こんにちは。いつもビードレッセのブログをお読みいただきありがとうございます!
本日は、とてもこだわり抜かれたブランドで世界トップクラスのピーターラングナーのドレスをご紹介いたします。

 

【Brand】Peter Langner(ピーターラングナー)

【Dress number】4174

【Dress name】MARION





<Peter Langner>



ドイツ出身のデザイナー。

24歳という若さでドレスを学び、修行を積むために生まれ故郷のドイツ、ハノーバーを後にしたピーターラングナーはパリで世界的に名の高いEcole de la Chambre syndicale(エコ-ル・ドゥラ・シャンブル・サンディカル)へ入学。

彼の情熱は偉大なクチュリエールへの憧れから生まれてきました。

全過程を終了後、直ちにパリでChristian Dior(クリスチャンディオール)Emanuel Ungaro(エマヌエル・ウンガロ)Guy Laroche(ギ・ラロッシュ)Christian Lacroix(クリスチャン・ラクロア)などそうそうたるメゾンでの経歴が始まりました。

 

1991年、ピーターラングナーはイタリア、ローマの素晴らしい建築様式の建物を新しいメゾンとしてオープンさせることを選びました。



数少ない空の青さとバロック建築が織りなす、パンテオンを建築した古代ローマのアグリッパの創造を彷彿とさせるものでピーターラングナーを一流のクチュリエールとしての向かう目標を確立させました。

彼のデザインするものイコール美しさとされクチュールはアート建築であり、彼のアートはそれぞれのドレスに縫い込まれています。

 

マリオンはサテン地のドレスですが、中央部が特殊な柄のレースになっていますのでかしこまり過ぎずとてもきれいなシルエットで着ていただけます。



胸元のカットやドレスの広がり方なども緻密に計算されて製作されていますので花嫁様のボディラインを一番きれいに出してくれる唯一無二のブランドです。

上品で大人の品格を醸し出すドレスですので、サテン地のグローブで清楚でクラシカルにコーディネートをしていただくもよし、レース地のショートグローブで少しカジュアルで温かみのあるコーディネートにすることもできます。



ヴェールにデザインのあるものにしていただくと、シンプルなドレスと華やかなヴェールがより一層引き立ちあい、結婚式という特別な日にぴったりなコーディネートにしていただけます。

ドレスがシンプルだからこそヘアスタイルやアクセサリー、お小物類で雰囲気を変えお二人らしさを出していただくことができます。

当日を特別なものにするために、是非ピーターラングナーのマリオンを一度ご試着してみてはいかがでしょうか。

お気軽にご連絡、お問い合わせくださいね。

 

B.DRESSER 長谷川歩美