BENIR

こんにちは!

いつもビードレッセブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

本日はビードレッセでオーダーのシューズブランドをご紹介させていただきます。

 

“お洒落は足元から”

その言葉通りウエディングシューズもお洒落なシューズでより特別な1日に。

 

BENIR(ベニル)

 

結婚式は、人生で最も幸せな日。
ドレスに袖を通し、ベールを纏う。そして、ウェディングシューズに足を。
その靴は、バージンロードへ花嫁を歩ませる、人生初のファーストシューズ。
デザイナーはそこにひとつの疑問を感じました。

どうして、日本のウェディングシューズのほとんどはレンタルなんだろう。
誰かが履いた靴よりも、自分だけの靴で人生初の歩みを進めてほしいな。
もっと幸せな二人の挙式のために。そんな想いから、BENIRは生まれました。

ウェディングシューズ専門のメーカーはそれまで無く、最初は困難の連続。
シルクやレースの生地選びから、靴を手づくりで仕立ててくれる職人探しまで、
日本には存在しなかったブランドを手探りで立ち上げていったのです。

 

このようにBENIRが誕生したきっかけはもっと幸せな二人の挙式のためにという想いでした。一足一足手作り、そしてドレスの素材やシルエットに合わせてたくさんのパターンを取り揃えております。レースやグリッターの素材、ヒールの高さ、つま先にリボンやビジューのシューズクリップをつけるなどオーダーだからこそ自分だけの一足に仕上がります。

 



 

ドレスのデザインや丈にあわせて、様々タイプから選べるがベニルの特徴。
素材はシルクサテンとレース、ヒールは12cm、7cm、1cm、その他にもオープントゥやカラーバリエーション等、あなたにぴったりのBENIRが見つかるはずです。

 



 

BENIRは靴の街、神戸で生まれました。
神戸開港以来、この地に移り住んだ多くの西洋人の為に靴をつくり始めたのが「靴の街神戸」の由来です。
その技術は脈々と受け継がれ、いまなおたくさんの優れた職人が、神戸にはいます。
BENIRはその神戸で、人生の新しい一歩を踏み出す結婚式に相応しいシューズを、ひとつひとつ、職人の手でつくっています。

 



 

童謡マザーグースの歌詞、
“Something old, something new, something borrowed, something blue.”
この一節から、欧米では結婚式で、なにかひとつ古いもの、
なにかひとつ新しいもの、なにかひとつ借りたもの、なにかひとつ青いものを
身につけると幸せになれるという言い伝えがあります。
花嫁の靴にも花婿の靴にも、BENIRの内側にはサムシングブルー。
おふたりやその家族に幸せを運ぶシューズです。

 



 

インナーカラーに幸福を運ぶ魔法のカラー“サムシングブルー”を取り入れているのも特別な一日にはぴったりのポイントですね。

ウエディングシューズは、例えドレスに隠れてしまう存在であったとしても、その歩みの感覚はつま先から、耳から思い出へと伝わります。

 



 

「一生共に歩んでいく」その誓いを足音に変えて、、

お揃いのウエディングシューズは、お二人の幸せを運んでくれることでしょう。

人生で最も大切な一日の為に、あなただけの特別な一足を見つけてみませんか?

※BENIRのシューズは全て販売のお取り扱いとなります。

 

ビードレッセ名古屋 服部

名古屋のウエディングドレスショップ
ビードレッセ名古屋店

人気インポートブランドのウエディングドレスから
オリジナルのカラードレスまで
最高の結婚式にふさわしい運命の一着を
ウエディングドレス・タキシードの試着、レンタル、購入

■公式サイト
https://www.b-dresser.net/

■試着予約・お問い合わせ
https://www.b-dresser.net/reserve/
052-223-0055

■公式インスタグラム
https://www.instagram.com/b.dresser_wedding/

■姉妹店 翔風館(和装・列席衣装) https://www.shofukan.net/

※インポート一点物をメインに取り扱っているため、
現在お取り扱いのない商品が掲載されていることがございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です