いつもビードレッセのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

NY Bridal fashion week(ニューヨークブライダルファッションウィーク)2020年コレクション。B.DRESSERがキャリーするブランドのコレクションをレポートいたします。

 



 

Bridal fashion week(ブライダルファッションウィーク)とは、毎年春と秋に世界各国のドレスブランドが一同に会して、最新のトレンドを詰め込んだショーやコレクションを発表する場です。

もともとビードレッセでお取り扱いしているブランドや、新しく足を運ぶブランドまで、ブラスの花嫁様に着ていただきたいドレスを選んでまいりました。

 

まず初めに訪れたのは、ビードレッセでも人気の高いAnne barge(アンバルジ)

 



 

ヴィンテージのオートクチュールからインスピレーションを受け、時代を選ばない上品でクラシックな部分と最新トレンド両方の一番いいところを組み合わせたタイムレスなスタイルで名高いブランドです。

 









 

今回のコレクションも、アンバルジらしい美しい生地と装飾に息をのみました。シンプルではありますが、女性デザイナーだからこそ生み出せるシルエットが美しいデザインはアンバルジらしいコレクションです。その中でもクルー全員が心奪われた何着かをセレクトました。このドレスにはこの小物…あんなブーケでコーディネートも素敵…とイメージが膨らみます。

 

 

 

続いて訪れたのは、アクセサリーブランドの jennifer behr(ジェニファーベア)

 



 

スワロフスキーやクリスタル、パール、シルクなどの素材を使い、シンプルながらも華やかなウエディングシーンにぴったりのアクセサリーを一つずつ手作りで作っています。有名ドラマ「ゴシップガール」のブレアがヘッドドレスを使用したことでも有名ですね。

 



 

ジェニファーベアでしか出せない輝きが美しい、ヘッドパーツや大ぶりのイヤリングなどをセレクト。他とは違うジェニファーの魅力は手に取った瞬間に伝わります。ジェニファーのアイテムはシンプルなドレスに、アクセントとして使用するのがおすすめです。

 



 

今回は一部になりますが、また他のブランドについてもご紹介させていただきます。

 

初めて海外買い付けに参加させていただき、自分の足で訪れることによって、ブランドごとのテイストや、世界観を肌で感じることができました。デザイナーがどのような思いでドレスをつくっているのか知ることで、より、ブラスの花嫁様には本物のドレスを着ていただきたいと改めて感じました。インポートのドレスは、近くで見ても美しく、チュールに触れると柔らかく特別な一着だと感じます。ぜひ、ビードレッセで違いを感じていただきたいです。

 

今回買い付けたドレスは、来年の夏ごろ入荷予定です。

みなさまにご覧いただけるのが、今から待ち遠しいです。

楽しみにしていてくださいね。

 

B.DRESSER 高尾