリーンのお色味を中心としたお花を合わせてよりナチュラルなアレンジにしていただきました。



そしてともゆきさんは、ヘリンボーン柄のブラウン調のタキシードをお選びいただきました。落ち着いた色味の中にもヘリンボーンが一気に華やかさをプラスしてくれます。ナチュラルな会場やゆうかさんとの相性が抜群なうえ、ともゆきさんらしいお洒落さが光り、とてもお似合いです。

 

【Dress】0749 イエロー(No.5105)



お色直しに選ばれたドレスはB.DRESSER ORIGINAL(ビードレッセオリジナル)のカラードレス 。

B.DRESSER ORIGINALは私たち会場を知り尽くしたコーディネーターがブラスグループの花嫁様に向けて生まれたブランドです。「お二人だけのための結婚式」そんなお二人らしさが光り、永遠に思い出に残していただきたいという想いでドレスをデザインしております。

その中でもゆうかさんが運命の一着としてお選びいただいたドレスは、マスタードとベージュのバイカラーがゲストの目を奪うお洒落な1着。ブラウンとベージュの色味が広がる会場には、どのシーンを切り取ってもぴったりなドレスであり、お二人のナチュラルなスタイルにぴったりなドレスです。9月という秋の季節にもぴったりなお色味だからこそ、ご試着いただいた瞬間、満場一致で運命の1着になりましたね。

胸元のサテンのお素材が光るお衣装だからこそ、ヘアは緩くローポニーでまとめ、大ぶりのゴールドイヤリングで少し大人っぽく。細部までこだわり抜いたコーディネートはゆうかさんらしさが溢れます。

そしてともゆきさんはペイズリー柄のシャツにお着がえし、ベストスタイルで入場。堅苦しくないアットホームなお式だからこそカジュアルなパーティースタイルが何よりもお似合いです。ペイズリーのシャツは目に入った瞬間これだ!と決まったお小物でしたね。



ともゆきさん、ゆうかさん。

いつも楽しくお衣装をご試着いただきありがとうございました。どのお打ち合わせも笑い声が響き、ご試着の時間からアットホームな空間を作って頂き、お会いすることがいつも楽しみで仕方なかったです。そして結婚式当日はお2人らしい笑顔溢れる時間になりましたか?結婚式当日のお写真を拝見し、沢山悩んだお衣装の中でもお選びいただいた1着は運命だったなと改めて感じるぐらいお似合いでした。ともゆきさんとゆうかさんの担当が出来たこと、とても幸せです。これからもお2人らしい笑顔溢れる‟笑こいち”な温かい家庭を築いてください。

お二人の幸せを心より祈っております。

B.DRESSER丸の内 服部

皆様こんにちは!

 

本日は先日行われた姉妹店のB.DRESSER名駅の撮影の様子を紹介致します。

 

撮影が行われたのはこちらも姉妹店のクルヴェット名古屋です。クルヴェット名古屋はピンクを基調とした可憐で女性の心くすぐるそんな会場です。

 

撮影チームの手に掛かれば、幻想的な映画のワンシーンのような1枚に。心を鷲掴みにされました。

 



 

本当に可愛くて可愛くて、、、

私たちのコンセプトを表現したものばかり。

皆様に見ていただきたい写真が沢山あります。スタッフのInstagram等でどんどん更新していきます。是非ご覧ください。

 



 

Like a movie

Enjoy the Girl

 

女の子である自分を楽しむ女性は美しくキラキラ輝いていています。私はそんな姿が大好きです。

ビードレッセのドレスを着て映画のような時間を楽しみましょう。

 

B.DRESSER丸の内 山田

みなさんこんにちは。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

 

本日はドレスブランド〜Anne Barge(アンバルジ)〜についてご紹介いたします。

 



 

控えめな贅沢をコンセプトにしているNYブランド。

古代中国や日本の美しい刺繍デザインからインスピレーションを得たコレクションの数々は、花嫁様の魅力を優雅に導き出します。

そんな彼女の数々の素敵なコレクションの中から私のお気に入りのドレスをご紹介いたします。

 

「良いデザインは時代を超越する」をモットーに、繊細なレースや刺しゅう、構築的な縫製、複雑なディテールといった伝統的なクラフトマンシップを駆使しています。

 

 



【Number】4506

【Name】LUCA

 



ビスチェにはヌードカラーのライナーが使用されトレンド感のあるブライズスタイルを演出してくれます。ランジェリーのような、レースのコルセットボディ。

女性デザイナーだからこそ、綺麗に見えるボディラインを熟知しているため、お体のシルエットを綺麗に見せてくれます。

 



 



 

ふんわりとしたAラインのスカート全体に花嫁様の心くすぐるベロアのパッチワークとゴールド刺繍が施されており、自然光が当たった時に控えめながらも輝きを放つ細やかなスパンコールが魅力的です。

近くで見ていただいても繊細なデザインが際立つ1着。

チャペルでも、ゲストの方との距離が近くなる披露宴でもディテールを楽しんでいただけます。

 

 1999年に設立以降、ヴィンテージオートクチュールからインスピレーションを受け、時代を選ばないクラシックな面と最新トレンドを兼ね備えたタイムレスなドレスを数々創り上げてきたAnne Barge (アンバルジ)だからこそ生み出せる珠玉なデザインです。

「素晴らしいデザインは永遠」

そんなデザイナーの思いが込められた美しいドレスです。

 ぜひビードレッセで彼女のコレクションを楽しんでみませんか?

皆様とお会いできることを楽しみにしております。

B.DRESSER 丸の内 慶永
 

 

 

いつもビードレッセのブログをご覧頂きありがとうございます。

 

本日は私のおすすめのウェディングドレスをご紹介致します。

ANNE BARGE (アンバルジ)

女性デザイナーが手がけるNYのブランドで、控えめな贅沢をコンセプトに女性目線で上品なドレスを手掛けています。

最小限の装飾でエレガンスと清潔感を漂わせ、記憶に残るモダンクラシックなシルエットを表現。ヴィンテージクチュールにインスパイアされたコレクションは、一貫して品行方正なフェミニンさが漂います。

 



 

女性らしいデコルテやウエストラインが綺麗に見えるデザインが特徴的です。

「良いデザインは時代を超越する」をモットーに、繊細なレースや刺しゅう、構築的な縫製、複雑なディテールといった伝統的なクラフトマンシップを駆使。

 



 

シンプルなドレスの計算されたシルエットは
“肩の力を抜いたありのままの自分”を美しく見せてくれます。

 



 

「Anne Barge(アンバルジ)のドレスは女性に自信と美しさを与えるために作られている」
そんなデザイナーの想いが込められているドレスは
身に纏った瞬間、自信を持たせてくれるでしょう。

 

 

B.DRESSER  三輪