こんにちは。いつもビードレッセのブログをお読みいただきありがとうございます!
本日は、とてもこだわり抜かれたブランドで世界トップクラスのピーターラングナーのドレスをご紹介いたします。

 

【Brand】Peter Langner(ピーターラングナー)

【Dress number】4180

【Dress name】SALOME

 





 

 

プリーツ加工が施されたチュールが何層にも重なりしっかりと存在感のあるドレスは、新婦様をより目立たせ主役にしてくれます。また、インポートならではのゴールドカラーは大人の美しさと可憐な雰囲気を持ち合わせます。




 

プリーツ加工やチュールの縫い付けはピーターラングナーのアトリエで職人さんが一つ一つ大事に手作業で行われています。ドレスにちりばめられたゴールドホイールも職人さんの手で施されおりとても緻密作業により創り上げられる特別な一日にはぴったりな贅沢な一着となっております。

 

ドレスがゴージャスなため、ヘアスタイルやアクセサリーをシンプルにまとめた大人の女性を醸し出す雰囲気は、おしゃれ花嫁様にとてもよく似合います。

 



 

お色直しだからこそ、華やかに。

 

一生に一度の特別な日。

 

そんな大切な一日だからこそ、普段は着ることのない華やかのドレスを着て最高の一日を演出しませんか?

 

Peter Langner(ピーターラングナー)は、数百年もの長い歴史に培われたファッションと芸術の街ミラノで自身のアトリエを開いたヨーロッパを知り尽くした男性ドレスデザイナーです。

パリでオートクチュールを勉強し、クリスチャン・ラクロワやディオール3代目デザイナーのマルク・ボアンなどから技術を学びました。

ピーターラングナーのドレスは、計算しつくされたラインが特徴で360度どこを切り取っても美しいシルエットのドレスばかりです。

 



 

「ウエディングドレスが着る人の魅力を引き出す」という理念のもとに創られたドレスは、纏った瞬間にイタリアの職人たちの想いを感じることが出来ます。

 

ドレスは元を辿ると海外の文化です。特別な一日にこだわり、愛を大切にする海外の方だからこそこだわりぬいた一着を創り上げることが出来ます。

 

一生に一度の晴れ舞台。

 

是非ビードレッセで本場のドレスを体感してみませんか?

 

B.DRESSER丸の内 長谷川歩美