みなさんこんにちは!

いつもビードレッセのブログをご覧いただきありがとございます。

本日は私のおすすめのドレスをご紹介いたします。

1995年に創立されたニューヨークブランドの

RIVINI(リヴィーニ)

 

妥協のない上質さとシンプルでラグジュアリーなデザインが女性の美しさを引き立てます。

イタリアの最高級シルクをこよなく愛し、流れるようなクリーンなシルエットとディティールに拘り、控えめさが際立つデザインです。

大切な1日を忘れられない1日に

そんなコンセプトを大切に仕上がったドレスは、一目見た時から心が奪われるものばかりです。

花嫁様が1日快適に過ごせるよう計算尽くされた現代的なブライダルファッションです。







【Dress number】4553

【Dress name】MAYA



深く開いたお背中から柔らかいチュールが流れるAラインドレスで、バックスタイルが印象的な1着。









可憐なフラワーモチーフとシルバー刺繍が程よく施されたビスチェは、花嫁様のお顔周りを華やかに見せてくれます。


またお写真で見返した時も、繊細なチュールにデザインが施されているため、お肌に馴染みフラワーモチーフが浮かび上がり幻想的に。


デコルテラインもしっかり見えるため、スタイルよく見ていただけます。







何層にも重なったソフトチュールのスカートは、光が当たることでさらに透明感を増すため、自然光がたっぷりと当たるガーデンにぴったり。


動くたびに軽やかに揺れるソフトチュールの柔らかさが女性心くすぐられます。






【Number】5166

【Name】Ashford

柔らかいマットな素材が創り出す、Aラインのシルエットが美しい1着。コンセプトの通り、シンプルでありながらも、高級感あふれる上品なデザインです。



花びらが重なっているかのような胸元のデザインがデコルテを美しく魅せ、可憐な花嫁姿を演出します。自然と触れたくなるような柔らかい素材と、シンプルでありながらも女性心をくすぐるデザインは、妥協のない上質さと洗練されたデザインを生み出すRIVINIだからこそ。

スタイリッシュすぎないフェミニンな雰囲気なので、大人な落ち着いた会場にも、グリーンあふれるナチュラルな会場にも、お小物の合わせ方次第でマッチします。



シンプルなデザインだからこそ、おふたりらしいコーディネートを創っていただけますので会場全体の雰囲気をまだ悩まれている花嫁様にもおすすめな1着です。



ビードレッセには素敵なドレスがたくさんございます。

運命の1着を一緒に見つけていきましょう。



皆様に会えること心より楽しみにしております。









B.DRESSER 丸の内 慶永