ベールダウンについて

みなさんこんにちは。

いつもビードレッセ丸の内のブログをご覧いただきありがとうございます!

 

本日はベールダウンのお話をさせていただきます。



ベールダウンはヨーロッパから伝わったものですが、現代では欠かせない演出の一つとして、たくさんの新郎新婦が結婚式で取り入れています。

新婦の母親や大切な家族が純白のベールをおろす「ベールダウン」。

結婚式で行われるセレモニーの中でも、特に人気の高いセレモニーのひとつです。



 

ところで、ベールダウンに込められた意味はご存知でしょうか?

今回は心温まるウェディングセレモニー「ベールダウン」についてご紹介します。



 

・魔よけの意味

ヨーロッパのある地方では、結婚式の当日に花嫁が教会へ向かう途中に悪魔にさらわれるという古い迷信がありました。

そこで、母親が花嫁の顔にベールをかぶせ、悪魔に見つからないように教会へ向かったと言われています。

ベールには「愛する娘を災いから守ってくれますように」という、母親の願いが込められているのです。

キリスト教でも純白のベールは清浄の象徴です。

花嫁を清め、悪魔から守ってくれると考えられています。

 

・母親が手伝う最後の身支度という意味

 

母親は娘が生まれてからずっと傍らで成長を見守り、助けてきました。

結婚式当日に新婦がウェディングドレスを身にまとい、ベールをおろすのは身支度の仕上げです。

「今までは私が一番そばで見守っていたけれど、これからは新郎さんが守ってくれるね。喜んで送り出すわね、幸せになってね」母親のそんな思いを込めて、新婦の身支度を完成させるのです。

母親が、身支度を終えた新婦のベールをおろす「ベールダウン」のセレモニー。

新婦を災いから守る魔除けの意味や、これまで愛情たっぷりに育てた母親が手伝う最後の身支度という意味があります。

 

ベールダウンを行うタイミングは、バージンロードを歩く直前と花嫁控室での2種類がありますが、どちらでも印象的で素敵な母娘の時間になること間違いなしです。

 

感動的な瞬間を是非、素敵な写真や動画に残してくださいね♪

 

 



ビードレッセでも、様々なベールをご用意しております。

 

是非、大切な瞬間に相応しいおひとりおひとりに合ったベールを一緒に選んでいきましょう。

 

 

ビードレッセ丸の内 橋本

名古屋市中区のウエディングドレスショップ
ビードレッセ丸の内

人気インポートブランドのウエディングドレスから
オリジナルのカラードレスまで
最高の結婚式にふさわしい運命の一着を
ウエディングドレス・タキシードの試着、レンタル、購入

■公式サイト
https://www.b-dresser.net/

■試着予約・お問い合わせ
https://www.b-dresser.net/reserve/
052-223-0055

■公式インスタグラム
https://www.instagram.com/b.dresser_official/

■姉妹店 翔風館(和装・列席衣装) https://www.shofukan.net/

■同ビル16F 結婚式場「ヴェルミヨンバーグ名古屋」
https://www.vermillon-bague.net/

※インポート一点物をメインに取り扱っているため、
現在お取り扱いのない商品が掲載されていることがございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です