みなさんこんにちは!

いつもビードレッセ丸の内店のブログをご覧いただきありがとうございます。

今回のブログではウエディンググローブについてご紹介させていただきます。



ウエディングドレスの手袋には、穢れのない花嫁の「無垢」を示す象徴的な役割があるとされます。

また、格式の高いキリスト教式の結婚式では、肌の露出は好まれません。

式はフォーマルな印象が強いため、手袋を装着して肌を隠すのが一般的です。



ビードレッセでは海外でドレスのみの買い付けではなく、グローブも海外で買い付けをしてきています。

インポートドレスに合わせた、インポートのグローブは相性抜群です。

チュールの生地感も柔らかく、肌なじみ抜群です。

また、繊細な刺繍やレースは他の花嫁様との差をつけられます。

ブーケを持った時や新郎様と腕を組んだ際にちらっと見えるのがお洒落でかわいいです!



グローブの種類がたくさん選べるのはドレスショップの中ではかなり珍しいです。
ビードレッセでドレス、アクセサリー同様、ぜひグローブにもこだわり、おふたりらしさ溢れるトータルコーディネートをみつけてください!

B.DRESSER 丸の内 倉橋