【Date】2020.3.14

【Place】MIEL COCON(ミエルココン)

【Dress】FINELLA(No.4477 )

【Tuxedo】ECRU Y134 ブラウン(No.3429)

 

澄んだ青空のもと、大切な人達と過ごす穏やかな時間。

三重県津市にあるMIEL COCON(ミエルココン)にて式を挙げられたのが、明るい笑顔が素敵でとても気さくな新郎しんじさんと、柔らかく可愛らしい笑顔が魅力的な新婦ゆきさん。とっても仲良しなおふたりです。



新婦様が選ばれた運命の一着はROSA CLARA(ロサクララ)のウェディングドレス。

ヨーロッパ王室を初め、セレブリティからも支持されるスペインのドレスブランドROSA CLARA。“トレンドは恐れずに取り入れる”というROSA CLARAは、トレンドを取り入れながらもエレガントに仕上げられた数々のウェディングドレスを生み出しています。

南フランスのレースやイタリアの刺繍など最高品質の素材を使用し、ヨーロッパの王道テイストを守りつつも、その時々のトレンドを上手に取り入れ、どこかクラシカルで洗練された雰囲気を残すドレスは、トレンドなブライズスタイルを創り上げたい花嫁様にぴったりなブランドです。

ゆきさんは、おふたりがイメージされていたアットホームでおしゃれな結婚式の雰囲気に合うROSA CLARAの繊細なレースや細やかなビーディングの華やかさを気に入ってくださり、ゴールドのアイテムを合わせて甘くなり過ぎないコーディネートにされました。



緑豊かな木々に囲まれ、爽やかな風が吹きわたるMIEL COCON(ミエルココン)

しんじさんはグリーンがたっぷりでナチュラルな会場になじむブラウンのタキシード。

挙式はシックなブラックの蝶ネクタイ、披露宴からはイエローを差し色に取り入れました。お色直しではベージュのペイズリーシャツを合わせておふたりの式にぴったりなおしゃれなコーディネートになりました。

 



【Dress】LUNA(No.3468)

お色直しに選ばれたドレスはB.DRESSER ORIGINALのカラードレス。



B.DRESSER ORIGINALDRESS(ビードレッセオリジナルドレス)は、何年経ってもいくつになっても幸せな思い出を思い返せるような、そんな花嫁姿を創っていきたいという想いから誕生したB.DRESSER ORIGINAL。

「それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式を創る」「何年経っても愛せる花嫁姿を」「コーディネーターとの特別な出会いの架け橋に」そんな想いを大切に作っております。

ゆきさんが選ばれたのはパープルカラーが絶妙なLUNA(ルーナ)。イタリアから買い付けたコードレースを日本の信頼できる染色職人さんに染め上げてもらい、贅沢に使用しています。

ひとつひとつバランスを考え配置したレースはデコルテをより美しく魅せてくれます。



ゆきさんは会場とドレスが映えるよう、ふわっと軽やかなヘアスタイルにナチュラルなグリーンとフラワーを合わせて、イヤリングはALESSANDRA(アレサンドラ)のリーフモチーフのゴールドをアクセントに。

おふたりのお人柄がつたわる、明るく華やかでいてそして優しいコーディネートになりました。



 

しんじさん、ゆきさん

優しい笑顔が印象的なおふたり。その柔らかい雰囲気にほっとする安心感がありました。結婚式当日も、ゲストの皆様と素敵な笑顔あふれる時間が流れたことと思います。

おふたりの運命の一着をB.DRESSERで決めていただき、大切な一日のお手伝いができたこと、とても幸せに思います。ありがとうございました。

おふたりの末永い幸せを心よりお祈りしています。また、ぜひいつでもB.DRESSERに遊びに来てくださいね。

B.DRESSER丸の内 待井

 

ビードレッセのブログをご覧の皆様

こんにちは!

本日は上品さもあり、可愛らしさもあるフェミニンなコーディネートをご紹介させていただきます。

 

 



 

着るだけで女性らしさだけでなく、落ち着いた雰囲気に見せてくれる1着です。

 

小物はゴールドのフラワーモチーフのイヤリングで甘さをプラス。

グリーンが多い会場なのでブーケは華やかにピンクやイエローを。

 



 

オフショルダーでデコルテラインもすっきりとと見せてくれます。

ボタニカルレースでナチュラルな印象に。

 

胸元には今期トレンドのパールがあしらわれています。

 



 

プリンセスラインより落ち着いたボリューム感のベルラインのドレス。

甘すぎず上品さもアップします。

 

 



 

 

皆さんも自分の好みのテイストに合わせてコーディネートしてみてくださいね!

 

次回は違ったテイストのコーディネートをご紹介させていただきます。

 

三輪

 

皆さんこんにちは。

いつもB.DRESSERのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

花嫁様の運命のドレスをより一層美しく見せる、トータルコーディネートのポイントの一つである‟ウェディングシューズ”

お洒落花嫁様に大注目のブライダルシューズブランド‟Emmy London(エミーロンドン)”。本日はEmmy Londonのシューズをご紹介致します。



英国王室のキャサリン妃がご結婚式でお召しいただき、お子様のファーストシューズをデザイナーからプレゼントされたほど愛用されているイギリスのブランド。

Emmy Londonのブライダルシューズの魅力は、そのデザインの繊細さ。スワロフスキーのクリスタルや、ガラスなどは全てイタリアから取り寄せ、手作業で縫い付けております。ゲストの目も引くような美しい装飾が際立ちます。歩くたびクリスタルがキラキラと輝くので、思わず自分で足元を眺めてしまうほど。







 

エミーがインスピレーションを受けているのは、鉄製のドアやフェンス、建物など、身の回りのヨーロッパの歴史あるデザイン。Emmy Londonのクラシカルな雰囲気は、ヨーロッパの美の世界観が凝縮されています。



 

これから人生を一緒に歩む最愛のご新郎様と最初の一歩をEmmy Londonの特別なパンプスで歩き出してみてはいかがでしょうか?



B.DRESSER丸の内 服部

ビードレッセのブログをご覧の皆様こんにちは!

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

本日は、ビードレッセの公式のインスタグラムとは別に、コーディネートをご提案させていただいているビードレッセのアカウントをご紹介をさせていただきます。

ブログをご覧いただいている方の中には、ビードレッセの公式のアカウントをフォローしてくださっているお客様も多いのではないでしょうか。

(公式のアカウントでは、ビードレッセでお取り扱いをしているドレスやアクセサリーブランドのお写真をメインにアップしております。)



お客様と直接お話をさせていただいていると、

”このドレスにはどんな小物が合いますか?” ”ドレスのカタログはありますか?”

などとお問い合わせをいただくことがございます。

 

そこでぜひご覧いただきたいのが、こちらのアカウントです。

「B.DRESSER coordinator(ビードレッセ・コーディネーター)@bdresser_coordinator



こちらのアカウントでは、コーディネーターごとにお勧めしたいドレスに合わせてお小物やシューズもご紹介させていただいております。



これからお小物合わせをご検討している方もぜひ参考にしていただければと思います。

そして、ブランドのご紹介も合わせてフロント、バックスタイルもアップしておりますので、お写真を見てイメージを作っていただければと思います。

ビードレッセ丸の内店、名古屋駅店、浜松店のスタッフそれぞれのコーディネートを随時ご覧いただくことができますので楽しみにしていてくださいね。

 

そして、新郎様にも”本物をご提供したい” ”コーディネートを楽しんでいただきたい”という想いでビードレッセではタキシードに合わせるお小物もこだわってお取り扱いしております。

そちらのお小物も随時ご覧いただけるアカウントがございます!

「B.DRESSER HOMME(ビードレッセ・オム)」@b.dresser_homme



タキシードに合わせるメンズアイテムのブランド、価格なども合わせてご案内させていただいております。

1点1点選び抜いたアイテムばかりになりますので、ほかにないおしゃれなコーディネートを作っていただけます!



ぜひビードレッセで、素敵なコーディネートを一緒につくっていきましょう!

インスタラムを見て、気になるものがございましたらお気軽にお問い合わせくださいね。

 

B.DRESSER 丸の内 髙尾

 

 

 

Alexandra Grecco (アレクサンドラ・グレコ)


【Dress Number】04661

【Dress Name】Lana Gown

 ブルックリン出身のデザイナー、アレクサンドラ・グレコが2010年にニューヨークにて立ち上げた注目の新星ブランド。ウエディングドレスは、2013年の彼女自身の結婚式を機にスタート。カトリーヌ・ドヌーブ、ジーン・シュリンプスなどのファッションアイコンがイメージソース。

彼女が作るドレスはモダンなカッティングが施されたセパレートタイプを代表に、透け感のあるオー ガンジーやレースを合わせて程良い甘さのあるフェミニンで洗練されたデザインが揃っています。

淡くスモーキーな色彩など、現代の女性に向けたシルエットが特徴です。



キャミソールでフェミニンに。3Dのフラワーモチーフがお写真映えもして頂けます。

スモーキーカラーでカジュアルでおしゃれな印象になります。




【Dress Number】04738

【Dress Name】Etienne Gown

オフショルダーで個性を。シンプルに大人っぽくエレガント。

細身のラインで綺麗なスタイリングが特徴です。



滑らかとろみのある生地感で360度どこから見ても美しいフォルムを形作ります。

華やかなフラワーだと一気にその色に染まり、白で統一させればより清廉な印象を与えます。海外の上質な素材を使用しているため豪華な装飾に頼ることなく

シンプルが故に潔いドレスです。

インポートの良さを是非ビードレッセで感じてください。

 

みなさんこんにちは!いつもご覧いただきありがとうございます。

本日は先日に引き続きウェディングドレスのトレンドについてご紹介させていただきます。

 

pearl(パール)



パールを使用したロマンティックな装飾がこれまでにない新しいトレンドに。全面に配したり、ワンポイントであしらったりとさまざまな表情をみせてくれます。ドレスだけでなく、身につけるジュエリーもパールを選んでみてはいかがでしょうか。大人で可憐な印象を与えてくれます。



 



 

Puff Sleeve(パフスリーブ)

 

Moo

ここ数年変わらないトレンドのパフスリーブ。袖に特徴を持たせることで、よりドラマチックに、そして女性らしさを演出してくれます。ワンポイントでワンランク上のブライズスタイルを作ることができます。

 



 



 

Relax(リラックス)

 



ビードレッセでも取り扱いの多いReluxスタイル。ナチュラルとはまた違った大人な抜け感のあるスタイルです。ジョーゼットやシフォンなどとろみがあり抜け感のある素材が雰囲気を作り上げてくれます。ドレスそのものの良さを活かし、ジュエリーも控えめに作りすぎないコーディネートがぴったりです。





 

 

トレンドをさりげなく取り入れ、お洒落なブライズスタイルをB.dresserで一緒に作り上げていきましょう♪

 

 

B.dresser 丸の内 浅田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパ王室を初め、セレブリティからも支持されるスペインのドレスブランドROSA CLARA(ロサクララ)。1995年にスペインバルセロナにて、ブライダルファッションの世界でキャリアをスタートしました。

“トレンドは恐れずに取り入れる”というROSA CLARAは、トレンドを取り入れながらもエレガントに仕上げられた数々のウェディングドレスを生み出しています。



ROSA CLARAのウェディングドレスはすべて、こだわりのある花嫁のために作成されたコレクションです。南フランスのレースやイタリアの刺繍など最高品質の素材を使用し、ヨーロッパの王道テイストを守りつつも、その時々のトレンドを上手に取り入れ、どこかクラシカルで洗練された雰囲気を残すドレスが多いことが、ROSA CLARAの1番の魅力です。

 

【Brand】ROSA CLARA(ロサクララ)

【Dress number】4478

【Dress name】MAHON

『レースの女王』と呼ばれる、レースのなかでも最も繊細で気品に満ち、浮かび上がるような優雅な柄表現と洗練された柔らかい優美さのある『リバーレース』を全体に使用した華やかな1着。



全身を包み込むリバーレースが女性らしい印象を与え、360度どの角度からみて美しい姿は思わずため息が溢れてしまうほど。胸元には、レースのうえから細やかなビーディングがあしらわれ、デコルテラインを上品に美しく見せてくれるのも特徴です。



このボリューム感からは感じられないソフトで軽やかな着心地は、デザインだけでなく質の高さにまでこだわっているROSA CLARAならでは。



ウェーブで柔らかさのあるヘアアレンジなど、フェミニンなスタイルでまとめるのがおすすめです。

 

【Brand】ROSA CLARA(ロサクララ)

【Dress number】4480

【Dress name】MALAWI



浮かび上がるようなレースのノースリーブトップに、プリーツ加工の施されたスカートが柔らかい雰囲気のなかにも少しクールさを感じられるバランスの良い1着。そしてこちらにオーバースカートを合わせることで2wayで着ていただくことができます。





幾重にも重なるソフトチュールのふんわりと広がるボリュームは主役感を、自然光が差し込んだ際には透明感と軽やかさを演出します。

バックにはくるみボタンがあるため、ルーズなシニヨンなどのまとめ髪がおすすめ。チュールの柔らかさが際立つ1着なので、ゴールドのアクセサリーで甘くなりすぎないコーディネートにされても素敵です。

 

ROSA CLARAの洗練されたドラマチックな1着は、新婦様の心はもちろん、見守るゲストの心も躍らせます。

そんな心躍るドレスで特別な1日を過ごしてはいかがでしょうか。

 

B.DRESSER 丸の内 待井



ビードレッセのブログをご覧の皆様こんにちは!

本日はリーフフォーブライズの新作カラードレスをご紹介させていただきます!

 

デザイナー山城葉子が手掛けるブランド。 モダンすぎず、クラシカルすぎず、大人すぎず、可愛すぎず、女性ごころをくすぐる、トレンドを取り入れたドレスコレクション

 



 

グリーンがたくさんあるブラスの会場を華やかにしてくれるビタミンカラーのイエロー

フラワー刺繍でフェミニンな印象に

 



 



 

くすんだオレンジベージュに今期トレンドのパールで上品に

ドライフラワー のブーケを合わせるとナチュラルにコーディネートしていただけます

 



 

とろみのあるシフォン生地の1着

スカート部分に光沢のある刺繍やスパンコールが施されているので自然光やスポットライトを浴びるとより華やかにしてくれます



 



 

カラードレスでも人気のお色味のブルー

光沢感のあるサテン生地で大人っぽく、シンプルなデザインなので大振りのイヤリングを合わせるとより華やかに

 



 

ぜひリーフフォーブライズの新作のカラードレスをビードレッセでご覧くださいね

 

ドレスによって合わせる小物も変えたりと様々なコーディネートをご提案させていただきます。

 

三輪

 

 

100年以上の歴史を持ち、250以上のブライダルサロンを世界各国で持っており、世界的に有名で信頼されているEllis Bridals London(エリスブライダルロンドン)。

本日はEllis Bridals Londonのウェディングドレスをご紹介させていただきます。



Elli Bridals Londonは、エイダ・エリスという一人の女性によって1912年に立ち上げられたウェディングドレスブランドです。当初エイダは貴族のための特注ドレスを制作していましたが、エイダ自身の結婚式で自身がデザインしたウェディングドレスを着用したことで、Ellis Briadals Londonが誕生致しました。彼女がデザインする独特でエレガントなスタイルはたちまち評判となり、イギリスの一大ウェディングドレスブランドに成長していきました。

 

【Dress Number】4184

【Dress Name】12325s





ピュアホワイトで柔らかいサテンが特徴的な1着。ウエストラインが綺麗にフィットしたデザインなため、女性らしい美しい姿を引き出してくれます。

また、一つ一つ丁寧に縫製されたビーディングはエレガントなバックスタイルを創り出します。360°どこからも美しいスタイル、ゲストの方と距離が近いゲストハウスにぴったりです。

【Dress Number】3408

【Dress Name】19102s





大きな袖のオフショルダーとさりげないウエストリボンのバランスが絶妙な1着。贅沢な光沢あるサテンがクラシカルさや上品さを引き出してくれます。

大きなギャザーがウエスト周りに寄せられているため、スカートが立体的な広がりをもたらせます。

【Dress Number】4181

【Dress Name】17051s





こちらもシンプルなオフショルダーのデザインです。ウエストまわりのビジューがさりげなく華やかさを引き立つ、エレガントな1着です。シルクの柔らかい生地だからこそ歩くたびの揺れを感じます。また、胸元のハートカップによってお顔周りまですっきり見せてくれます。

 



Ellis Bridals Londonのウェディングドレスは、シンプルでクラシカルなデザインが比較的多いのが特徴的です。豪華な装飾は少なく刺繍やチュール、レースを使い、程よいヴィンテージ感のあるクラシカルな雰囲気を演出します。

シンプルなドレスほど、花嫁様の魅力を引き出してくれます。是非特別な1日に、世界最高峰ブランドのドレスを選んではいかがでしょうか。

 

B.DRESSER丸の内 服部

ビードレッセのブログをご覧の皆様こんにちは!

本日は、当日お体にぴったりお召しいただけるようにサイズ直しなどを行っているアトリエについて、ご紹介させていただきます。



ビードレッセ丸の内店には、専属のアトリエスタッフが在中しており、インポートのドレスを美しく着られるように、プロのスタッフが1着ずつ丁寧にお直しをしています。

 

ドレスのご試着が初めてだと、サイズ展開はあるのか、ぴったり着れるのか、

ご不安に思われることもあるかと思います。

 

ビードレッセでは、インポートのドレスは基本的にサイズ展開はなく、1着ずつのお取り扱いとなっております。

そのため、お選びいただいた1着を、1人の花嫁様のためにご準備させていただいています。

おサイズを採寸させていただき、1着1着丁寧に手作業でお直しをします。



後ろがレースアップで編み上げになっているドレスよりも、ミリ単位でお直しをするためフィット感が違います。

花嫁様のお体によって、お直しをいれる箇所を変えたりなど、安心してお召しいただけるように日々ドレスと向き合っています。

 

お直しをするだけでなく、心をこめてスチームをかけ、ドレスやタキシードを会場にお送りします。

インポートのドレスの特徴である透明感のあるチュール。光沢が美しいシルク。

すべてしわにならないよう、1着ずつスチームをかけます。



当日の新郎新婦様がお召しいただいた瞬間、凛とした姿になりますよう、丁寧に仕上げていきます。

 

きっと当日は、ご試着の際とは違った特別感を味わっていただけることと思います。

 

このドレスはきれいに着られるのかな、こういったデザインが着たいけどサイズが合わないかな、そういった心配や、不安を少しでもなくし、妥協せずにドレスを選んでほしい。

そんな思いでビードレッセでは、アトリエにも力を入れております。

 

もちろん、デザインによってはお直しが難しいものもございます。

ですが、できるだけ美しく着ていただけるように、コーディネーターがご提案させていただきますのでご安心ください。



レンタルではありますが、まるでオーダードレスかのようなフィット感をぜひビードレッセで体感していただきたいです。

なにかご不安のことなどございましたら、お気軽に担当のコーディネーターにご相談くださいね*

 

B.DRESSER 丸の内 髙尾

 

 

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 181