皆さんこんにちは!

 

いつもビードレッセのブログご覧いただきありがとうございます。

 

本日はNYのブランドMarchesa(マルケッサ)のウェディングドレスをご紹介致します!

デザイナーは、抜群のセンスの良さから生まれる刺繍デザインで注目をあびていた

 

カレン・クレイグと、

 

コスチュームデザイナーとしてのキャリアを積むジョルジーナ・チャップマン。

 

インドに影響を受けた刺繍、テキスタイル、ビーズワークなどをデザインに取り込み、

 

ヴィンテージ感覚とアジアンテイストが絶妙に融合したクチュール感あふれるドレスは、ブランド発表以来またたくままに話題となり、

 

 

レッドカーペットのセレブから世界中の花嫁まで愛されるブランドとなっています。

 

【Number】5374

【Name】AUDRINA


透け感のある素材は、

自然光がたっぷりと入る会場では、可憐で幻想的な花嫁様を作り上げます。

総レースのドレスは、クラシカルなイメージをお持ちの方が多いかもしれません。

ナチュラルな会場にも重厚感ある会場にも、マッチするのが総レースのドレスです。

 

【Number】5375

【Name】BAILEY



 

ハンドメイドで手掛けられた3D刺繍は

自然光たっぷり差し込むブラスの会場で幻想的な陰影をつくり、

幻想的な花嫁様を演出します。

また、ガーデンの広がる会場では透明感のあるチュールに直接施された花の刺繍は

ガーデンのグリーンからまるで花が浮かび上がるかのようなナチュラルな印象にも。

いつ見ても特別感を感じられるこのドレスは、まさに永遠に愛される花嫁姿を作りあげてくれます。

ぜひ店頭でお試し下さい!

B.DRESSER 竹田



 

 

いつもビードレッセのブログをご覧頂きありがとうございます。

 

本日は私のおすすめのウェディングドレスをご紹介致します。

ANNE BARGE (アンバルジ)

女性デザイナーが手がけるNYのブランドで、控えめな贅沢をコンセプトに女性目線で上品なドレスを手掛けています。

最小限の装飾でエレガンスと清潔感を漂わせ、記憶に残るモダンクラシックなシルエットを表現。ヴィンテージクチュールにインスパイアされたコレクションは、一貫して品行方正なフェミニンさが漂います。

 



 

女性らしいデコルテやウエストラインが綺麗に見えるデザインが特徴的です。

「良いデザインは時代を超越する」をモットーに、繊細なレースや刺しゅう、構築的な縫製、複雑なディテールといった伝統的なクラフトマンシップを駆使。

 



 

シンプルなドレスの計算されたシルエットは
“肩の力を抜いたありのままの自分”を美しく見せてくれます。

 



 

「Anne Barge(アンバルジ)のドレスは女性に自信と美しさを与えるために作られている」
そんなデザイナーの想いが込められているドレスは
身に纏った瞬間、自信を持たせてくれるでしょう。

 

 

B.DRESSER  三輪

 

 

ビードレッセブログをご覧の皆さん

こんにちは。

本日はビードレッセでお取り扱いをしているブランドを1つご紹介させていただきます。

HALEPENNY LONDON(ハーフペニーロンドン)



イギリスのヴィンテージドレスにインスピレーションを得たHALFPENNY LONDON(ハーフペニーロンドン)のドレスはモデルに似合うドレスではなく、どのような女性の魅力を引き立てる、体系が美しく見えるようなドレスを作りたいという思いから、HALFPENNY LONDON(ハーフペニーロンドン)を立ち上げました。

ヴィンテージ感があるとともにモダンでシンプルなデザインが海外セレブを中心に人気を集めています。



【Brand】HALFPENNY LONDON(ハーフペニーロンドン)

【Dress number】4402

【Dress name】BREEZE

シンプルなデザインを活かすために大ぶりのイヤリングをつけてより一層華やかに。

バックトレーンにフリルが施されたデザインも他のドレスとは一味違った雰囲気でお召し頂けるポイントです。

贅沢に使用にした最高の生地は上品な艶を放ちます。

ウエストで引き締まり、そこから広がるスカートのデザインは、パターンが美しいからこそ洗練されたラインを描きます。

足先で揺れるその様子は、まるで花嫁様を素敵な場所へと導くかのように軽やかです。

自然光やスポットを浴びた際、サテン生地のドレスが美しい光沢感を生み出し、カジュアルすぎずラグジュアリーに見せることができる一着です。



手作業にこだわるドレスは、全てロンドンのアトリエで作られています。

女性の美しさを最大限に引き出すため、全て精密に計算されて作られています。



ドレスがシンプルなデザインが多いのでボレロアレンジをすることで、自分らしいコーディネートをお楽しみいただけます。



イギリスの美しい素材を使い、オーダーメイドで一つずつドレスが作られているので一着、一着特別感のあるものです。

優しく風がなびくこれからの季節にぴったりの一着ではないでしょうか。

特別な一日だからこそ、あなたらしさを。

あなたは運命の一着をどのように着こなしますか?

ドレスのシルエット、生地感全てにこだわり女性らしさを引き立ててくれるHALFPENNY LONDON(ハーフペニーロンドン)のドレスを是非ビードレッセで手に取ってみて下さいね。

B.DRESSER 三輪

ビードレッセのブログをご覧の皆様こんにちは!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

本日はイギリス、ロンドンのブランドのドレスをご紹介させていただきます。

David Fielden(デイビットフィールデン)

デザイナーであるDavid Fieldenは舞台衣装のデザイナーとしてキャリアをスタートさせました。

クリエイティブである事をいつも基本方針としている。ブランドを成功に導く事は、 決して過去の栄光に酔いしれず、 コレクションごとに進化し続ける事だと信じていますと語る彼だからこそ

今も変わらぬ人気を博し続けていると思います。

シックでロマンティック、そして永遠の魅力は

全てのジャンルの女性を惹き付け、 現代的でエッジーなシルエットとは対照的に、 ロマンティックなアンティーク調のレースやビーズのレイヤーの 繊細な素材が重なり合ってできた一着は

理想のドレスそのものなのです。

BranndDavid Fielden

Dress number】4611

お袖のラインから全体のバランスまで

計算され尽くしたシルエットの美しさが、

洗練された女性を演出させてくれる一着です。

そして、肌が美しく透けるバックスタイルに

繊細な刺繍が施されており、その後ろ姿はゲストの方々魅了することでしょう。

シンプルなフロントデザインだからこそ

華奢なデザインのアクセサリーを合わせいただいても、デザイン性の高い、

大ぶりのアクセサリーを合わせていただいても相性抜群です!

ビードレッセには、今回ご紹介させて頂いたウェディングドレスの他にも、伝統とトレンドの境界を感じさせないオリジナリティ溢れる

David Fieldenのお衣装のお取り扱いがございます。

David Fieldenの世界観をぜひ店頭で感じて見てみてください。

皆様にお会い出来る日を楽しみにお待ちしております。

B.DRESSER 矢田

世界のトップブランドでもあるANTONIO RIVA(アントニオ・リーヴァ)



建築学を学んだ経験から、立体的な形やカッティングの技術などが計算しつくされており、伝統的な縫製技術とイノヴェーションされたテクニックでシンプルな中にデザイン性を感じさせるドレスをつくっています。

上質なミカドシルクやシルクオーガンジーを使用しており、エレガントで気品のあるイタリアを代表する最高級ドレスブランドです。

芸術的でバックスタイルもスタイリッシュ。

360度どこから見ても美しく、世界中の花嫁を魅了するドレスは、一度お召しいただくと虜になってしまいます。

 

【SISSI】



シルクガザルのもつ独特のハリ感とリボンモチーフのトレーンが、構築的で心奪われる1着。

本物のプリンセスを思わせるたっぷりなボリュームのシルエットは、360度どこを切り取っても美しく、バックスタイルのリボンを結んだようなデザインが大人可愛らしさを演出します。



シンプルすぎず可愛すぎないデザインは、何年先お写真を見返しても色褪せることのない美しさがあります。

 

【SOPHIA】

コレクションの中でもデザイナーが特に思いを寄せる“SOPHIA”

アントニオを代表する作品です。上質なミカドシルクをたっぷり使いながら、重みを最小限に抑えた優しい着心地も特徴的。



アントニオの特徴である構築的なバックシルエットは、ゲストの視線を集める教会式におすすめです。前面のシンプルなデザインとは対照的なバックスタイルのギャップが遊び心をくすぐる1着。



サイドからバックにかけてタックをとり、大胆に仕立てられたウェーブがバックスタイルはもちろん、横から見ても美しいフォルムを作り出しています。

 



世界中の花嫁様から愛される、アントニオリーヴァのドレス。

他にはない唯一無二の1着。
時代の流れとともに変化しつつ、時を経ても変わらぬ美しさと人気を誇る存在感は圧巻です。

上質なファブリックと他にはないデザインで、圧倒的な存在感を放つANTONIO RIVAのドレスをぜひお試しください。

B.DRESSER  待井

【place】Mandarin Port(マンダリンポルト)

【Date】2021.6.5

【Dress】ANNE BARGE(アンバルジ)

【Tuxedo】meyou

 

梅雨の合間に広がった、爽やかな青空と風に夏の訪れを感じること結婚式日和の1日。

夏という言葉がとてもぴったりな新郎新婦が新たな門出を迎えました。



 

たいしさんとゆきほさんです。

おしゃべりでゆきほさんのことが大好きなたいしさん。たいしさんからの愛情をたっぷりと受け取り、ひまわりのような笑顔が素敵なゆきほさん。そんなおふたりの結婚式はこだわりがいっぱい詰まった素敵な1日。

ゆきほさんが運命の1着に選ばれたウェデインングドレスはNYブランドANNE BARGEのマーメイドドレスでした。控えめな贅沢をコンセプトにしたANNEBARGEらしい、女性らしいケミカルレースが華やかさを演出し、全身にあしらわれたスパンコールが控えめに煌めきます。

夏が大好き!ゲストの皆様と距離感近く楽しみたい!堅苦しいことは避けたい!ドレスコードを決めたカジュアルスタイル!そんなおふたりらしさが詰まった1日を、おふたりも心から楽しめるよう動きやすさと華やかさを兼ねそろえたウェディングドレス。スタイル抜群なゆきほさんに初めてお会いして、おすすめしたいと心から思った1着でした。

迷うことなく、運命のドレスに出逢われました。



 

また、たいしさんはゲストのドレスコードにも含まれるベージュのタキシード一択の選択肢でした。マーメイドドレスはクールな印象に仕上がりやすいですが隣にベージュの色味を持ってくることで、優しさがプラスされて絶妙なバランスになります。



 

細身のデザインだからこそ、ブーケはたっぷりのお花を使用したものを合わせました。ボタニカル柄のレースがブーケやヘッドアクセサリーとマッチします。



 

メインをソファにされたとのことで足元までおしゃれを楽しみます。キャサリン妃も愛用しているイギリスブランドJennifer Behrのエレガントで洗練されたシューズをお召しいただきました。

 



 

お色直しではたいしさんは儀礼服、ゆきほさんはAlexandraGrecco(アレクサンドラグレッコ)のLenaGownを身に纏いました。

おふたりやゲストの皆様がリラックスしてくるパーティー終盤のお色直し。よりカジュアルダウンをして会場の雰囲気をさらに作り上げます。

ゆきほさんがSNSで見つけた瞬間にこれにしたい!と思われたお気に入りのヘアスタイル。そして、とにかく元気でユーモアあふれるおふたりにぴったりなカラフルなビタミンカラーのブーケ。リーフモチーフとリンクさせたオルガブランカのフラワーイヤリング。

マンダリンポルトのガーデンの雰囲気にぴったりです!!

 



たいしさん ゆきほさん

ご結婚おめでとうございます!センスフルでユーモア溢れるおふたりの担当ができてとても幸せです。お店でお会いする以外にもSNSを通じて結婚式準備の様子や撮影の様子、プライベートなど様々なおふたりの様子を知ることができてとても嬉しかったです♪当日のおふたりの様子を写真で見て、その場にいたかのように楽しく幸せな気持ちになりました!これからもおふたりの幸せを願っています。また、ぜひお会いしましょう♪大好きです!

 

B.DRESSER丸の内 浅田

 

 

 

 

ビードレッセブログをご覧の皆さまこんにちは!

 

本日はおしゃれな花嫁さまにお勧めしたいブランド。Alexandra Grecco (アレクサンドラ・グレコ)のドレスをご紹介させて頂きます。

 

ブルックリン出身のデザイナー、アレクサンドラ・グレッコが2010年にニューヨークにて立ち上げた注目の新星ブランド。ウエディングドレスは、2013年の彼女自身の結婚式を機にスタート。カトリーヌ・ドヌーブ、ジーン・シュリンプスなどのファッションアイコンがイメージソース。

 



彼女が作るドレスはモダンなカッティングが施されたセパレートタイプを代表に、透け感のあるオー ガンジーやレースを合わせて程良い甘さのあるフェミニンで洗練されたデザインが揃っています。
淡くスモーキーな色彩など、現代の女性に向けたシルエットが特徴です。

 

 



 

キャミソールでフェミニンに。3Dのフラワーモチーフがお写真映えもして頂けます。

スモーキーカラーでカジュアルでおしゃれな印象になります。

 



 

披露宴の際にオフショルダーで個性を。挙式の時にはお袖を取り、大人っぽくエレガントにコーディネートを楽しめます。

細身のラインで綺麗なスタイリングが特徴です。透け感のあるバックトレーンにまで刺繍が施されスポットや自然光が当たるとより華やかに。

 



 

シンプルなデザインのドレスに腕まわりのリボンがキュートな印象です。

ブーケや小物でさらに華やかにコーディネートを楽しんでいただけます。

 



 

おしゃれなデザインが多いAlexandra Grecco (アレクサンドラ・グレコ)のドレスをブラスの会場にぜひ合わせてみてはいかがですか?

 

 

ビードレッセ三輪

 

 

 

皆さんこんにちは!

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

 

本日は結婚式でも人気の演出

 

〝バルーンリリース〟

 

をご紹介致します!🎈

 

そもそもバルーンリリースとは、

挙式のあとに

新郎新婦とゲストが一斉に空に向かって風船を飛ばすことを言います。

空高く舞い上がるバルーンは、

今後新婚生活を迎える新郎新婦の幸せが

〝天高くまで届くように〟

との意味が込められています。

華やかな演出だけでなく、

新郎新婦の今後の幸せを願って行われている意味合いが含まれているのです。

 

 

昔はカラフルなバルーンを飛ばすのが多かったのですが、

 

最近ではバルーンの色をあえて同色にしたり、

 

形をユニークにしたりというものも流行っています。



 

ハートの形をしたバルーンを飛ばせば

 

とてもキュートな印象になります。

 



 

人生に一度のお二人にとっての大切なお式に、

 

何年経っても色褪せない〝バルーンリリース〟の演出を入れてみてはいかがですか?

 

B.DRESSER 丸の内 竹田

100年以上の歴史を持つイタリアの代表するブランドBOGLIOLI(ボリオリ)。そんなBOGLIOLIが遂にレンタルスタートいたしました。



BOGLIOLIは「クラシック&モダン」をコンセプトに様々な名品を生み出してきています。特に「アンコンジャケット」ブームの源流と言われ、イタリアのフォーマルスタイルと独自のカジュアルスタイルを融合させた新しいタキシードを提案しています。

デザイナーは「当時はお下がりのジャケットを着る若者が多かったが、くたっとした風合いが、たとえようもないほどに魅力的だった」といつも語っています。そのため、くたっとした風合いを表現し、堅苦しさを感じないこなれ感を出しています。さらにBOGLIOLIのジャケットは身体に沿ったしなやかさが感じられます。





オリジナリティ溢れるスカイグレーのお色味にダブルボタン仕様のデザイン。レトロな落ち着いた印象も持ちつつ、新郎様の華やかさもしっかり備わった1着。お色直しでは、ボルドーやカーキのしまったシャツをお召しいただくとよりジェントルマンのようなお姿でお過ごしいただけます。



 



こちらも同じくダブルボタン仕様のデザイン。お色味がネイビーとよりフォーマルなデザイン。クラシカルでスタイリッシュなお式をイメージされている方におすすめの1着です。より引き締まった印象だからこそスタイルアップも効果的です。





BOGLIOLOの代表的なデザインのアイコンジャケットのため、お身体にしなやかに沿うデザイン。まさに堅苦しさを感じないデザインだからこそ、ゲストの皆様が主役のパーティーにおすすめです。カジュアルすぎないデザインでもあるからこそ、結婚式のシーンにぴったりです。



おふたりのパーティーイメージに合わせてご新郎様の装いも楽しんでみてはいかがでしょうか。B.DRESSERは、他では出会えないイタリアの代表タキシードでワンランクアップのタキシード姿をご紹介いたします。

B.DRESSER丸の内 服部

皆さんこんにちは!

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます♪

 

 

本日は、〝Alexandra Grecco(アレクサンドラ グレッコ)〟のウェディングドレスをご紹介致します。

 

 

高品質なレースやチュール、

そこに施された複雑で繊細な刺繍など

思わず触れたくなるような柔らかなファブリックが特徴です。

淡い色彩の表現で、どこか甘く、優しい雰囲気を感じさせてくれます!

花嫁の背中やデコルテなどを

より美しく魅せるカッティングも人気の理由の一つで、

360度、どこから見ても

女性のフェミニンさを演出できるラインは、

世界中の花嫁たちから高い支持を得ています。

 

【Name】Lana Gown

【Number】4552



 

ピンクアイボリーのお色味に

女性らしさを表現するスリットで

モードラバーなイメージに…

 

装飾にはIris(アイリス)という

アヤメ科のお花をモチーフにしており、

 

花言葉には

「あなたを大切にします」

という素敵な意味が込められています…

 

 

ぜひ店頭でお試しください♪

 

B.DRESSER 竹田