世界中の花嫁様に愛され続けているイタリアの人気ブランド、Le Spose di GIO(レ・スポーゼ・ディ・ジオ)の新作カラードレスをご紹介させていただきます。

 



 

Le Spose di GIO(レ・スポーゼ・ディ・ジオ)のデザイナーDeCaptiani姉妹は、程よく抜け感が漂う大人のエフォートレスなデザインのドレスを多く創り出しています。コーディネーターからの人気も高く、私もとても好きなブランドです。

 

1点、1点、ハンドメイドで作られ、シルク生地を使った上品で上質なドレス。絶え間ないスタイルの探求、独自素材の使用、熟練の裁断と縫製の技術によって仕立て上げられたドレスは、世界でも高く評価されています。その中でも、新しく入荷したカラードレス2着をご紹介させていただきます。

 



 

【Brand】Le Spose di GIO(レ・スポーゼ・ディ・ジオ)

【Dress Number】4748

【Dress name】706

 

フロント、バックともにウエストにかけてVにカットされており、デコルテやお背中のラインを美しく見せてくれます。ウエストからふわっと広がるチュールは、女性心をくすぐります。

 



 

GIOの特徴でもある、柔らかく、つい触れたくなるようなチュール素材。すべてがイタリアで仕入れた最高級の素材を使用しています。大切な1日にお召しいただくドレス。生地感もとても大切です。お召しいただくと体感できる贅沢な着心地です。

 

カラーも、透明感あふれる淡いブルー。絶妙なカラーのチュールを重ねることによって生み出されるGIOらしいカラー。キュートすぎず、大人な花嫁様にもお召しいただきやすい色味です。潔く、シンプルなデザインなので、お小物やブーケ選びが楽しくなりますね。

 



 

【Brand】Le Spose di GIO(レ・スポーゼ・ディ・ジオ)

【Dress Number】4750

【Dress name】623

 

目を引くワインレッドのカラードレス。大胆なVネックのデザインですが、チュールのストラップで大人過ぎないデザイン。柔らかいチュールを何枚も重ね、見る角度によって見え方が変わるカラー。

 



 

お色直しでガラッと雰囲気を変えたいけど濃すぎる色味だとちがうかな・・・とお悩みの花嫁様には、ぱきっとしすぎず、やわらかい印象にもなるのでおすすめです。

落ち着いたカラーなので、秋、冬の結婚式にもぴったりです。

 



 

デザイナーのDe Captiani姉妹は、気品漂う挙式から足元にスニーカーを履くカジュアルな結婚式、様々なシーンで活用できるベーシックな装いの結婚式まで、それぞれの花嫁様が一度しかない特別な冒険をするという思いを大切にしております。そのため、すべてのドレスが花嫁様の個性や挙式の雰囲気に合わせてカスタマイズされ創られています。

 

ほかにないデザイン、最高級の肌触り抜群の生地感、女性らしさを忘れないLe Spose di GIO(レ・スポーゼ・ディ・ジオ)のドレスは、ぜひ一度はお召しいただきたいです。本日ご紹介させていただいたデザインのほかにも、ブラスの花嫁様に向けてチョイスしたドレスがございます。

 

ぜひ店頭でお試しくださいね*

 

B.DRESSER 高尾