ドレスをお召しいただいている花嫁様と同じくらい主役は、かっこよくタキシードを着こなしていただいている新郎様です。当店では多くの新郎様のこだわりを満たし、上質なメンズ衣裳や装飾小物も沢山取り扱っております。今回はタキシードについてご紹介させていただきます。



男性の洋服も女性と同様に、この約120年の間、目まぐるしい進化を遂げてきました。メンズファッションのトレンドも変遷を重ね、デザイナーもコレクションごとに入れ替わり、情報が書き換えられるのがこの業界においての常識です。




しかし、同じ洋服のカテゴリーの中で日本におけるブライダル業界の衣裳はそれとは違い、トレンドの反映に多くの時間を要します。閉鎖されたこの業界は日本独自の進化を遂げ、より派手に、よりゴージャスにということを謳い、度に彩られたウェディングドレス同様、様々な足し算を施すことにより、白やシルバーなどのタキシード着用するようになりました。表面的な華やかさを演出するために化学繊維で飾られた洋服は、もはやそれを着用する人のことを考えたものではなくなってしまっているのです。

B.DRESSERが提案するタキシードは、非日常でありながら、心地の良いもの。






本来フォーマルという観点から見れば、タキシードのディテールは100年以上も前に完成されているのです。フォーマルスタイルからパーティースタイル、様々なスタイルに合わせて変化させることができ、男性としての魅力や佇まいを引き立たせることができる究極のフォーマルウェア。 それがタキシードなのです。

そんな非日常で心地の良いものを追求する上で、販売のタキシードも取り扱い始めるようになりました。その中でもおすすめのイタリアのトップブランド‟LARDINI(ラルディーニ)”

世界の名だたるメゾンの製品を30年以上作り続けてきたLARDINIは、2010年春夏シーズンに変革を遂げます。クリエイティブチームに数々のブランドのコンサルティングを行ってきたUMBERTO CANTARELLI(ウンベルト・カンタレッリ)氏を向かえ、クリエイティブ・ディレクターのルイジ・ラルディーニ氏が指揮を執り、新しいコレクションを発表しました。

多彩な製品染めやウォッシュ&ハンドペイントなど、革新的でオリジナリティ溢れる生地を続々と発表し、質の高い仕立てや縫製といった物作りの本質はそのままにテーラードの新たな可能性を生み出す、伝統と現代の感性を融合させたものづくりを続けています。

日常の延長線上にあるものだからこそ、もともとその人の中に備わっている華やかさの最大限に可能にします。そしてすべての新郎様が心地よくおめしいただけますように。。。

是非新郎様のタキシードもご試着しに来てくださいね。


B.DRESSER 丸の内 服部