皆さんこんにちは!いつもブログをご覧いただきありがとうございます。本日は引き続きTemperley London(テンパリーロンドン)の新作ドレスについてご案内致します。

 

4月に実際にイギリスとイタリアへ買い付けに行かせていただき、買い付けてきた素敵なドレス達がビードレッセへ届きました!ロンドンの風情ある街並みに並ぶ路面店のTemperley Londonは見ただけで心躍る佇まいでした。

 



 

一階ではハイクオリティなお洋服やバックなどのアイテムを取り扱っており、3階へ上がっていくとウェディングドレスのショールームとなっています。

 



 

店内の装飾もTemperley Londonの世界観があふれており、階段を登っていくたびに期待も膨らんでいきます。ウェディングドレスのフロアに足を踏み入れた瞬間、アンティークな世界に引き込まれます。広い高原や森などが似合うボヘミアンテイストなTemperley Londonはウェディングの可能性を広げてくれます。

 





 

前回のSTARのモチーフが特徴的なウェディングドレスに加えて、Temperley Londonならではの刺繍がふんだんに施された一着。

BRAND【Temperley London

DRESS Name 【Zaida】

Style No 【4764】

 

薔薇や小花の刺繍が施され、大人っぽさと可憐さを兼ねそろえるウェディングドレス。

 




 

シースルーの部分に施された刺繍が花嫁様のお肌に美しく乗って見えます。Temperley Londonの特徴ともいえる、さりげないドットチュールはどこかレトロな雰囲気を出してくれます。ボヘミアンな刺繍はゲストハウスウェディングならではの広々としたガーデンや木の温もり溢れる披露宴会場、アットホームな待合スペース、どこにいても馴染み、おふたりらしい世界観を創り出してくれます。

 


 

バックスタイルは、Vラインでひらくことで後ろ姿はすっきり大人っぽく魅せてくれます。その反対に、フロントスタイルはラウンドネックで女性らしさや可愛らしさを魅せくれます。360度様々な表情を魅せくれるウェディングです。

ボリューム控えめで、肌馴染みの良いアイボリーカラーのウェディングはグリーンをふんだんに使用したブーケや、ドライフラワーを取り入れたアンティークなブーケを合わせることで、より良いトータルコーディネートを完成させることが出来ます。

 

 

「ウェディングはこでなくてはいけない」という固定概念を取り払い、着る人に楽しさを与えてくれるTemperleyLondon。ボヘミアンなウェディングスタイルも、”花嫁が選ばない”のではなく”選択肢がないから選べなかった”だけなんだということ。誰かが決めたウェディングの常識や、その時の流行に合わせるのではなく、本当の意味で自分らしさを見つけること。TemperleyLondonが、自由に自分らしさを選ぶ、ウェディングの楽しさを確信させてくれます。

 

ぜひ、そんな素敵なTemperleyLondonのウェディングドレスを特別一日に選んでみてください。きっと、おふたりらしさが詰まった、素敵で幸せな一日になると思います。

 

B.DRESSER 浅田梨紗子