【Date】2019.9.7

【Place】OrangeVert(オランジュベール

【Dress】519(No.04198)Le Spoesdi Gio(レ・スポーセ・ディ・ジオ)

【Tuxedo】No.03426

 

山が大好きなおふたりに天気も味方をしてくれ、すっきりとした秋晴れのの中結婚式を迎えられたのが、だいきさん、えみさんです。おふたりのWeddingテーマである”山”に沿ったアイテムがOrangeVertの会場にとてもマッチします。緑あふれるガーデンがこれから始まるパーティーにワクワク感を与えます。

 



 

新婦様が選ばれた運命の一着はLe Spoesdi Gio(レ・スポーセ・ディ・ジオ)のウェディぐドレス。イタリア製の繊細なレースが女性らしさを惹きたてるジオのドレスはにっこりと柔らかく微笑む新婦様にぴったりの一着でした。

 



 

Lespose di Gio(レ・スポーセ・ディ・ジオ)は姉妹デザイナーが手掛けるイタリアの老舗ブランド。多くのミラネーゼから愛されるジオのドレスは繊細な素材と巧みな技術でタイムレスに愛され続けるシンプルでモダンなドレスコレクションになります。

 



 

ドレス選びの際は”クラシカルで厳かな雰囲気ではなく、自然体に過ごせるドレスがいいんです。”とおっしゃっていた新婦様。ボリューム感あるものより、ウエストからさりげなく広がりを見せるシルエットのAラインのドレスでお探しでした。

 



 

そんな中、出会われたのがこの運命の一着。肩にさりげなくかかるレースのフェミニンな印象とは対照的に大胆に空いたVネックがレディライクな印象に。アイボリーのシアーなレーススカートが柔らかな陽光に当たると、花柄のプリントが浮き上がります。見ている私たちがうっとり見とれてしまうようなより美しい花嫁姿を演出してくれるドレスです。

 



 

花嫁様のようにゴールドモチーフのアクセサリーでのスタイリングすることで厳かになりすぎず、ナチュラルで優美なコーディネートが完成します。ブーケはドライフラワーのニュアンスなお色味で合わせるのも素敵ですね。

パーティーでは”かっちりした厳かな雰囲気ではなくアットホームなカジュアルなパーティーにしたいんです”とお聞きしていました。そんなおふたりの式にぴったりのコーディネートになったと思います。いつも優しい口調でお仕事のお話や山に前撮りに行くお話など、楽しそうにお話ししてくれるおふたりとの打ち合わせはとても楽しかったです。これからも明るく素敵な家庭を築き上げていってくださいね。

 

B DRESSER 藤村