ビードレッセのブログをご覧の皆様こんにちは!いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

本日はイギリス、ロンドンのブランドのドレスをご紹介させていただきます。

David Fielden (デイビットフィールデン)

デザイナーであるDavid Fieldenは舞台衣装のデザイナーとしてキャリアをスタートさせました。

クリエイティブである事をいつも基本方針としている。ブランドを成功に導く事は、 決して過去の栄光に酔いしれず、 コレクションごとに進化し続ける事だと信じていますと語る彼だからこそ

今も変わらぬ人気を博し続けていると思います。

シックでロマンティック、そして永遠の魅力は全てのジャンルの女性を惹き付け、 現代的でエッジーなシルエットとは対照的に、 ロマンティックなアンティーク調のレースやビーズのレイヤーの 繊細な素材が重なり合ってできた一着は理想のドレスそのものなのです。

お袖のラインから全体のバランスまで計算され尽くしたシルエットの美しさが、

洗練された女性を演出させてくれる一着です。

そして、肌が美しく透けるバックスタイルに

繊細な刺繍が施されており、その後ろ姿はゲストの方々魅了することでしょう。

シンプルなフロントデザインだからこそ華奢なデザインのアクセサリーを合わせいただいても、デザイン性の高い大ぶりのアクセサリーを合わせていただいても相性抜群です。

ビードレッセには、今回ご紹介させて頂いた

ウェディングドレスの他にも、伝統とトレンドの境界を感じさせないオリジナリティ溢れる

David Fieldenのお衣装のお取り扱いがございます。

David Fieldenの世界観をぜひ店頭で感じて見てみてください。

皆様にお会い出来る日を楽しみにお待ちしております。

皆様こんにちは!

いつもビードレッセ丸の内店のブログをご覧いただきありがとうございます。

会場が決まり並行して始まる衣裳選び

ウェディングドレス、カラードレス、白無垢、色打掛など様々な選択肢が

ありますが、本日はドレス選びに悩まれている方々へ新しいご提案。

ウェディングドレスからウェディングドレスへのお色直しについての

ご紹介です。

 

例えば、挙式はボリューム感もしっかりあるプリンセスラインの

ウェディングドレスでフェミニンな花嫁姿を表現。



お色直しではスレンダーラインのドレスでよりナチュラルかつ

アットホームなお式にすることができます。



素材やお小物、ヘアアレンジでもガラッと変化を加えることができ

ゲストの方々の記憶や視線まで独り占め

 

また反対に挙式では大人っぽく上品に仕上げ

お色直しでは可愛らしい広がりのあるドレスにチェンジ





ウェディングドレスなのでどの色のブーケにしても相性ピッタリです。

 

いかがでしょうか。

ウェディングドレスは花嫁様しか着ることが出来ない特別な白。

ビードレッセで運命のドレスをみつけていきましょう。

皆様にお会いできますことを楽しみにお待ちしております。

 

B.DRESSER 丸の内 倉橋

 

皆様こんにちは!

いつもビードレッセ丸の内店のブログをご覧いただきありがとうございます。

ドレス選びがきまり次の打合せでもあるお小物合わせ。

アクセサリーは特別な一日に彩を与えてくれるものでもあります。

そこで本日はビードレッセでご用意している中でも、ロマンティックな輝きを放つ【Elizabeth Bower】エリザベスバウアーのアクセサリーをご紹介いたします。



Elizabeth Bowerコレクションは、ヴィンテージなムードの中にモダンなニュアンスのある美しいウェディングイメージを、ドイツの絹糸、日本のリボン、オーストリアのスワロフスキークリスタル、アメリカのメタルスタンピングなど、世界中の厳選された素材で表現しています。



Elizabeth Bowerのデザインはありのままの自然や、庭に棲む妖精のイメージからインスピレーションを得ており、手縫いで施された真珠やクリスタル、フラワーモチーフのアクセントが特徴です。

上質な素材を惜しげもなく使用し、清らかな雰囲気で表現されるアクセサリーは、身に着ける人の美しさをさらに引き立て、自信を与えてくれる魔法のアイテムのよう。

また大切な日の後もずっと身に着けてもらえるようにとのデザイナーの願いも込められています。





ビードレッセではインポートドレスはもちろんトータルコーディネートとして必要なアクセサリーも沢山のお取り扱いがあります。

ビードレッセで一生に一度の花嫁姿をロマンティックに表現してみてはいかがでしょうか。

 

B.DRESSER 丸の内 倉橋

皆さまこんにちは。

いつも、ビードレッセ丸の内店のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は、ビードレッセでお取り扱いのあるインポートドレスブランドをご紹介致します。

MARCHESA(マルケッサ)

2004年に設立したニューヨーク発のドレスブランド。

デザイナーは、抜群のセンスの良さから生まれる刺繍デザインで注目をあびていたカレン・クレイグと、コスチュームデザイナーとしてのキャリアを積むジョルジーナ・チャップマン。





インドに影響を受けた刺繍、テキスタイル、ビーズワークなどをデザインに取り込み、ヴィンテージ感覚とアジアンテイストが絶妙に融合したクチュール感あふれるドレスは、ブランド発表以来またたくままに話題となり、レッドカーペットのセレブから世界中の花嫁まで愛されるブランドとなっています。





エレガントでありながらもキュート、モードさとフェミニンさもあるドレスブランド。

女性らしさが見え隠れしている MARCHESA(マルケッサ)は、ニューヨークを拠点とすとセレブご用達の人気ブランドでもあります。

 

 

是非、ビードレッセで MARCHESA(マルケッサ)のドレスをお試しください。

 

ビードレッセ 大谷内

 

 

ファッションアイコン、ケイト・モスのスタイリストも務めるデザイナーが創設した感度の高いブランド、HALFPENNY LONDON(ハーフペニーロンドン)について、ご紹介いたします。


イギリスのヴィンテージドレスにインスピレーションを得た
Kate Halfpenny (ケイト・ハーフペニー)のドレスは、
女性の美しさを最大限に引き出すため全て緻密に計算されて作られ
手作業にこだわるドレスは、全てロンドンのアトリエで作られています。

また、ハープペニーロンドンは、
「コーディネートを楽しんでもらいたい」というデザイナーの想いから、
ボレロやオーバースカートなど、あわせるアイテムによっても雰囲気を変えることができるファッショナブルなブランドです。

こちらのドレスは、自然光やスポットライトを浴びた際に、
サテン生地のドレスが美しい光沢感を生み出し、
カジュアルになりすぎずラグジュアリーな一面も見せることができる1着です。

バックトレーンにフリルが施されたデザインも
他のドレスとは一味違った雰囲気でお召し頂けるポイントです。

また、ドレスの生地はサテン地の重厚感のあるお素材で作られているため、メイクははっきりとしたお色味のリップを合わせて頂くと
ドレスの質感やデザインの魅力を最大限に引き出していただけます。

お洒落なモード系スタイルにしていただくことで、
トレンド感と誰とも被らないスタイルを楽しんでいただけます。

ウエディングドレスの発祥地、本場ヨーロッパのドレスを
是非ビードレッセにてお試しください。

B.DRESSER 服部

皆さんこんにちは!

いつもビードレッセ丸の内店のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

運命のウェディングドレスと出会っていただいたら、次に控えているのはお小物合わせ。それは花嫁様の結婚式のシーンに合わせてウェディングドレスにベールやボレロ、アクセサリー等でパーソナルなコーディネートをプラスすること。

お気に入りのウェディングドレスに身を纏い、コーディネーターとスタイリングを考えるお小物合わせの時間は、たくさんのときめきが詰まっています。

今回のブログではボレロアレンジについてご紹介させていただきます。

まず初めに、、ボレロとは、ドレスの上からお袖を通し印象を変えることが出来るアイテムです。

 

ウェディングドレスのデザインでも人気を誇るロングスリーブやデコルテ周りを覆うデザインは、ボレロを合わせることで叶えることも可能です。

その中でも本日はハーフペニーロンドンのボレロをご紹介いたします。



デザイナーのkate halfpenny (ケイト・ハーフペニー)は、イギリスのヴィンテージドレスにインスピレーションを得て女性の美しさを最大限に引き出すため全てを緻密に計算して作っています。

手作業にこだわりるブランドで全てロンドンのアトリエで作られています。

  

披露宴やお色直しなど、ゲストの方々と近い距離で過ごす歓談のシーンではスリーブに特徴のあるボレロもおすすめです。

花嫁様の動きに合わせてゆらゆらと動くための小花柄のレースが重なり色々な表情を見せてくれます。乾杯にグラスを上げる腕や、遠くのゲストへ手を振る際に揺れるレース。花嫁様の動き一つひとつを上品かつ可憐な印象に仕上げます。

ひとつのドレスに合わせるだけで、ふたつのコーディネートを味わうことができるボレロアレンジ。

是非一緒にあなただけのコーディネートを見つけていきましょう。

 

皆様のご来店心よりお待ちしております。

ビードレッセ丸の内 倉橋

皆さんこんにちは。

いつもビードレッセ丸の内店のブログをご覧くださりありがとうございます。

本日はバージンロードの意味についてお話し致します。

皆さんはバージンロードの意味をご存知でしょうか?



バージンロードを歩く瞬間は、女の子たちの永遠の憧れ!
バージンロードを歩く一歩一歩は一年ごとを表していています。



最初の一歩は花嫁が誕生した日を意味しており

父親と歩くバージンロードは【誕生してから今までの過去】を

父親から新郎にバトンタッチをする瞬間は【今】を

新郎と歩むバージンロードは【これからの新しい未来】を表しています。

バージンロードとは【花嫁の一生】を表しているといわれているのです。



バージンロードを歩くときに花嫁をエスコートするのはお父様
とイメージのお持ちの方は多いのではないでしょうか?

お父様と一緒に歩くことも素敵ですが、

実はエスコートをする役目は
もちろんお父様でなくてもかまいません。
花嫁と親しい親族や友人
お世話になった方などにエスコートを頼むこともできます。



バージンロードの意味を知った上でどなたと一緒に歩くことが
自分にとっていちばん心に残る時間となるのか
考えてみて下さいね!

また、皆様がお選びいただいている会場のバージンロードに合ったお衣装を一緒に見つけていきましょう。

会場を知り尽くしたビードレッセコーディネーターが皆様を素敵なお姿のお手伝いをさせていただきます。

また、挙式当日の数日前に行うラストフィッティングの際にしっかりとバージンロードで歩くときの練習も一緒にさせて頂きます!!みなさんはどんなお姿でバージンロードを歩きたいですか?

皆様の輝かしいスタイリングをビードレッセで叶えましょう。

皆様のご来館心より楽しみにお待ちしております!
ビードレッセ丸の内 中谷

皆様こんにちは!

いつもB.DRESSER丸の内のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日はイスラエルで誕生したブランドMila Zwillingerをご紹介します。

 

1991年にイスラエルで誕生したこのブランドは、母Mila Zwillinger(ミラ・ズウィリンガー)と娘Lihi Zwillinger(リヒ・ズウィリンガー)のふたりが手掛けるブランドです。

 

彼女たちが手掛けるドレスはタイムレスなおとぎ話に登場するようなフェミニンなものばかり。

一度お召いただくと最高級の素材へのこだわりと繊細なディテールに虜になるはずです。

 

そんなMila ZwillingerのドレスがB.DRESSERに到着しました。

 



ビスチェ部分は少女の頃に思い描いていた理想を実現したフェミニンさがあり、腰に施されたリボンはいくつになっても忘れることのない女性らしさを最大限に表現していただけます。

 



透明感あふれるスカートはこだわりぬいた最高級の素材を使用しております。

自然光がたっぷり入る会場ではより繊細な輝きを放ってくれることでしょう。



 

フェミニンでありながらどこか洗練されたセクシーでシックモダンなデザインは、世界中の花嫁様を虜にしております。

ぜひ店頭でお試しください。

 

B.DRESSER丸の内 韓

皆さまこんにちは!

いつもビードレッセ丸の内店のブログをご覧いただきありがとうございます。

ビードレッセでは、選んでいただいたお気に入りのドレスを最も美しくお召いただくために、販売でブライダルインナーをご案内しております。

そこで本日は、ブライダルインナーブランド「C’EST MOI(セモア)」をご紹介させていただきます。

 

C’EST MOI(セモア)」のブライダルインナーは、人間工学に基づき研究を重ね、

下記の3つの条件を満たしています。

・適合性:身体にフィットして体型を美しく整えること

・快適性:長時間着用しても苦しくないこと

・運動性:日常の動きに対して、着崩れしないこと

良いドレスインナーは美しく身体を整えながら、快適な着用感が続きます。

そして、ドレスラインを生かすために、バストのリフトアップ・ボリュームアップ・ウエストのシェープに重点を置いています。

また、お式の当日は緊張もたくさんされることと思います。

そんな花嫁様のために、しっかりボディメイクしながら快適な着用感も追及しています。

さらに、デザインもゴージャスと清楚、愛らしさとエレガントという両極端の要素をバランスよく取り入れられており、吟味した素材と確かな技術も魅力の一つです。

またマタニティの新婦様には、母体の温度・保護のためにお腹を優しくサポートしてくれる腹帯、

大きくなったお腹を下から支え姿勢を保ち、腰や背中の負担を和らげてくれる支え帯など安心してお式を楽しんでいただけるインナーもご用意しておりますので、ぜひご相談ください。

新婦様にお選びいただいたお気に入りのドレスを結婚式当日に最高に美しくお召いただくために、私たちコーディネーターもおひとりおひとりに合わせてご提案させていただきます。

是非、お気に入りのドレスをお召いただくうえで、ドレス姿を美しくみせてくれる「C’EST MOI(セモア)」のインナーをビードレッセにてお試しください。

B.DRESSER 丸の内 倉橋

いつも、ビードレッセ丸の内店のブログをご覧いただきありがとうございます。
本日は、ビードレッセでお取り扱いのあるインポートドレスブランドをご紹介いたします。

ANTONIO RIVA(アントニオリーヴァ)

デザインされたドレスは完璧なラインとカッティングを持ち、それはANTONIOが数学的な勉強をしていた経験から、シェーピングやカッティングのバランスを上手く取りながら力強いラインとプロポーションを持ったANTONIO特有のドレスを生み出しています。

元々、建築学を学びオートクチュールのファッションにおいて最初に3Dと呼ばれる立体型のドレスを作り出したデザイナーと言っても過言ではありません。

そんな、ANTONIO RIVA(アントニオリーヴァ)の新作ウェディングドレスが入荷いたしましたのでご紹介をさせて頂きます。

GRAZIA(no.5945)

柔らかなミカドシルクのスカートが優しいニュアンスを与えてくれるようなドレス。

バックモチーフは大きなリボンのデザインとなっており、上品なフェミニンさが感じて頂ける1着となっております。

LUCREZIA(no.5946)

とろみのあるシルク素材を使用したドレス。

イタリア産の美しいシルクオーガンジーを贅沢に使用した1着となっております。

トップからバックスタイルまで流れるようにデザインされているオフショルダーは、お召しいただく方のデコルテラインから背中のラインまで美しく見せてくれます。

世界中の花嫁様が憧れるドレスを
是非、店頭でお試しください。